スプリングハートのリキッドとロングラスティングアイライナーの口コミや使い方

メイク

スプリングハートの人気のアイライナー「リキッドアイライナー」と「ペンシルアイライナーのロングラスティング」を紹介します。

スプリングハートのリキッドアイライナー

アイラインを描くのは難しいと感じたことがありませんか。細かな部分なので手がぶれてしまったり、ラインがにじんでしまったりなどあるのではないでしょうか。

アイラインを引くのが苦手な方やメイク初心者さんにおすすめのアイライナーが「スプリングハートのリキッドアイライナー」です。しなやかなフェルトタイプのペン先で描きやすいアイライナーです。

くっきり描ける

スプリングハートのリキッドアイライナーは、くっきりとしたラインを簡単に描けることが特徴です。

くっきりとしたラインを描くために重要なものが染料です。いろいろなアイライナーを使ったことがある方は経験したことがあると思いますが、色がでにくくかすれてしまうアイライナーもあります。

スプリングハートのアイライナーのブラックタイプは、FDA公認カーボンブラックを採用しています。濃厚なブラックがくっきりした目元を演出します。

そして、くっきりした目元に仕上げたら、それを維持することも重要です。涙目になりやすい方や目薬をつけたりする方は、塗れてラインが薄くなったりにじんだりすることがあるのではないでしょうか。

スプリングハートのリキッドアイライナーは、汗や水に強いウォータープルーフ処方です。涙や目薬でも落ちにくいです。

ウォータープルーフは汗などの濡れには強くても、こすれには弱い欠点があります。しかし、大丈夫です。スプリングハートのリキッドアイライナーはこすれにも強い処方です。速乾タイプのリキッドアイライナーでこすれても落ちにくく、時間が経っても描いたときのような美しいラインが続きます。

筆先はしなやかなフェルトタイプになっています。柔らかな筆なので肌当たりが柔らかです。

使い方

まつげの際を埋めるようにラインを描きます。目頭から半分までは太目に、半分から目尻までは細目にして少し流すと自然に仕上がります。最後にラインが均一になっているか確認をします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • コシがある筆先で描きやすいです。ラインの太さを自由自在に操れます。他のアイライナーよりも短めなのでうまく描けるか心配だったのですが、楽に描けました。そして発色がよいです。400円くらいと安く購入できてこの使い心地で満足しています。
  • 漆黒のようなツヤのある黒できれいです。フェルトペンは程よい硬さで描きやすいです。汗や水で落ちにくく、こすっても薄くなりません。490円で購入したのですが、高いアイライナーと負けないと思います。悪いところが見つからないアイライナーです。
  • 筆タイプは苦手なのですが、安いもので練習しようを思って購入をしました。このアイライナーは描きやすいです。筆の固さがちょうどよいです。今まで使っていたペンシルよりも落ちにくく、夜までラインが残っています。筆タイプは苦手意識があったけれど、自信を持てました。

アイライナーをうまく描けないと悩んでいる方も、スプリングハートのリキッドアイライナーなら上手に描けるはずです。筆タイプのアイライナーが苦手な方でも、描きやすいと口コミをしています。

そして、うれしいプチプラです。プチプラなら失敗してもいいか、という気持ちで気軽に試せるのではないでしょうか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

 

スプリングハートのロングラスティングアイライナー

安いものは使用感や仕上がりがイマイチ、そんなイメージがありませんか。でも、「スプリングハートのロングラスティングアイライナー」なら低価格なのに描きやすいです。柔らかい芯で滑らかに描くことができるペンシルタイプのアイライナーです。

特徴

ペンシルタイプのアイライナーには、繰り出し式のものと鉛筆のように削って使うものがあります。ロングラスティングアイライナーは繰り出し式で、削る必要はありません。

ペンシルタイプのアイライナーには、以下のような特徴があります。

  • 初心者でもアイラインがひきやすい
  • 芯が柔らかいのでぼかしやすい
  • 発色が柔らかで失敗しても修正しやすい
  • 削るタイプなら、削り方によって芯の太さを変えられる

ロングラスティングアイライナーは、柔らかな芯で滑らかにラインを描ける特徴があります。目元はデリケートなので、ごしごしとラインを描くと目元の皮膚の負担になってしまいますが、柔らかな芯は描きやすいだけでなく目元の負担が軽減します。

汗や水に強いウォータープルーフなので、描いたときのような美しさが長時間持続します。汗をよくかく季節や涙目になりやすい方は、にじんでパンダ目になってしまうことがありますが、ウォータープルーフならその心配がありません。

ぼかしやすい専用チップ付きとシャープナー付きです。繰り出し式なので削る必要はないのですが、シャープナーを使って削ると細いラインを描きやすくなります。ブラック、ダークブラウン、ブラックラメの3色展開です。

使い方

まつげの間を埋めるようにラインを描きます。目頭から描いていき、黒目のあたりまできたら、今度は目尻から描いていきます。少しずつ描いていくと失敗しにくく、自然に仕上がります。ペンシルで描いたラインを綿棒や専用のチップなどでぼかすと、より自然になります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ペンシルが柔らかくてするすると描けます。ペンシルなのにもちがよく、真夏の炎天下で長時間過ごしてもパンダ目になりませんでした。お直しする必要がありません。奥二重なので助かります。何度かリピートしています。
  • クリームみたいな質感でするすると描けます。ダークブラウンを使用しているのですが、ブラウンといっても薄いブラウンではなく黒に近いような色です。真っ黒だと目が小さく見えるし、茶色だと薄いので、この色が気に入っています。さらに、にじみにくいし、肌が弱くても荒れません。もう10年以上使い続けています。
  • こんなに安くてよいアイライナーがあったなんて。このアイライナーの使い勝手の良さを知ってからは、他のアイライナーを使えなくなりました。汗をかいても落ちにくく、上まぶたの際もにじんでいません。描きやすく、にじみにくく、安い、ずっとキープしておきたい商品です。

アイラインを描くのが苦手な方でも、スプリングハートのロングラスティングアイライナーなら自然な仕上がりにできるはずです。

柔らかな芯、ウォータープルーフ、繰り出し式、ぼかしやすいチップ付き、といったアイラインを描きやすい特徴があります。しかも、お財布にうれしい価格です。

描きやすいアイライナーで思い通りの目元に仕上げてみませんか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

 

関連記事:

デジャヴュのアイライナー「筆ペンリキッドとクリームペンシル」の使い方と口コミ

2018.08.09

2019年人気のジェルアイライナーはこれ!おすすめランキングと使い方

2018.08.07

落ちない!描きやすい!おすすめアイライナーランキング2018

2018.06.07

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

【2018年おすすめのカラーアイライナー】人気の色、使い方や引き方のコツも

2017.01.10

スポンサーリンク