ナチュラル&ツヤ肌メイクで流行りのベースメイク方法とおすすめコスメ

メイク、ワンパターン化してしまっていませんか?メイクには流行があります。ずっと同じメイク、では老けた印象を与えてしまうことも。とはっても顔全体を流行りにのせる必要はありません。部分的に取り入れて旬の顔を目指しましょう。

ベースメイクで流行感を出す方法

今まで秋、冬はマットな肌が流行がちでしたが、今年はナチュラル、ツヤ肌が流行るそう。

くすんでいる部分にはコンシーラーを使用し、全体にはリキッドファンデーションを薄くのせ透明感のある肌を目指してみましょう。メイク崩れが気になる場合はルースパウダーをささっと軽くブラシでのせるのがおすすめです。

ベースメイク前はもちろん保湿をしっかりと。土台をしっかりうるおわせておけば、乾燥によるひび割れも乾燥が原因の過剰な皮脂も気にならなくなります。

おすすめは濡れシャドウ!ツヤっぽく若々しく仕上げよう

「コスメデコルテのアイグロウジェム」や

「アールエムエスビューティのスウィフトシャドウ」などの濡れたようなツヤ感を与えてくれるアイシャドウがおすすめです。

上からラメ感のあるルースシャドウをのせるのもおすすめ。SNSでヤバい粉として有名になった「イヴサンローランのクチュールホログラムパウダー」なんかすごくいいですね。4色アイシャドウによく入っているキラキラを上からさっとのせるのもアリ。まぶたに透明感が出ればそれだけで若々しい印象に。

口紅は濃い目、ナチュラル、の両極端が人気

口紅はこっくりした深みのある色と透明感のあるナチュラルな色、両方が人気です。唇のくすみが気になる方は濃い目の発色が好き、という方は、8/18発売の「ランコムのラプソリュルージュC」がおすすめ。大人女子にピッタリな鮮やかな発色が魅力です。つけるたびにテンションが上がってしまいそうなビジュアルも素敵ですね。

唇にハッキリとした色をのるのが苦手、という場合は「クラランスのリップオイル」がおすすめです。タンジェリンはオレンジでハツラツとした印象に、キャンディーは唇をぽっとピンクに染めてくれます。ツヤと明るさ、両方が手に入るのがうれしいんですよね。香りにも癒されます。

他には、青ラメグロスや青ラメ口紅もかなりおすすめです。色がついてないようでいて、重ねると透明感がすごく出るんですよ。トレンド感もピカイチ、おすすめです。

血色メイクがトレンド!クリームチークでツヤと血色両方を手に入れる

クリームチークを指やブラシに少量をとり、様子を見ながら少しずつのせていきましょう。順番的にはリキッドファンデの後、ルースパウダーの前ですね。チークをつけ過ぎてしまった時はルースパウダーを多めにのせるとナチュラルな印象に。

トレンドの位置は今までチークを入れていた位置よりもやや高め、頬骨の一番高いところが濃くなるようにしながら入れます。しっかり入れれば強めな印象、ふわっと入れればやさしげな印象に。チークでなりたい印象を演出しましょう。

メイク全てを変えるのは難しいですが、ほんの少し流行を取り入れるだけで印象がパッと垢抜けること間違いなしです。今のメイク、少し変えてみませんか?ほんの少しの変化でも、かなり気分があがりますよ。楽しみながらメイクしましょう!

参考記事:

30代,40代におすすめ!肌荒れしない人気のファンデーションランキング2017

2017年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

【2017年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

【2017年おすすめのカラーアイライナー】人気の使い方や引き方のコツも

【大人気のリップ、口紅ランキング2017】おすすめ4選!色は

スポンサーリンク