クマ,そばかす,くすみ,シミ,ニキビを隠すコンシーラーの正しい使い方

メイク

コンシーラーの正しい使い方をご存知でしょうか。

ナチュラルメイクがお好きな方は、ファンデーションではなくコンシーラーとお粉だけで仕上げるという人もいらっしゃるかもしれません。一方で、買ってみたものの使い方がわからない・・・、気になるシミやソバカスがうまく隠せない・・・という声もよく聞きます。

そこで、今回はコンシーラーの正しい使い方についてご紹介します。

コンシーラーの正しい使い方

そもそもコンシーラーとは、目の下のクマやソバカス、くすみなど気になる部分に使ってカバーする役割があります。ファンデーションだけでは隠しきれないところに使って、肌をきれいに見せるだけでなく、目元、口元をきれいに見せることができます。

シミやソバカスなどピンポイントで隠したい時には、コンシーラーを気になる部分に乗せて指でポンポンと叩くように馴染ませます。たくさんつけるとその部分だけ色が浮いてしまうので少量を叩き伸ばすことがポイントです。最後はお粉を乗せて仕上げます。

くすみやシワをカバーする際はベースメイクを全体に伸ばしたあと気になる部分に少量をのせ、顔の内側から外側に伸ばしていくようにつけると立体感が出て気になる部分が目立ちにくくなります。

また、コンシーラーはファンデーションと同じように色選びが重要です。

主に、悩みの原因であるものの色と反対の色を選びます。例えば、クマやシミなど青や黒色の部分をカバーしたい場合はオレンジやピンク系のコンシーラーを選んでください。反対に、小鼻の赤みやにきび跡など赤色の部分を抑えたい場合はベージュ系の色おのコンシーラーが最適です。

また、口周りなどのくすみにはブラウン系の色味を乗せると目立ちにくくなり、顔全体に明るい印象を与えることができます。

口元のコンシーラーには、唇専用のものもあります。唇の赤みを抑えて、色ムラをなくすことでリップの発色を良くすることができます。

リップコンシーラーの使い方は、まずリップクリームで唇を保湿し、その後コンシーラーを指で馴染ませます。唇全体に広がったらティッシュでオフしてください。リッップコンシーラーはナチュラルメイクには欠かせない淡い色のリップに仕上げるために大変役に立つアイテムです。

このように、コンシーラーを正しく使うことでより自然で効果的に仕上げることができます。ぜひお試しください。

ナチュラルメイクに仕上げたいコンシーラーの使い方

女子がメイクをする時に一番気にしているのが、厚塗りおばさん顔にならないようにする事です。

厚塗りメイクになると、どうしても老けて見えたり、時間が経過した時に小じわが目立ちやすくなってしまいます。でも、シミやくすみ、にきび痕を隠さないと、肌が汚く見えてしまう!と悩んでいる方へ。

続いて、コンシーラーを上手く使いこなしながら、ナチュラルメイクを完成させるコツについて紹介していきますね。

薄付きコンシーラーが大活躍!

多くの方がコンシーラーに求めるのは、見た目はナチュラルに、だけどお肌の隠したいポイントをしっかりカバーしてくれる事です。

コンシーラーと一口に言ってもその種類は様々あり、また隠したいのがクマなのかニキビなのかによって求める機能も微妙に変わります。

自分にぴったりのコンシーラーを見つけるのには、多くの時間と手間が必要になってくるのです。

メイク初心者の場合、コンシーラーはゆるめのテクスチャーで薄付きのもので、優しくカバーしていくのがベストです。またメイクに慣れている方にとっても、コンシーラーはできるだけ薄く済ませるほうが良いので薄付きコンシーラーは持っておくべきものです。場合によっては、購入したコンシーラーが期待していた程のカバー力がなくて、持て余しているという方もいるのではないでしょうか。

おすすめのコンシーラーは、リキッドタイプでゆるめのテクスチャー、どちらかといえば色味でカバーというより光でぼかす効果がある明るめのコンシーラーです。

TゾーンやCゾーン、アゴ、口角、上唇の山の上に塗って顔の凹凸を強調させます。目がくぼんで影になっているタイプのクマなら色味でカバーした後、明るいコンシーラーを塗り重ねると顔全体がぱっと明るくなります。

テクスチャーのゆるいコンシーラーは、お直しアイテムとしてポーチに入れておくと便利です。ファンデーションが崩れた部分などを、ティッシュや綿棒でオフしてからコンシーラーで補てんしてあげれば、厚塗りにならずに綺麗にメイク直しすることができます。

お手もとにある薄付きコンシーラーは、ただ優しくカバーしてくれるだけではありません。コンシーラーとして以外にも、ハイライトやお直し、アイシャドウベースで大活躍する便利アイテムです。メイクの初心者も上級者も、きっと持っていて損はないものでしょう。

ナチュラルになるコンシーラーの使い方

ステップ①:ベースメイク

まずは、ベースメイクをナチュラルに仕上げていきましょう。

厚塗りを防ぐためには、ファンデーション用スポンジやファンデーション用ブラシで、余分なファンデーションがつかないように、優しく馴染ませていく事がポイントです。

指で伸ばすよりはスポンジやブラシの方が、余分なファンデーションを吸収してくれる効果があります。

ベースメイクをBBクリームやCCクリームで仕上げる場合でも同じなので、ファンデーション用スポンジやファンデーションブラシを上手く使いこなしていきましょう。

ステップ②:コンシーラーで粗隠し

ナチュラルなベースメイクが完成したら、次は粗隠しです。

この時にシミやくすみ、にきび痕といった粗隠しのためにと、ファンデーションを重ね塗りしてしまうと、厚塗りメイクになってしまうので注意しましょう。

粗隠しは、コンシーラーで行います。コンシーラーといってもいろいろな種類があるので、それぞれの特徴を活かした方法を紹介していきますね。

●パレットタイプのコンシーラー

小さめのパレットに入ったコンシーラーを小筆にとって、シミやニキビ痕といったパーツへと重ね塗りしていきます。カバー力が高いので、シミやニキビ痕、小鼻周りといった風に、ピンポイント使いにおすすめです。

●筆タイプ・スポッツコンシーラー

筆タイプやスポッツコンシーラーは、目の下のくま隠しにおすすめです。目の下のくま隠しに、ペンシルタイプやパレットタイプのコンシーラーを使用すると、小じわの原因になるリスクもあるので注意しましょう。

●ペンシルタイプのコンシーラー

ペンシルタイプのコンシーラーは、シミやホクロなどピンポイントのパーツや唇の輪郭を整えるのにおすすめです。

コンシーラーで毛穴オフ効果

コンシーラーは、シミなどの皮膚の粗を隠す以外でも、毛穴を目立たなくするのにもおすすめです。

小鼻の周り等毛穴が目立つパーツには、練り効果の高いパレットタイプのコンシーラーやペンシルタイプのコンシーラーで毛穴を隠すと、きれいに仕上がります。

毛穴もファンデーションといったベースメイクだけでカバーするのが難しい場合には、コンシーラーでカバーすると長い時間毛穴オフ状態をキープできます。

さらに違う使い方もあります。

色選びを間違えて自分の肌には明るいコンシーラーだった場合は、ハイライトとして活用するのが良いでしょう。

さらに、少し意外なところでおすすめできるのがアイシャドウベースとしての活用です。

リキッド状のものをアイホールに薄く塗り広げることで、後からのせるアイシャドウがまぶたにフィットし粉飛びが減り、綺麗な発色を助けます。せっかく色味が気に入って買ったアイシャドウは、まぶたにしっかり発色させて色味を楽しみたいものですよね。

この活用法では、ゆるめのテクスチャーで厚塗り感のないものでなければ、重ねるアイシャドウがのりづらくヨレやすくなってしまうので注意が必要です。

美容成分配合のコンシーラー

ニキビを隠すために、コンシーラーを用いる人も多いようです。

そんな時には、コンシーラーを塗ってニキビの症状が悪化しないために、殺菌効果や美白効果の高い物を使用すると良いでしょう。

コスパは若干高めですが、ニキビやニキビ痕を隠しながら、同時にケアしていけるので美肌効果は高いです。

最近ではこのようにコンシーラーもいろいろな種類が開発されているので、数種類揃えておいて、悩み別に上手に使いこなしていきましょう。

一度使ってほしい今年人気でおすすめのコンシーラー

みずみずしいカバー力のローラメルシエのコンシーラー

くすみ、シミ、ニキビなどを隠してくれるアイテムがコンシーラーです。でも、コンシーラーを使うと肌が乾燥してしまうことがありませんか。また、汗や皮脂に弱いものだと時間が経つと肌のアラが目立ってしまいます。

おすすめのコンシーラーが「ローラメルシエのフローレスフュージョンウルトラロングウェアコンシーラー」です。

みずみずしいヴェールでカバー、崩れにくい特徴があります。つけていることを忘れてしまうようなコンシーラーです。

肌になじむ秘密

肌悩みを隠そうとすると厚ぼったくなりがちです。その結果、隠しているつもりなのに余計に目立ってしまいます。しかし、このコンシーラーなら厚塗り感なし。ソフトフォーカス効果で光を拡散させて、厚ぼったくならずに毛穴やシワなどをカバーします。

独自のスキンフュージョンテクノロジーによって、使い心地とカバー力の両立させています。

さらに、ウォーターレジスタント処方で汗、皮脂、湿気にも負けません。美しい仕上がりが長時間続きます。

美容成分配合でみずみずしい肌に。乾燥しにくいので目元や口元への使用に適しています。つけていることを忘れてしまうような軽い使い心地です。

カラーは全6色です。肌の色にあわせて選べます。

使い方

スポンジ状のアプリケーターを使用して肌につけます。シミや毛穴など気になる部分に直接アプリケーターを当てて、コンシーラーをのせます。

小鼻や目の周りなど細かい部分は先端を使って点で置き、頬のように広い面には面を使って伸ばします。その後、指を使って素肌となじませます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • これまで使っていたコンシーラーだと、シワや崩れが気になっていました。これは目ギリギリまで塗ってしまっても崩れることがありません。通勤中に汗をかいたし、ニコニコ笑って表情はよく動いたのですが、それでも夜まで崩れませんでした。保湿されているのかシワに入りません。保湿してくれるから目元や口元の乾燥対策にうれしいです。
  • 目元のクマを隠すために使用しています。目元は乾燥しやすいことが悩みですが、これは乾燥を防いでくれます。汗をかく季節でも、それほどヨレや崩れなどは気になりません。少しの量でもよく伸びるのでコスパがよいです。
  • カバー力が高いコンシーラーは他にもあるけれど、これは美容成分を配合していてみずみずしいところが違います。ツヤが生まれて上から粉をはたきたくないほどです。サラッとした使い心地なのに、しっかりカバーをします。
  • クリーミーなテクスチャーで伸ばしやすいです。シミやくすみが気になっていたのですが、しっかりカバーしてくれました。乾燥しやすい目元に使っても、長時間乾燥することはなく、ヨレは気になりません。乾燥しにくいのでシワに入り込んでシワシワになることもありません。

カバー力とみずみずしさを兼ね備えたコンシーラーがフローレスのフュージョンウルトラロングウェア コンシーラーです。

シミやシワが特に気になる部分は目元や口元だと思いますが、こういったところは乾燥しやすいですよね。でも、美容成分入りなので乾燥から守ってくれて、ヨレや崩れも防ぎます。軽い使い心地なのにしっかりカバーするコンシーラーです。

<<Amazon>>

クマを隠すアンダーアイブライトナーコンシーラー

気になる目の下のクマ。ファンデーションで隠したくても、厚塗り感が出てしまったり、上手く隠せなかったりしませんか。クマが目立つと気分が暗くなってしまうことも。また、クマがあるだけで老けた印象を与えます。

厚塗り感がなくクマを隠してくれるものが「ケセランパサラン アンダーアイブライトナー」です。クマ専用のコンシーラーです。

クマを隠す秘密

クマが目立ってしまうのは、血行が悪かったり古い角質が蓄積をしているからです。

目の下の皮膚は非常に薄いため、その下の血管が透けてみえます。血行が悪いと肌を透かして見える血管が青っぽく見えて、クマができるのです。

古い角質は固くゴワゴワしていて茶色っぽい色をしています。肌に汚れが残っていたり、肌の生まれ変わりが滞っていると、古い角質が蓄積をして肌がくすだようになります。

クマを上手に隠すポイントは血色をよく見せることです。ファンデーションでは厚塗りになってしまったりヨレてしまって、うまく隠すことはできません。

アンダーアイブライトナーはオレンジとイエローの2色で明るい肌へと導きます。オレンジは血色のよい肌、イエローは健康的な肌の色です。

オレンジとイエローは別になっているので順番になります。オレンジを塗った上からイエローを塗ると、肌にあたった光を明るい色として反射をします。厚く重ねて隠すのではなく、明るい肌に見せて隠すのです。クマが隠れることで顔全体が明るい印象になります。

目元は乾燥しやすい部位ですが、保湿力に優れたオイルとローズマリーエキス、ユウガオ果実、トウニン、アロエエキスを配合しているため、乾燥から守ってくれます。

使い方

スキンケア後、または化粧下地の後に使用をします。

まずはオレンジから塗ります。チップにオレンジをとり、目の下に叩き込むように広げます。

次にイエローを塗ります。チップにイエローをとったら、オレンジの上に叩き込むように塗ります。

ファンデーションを塗るときには、アンダーアイブライトナーを塗った部分は避けて、境目をぼかすようにします。

口コミ

その他の口コミには以下のようか声がありました。

  • 目の下のクマや影が気になっていて嫌でした。この商品を見つけて早速購入。今までコンシーラーやハイライトなど使ってきましたが、この商品が一番気に入っています。クマが本当になくなります。買ってよかったです。コンパクトなので持ち歩こうと思います。
  • 目の下の印象が変わるだけで顔全体の印象が変わります。クマが目立たなくなったら、顔も明るくなりました。とても滑らかな質感で、軽く触れるだけでチップに簡単にとることができます。叩き込むようにするとムラなく伸ばせます。今までファンデーションで隠していたのですが、厚塗り感がでるし乾燥をしてしまっていました。アンダーアイブライトナーなら厚塗り感がなく乾燥もしません。

ファンデーションでクマを隠すと、厚塗り感が出たり、乾燥をしてしまったり、ヨレたり、クマを隠すのは難しいです。

クマで悩んでいる方におすすめが、クマ専用のコンシーラーアンダーアイブライトナーです。オレンジとイエローが明るく透明感のある肌を作ってくれます。クマが隠れるだけで顔全体が明るい印象になります。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

資生堂のスポッツカバーファウンデイション

私自身、ほくろとソバカスがとても気になる肌をしています。簡単に数えられるだけでほくろは11個、ソバカスは頬を中心に数えきれないくらいあります。普通の下地、コンシーラー、ファンデーションでは短時間では全ては隠しきれません。

そして、色が白いため厚塗りにするとクビとの境目がしっかりとできてしまったり、ほくろに重ねたコンシーラーの部分だけ浮いてしまったりしていました。

また、メイクに掛かる時間はベースメイクだけで20分ほどかかります。

そんな時、口コミで見つけたのが「資生堂SHISEIDOのスポッツカバーシリーズ」でした。

少し指に取るだけで綺麗に気になるほくろやそばかすの部分を簡単にカバーしてくれます。

ハードタイプとソフトタイプの2種類があり、カラーも豊富です。

テレビCMで見かけないため、知ってる方はかなり少ないと思います。私が使ったのはスポッツカバーのH100です。H101はH100よりも一段回ほど暗い色になります。Hシリーズはハードタイプですので、部分的に気になる部分を隠すために使うタイプの物です。

いつも使っている下地を塗ったあとに、ちょこっと指に取りトントンと肌に乗せて馴染ませるだけで、いつものコンシーラーとは別格にホクロが隠れます。

普通のコンシーラーと比べると、ベタベタとしている感覚があると思います。初めは少し赤い(暗い)かなと思いましたが、その上からファンデーションを塗ると、かなり綺麗に目立たなくしてくれます。

色白の方はかなり赤さが気になると思いますが、一度サンプルなどで色味とファンデーションを重ねて、どのように隠れるか試してみてください。

また、ソフトタイプは色が白い方にも合うものが多いですが、気になる部分だけを消したいなら、ハードタイプがやはりお勧めです。普通のコンシーラーと違い、手に取るとかなり重たい感じではありますが厚塗りっぽくならないうえに、乾燥も気にならないので大き目のホクロにも使えます。

元々、確実にほくろとそばかすを消したい時は、下地ブラシで下地を厚塗りにし、その上からコンシーラーを塗ります。ファンデーションを重ねていましたが、今は大分時間が短縮されています。

また医療用の痣やほくろを消すための化粧品も販売されていますが、そこまでお金は出せないぞ、という方にもお勧めです。一度、エアブラシを購入しようかと検討したことがあるくらい、コンプレックスだったのですが、このコンシーラー1つで解決されました。

見た目ではかなり小さいサイズのケースに入っていますが、指先に少しだけ着けるだけでかなり伸びるのでコスパはすごくいいです。

1200円で1つ購入すれば、毎日メイクをしても、1年は確実に使い続けられる量は入っています。

時間がない時でも、気軽に気になる部分を消せるコンシーラーです。ホクロ以外にも、痣も綺麗に消えるのでとてもお勧めです。私はケガがした部分(打ち身など)で試してみたのですが、綺麗に消えました。

またホクロが綺麗に消せるので、少々厚塗りにはなるとは思いますが、タトゥーなど、小さい物を隠すにも使えると思います。

隠したいものがある方は一度、試して欲しいコンシーラーです。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

ニキビ肌やニキビ跡ににおすすめコンシーラー

ニキビを隠すのに便利なアイテムがコンシーラーです。でも、コンシーラーは油分が多いので、コンシーラーの使用でニキビが悪化しそうな不安がありませんか。ニキビ肌におすすめのコンシーラーが「ピアベルピアのCスティック」です。

ニキビやニキビ跡に使える赤みをカバーするコンシーラーです。

肌への優しさ

コンシーラーは油分を配合していることが一般的です。しかし、油分は毛穴をつまらせたりアクネ菌を繁殖させる原因になり、ニキビを悪化させることがあります。メイクをしてニキビが悪化した経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

Cスティックは肌に優しい油分を使用。ミツロウ、マカデミアナッツ油、水添ホホバ油を使用していて、鉱物油は無配合です。

鉱物油を配合していないので、落としやすい特徴もあります。洗顔をする際にゴシゴシ力を入れてしまうとニキビを潰したり、肌を刺激してメラニンの生成を促す心配がありますが、落としやすいものなら力を入れて洗う必要がないので、肌への負担が軽減します。

さらに、ビタミンC誘導体を配合。メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎます。カバーしながら肌をケアます。

使い方

化粧下地で肌を整えておきます。リキッドファンデーションを使う場合はリキッドの後、パウダーファンデーションを使う場合はパウダーの前に使用をします。

Cスティックを指にとり、シミなどが気になる部位に優しくおきます。つけた後に周りの肌の色となじませてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • シミ、くすみ、赤みなどを自然とカバーしてくれます。カバーしながら肌ケアもできるところがうれしいです。色はナチュラルで、色浮したり沈んだりすることはありません。肌なじみがよいです。鉱物油不使用で落ちにくい油は使っていないので、洗顔時の肌への負担が少ないです。ポーチに入れておくと化粧直しのときに活躍します。
  • 厚塗り感なく自然にカバーするコンシーラーです。目の下のクマやところどころにあるシミに使っているのですが、きれいになじんでくれます。目の下のクマは潤いがない製品だと荒れてしまうのですが、一日中フィットして荒れないので優れているなと思います。
  • コンシーラーは肌にフィットしやすいように斜めにカットされていて、ほどよい太さで使いやすい形状です。滑らかに伸びて密着をしてしっかりカバーします。無香料だしつけていて重さ感じません。カバーが難しい濃い目のシミがあるのですが、筆でとってちょんとんとつける、また筆でちょんとんとつけると、今まで使ってきたコンシーラーの中では一番きれいにカバーしてくれました。小鼻の赤みや口角にも塗りやすいです。一日中乾燥をしたりヨレたりすることはありませんでした。

コンシーラーはポイント使いできてしっかりカバーしてくれるところが便利ですが、落ちにくいデメリットがあります。落ちにくいものだと洗顔時に肌の負担になります。ニキビ肌の場合は、落ちにくいコンシーラーが肌の負担になってニキビが悪化しないか心配です。

ニキビ跡やニキビ肌でも使えるコンシーラー、ピアベルピア Cスティックです。鉱物油無配合なので落としやすい特徴があります。でも、赤みやくすみなどはしっかりカバーをします。肌への優しさとカバー力を求める方におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピアベルピア Cスティック ピアベルピア化粧品【10P03Dec16】
価格:2700円(税込、送料別) (2018/7/3時点)

関連記事:

目のクマや毛穴のカバー力が人気!おすすめコンシーラーランキング2018

2018.04.19

ファンデの代わりに!自分の肌色に調整できる人気コンシーラーの口コミ

2017.02.14

スポンサーリンク