ニキビ肌におすすめのベースメイク方法(コンシーラーとファンデーション)

長年の悩みだったニキビを隠すためのベースメイクについて紹介します。

私は中学生のころからずっとニキビに悩まされてきました。

高校生になると周りのみんなと一緒にメイクを始めましたが、私の肌はみんなよりもニキビが酷くて綺麗ではありませんでした。なのでみんなと同じコスメを使っても肌に馴染まず、悔しい思いをしてきました。

今までたくさんのコンシーラーやファンデーションを試してきて、やっと自分に合ったコスメに出会うことができました。

今回はニキビ体質の私が愛用しているベースメイクアイテムをご紹介します!

自分に合ったベースメイクのコスメに出会うと、毎回「なんで早く試さなかったんだろう!」って後悔します。(笑)

今まではコンシーラーやファンデーションを必死に重ねていましたが、本当の優秀なコスメは時間をかけずに綺麗なベースを作ってくれるのです。

今までよりメイクにかけていた時間が短くなって、肌への負担も減らすことができます。

おすすめのベースメイクアイテム8選

ニキビをカバーするメイクって意外と難しい…。

ストレスや栄養バランスの乱れで出来てしまう大人ニキビ。大人ニキビは治るまでに時間がかかり、毎日メイクをするときはニキビをカバーできるように時間をかけないといけません。

「ニキビをカバーすると厚塗りになってしまう…。」

「カバー力が高いコスメは肌がテカってしまう…。」

このように、ニキビ体質の方の中には自分の肌に合ったコスメが見つからず、悩んでいる方が多いと思います。

そこで今回は、ニキビ体質で敏感肌の私がおすすめする化粧品をご紹介します!

ぜひ参考にしてみてください☆

化粧品選びのポイント!

ニキビができやすく、環境が少しでも変化すると肌が荒れてしまう敏感肌の私は、今まで新しいコスメを試す中で肌が赤くただれてしまったことが多々ありました。

そして新しいコスメを試していくうちに、コスメ選びに失敗しないようになったんです。自分の肌に合ったコスメを見つける方法は2つ。

①1つ目は、必ず口コミをチェックすること!

今では美容系のYouTuberやSNSでリアルな使い心地を発信してくれる人が多いので、購入する前に口コミをチェックしておくと間違いありません。

昔は口コミが全く書かれていないサイトでコスメを購入して何度も失敗していました…。(笑)

②2つ目は、下地を慎重に選ぶこと!

下地は毛穴を綺麗に見せてくれたり、化粧崩れを防止してくれる効果がありますが、ファンデーションの仕上がりを左右する大切な工程でもあるんです。

下地もしっかりと口コミをチェックして購入してほしいのですが、しっとりしたタイプやサラサラしたタイプがあるので、自分の肌の状況に合った下地を選ぶと綺麗な肌を作りやすくなります。

③メイク前の保湿ケアを手間をかけよう

朝は忙しくてメイク前の保湿ケアを怠りがちですが、保湿ケアを丁寧に行うことでファンデーションが肌に密着しやすくなり、メイクの持ちが良くなります。

最近では忙しい人のために、洗顔、化粧水、美容液などの保湿ケアを簡単にできるパックシートが売られているので、保湿ケアを必ず行うようにしましょう!

セザンヌの皮脂テカリ防止下地

セザンヌの下地はプチプラコスメの中でかなり有名な化粧下地です。

すでに人気のコスメなので愛用している方が多いのですが、敏感肌の私のようにプチプラコスメを使うのに抵抗がある方は少なくありません。

試しやすい価格なので、これはとにかく試していただきたいです!ピンク系のカラーは肌のトーンを上げて顔色を明るくしてくれて、しっかりと化粧崩れを防止してくれるので、私は夏になると必ずセザンヌの下地を使っています。

テクスチャーはサラサラですが、肌が乾燥することはなく、保湿ケアした肌にしっかりと馴染んでくれます。

<<Amazon>>

ミシャのクッションファンデーション(プロカバー)

ミシャのモイスチャーとマットタイプは約1000円でプチプラコスメとして定番ですが、プロカバータイプは約1500円で、より肌に密着して崩れにくくなっています。

肌の仕上がりはセミマットより少しツヤがあり、乾燥しやすい冬でも使うことができました。

カバー力は1500円とは思えないくらい高く、赤ニキビを綺麗にカバーしてきめ細かい肌を作ってくれます。

<<Amazon>>

メイベリンのFitME

ファンデーションの中では珍しい12色展開で、自分の肌色に合ったファンデーションを必ず見つけることができます。

このファンデーションを初めて使ったのは肌が乾燥しやすい冬ということもあり、マットタイプのFitMEを購入するのにかなり悩みましたが、日本に上陸して話題になっていたのでつい買ってしまいました(笑)

軽い着け心地でカバー力がしっかりあり、マットなのに乾燥しなくて厚塗り感が全くありません!ナチュラルにニキビをカバーした方におすすめです!

<<Amazon>>

オンリーミネラルの薬用コンシーラーアクネプロテクター

ニキビの赤みをカバーするのは難しいですよね。ニキビを上手にカバーできたとしても、メイクによってニキビが悪化をしてしまうことも。

ニキビ肌のことを考えたコンシーラーが「オンリーミネラル 薬用コンシーラーアクネプロテクター」です。ニキビをカバーしながら大人ニキビの発生を防ぎます。

ニキビができるのは毛穴がつまるからです。古い角質や皮脂などが毛穴につまり、ニキビの原因菌が繁殖をすることでニキビができます。

一般的なファンデーションでニキビを隠そうとすると、厚塗りになって毛穴の出口をふさぐことになります。また、ニキビの原因菌は油分が好物ですが、ファンデーションに配合されている油分でニキビが悪化をすることもあります。

オンリーミネラル薬用コンシーラーアクネプロテクターは、100%ミネラル成分でできています。ミネラル100%だから肌へ負担をかけず、ニキビを隠してくれます。

皮脂分泌が多いとニキビができる印象があるかもしれませんが、大人ニキビの場合は肌が乾燥をしていてもできます。そのため、潤いケアをすることもニキビ改善のためには必要です。

配合されているミネラル成分には、肌の潤いを逃がさず、潤いを与える働きがあります。キメが整ったふっくら肌へと導きます。

メイクをしているときの肌への優しさだけでなく、メイクを落とすときの優しさも考えられていて、クレンジング不要、石けんで落とすことができます

肌荒れをしているのにメイクをしないといけないとき、肌の赤みが気になるとき、肌トラブルがあっても素肌っぽくみせたいときなどにサポートをしてくれるコンシーラーです。

敏感肌やニキビ肌のベースメイクに、クレンジング不要がおすすめの理由

ベースメイクは、顔の質感や印象が決まる、メイクの中でも最も大切なポイントです。しかし、市販のファンデーションがなかなか合わない敏感肌の人や、大人ニキビが気になる混合肌の人にとっては、合うベースメイクを見つけるのはなかなか難しいものです。

そんな敏感肌や混合肌でも安心して使える、ベースメイクの選び方をご紹介したいと思います。

ベースメイクで肌が荒れる敏感肌や混合肌の人にとっては、ベースメイクだけでなく、実はメイクを落とすクレンジングも、肌への負担になりがちです。なぜなら、クレンジングは化粧汚れや皮脂などの油汚れがするするとお湯や水で落とせるように、合成界面活性剤がたくさん使われているものが多いからです。

合成界面活性剤は、水と油を乳化する、とても便利な成分ですが、たくさん使用すると肌のバリア機能を壊して、肌トラブルを悪化させる原因になってしまいます。

このことから、敏感肌やニキビが気になる混合肌の人は、クレンジングが要らないベースメイクを選ぶことをお勧めします。

クレンジングをしないだけでも、肌のトラブルはぐっと減って、少しずつ安定した状態になっていきます。

基本的には、クレンジング不要とうたっているファンデーションやパウダーを選べば間違いありませんが、それ以外にもミネラル100%で作られたミネラルファンデーションや、ノンシリコンのベースメイク、ベビーパウダーなどは洗顔料だけで落とすことができます。

ドラッグストアやネットショッピングでも色々な種類のものが販売されているので、自分に合うものを探してみましょう。

参考記事:口コミで高評価!ナチュラル派におすすめのミネラルファンデーション

筆者もかつては、酷いニキビと混合肌に悩んでおり、いつも顔はぶつぶつ、角質層は乾燥して痛いくらいなのに、表面は過剰な皮脂分泌で、どんなアイテムを使って皮脂を抑えても、すぐにベタベタになってメイクが崩れていました。

市販の大人ニキビに良いと言われる色々なベースメイクを試したけれど、どれも肌に合わず、受診した皮膚科の先生から「ベースメイクは止めてすっぴんでいなさい」と言われる程でした。

しかしクレンジング不要のベースメイクを使うようになったら、みるみる肌質が改善されていき、あれほど何をしても治らなかったニキビや混合肌は、数か月後にはトラブル知らずの普通肌になっていました。

筆者の場合は敏感肌でもあったので、洗顔料も固形の石鹸成分のみで作られた、無添加石鹸を使用しました。クレンジング不要のベースメイクは今でも使い続けていますが、それ以降肌トラブルも殆ど無く、ニキビもできない快適な状態を保っています。

敏感肌やニキビが気になる混合肌の人は、肌の状態がとてもデリケートなことから、クレンジングという、みんなが当たり前に毎日使っているアイテムが、実は肌トラブルの原因になっていたということも多いものです。

クレンジング不要のベースメイクを使用することで、ベースメイクはしっかり楽しみながら、肌質を改善していくことが肌トラブル改善への近道です。

一度思い切ってクレンジングを止めて、元気でトラブル知らずの肌を目指してみましょう。

使い方

肌がサラサラな状態であることを確認して使います。

ブラシに適量のパウダーを取り、気になる部分に埋め込むように塗ります。強い力を加えるとニキビを潰してしまう可能性があるので、優しくブラシを動かしてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ニキビができているときはできるだけ肌に負担をかけたくないので、肌によさそうなコンシーラーを探していました。このコンシーラーはパウダーなのにカバー力があります。肌にフィットをするし、乾燥はしません。ポイント使いをするのにちょうどよいです。
  • ニキビとニキビ跡を隠すために、刺激が少ないベースメイクを探しています。パウダーなのにコンシーラーなのかと疑問を持っていたのですが、使ってみるとブラシでささっと隠すことができました。何よりも刺激がないのがうれしいです。肌がゆらいでいるときは助かります。
  • お店で試してみてカバー力と肌なじみがよく購入をしました。数日使うとニキビが悪化をすることがあるのですが、このコンシーラーはニキビが悪化をすることがありませんでした。自分に合うコンシーラーがなかなか見つからなかったので使い続けたいです。

ニキビができているときにはできるだけ刺激を与えない方がよいのですが、メイクをしないといけないときがあると思います。メイクをするなら、できるだけ肌への刺激が少ないコスメを選びましょう。

ニキビ肌のことを考えているのが、オンリーミネラル薬用コンシーラーアクネプロテクターです。肌への負担を減らしながら大人ニキビをカバーしてくれます。肌のことを考えながら、ニキビを上手にカバーしてみませんか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

ミシャのMISSHA ザスタイル アンダーアイブライトナー 2171

このコンシーラーはチップタイプで細かいところも塗りやすくなっています。

伸びが良くて赤ニキビもしっかりカバーしてくれるのでニキビが酷いときに使っています。

塗った後に指で伸ばすとマット感があって、色も肌に馴染みやすい色なので持っていて間違いないアイテムです!

<<Amazon>>

M クッション ファンデーション(モイスチャー)

このクッションファンデーションは今までで一番感動しました。

今までのベースメイクで一番悩んでいたのが顔色です。

ニキビをカバーするために重ねていたファンデーションが顔色を悪くして、顔を大きく見せていたのです。

このクッションファンデーションはコンシーラーの上から一度塗るだけで、ニキビをカバーして艶のあるベースを作ってくれます。

美白で、だけど人工的ではなく自然な艶が出て、出来上がりはまさしく美肌です。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

ケイトのフェイスパウダーA グロウタイプ

クッションファンデーションのテカリが気になったときに活躍してくれるのがこのフェイスパウダーです。

パールが入っていて肌を綺麗に見せてくれます。

クッションファンデーションを軽くティッシュオフして上からフェイスパウダーをのせると少しマットな肌になってニキビが目立たなくなります。

パールに抵抗がある方はナチュラルタイプがおすすめです☆

<<Amazon>>

レブロンのグリーンコンシーラーでニキビの赤みをカバー

頬や小鼻の赤みが目立ってしまう、化粧下地やファンデーションではカバーできない、こんな悩みがありませんか。赤みをうまくカバーできないときには、グリーンのコンシーラーを使うことがおすすめです。

「セザンヌの赤み補正コンシーラー」は、グリーンカラーで頬や小鼻などの赤みを補正するコスメです。赤みの目立たない透明肌に導きます。

特徴

光拡散パウダーとソフトグリーンカラーで赤みををカバーしながら肌に透明感を与えます。

頬や小鼻の赤みの補色が緑です。補色とは、色相環上で対角にある向かい合う位置の色のことです。補色の関係の色を混ぜ合わせると無彩色(白色)になります。目立つ赤みも緑をプラスすることで目立たなくなるのです。

セザンヌの赤み補正コンシーラーはさらっとしたテクスチャーです。下地の上からでも滑らかに伸びます。

ヒアルロン酸、コラーゲン、アロエベラ葉エキス、リピジュアといった保湿成分を配合しているので、肌の乾燥を防ぎます。保湿成分配合ですがべたつきは気になりません。

容器の先端は斜めにカットされているので、直接肌に塗布することができます。肌に直接つけられれば手を汚すことがなく、忙しい朝の時間帯のメイクが楽になります

赤みが目立つ部位は肌のバリア機能が落ちていて、刺激に対して敏感になっている可能性があります。セザンヌ 赤み補正コンシーラーは、香料、鉱物油、タール系色素、アルコール、紫外線吸収剤は不使用です。肌への優しさを考えています。

使い方

赤みが気になる部分に直接塗布し、周りの肌となじませます。ニキビやニキビ跡の場合は、ひとまわり大きく塗ることがポイントです。周りの肌となじませるときには、コンシーラーの縁の部分を指で触れるようにします。コンシーラーを塗った部分の中央には触れないようにしましょう。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • テカリ防止下地を使っているので、グリーンのコンシーラーを使いたくても断念していました。このコンシーラーはテカリ防止下地と混ぜて使っているのですが、混ぜて使うと透明感がでます。頬の赤みも適度にカバーしてくれました。崩れにくいしよい組み合わせを見つけられました。毎日使っています。
  • プチプラは普段あまり使わないのですが、口コミを見るとプチプラでもよいものがあるようなので、こちらのコンシーラーを使ってみました。恐る恐る使ってみたのですが、思っていた以上です。たっぷり2度塗りをしているのですが、しっとりした質感で乾燥することなく、色浮することもなく赤みが隠れます。これとリキッドファンデーションを使っているのですが崩れることはありません。プチプラでこの機能には満足しています。

赤みが気になるときには、グリーンのコンシーラーが悩みを解決。セザンヌの赤み補正コンシーラーは、頬や小鼻など気になる赤みを目立たなくして透明感を出すコンシーラーです。先端が斜めにカットされていて直接肌に塗ることができて、広範囲にも使いやすいです。

プチプラなこともうれしいです。高価なコスメは試して見たくてもちょっと手がでにくいですよね。でも、プチプラなら気軽に試せるはずです。グリーンコンシーラーが始めてという方も一度試してみてはどうですか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

ニキビケア効果のあるDHCのコンシーラー

ニキビをしっかりカバーするならコンシーラーがおすすめです。でも、コンシーラーを使ってニキビが悪化することがありませんか。また、オイリーなニキビ肌の場合は、メイクがテカテカしてしまうこともあると思います。

ニキビ肌におすすめのコンシーラーが「DHCの薬用アクネケアコンシーラー」です。肌荒れやニキビを予防しながらニキビ跡をカバーします。

おすすめポイント

薬用アクネケア コンシーラーは、ニキビ跡色ムラをカバーするコンシーラーです。肌にピッタリと密着をするので、ヨレにくく崩れにくく、長時間美しさが持続します。

ニキビの原因の一つが過剰な皮脂分泌です。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまってニキビとなります。そのため、オイリー肌でニキビに悩んでいる方は時間が経つと肌がテカテカしてくるのではないでしょうか。

薬用アクネケア コンシーラーなら、皮脂吸着パウダーを配合しているので時間が経ってもテカリにくいです。さらさらな肌を持続させます。

そして、紫外線はニキビを悪化させるので紫外線対策も重要です。薬用アクネケア コンシーラーはSPF22・PA++で紫外線から肌を守ります。

さらに、DHC独自の製法で抽出した肌荒れ防止成分濃縮オリーブリーフエキスと引き締め成分のアーチチョークエキスを配合しています。荒れがちなニキビ肌を健やかな状態へと導きます。

香料・パラベンは無添加、ノンコメドジェニックテスト済み、アレルギーテスト済みです。ノンコメドジェニックテストとは、製品をヒトの肌に塗布してコメド(ニキビ)ができやすいかどうかを確認するテストのことです。全ての人にニキビができないわけではありませんが、ニキビ肌でも安心できます。

使い方

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使う場合はファンデーションの後、パウダータイプの場合はファンデーションの前に使用をします。

指先に適量を取り、ニキビ、ニキビ跡、色ムラなどが気になる部分に優しくなじませます。さらにカバー力を高めたいときには、少量ずつを重ねづけします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 赤み消しに効果を発揮してくれるコンシーラーです。テクスチャーはやや固め、でもパキパキしません。このコンシーラーとDHCの薬用BBクリームを使っていたら、ニキビができなくなりました。小鼻の赤みにも使っています。
  • 今までいろいろなものを使ってきましたが、このコンシーラーが一番あっていました。チュープタイプは苦手だったのですが、少量でも伸びるので力加減の心配なく使えています。しかもカバー力がすごいです。いつも重ね塗りをしても隠せなかった赤みを隠してくれました。マットな仕上がりで重たくなりません。毛穴がつまることもないです。またリピートしたいです。

ニキビをしっかりカバーするにはコンシーラーの使用がおすすめですが、コンシーラーでニキビが悪化したり、テカリが気になったりすることがありませんか。そんなときには、DHCの薬用アクネケアコンシーラーがおすすめです。

ピッタリフィットしてニキビ跡や色ムラなどをカバー。崩れにくくテカりにくいです。ノンコメドジェニックテスト済みでニキビ肌でも安心できます。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

私が理想のベースメイクコスメに出会って変わったこと

自分に合ったベースメイクを作れようになってから、本当に私の人生は変わりました。

今まではメイクにかかる時間が長すぎて早起きしなきゃいけなかったり、ニキビが目立ちやすい明るい店内に入れなかったり、諦めてきたことがたくさんありました。

ですが、今では自分の肌に自信を持つことができて明るいところでも周りを気にせずに楽しめるようになりました。

メイクのおかげでストレスが減って、たまに「肌綺麗になったね!」って言われたときには、本当に自分に合うコスメを探し続けてよかったなって思います。

以上、いかがでしたか?

ニキビ体質の方にとってベースメイクはとても大切なことで、なかなか肌に合ったものが見つからずに悩んでいるかたは少なくないと思います。

今回ご紹介したコスメアイテムはどれもプチプラ価格なので、悩んでいる方はぜひ試してみてください!

関連記事:

【若く見えるおすすめベースメイク】20代後半30代40代でも崩れないコツ

ナチュラル&ツヤ肌メイクで流行りの下地・ベースメイク方法とおすすめコスメ

目のクマや毛穴のカバー力が人気!おすすめコンシーラーランキング

【ニキビ肌におすすめ化粧下地】今年人気のプチプラブランド

大人ニキビにノブACアクティブのトライアルセットを使ってみた効果

大人ニキビとシミに効果的と人気!おすすめオールインワンランキング

ニキビ跡や毛穴のでこぼこクレーター肌におすすめの化粧水と美容液

生理時におすすめの肌荒れ・ニキビ対策!女性ホルモンの乱れを改善したい

肌荒れやニキビに効果抜群で安い!おすすめのシートマスクと使い方

【夏のニキビに注意】できやすいニキビの原因と対策!悪化したらおすすめの

20代,30代の乾燥肌やニキビ肌におすすめ!洗顔料ランキング

混合肌や脂性肌の大人ニキビに人気でおすすめの化粧水ランキング

ニキビ跡を治すのに効果抜群でおすすめビタミンC誘導体美容液ランキング

乾燥が原因の大人赤ニキビに効果のある化粧水スキンケアランキング

根拠がある治し方!赤ニキビを即効で治す方法と1週間で治ったスキンケアを紹介

【治らないと思ってた!白ニキビの原因と治し方】正しい治す方法を知ろう

スポンサーリンク