ネガティブ思考をプラス、ポジティブ思考に変える悩みの魔法ノートで改善

最近ネガティブに過ごしている人たちへ

ポジティブに過ごそうと思っても、中々そう上手くはいきません。何事も前向きに考えることの重要性は分かっているのですが、思うように気持ちを維持し続けることが難しいです。頭で分かっていても、なかなか上手く出来ないため、このような悩みを持ってしまうでしょう。また、。もともとポジティブだった人でも、どこかネガティブになってしまうことはよくあるものです。

ネガティブにならないように改善するのは難しく、時間がかかるものです。そのため大事なのは、”なるべく早く立ち直る、元気になる”ということです。そうすれば、ネガティブな気持ちを引きずらずに済み、今よりすぐに楽になることができます。

ここでは、ポジティブになるためにどういう事を心がけて、実践すれば良いのかを紹介したいと思います。

ここで紹介する方法を実践すれば、ネガティブが改善するとまでは言いませんが、少し気持ちを持ち直すことが出来るでしょう。少なくとも、底にずっといるということはありません。

ゆっくりと立ち直り、ネガティブな気持ちも少しずつ減っていきます。

ネガティブ思考からプラス、ポジティブ思考に改善する具体的な方法とは?2つ

①「幸せ日記をつける」

心が綺麗

その日あった良いことを紙に書きとめておくのです。

その際、出来ることならばメモや紙の切れ端などに適当に書くのではなく、1冊のノートを用意して、そこに記すことをお勧めします。そうすればいつでも見返すことが出来ますし、ノートがたまっていけば、そこには良いことがたくさん書いてあるということですから、充実感で満たされることができます。日にちも一緒に書いておくと、日記っぽくなって良いでしょう。

良いと思ったことを書くなんて、特に珍しくないのではと思う人もいるかもしれません。ですが、工夫次第ではオーソドックスなものでなくなります。

絵を描くことで、絵日記のようにする方法もあります。左のページに良かったと思うことを書いて、右のページには絵を描くなんていうのもありだと思います。

ただ、ここでポイントがあります。文に関しても絵に関しても、丁寧に書く、または描くことを心がけてください。
丁寧に仕上げようとすれば、それなりの集中力が必要となります。集中しようとすれば、嫌だなと思ったことも一時的に忘れることが出来ます。そうすれば嫌なことを考える時間が必然的に減るわけで、楽になれるのです。

書くことはどんなことでも良いですが、具体的に書いておくと、読み返したときにその時のことを明確に思い出せるので良いでしょう。例えば、綺麗な花を見つけたのではなく、〇〇通りの隅っこに綺麗なタンポポが咲いていたなど、状況を詳しく書くとより良いです。書いたり読み返したときにポジティブになれるものを作るわけですから、なるべく明るく書いたほうが良いですね。カラーペンを使ってみるというのも、ありかもしれません。

実際に私はやっています

まずノートを買うところから始まったわけですが、そこから既にワクワクしている自分がいました。また、書いていると、ここをもう少しこうしたほうがいいかななど、いつの間にかこっている自分がいました。これが1日のうちの少しの時間かもしれませんが、楽しみな時間になりました。

日記を毎日書くのはちょっと面倒…そんな時は寝る前に思い浮かべ声に出して言うだけで大丈夫です。小さなことでも構いません。日記に書く場合は箇条書きで構いません。

「今日は○○を食べたので幸せです」

「○○さんに会えたので幸せです」

「○○の時にありがとうと言われて幸せです」

1日の出来事の中を良かった順に10個思い出しましょう。ポイントは最後に「幸せです」と続ける事。それだけです。

そのうちに日常の中で「○○で幸せ!」と思えた時、その頃にはきっとあなたの世界は今までよりも色が増えて輝いている事でしょう。

このように自分がやりたい方法でいいと思います。箇条書きでも文章でも何でもいいです。とにかく、その日思ったものや見つけたものや気づいたことを、好きなようにまとめてみてください。案外、良いことはそこら中にあるものです。

②「自分を好きになってあげる」

心がきれい

誰にだって苦手な事やコンプレックス等があり、周りは気が付いていないのに本人だけが気にしているという事例が多いです。

さぁ、そんな中で「自分の事が嫌い」と思っている貴方は、その「嫌いになる自分を認め理解してあげよう」と、自分と真剣に向かい合ったことはありますか?

自分自身の苦手な事や出来ない事を「認める」ということは、とても勇気がいることです。とても怖いことです。しかし、それを認めてあげなくてはいつまでも貴方の心は前へ進むことが出来ません。

①まずは自分が「どうしても出来ない事」を紙に書きだてみましょう。それを見ると、貴方はきっと落ち込んでしまうかもしれません。でも、大丈夫です。それは貴方が自分と向き合い、それらを認めた証拠です。安心して落ち込んでください。たくさん悔しいという気持ちを感じてください。

「認める」という行為は、恥ずかしい事ではありません。とても素晴らしく勇気のいる事です。しかし、そこで終わってはいけません。良いと悪いは紙一重と言います。

②次に「でもこれは出来る。これは自慢かな。」というものを探して見つけてください。

「そんなのないです」と思ってしまった貴方へ伝えます。「絶対にそんな事はありません。絶対に。」そうです、これはとても難しい事です。

「自分の良いところ」を見つけるのはとても難しい事なのです。

「自分の良いところ」を見つける事が出来た貴方は、もっともっと探してあげましょう。そして、その「良いところ」を更に磨く方法を考えてください。

今後「その良い点」は貴方の武器となります。そしてその武器を何度も磨いてください。そして「どうしようもできない事」をカバーしてあげる方法を考えましょう。そしてそれを意識し、毎日行動に移してください。

これは、逃げるわけでも隠すわけでも諦めるわけでもありません。貴方の「良い」スキルを伸ばしてあげる事は、貴方の輝きを伸ばす事と同じです。

もしも無意識に出来ていた事に気が付いた時、貴方は笑っているはずですよ。

③その他、ポジティブな人の特徴を真似る

セルフイメージとは

ちょっとした事でネガティブになってしまうと、ストレスが溜まります。ストレスがたまると様々なところに影響がおき、精神面にも悪影響が出てしまいます。顔も暗くなり、いつもだるく、最悪不眠症になってしまう可能性もあります。しかし、ポジティブな人はいつも明るい笑顔が多い人が多いです。そうすると自然といきいきとして若返る事が出来ます。精神的な問題は見た目にも表れてしまうので、前向きになれるようにしましょう。

ポジティブな人は考え方はとてもシンプルです。

例えば、何かをするときに何かをするときに「●●があるからできない」、「●●が心配」とアレコレ悩んでいませんか?

それよりも、やりたい事があるなら、まずは行動する、そしてそれに対して何か問題がもし起きたらその時考えるという風に考えます。やる前からアレコレ考えたりはしません。

そして、ネガティブな人は周りにいるポジティブな人と話してみるようにしましょう。

そうすれば、その人がどのように物事を考え行動しているのかが分かるはずです。ポジティブな人と一緒にいたら、自分も引きずられてポジティブになれる可能性が高いですよ。

次に、常に笑顔を心がけるようにしましょう。笑顔は人を明るくさせる効果があります。いつも暗い人と一緒にいると自分も暗くなってしまいませんか?辛い事があると顔に出てしまうかもしれませんが、常に笑顔で入る事をこころがけましょう。

最後に、スポーツをするのも良いと思います。スポーツはストレス解消になり、気持ちを楽にさせる効果があります。ですので、暗い気持ちのときほど体を動かして、気持ちをやわらげましょう。

<<少しずつ心がけながらやってみよう♪>>

ネガティブな人がポジティブになるのは大変な事だと思います。しかし、ちょっとした事を心がける事で、徐々に気持ちが変わっていきます。すぐには無理かもしれなくても、少しでも前向きになれたら素晴らしい事です。自分に出来る事があれば活用してみると良いでしょう。

このように、ネガティブだと心まで影響が出てしまいます。女性が若々しく輝いていたいなら、ポジティブになる事が大切です。顔が明るくキラキラしている女性にネガティブな人はいないはずです。見た目も美しくいたいなら前向きに物事を考えるクセをつけましょう。素敵な女性は周りに人も集まってきますし、周りも元気にします。そうすればあなたの人生も明るく楽しいものになりますよ。このように、いつまでも綺麗で元気な女性を目指してくださいね。

★心が綺麗になる★

心が綺麗な人

これは貴方の「心」と向き合う方法のほんの一部です。本気で向き合えたかにより感じ方は違う事でしょう。しかし、今以上に貴方を素敵に輝かしてくれるはずですよ。きっと貴方の心は豊かに色づいていくことでしょう。

貴方自身の幸せは、自身でつかまなくてはいけません。貴方の人生の彩りは周りの環境ではなく、誰からでもなく、貴方自身が創り上げていくものです。

貴方自身の考え方、捉え方で、良くも悪くも色を変える事が出来ます。どうせ変えることが出来るのであれば鮮やかに輝く良い色にしたいと思いませんか?

貴方の少し疲れてしまったココロに、うるおいを与えてあげてください。あなたのココロをいつもより多く愛してあげてください。

今日も貴方の見えている世界が素敵に輝いていますように。

失敗が怖いネガティブ思考の私を変えたノート

%e6%82%a9%e3%81%bf%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

「慎重に、失敗しないように生きていませんか?恋愛にも、仕事にも臆病になっていませんか?人に目が気になって何もできないなんてことありませんか?」

もし好きな人ができても告白もしないで、もじもじしていたらずっと後悔する人生を送るかもしれません。仕事に対しても、もっとこうしたいって気持ちを言えずにモクモクと仕事をしてストレスが溜まっていくだけかもしれません。おしゃれに関してもそうです。若いときにもっといろいろな洋服を着とけば良かったなんて思うかもしれません。

だから私は失敗を恐れないで、いろいろなことに挑戦して欲たいと思うのです。でも・・・怖いんです。

失敗は人生を豊かにしてくれるのです。失敗の積み重ねが、気がついたときは魅力の積み上げになっていたりします。

では、どうやって自分に勇気を持たせるのか、簡単なことではないかもしれませんが、

『自分を見つめなおすこと』

です。

今自分はどこの現実にいるのか、どのくらい自分自信を愛しているのかを知ることが大切です。くだらないプライドを捨てられればいいのです。

ですが、難しいでしょう。

私の性格は、とてもひねくれていました。臆病もので、あまのじゃくでした。欲しい物を欲しい言えなくて、好きな人にも好きと言えない、”ああしたい!”のに大丈夫って我慢する。自分が我慢すればいいと思っていたのですが、他人からしたら何とも思っていなく、気付いてもいないです。自分が思っているほど他人は思ってません。

私はそんな性格が嫌で嫌で悩みました。そこで、ノートに自分の悪いところを書き出したのです。

次から次へと自分へ言いたいことが出てきます。最後には何で自分はこんな情けないんだと泣いてしまいました。思いっきり泣くと気分が良くなるようで、次に自分の好きなところを書いていきました。優しい人の気持ちが理解できるとかそんなことしかなかったです。特技もほとんどなく平凡な才能の持ち主なので、取り柄がないのです。

そして、将来への希望、夢を書きました。本当は、こんな恋愛してみたい、こんな仕事をしたい、こんな洋服着ておしゃれしたい、ピンヒールの靴を履いてみたい、バッチリメイクしてみたい、小さなことかもしれませんが、自分がしてみたいと思ったことを書いたのです。文字の力は不思議なもので、自分というものがどんどん整理されていく感じがしました。それから、やらない後悔よりやった後悔で生きていこうと毎日自分に言い聞かせたのです。

もちろん、たくさん失敗しました。調子にのってヒールの靴を履いたら、溝にすぽってハマって笑われたり、バッチリメイクしたら、今日は仮装なのって聞かれたり、仕事だって張り切りすぎて空回りで、上司に怒られたりしました。デートもたくさん失敗だらけです。せっかくできたデートなのに、食事中にげっぷが出たこともあります。おしゃれだと思って買った服が全然似合わない、サイズが合わないとか。小さいことですが、挑戦して失敗の繰り返しでした。

でも、今振り返ってみて、くだらない失敗が多い私ですが、メイクもたくさん、洋服も、仕事も、恋愛もたくさん失敗しました。でも今は、それが全て自信につながっています。メイクのことも、洋服も仕事も人に教えられるようになったのです。

私は、才能がない人っていないと思います。平凡だと思っていた自分が、一歩自分の世界から踏み出しただけで、人生が楽しいと思っているのです。大きな一歩ではなく、小さな一歩でいいのです。失敗したら、大きな声で笑ってしまえばいいだけです。

関連記事:

心が不安症、心配症になったときに出来る簡単な解消方法とは

【心がもやもやする、気分が晴れない】優しい心になれる「思想の美」とは

大人の女友達やママ友との付き合いは、適度な距離感がコツ!

【元気が出るアロマ】疲れている時にオススメの種類は○○!

けっこうみんな悩んでる!苦手な人、嫌いな人との付き合い方は?

【精神的に疲れた時に役立つ!】自律神経を安定させる方法

スポンサーリンク