オーガニック基礎化粧品のぷろろ白樺シリーズの口コミと効果まとめ

ぷろろ健美堂「ぷろろ白樺シリーズ」とは

ぷろろ白樺シリーズは、天然100%のオーガニックハーブを使った、無添加の基礎化粧品シリーズです。

北海道は旭川から、車で北上すること1時間。

美深町という小さな町の原生林で、初春の一時期だけ採取される白樺の樹液。

この樹液を水の代わりに使用しています。この水分に、30年間もの間無農薬で育てたハーブのエキスを合わせ、商品化したのが、ぷろろ白樺シリーズです。

「化学的な成分を主にした原料を使った、一般的な化粧品で肌荒れを起こしたことがある」

「どんなに高い美容液を使っても、乾燥から逃れられないし、肌質が良くならない」

などの悩みを持った女性に、使っていただきたいオーガニック基礎化粧品です。

肌荒れが気になる人にオーガニックコスメがおすすめ!

毎日丁寧にケアをしているのに肌の調子がいまいち、こんな方にはオーガニックコスメがおすすめです。

オーガニックコスメとは、有機栽培の植物原料を使用した化粧品のことです。肌の刺激になる化学物質を含まない化粧品も多く、敏感肌や肌荒れで悩む方でも使用できるといわれています。

肌の負担を減らすことで、健やかな肌に近づくことが期待できます。

『オーガニックコスメには、ケミカルコスメにはないメリットがあります。』

ケミカルコスメには、パラベン、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料などが配合されていることが少なくありません。こういった成分は肌の負担になり、肌を保護する役割があるバリア機能を低下させます。バリア機能が低下をすると、外部刺激に敏感になったり、肌が乾燥をしやすくなり、さまざまな肌をトラブルを引き起こします。

オーガニックコスメにもいろいろとありますが、合成界面活性剤や合成着色料などケミカルの成分を配合していないものが多くあります。肌の負担を減らすケアを続けることで肌本来の力が高まります

オーガニックコスメを使用しても、すぐに肌の変化を実感できないかもしれません。しかし、使い続けることで肌本来の力が戻り、肌トラブルの少ない状態に近づくことが期待できます。

オーガニックコスメの選び方やポイント

日本にはオーガニックコスメの定義がなく、成分の一部にオーガニック成分を配合していればオーガニックコスメということができます。そのため、日本の製品の場合はケミカル成分が配合されていることがあります。

海外ではオーガニックコスメの定義があり、エコサート、ネイトゥルー、USDAといった認証制度が存在しています。これらを取得するためには厳しい基準をクリアする必要があります。こういったものを取得しているオーガニックコスメを選ぶことがおすすめです。

植物成分は安全なイメージがありますが、アレルギーを持っている方にとっては危険な成分になります、たとえば、大豆にアレルギーを持つ方が、大豆成分配合の化粧品を使用すればアレルギー反応が起こります。どのような成分を使用しているのか、よく確認をしてください。

またオーガニックコスメにも、乾燥肌用、ニキビが気になる人用など、肌の悩みにあわせた製品があります。きれいな肌を作るためには、肌の悩みに合った化粧品を使用することが大切なので、悩みにあったものを選んでください。

日本にはオーガニックコスメの基準がないので、日本のコスメを選ぶときには、どのような成分が配合されているのかよく確認をしましょう。

オーガニックコスメにはケミカルコスメのような劇的な変化は期待できませんが、使い続けることで徐々に肌の状態がよくなる働きが期待できます。そして、肌の負担が少ない特徴もあります。毎日ケアをしているのに肌荒れが気になる方は、オーガニックコスメを使用してみてはどうでしょうか。

ぷろろ白樺の効果は?

一般的な化粧品は、界面活性剤などの化学物質が原料です。洗浄力が高いので、クレンジングでは肌の余計な油分まで取り払ってしまったり、化粧水も石油成分を使用しているものは、浸透こそしますが、その分危険な物質も肌に入りやすくなったりします。

肌本来の「守る力」を失わせてしまうのです。

ぷろろシリーズは、保存料、アルコール分なども無添加とのことで、天然の成分のみで皮膚細胞が再生する力を助け、肌を再生させてくれます。

ぷろろ白樺の使用方法

初めて使う方には、お試しセットがおすすめです!

3点セットで1,000円です。

ぷろろ白樺化粧品トライアルセット

これは、ミツバチの巣から蜜をとった後に残る「みつろう」と、白樺樹液を合わせた洗顔せっけん、白樺樹液にローズマリーのエキスが入った化粧水、保湿力の高いみつろうクリームをセットにしたものです。

大体1週間から10日くらい使えますが、2・3日肌が順応せず乾燥や肌荒れを起こしても、すぐに慣れ、なじんでくれることでしょう。

このほか、化粧水には種類があり、先ほどの「ローズマリー」のほか、殺菌効果のある「ローズヒップ」、赤ちゃんの肌でも使える「からすうり」と、肌質に合わせて選ぶことができます。

私のぷろろ白樺の体験談や口コミ

私は、大学時代から化粧を始めましたが、デパートなどで売られている「カネボウ」「資生堂」から始まり、「エスティ・ローダー」「クラランス」「イプサ」など、女性雑誌で良いと話題にされるものはひととおり試し、ブランドを渡り歩いてきました。

ですが、どれを使用しても満足な結果が得られず、肌は荒れてばかりでした。

OLになって睡眠時間が減り、肌荒れはさらに悪化・・・。それでも、ケミカルや、オーガニックなど、化粧品の原材料に種類があったり、それが原因で荒れることがあったりするなんて、思ってもみませんでした。

その後家庭に入り、出産・育児に追われた時、今度は違う悩みが出てきました。

それは、体質変化によるアレルギーです。目の周りに赤い湿疹ができ、腫れあがるほどでした。皮膚科に駆け込み、「化粧水だけでも荒れてしまう。基礎化粧品でおすすめなものはないか」と尋ねましたが、自分に合うものは、自分自身で探したほうが良いと言われてしまい、落ち込みました。

最終的に、「日本人なら国産のものが肌に合うかな」との思いから、2社にしぼり体験。

すると、ぷろろ白樺シリーズの使い心地が、格段に良いことに気づきました。

石鹸は、洗い上がりはさっぱり。でも、つっぱらない。化粧水は、自然なハーブの香りに癒され、こちらもさっぱり。でも、少し物足りない。そこにみつろうクリームを手にのせると、少量なのによくのびて、肌なじみが良いと感じました!

そして、みるみるうちに肌質に変化が表れ、ついに湿疹と乾燥から解放されました。

以上、いかがでしたか?

女性の人生には、何度か転機が訪れますよね。

体質や肌質も変わることがあって、どんな過酷な環境にも対処できる元気なときは、以外と短いかもしれません。

私の「本当に合う化粧品探し」は、40代から。

「ケミカルってなに?オーガニックってそもそもなに?」から始まりました。

詳しく知る友人に話を聞いたり、ネットで調べてトライアルキットを取り寄せたり。だんだん、自分の求めているものが何か、特定できるようになりました。オーガニックも様々。海外で作られたものもあれば、国産もあるとか、無添加とうたわれていても、一定量の化学物質は使われているなど…。

本当に良い状態の肌を取り戻したいのなら、自然な材料で作られた国産の化粧品も、選択肢の一つになるかもしれません。

いつもよりちょっぴり多く笑顔でいられるあなたに、なれますように♪

スポンサーリンク