テレビで紹介された酢玉ねぎと氷酢玉ねぎの食べ方や作り方!ダイエット効果効能も

酢たまねぎで体脂肪を撃退しよう!

「ダイエットしているのになかなか痩せない。でもダイエットサプリメントに手を出すのは気が引けるなぁ」と思っている方は多くいらっしゃいます。

最近ではたくさんのダイエット食品やサプリメントが販売されていますが、できることならそのようなものを使用せず、もっと自然で、身近なものでダイエットできたら嬉しいですよね。

そのような方に是非おすすめしたいのが「酢玉ねぎ」です。

酢玉ねぎとは、スライスした玉ねぎを酢に漬け込んだものです。ダイエットや健康への効果が素晴らしく、最近とても話題となっています。今回は、この酢玉ねぎについてご紹介したいと思います。

お酢の働き

体に良いと言われているお酢。そんなお酢には、様々な種類があります。一般的に使用されている事が多い、穀物酢や米酢をはじめとし、リンゴ酢や黒酢、バルサミコ酢などそれぞれ風味も違えば、摂取する事で得る事ができる効果も違うと言われています。

お酢には、様々な効果を期待できます。

①お酢には、食欲増進効果があります。

暑い日、食欲が落ちている時でも、上手にお酢を食事に加える事で、食欲がなくとも食事を進めていく事が可能です。食欲増進効果があると聞くと、ダイエット中の人の場合、お酢を摂取しない方が良いと思われるかもしれませんが、そのような事はありません。

②お酢には、エネルギー燃焼、アミノ酸による脂肪分解の効果もあります。

そのため、ダイエットにおいて、お酢は欠かす事の出来ないものとなっています。

③また、血圧低下の効果もあります。

お酢を摂取する事で高血圧を予防する事も可能になってくるのです。

これら以外にも、口臭予防効果や疲労回復効果、冷え性対策に静菌効果・殺菌効果、血中コレステロール値を下げる効果など多くの効果を期待する事ができます。

酢たまねぎのダイエット効果や効能

先ほどお話したように、酢たまねぎとは、玉ねぎのスライスを酢に漬け込んだものです。

酢たまねぎを積極的に摂取することで、脂質の代謝が促され、体脂肪が燃焼しやすくなります。

なぜなら玉ねぎにはケルセチンという成分が含まれており、このケルセチンは脂肪分解酵素を活性化してくれる作用があるからです。つまり、体脂肪が分解されやすくなるのです。

また、酢には、脂肪の合成を抑制する働きがあります。

この2つの相乗効果によって、脂肪が分解・燃焼されやすい、痩せ体質になることができるのです。

単に酢玉ねぎを日常の食生活に取り入れるだけで、ダイエットができるなんて、とても嬉しいですね。また玉ねぎには中性脂肪を減らす効果があるので、健康診断での血統数値が気になっている方にもとてもおすすめです。血液がサラサラになりますよ。

このように、酢玉ねぎは、ダイエットだけでなく、健康にも大変役立ってくれるのです。

テレビで紹介された酢玉ねぎの食べ方・作り方

酢玉ねぎは簡単に作ることができます。

玉ねぎをスライスして、お酢に漬け込むだけです。

お酢だけだと酸味がきついと感じることがあるので、砂糖やはちみつを足したり、塩で味を整えることもできます。

これらの調味料を合わせて一旦熱し、その後、スライスした玉ねぎを漬け込むことで、酸味がまろやかになります。

完成した冷蔵庫で長期間保存しておくことができ、あらゆるお料理に応用することができるため、あらかじめ作り置きをしておくと日々の料理がとても楽になりますよ。

酢玉ねぎは、ぜひ、調味料のように気軽に使って頂きたいと思います。

<<動画で確認するのが、とても分かりやすいです>>

野菜と合わせてサラダやマリネにして頂いても美味しいですし、肉や魚と合わせるのも、とても相性が良いです。

酢玉ねぎは、最近とても注目されているため、酢玉ねぎだけのレシピ本や、雑誌でも特集が組まれていることも多いです。酢玉ねぎにも様々なレシピがありますな、お気に入りのレシピを見つけたり、自分でベストな酢玉ねぎの配合を見つけ出すのも楽しいですよ。

酢玉ねぎを取り入れる際のポイント!

酢玉ねぎの保存の際は、必ず消毒した瓶など、清潔な保存を心がけましょう。

保存期間は冷蔵庫で2週間ほどが目安であると言われていますが、匂いや味がおかしいようなら、食べるのは避けるようにしましょう。

また、ダイエットを目的として酢玉ねぎに挑戦してみようと思っていらっしゃる方も多いことと思います。酢玉ねぎは、食べるだけでも私たちの身体を痩せ体質にしてくれるという嬉しい効果がありますが、運動も併せて行うことによって、さらに効率的にダイエットの効果を得ることができますよ。酢玉ねぎの脂肪燃焼パワーを味方につけて、ぜひスリムな身体を目指して下さいね。

酢玉ねぎの素晴らしいダイエット・健康効果をご紹介しました。

酢玉ねぎを取り入れるたけで、痩せ体質になり、中性脂肪が低下し、血液がサラサラになるなんて、とても嬉しいことですね。酢玉ねぎは、日常のお料理に手軽に取り入れることができ、作り置きし、上手く使いこなすことによって、毎日のお料理がとても楽になりますよ。是非、毎日の健康とダイエットのために、酢玉ねぎに挑戦してみて頂きたいと思います。

玉ねぎに飽きたら、飲み物としてお酢を摂取してみましょう。

お酢をそのまま摂取する場合、水と酢とハチミツを10:1:1の割合で飲む事をお勧めします。

その他には、お酢と牛乳を混ぜて飲む方法もあります。

「牛乳!?」とビックリされた方もいるかもしれませんが、意外と飲みやすく、お子さんにもお勧めの摂取方法です。

また大人の人には、赤ワインにお酢を入れて飲む方法もお勧めです。ほんの少しお酢を混ぜて飲むだけで、また、違った楽しみ方を発見する事ができます。

さらにオレンジジュースに混ぜて飲む事も可能で、さっぱりとした味わいを楽しむ事ができます。

※お酢を摂取する際に注意しなければいけないのが、1日の目安は原液約30mlだと言う事!

これ以上、摂取する事がないように十分な注意が必要です。また、お酢を飲むタイミングとしては、食事中や食後。その他、ダイエット効果を期待するなら、就寝前がお勧めのポイントになります。

以上がお酢を毎日の生活に取り入れる方法となります。何にでも合わせる事ができるお酢。その為、毎日、飽きることなく取り続ける事ができやすくなっています。アレンジ方法も様々で、自分にあったものに混ぜて飲む事も可能です。

ただし、どうしても、それらが難しいと言う場合は、サプリを選ぶと言った選択もあります。サプリなら、もっと手軽にお酢を摂取する事も可能です。また、お酢は料理にも使い勝手のいい調味料となっている為、日々の食事にうまくお酢を取り入れる事も可能です。その際は、1日の摂取量のみ注意し、料理にたくさんのお酢を使用した場合は、お酢を飲む事を控えるなどと言った工夫が必要となります。

※長期間保存ができると今年人気の「氷酢玉ねぎ」もおすすめ!

氷酢玉ねぎ(こおりすたまねぎ)とは、玉ねぎとお酢をミキサーで刻み、その後冷凍庫で凍らしただけのシンプルな調味料です。

1日3ブロック(1ブロック:25g)を目安に、お味噌汁やカレーにそのまま入れたり、炒め物や、サラダのドレッシングとしてもそのまま使えます。

氷酢玉ねぎの効果は、南越谷にあるクリニック院長が以下のように答えています。

「氷酢玉ねぎは血液をサラサラにし、若返り効果もらたらしてくれます。」

「酢には中性脂肪を減らし、代謝力を高める作用があります。玉ねぎには血液をサラサラにし、血流が良くなる効果があります。酢と玉ねぎはこれらの効果を倍増させてくれるほど相性の良い組み合わせです。」

酢玉ねぎとの違いは、前述で紹介した酢玉ねぎは4,5日間ほど寝かしておく必要がありますが、氷酢玉ねぎは、酢玉ねぎと効果はそのままで、保存期間が長いというメリットがあります。

<<材料>>

  • 大きめの玉ねぎ:2玉
  • 蜂蜜:100ml
  • お酢:150ml(お酢の種類は黒酢が一番おすすめ!黒酢にはビタミン・ミネラル・アミノ酸が豊富に含まれており、またクエン酸で基礎代謝UPの効果も得られます。さらに味がまろやかにある作用もあります。)

<<作り方>>

  1. 玉ねぎの皮をむき、4等分にカットします。
  2. ミキサーに、玉ねぎ・お酢・はちみつを入れ、スイッチオン!
  3. とろとろになるまで刻んだら、製氷皿に入れて、一晩凍らせます。

女優早見優さんとTKO木下さんが1週間、氷酢玉ねぎを食べ続けた結果・・・血管年齢、血糖値、中性脂肪の数値が下がりました!

<<早見優さん>>

「肩こりも軽減されて、食べ物でこんなに変わるとはビックリ!」

<<TKO木下さん>>

「血管年齢は17歳も若返ったのが、なにより嬉しい!!」

氷酢玉ねぎを使ったアレンジ料理方法が知りたい方は、下動画(サンデーモーニング)の34分からチェックしてみてください↓↓

スポンサーリンク