日焼け紫外線対策の食べ物!私おすすめの効果のある食品と栄養成分

体の中から紫外線対策ができる食べ物、食品、栄養成分

紫外線はお肌の大敵です。シミ、シワ、たるみなどは年齢の影響だから仕方がないと思っているかもしれませんが、実は加齢による影響は20%ほどです。80%は紫外線による光老化です。

日焼け止めや帽子などで紫外線対策をしていると思いますが、体の内側からも紫外線対策をすることが大切です。紫外線対策に有効な食事をして、体の内側から整えていきましょう。

紫外線と肌の影響

紫外線を浴びると活性酸素が発生をします。活性酸素は老化の原因といわれる物質です。紫外線を浴びるとメラノサイトが刺激されて、メラニンの生成が促進します。

メラニンには肌を紫外線から守る働きがあるのですが、繰り返し紫外線の刺激を受けたり、肌代謝が落ちているとシミとして残ってしまいます。

紫外線によるダメージを防いだり、活性酸素の影響を防ぐ食品があります。こういったものを普段から意識して食べるようにして、透明感のある肌を目指しましょう。

紫外線には種類があり、UV-A・UV-B・UV-Cなどの波長によって区別されています。

紫外線情報 2016

紫外線の波長が短いほど、人に対する影響が強いとされています。

上の図にあるように

  • UV-Cは200~290mm
  • UV-Bは波長280~320nm
  • UV-Aは320~400nm

とあり、UV-Cが最も人体に悪影響を与えます。でも安心してください。

UV-Cはほとんど地球上にやってくることはなく、地上に到達する紫外線量のうち95%はUV-Aなのです。

紫外線 肌

その理由はオゾン層になります。UV-Aはオゾン層にほとんど吸収されずそのまま素通りしているため、一年中安定的に地球上に降り注いでいるのです。

日焼けの原因は「UV-A20%、UV-B80%」とされています。

UV-Bが地上に達するのは全紫外線量の5%と少ないですが、UV-A以上に人の皮膚に入り込むとDNAを傷つけてしまいます。そのためオゾンの濃度が減少すると、人体への悪影響が大きくなるのです。日本の上空は、1年を通してオゾン層は安定しているので、UV-Bが地上に到達する量は、紫外線量全体が多くなる夏に増えてきます。

ちなみに日焼けサロンのマシンはUV-Bの波長の紫外線を使っています。そのため赤くならず綺麗な褐色の肌を得ることができるのです。

うっかり日焼けしてしてしまった時に食べる食べ物

うっかり日焼け対策を忘れて外出してしまった時や日焼け対策が十分ではなかった時にやってしまううっかり日焼け。そんな時は、是非、率先して体の中から、日焼けしたしまった肌への対策を行う事をお勧めします。もちろん、十分な冷却は保湿と言った方法も日焼けしてしまった肌には必要な対策となります。

しかし、日焼けした場合、体の中から対策する事で得られる効果も非常に高い為、必ず行って欲しいです!

日焼けしてしまった肌に必要な栄養素を考え、そこから食品を選ぶ事が重要なポイントになります。

主に日焼けした肌に必要な栄養素は、

  • ビタミンC
  • 強い抗酸化作用のあるビタミンE
  • 老化予防になると言われるビタミンA
  • その他、リコピンも大切な栄養素の一つになっています。

そのため、これらを多く含む食品を選んで摂取していく事が大切です。

トマト、いちご、ホワイトオムレツの食べ物で紫外線対策を!

紫外線 肌 老化 対策

シミやそばかすができる原因の一つである紫外線は女性の大敵です。

特に紫外線A波(UV-A)と呼ばれるものは肌の奥まで入りこみ、肌の張りをキープしている線維芽細胞を壊してしまいます。そのほか、シミやそばかすの原因となる紫外線B波(UV-B)もあります。これらの紫外線をカットするために、私たちが心がけているのは「日焼け止め」ですよね。しかし実際に日焼け止めだけでは、完璧に日焼けをカバーできないのが現実。仕事柄、外で働く人であればなおさらですよね。そこでおすすめなのが、紫外線対策に効果的とされる食品を食べることです。

紫外線対策のために食べたい食品、食べ物

外線対策のために食べたい食品は、

  1. ビタミン・ミネラルを含むものと、
  2. 抗酸化成分を含むものです。

シミやそばかすを防ぐなら、ビタミンCを含む食品が力を発揮してくれます。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制したり、還元作用でシミやそばかすを薄くする働きがあります。

ビタミンEβカロテンには、紫外線から肌を守ったり、健康な皮膚を作る働きがあります。肌の生まれ変わりには亜鉛が必要です。紫外線のダメージを受けた肌の修復に必要になります。

ビタミンCが多い食品は、柑橘類、キウイ、イチゴ、パセリ、赤ピーマンなどです。

ビタミンEはかぼちゃやアーモンド、βカロテンは人参やほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。亜鉛が多い食品は、牡蠣、ごま、カシューナッツなどです。

活性酸素はメラニンの生成を促進します。

紫外線を浴びて発生する活性酸素から肌を守ってくれる成分が抗酸化成分です。ポリフェノールやフィトケミカルに抗酸化作用があります。これらは植物性の食品に多く含まれています。

ポリフェノールには、カカオに含まれるカカオポリフェノール、ブルーベリーなどのアントシアニン、緑茶のカテキンなどがあります。

フィトケミカルは植物に含まれる化学物質のことです。ネギ科の植物に含まれる硫化アリルや、ごぼうやバナナに含まれるクロロゲン酸などがあります。

個人的におすすめなのが、トマト、いちご、ホワイトオムレツです。

紫外線対策になるトマトといちご

紫外線 食べ物

まずはトマトからご説明します。トマトには豊富なリコピンが含まれています。リコピンはカロテノイド色素と呼ばれるもので、日差しから身を守る作用を持つと言われています。よってカロテノイドを多く含んだ食品を摂取すると、紫外線による耐性を上げることができるんです。トマトペーストをスプーン2、3杯飲むだけでも効果があるんだとか。

紫外線対策 いちご

次にいちごです。いちごの真っ赤な色はアントシアニンと呼ばれるもの。リコピンよりも強い作用があると言われています。また、言うまでもなくいちごにはビタミンCが豊富ですよね。5~6粒食べただけで1日の必要量が摂取できるほどです。このビタミンCが日焼け対策に有効的なんです。ビタミンCは活性酸素を抑える効果があります。摂取することで、より高い日焼け対策が可能。日焼け止めだけではカバーしきれない部分を食品で補うことができるなら、簡単な対策法と言えますね。

外出する前に摂取することが大事!

トマトやいちごの摂取方法ですが、外出前にいちごやトマトを摂取することです。トマトは1個食べれば十分。いちごは中くらいのサイズだと6粒くらい食べたいですね。

紫外線が肌に当たると、シミやそばかすの原因となる活性酸素が活発化します。日光に当たる前に活性酸素の活発化を抑えてくれる食品を摂取しておくことで、その働きを抑えることが可能なんです。日焼けする前に防御することができるので、日焼け後より効果があると言えますね。もちろん日焼けしてしまった後に摂取しても効果はあります。強力な抗酸化作用を持つエラグ酸が、ターンオーバーを正常化へと導いてくれるでしょう。

メディアでも紹介された!いちごで日焼け対策

人気のテレビ番組でもいちごが日焼け対策に有効であることが紹介されています。番組では出かける前にいちごを1パック食べるというもの。ですが、実際に1パック食べるのは難しいですよね。そしていちごは水溶性です。時間が経てば体外へ排出されてしまいますので、一度に摂取するのではなく何回かに分けて食べることをおすすめします。食後のデザートとして食べる習慣をつけておいてもよいかもしれませんね♪

紫外線対策になるホワイトオムレツ

某テレビ番組でも紹介されたホワイトオムレツ。紫外線対策や美容にも効果があることから、いま注目を浴びています。ホワイトオムレツとは、名前の通り卵白だけを使ったオムレツのことです。卵は高カロリーな食品というイメージが強いですが、卵黄のカロリーは1個あたり66kcalに対して、卵白はたったの18kcalしかありません。また卵白には優れた栄養素が含まれていることでも知られており、美容面はもちろん紫外線対策にも有効とされています。

ホワイトオムレツ

卵白には紫外線によってダメージを受けた肌を修復する「酵素」が含まれているため、紫外線対策に効果的です。

また酵素は肌のターンオーバーを正常化させる働きを持つほか、良質なたんぱく質により新陳代謝をUPさせ、シミやニキビができやすい老廃物を排除する作用があります。

そして白身部分に存在する白い「カラザ」と呼ばれるものには「シアル酸」といった成分が含まれています。この成分はガン予防になるため、病気予防にもなります!

さらに白身部分には「リゾチーム」という「溶菌作用」がある成分も含まれています。卵は、卵黄部分がひよこになり、白身部分は外からの細菌を防ぐ役割があります。この白身の高い溶菌作用を持つ「卵白リゾチーム」は風邪薬などに配合されており、風邪薬や食品添加物にも使われているのです。そのため風邪対策にもおすすめです。

昔から風邪には「たまご酒」といわれていますが、滋養だけでなく卵白の力で初期の風邪を撃退するのです。

朝食に食べたいホワイトオムレツの作り方

ホワイトオムレツ 

出かける前の朝食にホワイトオムレツを食べることをおすすめします。基本のレシピは卵白2個に牛乳大さじ1、マヨネーズ小1を入れて混ぜ、フライパンにサラダ油を少々入れて焼くだけ。ふんわりとなめらかなオムレツを作るコツは、混ぜる際に強く混ぜすぎず、空気を入れないようにすること。

ホワイトオムレツ 効果

また注意したいのが、卵白は早く焼けます。約58度から凝固が始まり、約80度で凝固するので弱火~中火で焼くことをおすすめします。ホワイトオムレツは鶏肉や野菜を混ぜるなどレシピも無限大。毎日飽きることなく食べることができます。また余った卵黄はドレッシングづくりや夕飯時の調理に使うなどして消費しましょう。

アメリカでも流行!ホワイトオムレツはダイエットにも

ホワイトオムレツ ダイエット

アメリカでは、すでにホワイトオムレツが流行していて「ニコール・リッチー」が1年間で10kg以上の減量に成功したと話題になっています。

またテレビ番組に出演した名医もホワイトオムレツを食べることで、16kgもの体重を落とすことに成功。こんなにもダイエット効果があるとは、驚きですよね。さらに肌の新陳代謝を促してくれるので、肌にツヤも生まれたそう。専門医が伝える美容対策法なので信ぴょう性もありますね。

ホワイトオムレツ 肌

いかがでしたか?ホワイトオムレツは作るのも簡単で、バリエーション豊かなのが魅力です。自分好みの具材を混ぜ込んで作るオムレツは味も良し。過度なダイエット方法と違い、美味しく綺麗になれる美容方法です。今まで食べたことがなかった方、是非一度食べてみては。

都内のホテル「ザ・ペニンシュラ東京」でもホワイトオムレツが食べられますよ。外国人からのリクエストで生まれたメニューなんだとか。オムレツの上に新鮮な野菜やハーブ、チーズが乗っていて、サラダ感覚で食べられる一品です。一流ホテルでホワイトオムレツを食べてみるのもアリですね。

<<注意点>>

曇りの日でも晴れの日の70%ほどの紫外線が地上に降り注いでいるといわれるので、毎日紫外線対策をすることが大切です。いろいろな食材を毎日少しずつでもいいので食べましょう。

ただし、同じものばかり食べないように気をつけてください。同じものばかりだと栄養が偏ってしまいます。

シミやシワなどの肌トラブルを防ぐには、紫外線対策をしっかりとすることが大切です。日焼け止めや帽子など外側の対策をするだけでなく、食事で体の中からも対策をしましょう。外側と内側の両方から対策をすれば、より紫外線を防ぐ力が高まることが期待できます。

まとめ

シミ そばかす 紫外線 原因

日焼けや紫外線対策で、実際どんな食品を選んで食べれば良いのかというと、たっぷりとビタミンCが入った「いちご」です。いちごは非常に多くのビタミンCを摂取する事ができ、手軽に食べる事ができることからも特にお勧めです。

次にビタミンEを摂取する為には、アボカドやオリーブがお勧めです。アボカドやオリーブを食べる習慣がない場合は、料理する際、オリーブオイルを使ってみるといいかと思います。

また、ビタミンは、ニンジン。

リコピンはトマトが代表的な野菜となっている為、どちらも身近な野菜であると言う事から、手軽に食事として摂取する事が可能です。特にトマトは日焼けが気になる夏が旬の食べ物となります。その為、トマトが美味しい季節に食べる事で自然と日焼け対策を行う事が可能です!

いくら、うっかり日焼けに効果を期待する事ができるからと言って偏った食事は厳禁です。

あくまでも、バランスを考えた食品選びが重要なポイントとなります。その他、食べ方にも工夫が必要です。例えば、ビタミンAの場合、油に溶けやすい性質がある為、炒め物をした際、その脂と一緒に摂取する事も可能になります。また、ビタミンAを含む食べ物は非常に豊富でレバーや鰻と言ったものにも多く含まれている為、夏バテ予防も兼ねて摂取する事が可能になります。

以上がうっかり日焼けしてしまった際に、是非、食べてほしい食べ物となります。もちろん、これらの食べ物を食べたからと完全にシミ予防を行う事など出来ません。しかし、日焼け対策というものは、肌に直接行うケアだけではなく、体の中から行う日焼けケアも大切な事は事実です。その為、日焼けが気になる際は、これらの食べ物を積極的に摂取する事をお勧めします。

年々ひどくなる紫外線。ほんの数分外へ出ただけでも肌が赤くなることもあります。私たちが想像する以上に肌ダメージは大きいもの。若々しい肌を維持するためには、スキンケアはもちろんご紹介した食品を意識的に摂取するのも大切です。栄養価の高い食品なので知らずのうちにエイジングケアにもなり一石二鳥です!

関連記事:海やプールでも完全対策!顔と体におすすめプチプラ日焼け止めランキング2017

スポンサーリンク