コットンの質を見直し、肌を改善!おすすめなコットンの選び方

「コットン選びは重要です!」

化粧水を肌につけるときや、アイメイクを落とすときなどに活躍するコットン。特にこだわりを持たず、安い商品を選んでいる方もいるのではないでしょうか。

コットンはどれも同じような気がしますが、実はコットンの質には違いがあります。質が悪いコットンを使用し続けていると、肌の負担が増えて肌トラブルの原因になる可能性もあります。

いつも使うコットンを見直してみませんか。質がよいコットンを使用して肌の状態を整えましょう。

質が良いコットンのメリット

質がよいコットンを使用することには2つのメリットがあります。

①1つめは、肌の負担が減ることです。

質が悪いコットンは毛羽立ちやすく、パッティングをする際に繊維が肌の刺激になります。刺激がバリア機能を低下させて肌トラブルの原因になります。一方、質がよいコットンは毛羽立ちにくいので、パッティングの際の肌の負担が軽減します。

②もう一つのメリットは、化粧水を肌の隅々に行きわたらせることです。

質が悪いとコットンが化粧水を吸収してしまい、肌には化粧水をあまり与えることができません。しかし、質がよいコットンは化粧水を肌に戻してくれるので、肌の隅々に化粧水を行きわたらせることができます。

刺激を与えないようにして、肌の隅々に化粧水を与えることで、潤いや透明感のある肌に近づくことが期待できます。

質の良いコットンの選び方

では、どのようにコットンを選んだらいいのでしょうか。ポイントは3つあります。

①1つめは、毛羽立ちにくいことです。

毛羽立ちは肌の刺激になって傷つけてしまいます。繊維が滑らかなものが毛羽立ちにくいです。

②2つめは、化粧水を戻してくれることです。

コットンが化粧水を吸収して戻してくれないと、毛羽立って肌を傷つけてしまったり、肌にたっぷりの化粧水を与えることができません。水をしみ込ませたスポンジを絞ると、水分がじわーっとあふれてきますよね。このように水分を戻してくれるコットンを選びましょう。

③3つめは、安すぎないことです。

ある程度の品質を保持するためには、それなりのコストがかかります。安すぎるものは何かを削っている可能性があります。安いから悪い、高いからよいというものでもありませんが、あまりにも安いものは避けた方がよいでしょう。

※また、オーガニックにこだわることもおすすめです。

オーガニックコットンとは、化学肥料や化学農薬を3年以上使用していない土地で、化学肥料や化学農薬などを使用せずに栽培されたものなど、条件をクリアして栽培された綿から作られたコットンのことです。オーガニックコットンは漂白をしていないので、生成色をしていたり黒いぽつぽつがあることがあります。環境に配慮した製品を選びたい方や、肌が弱い方が選んでいます。

普段意識することが少ないコットンの質ですが、コットンの質は肌に影響を与えます。どんなコットンでもいい、安いコットンでいい、と選んでいた方はコットンの質を見直してみてはどうですか。

<<楽天で一番人気のコットン>>

 

<<Amazonで一番人気のコットン>>

スポンサーリンク