プチプラでおすすめのウォータープルーフのアイライナーランキング2020

「水に強い!水で落ちない!」

プチプラでおすすめのアイライナーを紹介します。

第6位 超耐久のミゼルエディのアイライナー

涙が出やすい、目をこすってしまう、汗をかくことが多い、1日中きれいなラインが続いて欲しい。こんな方におすすめのアイライナーが「ミゼルエディのリキッドアイライナー ストロングウォータープルーフ」です。

1日中きれいなラインが持続します。

高い耐久性の秘密

涙が出たり、汗をかいたり、目薬を使ったりすると、アイラインが薄れたりにじんだりすることがありませんか。涙が出やすい方はすぐにパンダ目になってしまって困るのではないでしょうか。

しかし、リキッドアイライナー ストロングウォータープルーフなら1日中にじみににくい。汗、皮脂、涙、水に強いウォータープルーフなので、描いたときのようなラインを強力にキープします。

また、肌への密着力が高いのでこすれにも強い特徴があります。手の甲にラインを描き、ラインが乾いてから綿棒で10回こすってもこすれることがありません。目をすぐにこすってしまう方でも、これなら安心できます。

筆先は0.1mmと極細で適度なコシがあります。先が細いため楽々と描くことができるし、まつげのすき間も埋められます。

目元はデリケートな部位なので、メイクしている間も目元をいたわってあげたいものです。リキッドアイライナー ストロングウォータープルーフは、3種類の保湿成分、ヒアルロン酸、パンテノール、リピジュアを配合しています。

ツヤのある深いブラックと優しい雰囲気のダークブラウンの2色が用意されています。

使い方

目の際に沿って目頭から目尻に向かってラインを描きます。まつげとまつげの間を埋めるように意識してみましょう。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 目尻だけにじみやすいので、にじまないアイライナーを探していました。こちらのアイライナーは描きやすく、目尻のハネも楽に描くことができます。そして、にじみません。アイライナーをコートしてもにじむことがあるので、にじまないことがうれしいです。
  • 筆先が0.1mmでコシがあるので、ぶれずに優しく描くことができます。ウォータープルーフでにじみにくいアイライナーは他にもありますが、毛先の感じに満足できるものは多くないと思います。色素沈着しない顔料を使用しているので肌に優しい気がします。細いラインを描けて優しい印象になるけれど、目力をアップさせてくれます。
  • ウォータープルーフで耐久性をうたっているものでも、これまでのものは目尻やこすれやすい部位は、にじんだり薄れたりすることがありました。しかし、涙目になりやすく、目をこすることがあるけれども、このアイライナーは1日中お直しなしで耐えてくれました。夜まで黒々としたきれいなラインが続きます。軽い使い心地でナチュラルな目力を発揮してくれます。

涙が出やすかったり、目をこすってしまうと、アイライナーがにじんでお直しが必要になりますよね。忙しい方はお直しの時間をとることができず、にじみやすいアイライナーでは困ってしまうのではないでしょうか。

ミゼルエディのアイライナーは、汗、皮脂、涙、水、こすれに強い特徴があります。涙が出やすい方でも、こすってしまう方でも、1日中きれいなラインを守ります。すぐに落ちてしまって困っている方におすすめです。

<<Amazon>>

第5位 高発色、描きやすい、落ちにくい「K-パレットのアイライナー」

発売から10年、「リアルラスティングアイライナー24hWP」がリニューアルして登場しました。高発色・描きやすい・落ちにくい、そして目元ケアまでできるアイライナーです。いつでもきれいな自分でいたい、そんな方におすすめです。

高発色・描きやすい・落ちにくい

リキッドアイライナーはペンシルタイプなどに比べると滑らかに描きやすい特徴がありますが、色がかすれて描きにくい製品も中には存在します。色がかすれてしまうようなものだと、思い通りのラインは描けません。

リアルラスティングアイライナー24hWPは、色ムラやかすれがない高発色です。ひと筆で目力を引き出すラインを描けます。発色はよくても色素沈着しない処方です。

また、筆にはほどよいコシがあり、細いラインも太いラインも自由自在です。

そして、汗・皮脂・水に強いウォータープルーフなのでにじみにくく、汗をたくさんかく季節や目薬をさしたときなど、さまざまなシーンできれいな状態を維持します。それなのにお湯で落とすことができます。

さらに、美容成分配合で目元やまつげケアも。高保湿ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、センブリエキス、パンテノールなどを配合しています。

カラーは4色展開です。使う色によって、目元を強調したり、優しい印象にしたりすることができます。

使い方

目頭から目尻に向かってまつげの際に沿ってラインを描きます。目尻よりも1~2mm長めにラインを描くと自然な仕上がりになります。最後に色が薄い部分やすき間がある部分を埋めてラインがまっすぐになるようにします。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • もう長年このアイライナーを使っています。ナチュラルに描きやすいアイライナーです。たまに他のアイライナーを使うとやっぱりリアルラスティングの方がよいなと感じます。ラインが描きやすいことだけでなく、にじみにくく朝メイクして夜までラインが残っているのに、お湯で落とせるところも気に入っています。
  • こんなものが欲しかったという感じのアイライナーです。汗や水でにじみにくいのにお湯で落とせて、ラインは描きやすく、発色がよいです。汗をたくさんかいても落ちていませんでした。筆先は細くてコシがあり太めの線も細めの線も描けて、しかも色ムラやかすれがないからラインを引くのが苦手な私でもバッチリです。
  • スーパーブラックを使用していますが、しっかり黒く発色して目元が引き締まります。発色がよいのに色素沈着しないところが安心できます。筆にはほどよいコシがあり、カーブを描きやすく、目尻のハネもきれいに描けます。速乾性なので朝の忙し時間帯でも乾くのを待たずに作業ができるところも助かります。また、美容成分配合で目元ケアできるところもよいです。

Kパレットのリアルラスティングアイライナー24hWPは、発色がよく、落ちにくく、目元までケアできるアイライナーです。

Kパレットのアイライナーは発売から10年経ちますが、こんなにも長く愛され続けてきたのは使いやすいからではないでしょうか。アイライナーを使うのは苦手、汗や皮脂でにじんで困る、目元に優しいものがいい、そんな方におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第4位 落ちにくいアイライナー「dejavuのラスティンファインa」

アイライナーが落ちてしまってパンダ目に。こんな経験がありませんか。パンダ目ほどひどくなくても、時間が経つとにじんでしまったり薄くなったりすることがあると思います。

24時間瞳がくっきりをサポートしてくれるのがdejavuのアイライナー「ラスティンファインa 筆ペンリキッド」です。落ちにくく24時間くっきりが続くのに目に優しく作られています。

私は色んなアイライナーを試しますが、結局はこのアイライナーに落ち着きます。dejavuのリキッドアイライナーの筆はとても滑らかで、程よく硬さもあるので不器用な私でも綺麗にラインを引くことができます。

そしてこのアイライナーはウォータープルーフタイプで皮脂や汗に強くて落ちにくいんです!オフするとき40度のお湯で簡単に落ちるので肌への負担が少なくて済みます。

このアイライナーはすごく滑らかなので、アイライナーを愛用している方からしたら使いやすいアイテムですが、リキッドアイライナー初心者にとって柔らかい筆は扱いにくくて大変なんです。

綺麗に引くコツは、顔に手を添えて少しづつ線を足していく感覚で書くことです。

くっきりに秘密

そもそも、どうしてアイライナーがにじんだり薄くなったりするのでしょうか。それは肌に密着していないため、落ちやすくなっているからです。

ラスティンファインa 筆ペンリキッドは、肌の凹凸にラインが入り込んでピタッと密着をします。密着したラインはコーディングフィルムに変化し、皮脂、汗、涙、こすれなどから守ります。

従来の製品に比べてライン液の密度がアップをしているので、しっかりと肌に残り、くっきりと描けます。凹凸に入り込んでしまうと肌を染めないか心配かもしれませんが、染めないタイプの顔料を使用しているので、肌にくすみのもとを残しません。

そして、ウォータープルーフだからにじみません。ウォータープルーフは落としにくいことが一般的で、洗浄力が強いクレンジングを使うことが肌の負担になります。しかし、ラスティンファインa 筆ペンリキッドは、長持ちするのにお湯で落とすことができます。

さらに、美容成分を配合しています。メイクをしながら目元のケアにもなります。

カラーはブラックとブラウンの2色を用意しています。

汗やこすれなどに強いのにお湯で簡単に落とせる、そして24時間瞳くっきりが続くアイライナーです。

使い方

適度にコシがある極細ペンなので、思い通りに描きやすいです。

目尻を少し横に引くように押さえてラインを引くと描きやすくなります。筆先を垂直に立てれば、より細い線を描くことができます。

落とすときは40℃程度のお湯を使うとお湯だけで落ちます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ドラッグストアで安く販売されていたので、失敗してもいいかという気持ちで購入しました。そうしたら、購入して正解でした。細いペン先なのでラインを描きやすいです。長持ちするのに普通のクレンジングで落とせるところもよいです。
  • 細くて書きやすく、黒とブラウンがありますが、黒は黒々しくなく自然な感じです。お湯で簡単に落とせて、落とすときににじまず肌に残りません。
  • 朝使って夜帰宅するときまで薄くならずに残っています。にじむことがないので、目の周りが汚くなりません。しっかりとした色なので煮度が気の必要もないです。使った中でこのアイライナーが一番気に入っています。

アイライナーが薄くなったりにじんだりして困ったことがありませんか。24時間くっきりとした瞳が続くアイライナーが、ラスティンファインa 筆ペンリキッドです。

ライン液が肌の凹凸に入り込んでピタッと密着し、コーティングフィルムとなるので、汗、皮脂、にじみなどに強く24時間長持ちします。発色がよいけれど、肌にくすみのもとは残しません。極細ペンなので細いラインも楽に書けます。それなのにお湯で簡単にオフできます。

目への優しさを考えていて、さらに落ちにくいアイライナーです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第3位 キングダムのジェルアイライナー

アイライナーの困るところがにじむことです。きれいに描けたつもりでも、時間が経つとにじんでパンダ目になってしまうことがありませんか。

海やプール、皮脂にもにじまないアイライナーが「キングダム ジェルアイライナー」です。12時間後でもきれいに残っています。

にじまずきれいが続く秘密

一般的なにじまないアイライナーはウォータープルーフ処方になっています。ウォータープルーフは水をはじく性質はありますが、皮脂をはじく力は高くはありません。そのため、海やプール、汗には強くても、皮脂でにじんでしまうことがあります。

キングダムのジェルアイライナーはWプルーフ処方。ウォータープルーフで海やプール、汗など水に強く、スマッジプルーフで皮脂にも強い特徴を持っています。だから史上最強にじまない。長時間きれいな状態を持続させます。

落ちにくいアイライナーはクレンジングのことが心配になりますが、通常のクレンジングで落とすことができます。

さらに、描きやすい特徴も。1.5mmの極細ペン先だから、まつげの間を埋めやすく、目尻や目頭も描きやすくなっています。初心者さんでも使いやすいデザインです。

そして、目元のことを考えて美容液成分を配合。シルク、ヒアルロン酸Na、スクワラン、カミツレ花エキスなど保湿成分が、まつげの根元からハリやコシを与えます。

カラーは漆黒ブラックとディープブラウンの2種類です。なりたい印象で選らぶことができます。

使い方

目頭から目尻に向かってラインを描きます。まつげの生え際を意識してゆっくりとラインを引いていきましょう。アイラインの外側を綿棒でぼかすと自然な仕上がりになります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 芯が細いので目の際までラインを描きやすいです。ジェルタイプは発色がよいところは気に入っているのですが、使いにくいと思っていましたが、これは滑らかで使いやすいです。芯が柔らかいので目の際も埋め込むように描けます。もちろん発色もよいです。
  • ジェルペンシルのアイライナーは芯が折れやすいので苦手でした。でも、キングダムのジェルアイライナーは芯が細いのに折れにくいです。こんなに細いのに折れないことに驚きました。なめらかにスーッとラインを描けて、目元のシワに引っかかりません。落ちにくいところも気に入っています。
  • 普通は皮膚との抵抗があってラインを描くとき痛いのですが、滑らかな使い心地で皮膚との抵抗を感じません。肌の体温でクリーミーに溶けていく感じです。ジェルだからにじむだろうと思っていたけれど、にじむことはありません。発色はばっちりです。久しぶりに驚いたコスメです。

ジェルアイライナーってにじみやすい欠点がありますよね。にじんで目元が汚くなってしまうことも。でも、キングダム ジェルアイライナーならWプルーフ処方で水にも汗にも強い性質があり、きれいな状態が長時間続きます。でもクレンジングを使えば落とすことができます。

さらに、ペン先が1.5mmと極細、クリーミーなタッチでまつげの際まで描きやすい特徴があります。にじまずきれいな状態を維持したい、滑らかな使い心地が好き、ジェルアイライナーは初心者、こんな人におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム ジェルアイライナー ディープブラウン
価格:1296円(税込、送料別) (2018/6/14時点)

 

第2位 するすると描きやすいベルサイユのばらのアイライナー

目元は顔全体の印象に大きな影響を与えます。だからこそ、アイライナー選びには気を使いたいものです。

目元のメイクは難しくありませんか。細かな部位に線を引きにくく、線が歪んでしまうことってありますよね。また、目元は乾燥しやすい部位なのでメイクをしている間の肌の乾燥も気になります。

描きやすいおすすめのアイライナーが「ベルサイユのばら オスカル ジェルペンシルアイライナー」です。オスカルのようなきれいな目元を目指しませんか。

特徴

きれいに線を描くには、ペン先が細いことと滑らかなか着心地が重要です。

ベルサイユのばらジェルペンシルは、ペン先の直径が1.5mmと極細なことが特徴です。まつげの間の埋め込みも目尻のハネも楽々。極細芯なら思い通りの線を描けることでしょう。

また、アイライナーの液を直接容器に充填する直充式を採用しているので、ペンシルとは思えない滑らかな使い心地です。ジェルのようにスルスルとした柔らかさがあります。

さらに、9種類の美容成分を配合しています。加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン、ホホバ種子油、オリーブ果実油、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油、カニナバラ果実油、シア脂がメイクしながら肌を守ります。

汗や水に強いウォータープルーフだからパンダ目になることを防ぎます。カラーはブラックです。

使い方

目尻から中央に向かって線を描きます。一気に描くのではなく、まつげの間を埋めるように少しずつ描いていきます。目頭から中央に向かって線を描き、最初に描いた線とつなげます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 先が極細でするすると描けます。ペンシルタイプなのにペン先が柔らかいです。しかも、しっかりとつく。ウォータープルーフなのでクレンジングでは落ちにくいのですが、目元のメイクは落ちやすく直さなければならないこともあったので、落ちにくいことは助かります。
  • 伸びがよくするするーっと簡単にラインを引けます。ペンシルほど太過ぎず、リキッドほど細すぎず、ちょうどよい太さです。ペンシルとは思えないペン先の柔らかさもあります。ジェルアイライナーはパンダ目になってしまうのが悩みだったのですが、これはウォータープルーフなので落ちません。夜まで残っていてクレンジングで落ちるか不安だったのですが、アイメイク専用のリムーバーを使わなくても落とせました。
  • リキッドより描きやすくペン先が欲しく柔らかいので、するするとまつげの間を埋めることができます。ハネもすいすい描けます。初心者さんでも描きやすいと思います。ウォータープルーフだから、汗や皮脂に強い。手に書いて何度か洗ってみたけれど落ちませんでした。プチプラなのに大満足です。

目元のメイクって細かくて難しいですよね。メイク初心者さんだと苦労をするのではないでしょうか。楽々描けるおすすめアイライナーが、ベルサイユのばら オスカル ジェルペンシルアイライナーです。

ペンシルタイプなのにペン先が柔らかくするすると描ける特徴があります。だから、ハネも思い通りに。しかも、美容成分配合で目元のケアも。これまでアイラインを描くのに苦労をしていた方に特におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第1位 なめらかで描きやすい「資生堂のインクストローク アイライナー」

アイライナーをうまく使えない、きれいな色がない、こんな悩みがありませんか。目元は顔の印象に大きな影響を与えます。そのため、アイライナーをきれいに使えるかは顔の印象に大きな影響を与えます。

なめらかに線を描けるアイライナーが、「資生堂 インクストローク アイライナー」です。カラーバリエーションも豊富にそろえられています。

思い通りに描きやすい

思い通りにラインを描くためには、アイライナーがなめらかな必要があります。ファンデーションでも、固いテクスチャーのものは伸びが悪く肌に広げにくいですが、柔らかなテクスチャーのものなら伸びがよく肌に広げやすいですよね。

また、目元の皮膚は薄くデリケートなので、なめらかに線を描けないと肌をこすることになり負担になります。しかし、なめらかに描ければこする必要がなく、肌への負担が軽減します。

インクストローク アイライナーは、驚くほどなめらかなジェルタイプのアイライナーです。思い通りに描きやすいです。

さらに描きやすくするために、先が細いブラシがついています。国内外で高い評価を受けている広島熊野地方の筆を使用しています。太い線も細い線も大胆に描くことができます。グリップにカーブがあるので手で隠れてしまうことがありません。

そして、ウォータープルーフタイプです。汗や水に強く目元が汚れることを防いでくれます。

カラーは6色を用意しています。ツヤのあるブラックやみずみずしいパープルなど、さまざまなカラーを楽しめます。

使い方

中身をブラシにとり、容器のV字型の部分で量を調整し、ブラシを整えます。インクストローク アイライナーはV字型のくぼみがあり量を調整しやすいところが便利です。ブラシを寝かせて目頭から目尻に向かって線を描きます。最後にブラシを立ててまつげの間を埋めるように描き足します。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルタイプのアイライナーは他のメーカーのものを使ったことがありましたが、私の肌には合いませんでした。でも、このアイライナーは肌トラブルを起こすことなく使えています。奥二重でかぶさる瞼にアイライナーがつき、まぶたに滲んでしまうことがあったのですが、このアイライナーは瞼がにじみません。汗や皮脂に強いから夏場でも大丈夫そうです。
  • 容器の真ん中にブラシをしごく部分がついていて素晴らしい。こんなの見たことがありません。容量がたっぷりあって、ペンタイプのアイライナーと違って色が出なくなることもないし、少しずつ筆にとって描けるところがよいです。色落ちしないけれど、クレンジングできれいに落とせました。
  • ジェルタイプのアイライナーにはいい思い出がないのですが、資生堂さんの商品は色がよいしテクスチャーも抜群によいです。思い通りに描きやすいです。付属の筆は太さも濃さも調整しやすいです。

目元は顔の印象に大きな影響を与えるので、顔の中でも目立つ目元のメイクの仕方は印象を大きく左右します。

インクストロークアイライナーは、なめらかなテクスチャーで描きやすいアイライナーです。付属の筆を使うと思い通りに線を描くことができます。アイライナーを使うのが苦手な方におすすめです。

<<Amazon>>

関連記事:

初心者におすすめアイライナーのプチプラブランドと引き方のコツ

資生堂インテグレートのスナイプジェルアイライナーの最新口コミと使い方

落ちないとおすすめ!プチプラのリキッドアイライナーランキング

にじまない!落ちない!人気のアイライナーランキング

デジャヴュのアイライナー「筆ペンリキッドとクリームペンシル」の使い方と口コミ

人気のジェルアイライナーはこれ!おすすめランキングと使い方

落ちない!描きやすい!おすすめアイライナーランキング

スポンサーリンク