プチプラデパコス好き必見!人気でおすすめアイシャドウブランドランキング2019

メイク

アイシャドウには、アイホールと呼ばれるまぶたに陰影をつける役割があります。光と影を上手にコントロールして陰影をつけることで立体感のある顔立ちになります。

また、なりたい自分や季節にあわせてカラーを選ぶことでメイクが楽しくなります。季節が変わるたびに新しいカラーのアイシャドウが登場しているので、いろいろなメイクを楽しむことができます。

アイシャドウのパレットについて

アイシャドウのパレットは3つのカラーで構成されていることが一般的です。

ハイライトカラー

3つの中で一番明るい色です。まぶたに透明感を与えます。

ミディアムカラー

3つの中の中間的な色です。明るい色から暗い色までのグラデーションのつなぎ目の役割をします。

メインカラー

ダークカラー、シェイドカラーとも呼ばれます。3つの中で一番暗い色で、目の際に使って目元を引き締めます。

アイシャドウの種類

パウダータイプ

パウダータイプは、粉体をプレスして固めたものが一般的です。ふんわりと発色をして使いやすいので、メイク初心者さんやメイクが苦手な方におすすめです。

また、パウダーは油分を吸着する働きがあるので、汗や皮脂でにじみやすい方にもおすすめです。

クリームタイプ

クリームタイプは密着力と鮮やかな発色が特徴です。化粧持ちがよく、お直しができないときに向いています。また、パウダータイプの下地として使用をするとパウダーの密着力が高まります。

ジェルタイプ

ジェルタイプはみずみずしい使用感が特徴です。透明感のある仕上がりになります。

リキッドタイプ

リキッドタイプは滑らかな使用感で、ツヤのある仕上がりになることが特徴です。液状で肌に密着をするので化粧もちします。

肌色に合った選び方

イエローベース

イエローベースの肌に合うアイシャドウの色は、ゴールド系、オレンジ系、ベージュ系、ブラウン系など、黄色よりの色、温かいみのある色です。合わない色はシルバー系やグレー系など寒色系の暗い色です。

ブルーベース

ブルーベースに合うアイシャドウの色は、パープル系、ダークブラウン系、ブルー系、グレー系、シルバー系など、ブルーに近い色です。合わない色はオレンジ系やゴールド系です。

基本的な使い方

アイシャドウを塗る場所は、アイホールと呼ばれる目頭から目尻を半円形に囲んだ部分です。チップ、ブラシ、指などを使って塗ります。

ハイライトカラーをアイホール全体に塗ります。

目の際に1~2mmていどの細さでメインカラーをのせます。

ミディアムカラーは、アイホールの3分の1のところに1~2mmのライン状にのせます。目を開けたときに少し見えるくらいがちょうどよい幅です。

パウダーを使う場合はブラシを使用します。余分なパウダーを手の甲で落としてからアイホールにのせましょう。

クリーム、リキッド、ジェルなどは指を使うと塗りやすいです。トントンと軽くのせていきましょう。

アイシャドウを使用することで顔に立体感が生まれた華やかになります。また、カラーバリエーションが豊富なので、メイクが楽しくなることでしょう。

私のおすすめの3色のカラーを使ったアイシャドウの塗り方

アイシャドウはメイクアイテムのなかでも、特に使うのが楽しいアイテムですね。カラフルで、質感もさまざまです。自分をきれいに見せてくれるアイシャドウは、ずっと手元に持ちたいですよね。

アイシャドウの基本の塗り方や、きれいに塗るコツをご紹介しますね。なんとなく塗るよりも、目元の印象を考えてアイシャドウを使うほうが、よりきれいな目元にすることができます。

アイシャドウにはいろんなタイプがあります。

  • パウダータイプが初心者にはもっとも使いやすいですね。
  • リキッドタイプは、しっとりした質感や輝きが魅力です。
  • クリームタイプやジェルタイプは、伸びがよくまぶたになじみやすいことがメリットです。
  • ペンシルタイプはラインを引きやすく、きれいな発色が楽しいですよ。

アイシャドウのカラーを選ぶときにも、似合う色を考えて買うといいですね。

  • イエローベースの肌の方は、ベージュやブラウンといった色からオレンジやゴールド、オリーブグリーンなどの色味がよく似合います。
  • 一方でブルーベースの肌の方は、ダークブラウンやシルバー系、ボルドーやパープルといった色が相性がいいですよ。

肌の色味にマッチしたアイシャドウを選ぶことで、より全体に統一感のあるメイクが完成します。

3色のカラーを使った自然で立体感あるアイシャドウメイク

目元に立体感を作るには、3色のカラーを使うことがおすすめです。もともと似合うカラーがセットになっているアイシャドウパレットは、すごく便利なアイテムなんですね。

もっとも明るいカラーはハイライトとして使います。まぶたのくすみを隠して、パッと明るい目元にしてくれます。

ミディアムカラーはまぶたの色を決める重要な色です。グラデーションにすると、きれいに立体感が出ます。

一番濃いシェードカラーは、目のキワにラインとして入れることで、きゅっと引き締める効果があります。

アイシャドウをきれいに塗るコツは、目の形に合わせてそれぞれの色をのせることです。目の形に合わせてアイシャドウの色を使うことで、目に立体感を与えることができます。

目を閉じるとよくわかりますが、目頭から目尻にかけて、アイホールという半円形のふっくらした部分がありますよね。アイシャドウは基本的にアイホールに塗っていきます。

①もっとも明るいハイライトカラーを、指またはブラシにとって、アイホール全体に伸ばします。

②次に最も濃いシェードカラーを、上まぶたの目のキワに塗ります。2色の色の差をぼかすためにも、ミディアムカラーを使って、さらにグラデーションを作っていきます。チップにミディアムカラーをとって、優しく塗ってぼかすようにします。きれいなグラデーションを作ることができますよ。

③また下まぶたのメイクも重要です。下まぶたの目頭3分の2までは、明るいハイライトカラーをのせてツヤ感を出しましょう。下まぶたの目尻側には、引き締めるシェードカラーをのせて、目元の印象を作りましょう。

明るい部分と濃い部分を作ることで、自然な立体感が生まれます。印象的な目元は、顔のなかで大きな魅力になることでしょう。

同じアイシャドウパレットでも、塗り方を変えるといろんな目元に変えることができます。なりたいイメージに合わせて上手にカラーを選んだり、塗り方を工夫したりすると、アイメイクがもっと楽しくなりますよ。

基本の塗り方をマスターしたら、だんだんとバリエーションを増やしてみましょうね。

人気でおすすめアイシャドウブランドランキング

エクセルのスキニーリッチシャドウ

アイシャドウでグラデーションを作ると立体感が生まれてきれいですよね。でも、グラデーションを作るのは難しいです。

簡単にグラデーションを作れるアイシャドウが「エクセルのスキニーリッチシャドウ」です。順番通りにカラーを重ねれば、簡単にグラデーションを作ることができます。

特徴

エクセルのスキニーリッチシャドウは4色がセットになっています。

  1. ベース:しっとりしたタッチのパウダーがアイカラーのベースを作ります。
  2. ニュアンス:目元に柔らかな印象を与えます。
  3. シャドウ:陰影を作って目元の奥行を出します。
  4. ライン:目の際をぐっと印象付けます。

この4色を順番通りに塗り重ねるだけでグラデーションが完成します。肌なじみのよいベージュ系の色で構成されているので、どのような肌色の人にも合いやすく失敗が少ないです。

そして、パウダーには上質なパールが配合されています。ギラギラとしない大人の上品さがあるパールが、目元に上品さを与えます。

パウダーは粉が飛び散って使いにくく感じる方もいると思いますが、エクセル スキニー リッチシャドウはしっとり質感で粉が飛び散りません。しっとりしたパウダーがするすると伸びて肌に密着。スクワラン配合だから目元の乾燥を防ぎます。

全6種類、フェミニンな印象の目元もクールな印象の目元も作れます。

使い方

4色を順番通りに塗り重ねます。塗る順番は左上から時計回りです。薄い色から濃い色を塗っていくようになっています。1~3までは指で塗り、最後に塗る4はチップで塗ることがおすすめです。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • パウダーなのにしっとりした質感です。瞼にのせるとマットだけれど、ツヤっとします。パールがきれいでぎらついた感じではなくてツヤがでます。つけ具合でさまざまな表情になるので面白いです。プチプラなのにクオリティが高いです。
  • キラキラは好きではないのでどうしようかなと迷っていたのですが、思い切って買ってみて正解でした。きれいなグラデーションが作れるように色がそろえてあって、捨て色がないし、発色がよいです。ラメは派手すぎず上品な仕上がりになります。粉はしっとりとしていて飛び散りません。いろいろなパレットがあるのでそろえたいです。
  • おしゃれに興味がなくて、単色べた塗りをしていました。でも、これではいけないと思って、簡単にグラデーションを作れるというこちらを購入してみました。順番通りに塗るだけでグラデーションができます。パールはギラギラせず、仕事のときにも使いやすいです。チップは柔らかくて肌当たりがよいです。そして、時間が経ってもくすみにくいです。他の色が欲しくなりました。

グラデーションをうまく作れなくて悩んでいる方におすすめが、エクセルのスキニーリッチシャドウです。

4色がそろっていて、4つの色を順番通りに塗ればグラデーションができます。パウダーなのに粉っぽさがなく、しっとり質感のパウダーがまぶたにフィットして発色が続きます。しっとりするから粉の飛び散りも気になりません。

グラデーションを作れば印象的な目元に。これまでグラデーションを作っていなかった方も、グラデーションに挑戦してみませんか。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

マキアージュのアイシャドウ

①ドラマティックスタイリングアイズD

みなさんのお友達や先輩に、思わず見とれてしまうツヤっぽいアイメイクをしている人はいませんか?

斜めから見た時の立体感、瞬きをした時の濡れたような美しさ…もしかしたらその人は、資生堂マキアージュから2018年8月新発売した「ドラマティックスタイリングアイズD」を使ってメイクをしているのかもしれません。

このアイシャドウパレット最大の特徴はジェル状オイルのアイシャドウベースが入っていて、艶っぽい、濡れたような目元を作ってくれることです。艶感のある輝きは目を立体的に見せてくれるので、思わず見とれてしまう美しい目元がしあがります。

アイシャドウベースの上から色を重ねるときれいに発色してくれます。まぶたが乾燥してアイシャドウの色がきれいに発色していない、と感じたことがある方にはとくにおすすめですよ。長時間仕上がりが持続するので、丸一日遊びやデートを楽しむ日でも艶のある、くすみのないまぶたをキープしてくれます。

カラーはオランジェット、ショコラフランボワーズ、トリュフチョコレート、ピスタチオショコラの4色に限定色のミロワールカシスが発売されています。乙女心をくすぐられるネーミングは、それぞれのカラーをイメージしてつけられています。

使い方は、一般的なアイシャドウと同様です。

艶感を出してくれるベースの色をまぶた全体に眉の下まで指でなじませます。

次にメインの2色でグラデーションを作っていきます。色が明るいほうアイホールよりやや広めにのせ、締め色の一番暗い色で目の際を塗ります。

目尻を長めに描き、下まぶたの目尻側にも付属のチップで1/3程度描いていくと、アイラインで囲みメイクをするより自然に目を強調できます。

最後にポイントカラーを黒目の真上あたりに乗せます。このポイントカラーをまぶたの一番高いところにのせることで、まぶたの立体感が増します。メイクをした後に三面鏡を使う方はいろいろな方向からチェックしてみてください。どの角度から見ても艶感のある、色っぽいまぶたになっているはずです。


<<Amazon>>

②ドラマティックスタイリングアイズ

艶感より、パレットに色の種類が多さを重視したい方には「ドラマティックスタイリングアイズ」がおすすめです。

ベースカラー+4色がひとつのパレットに入っており、仕事もプライベートも、上品でかつ力強い目元を作れる色の組み合わせです。

カラーは7色展開と豊富です。ブラウンからピンク系まで、目元になじみやすい色がそろえられています。

<<Amazon>>

しかし、種類がありすぎてアイシャドウのカラー選びはとても迷いますよね。どの色が自分に合っているのか知りたい時に使えるのが、マキアージュのHPからスマートフォン限定で配信している「I(EYE)SHADOW」というコンテンツです。

自分の顔を撮影するだけで、マキアージュのアイシャドウパレットの中から瞳の色になじむブラウンアイシャドウをおすすめしてくれる、という優れもの。瞳の色にあったカラーを選ぶことで目が自然に大きく見えるのでぜひ、お試しください。

ブラウンアイシャドウは女性なら誰もが一つ持っているアイテムではないでしょうか。

仕事でもプライベートでも、また、年齢も問わずに使える便利アイテムです。だからこそ、自分に合ったカラーや発色の仕方、さまざまな角度から見た時のラメの質感をこだわって選びましょう。

自分の瞳を最大限魅力的に見せてくれるブラウンアイシャドウが見つかると良いですね!

コスメデコルテのアイグロウジェム

つやつやの、潤いのある目元って憧れませんか?そんな見とれてしまうような目元が簡単に実現するおすすめのアイシャドウがあります。

コスメデコルテから出ているアイグロウジェムという製品です。こちらは小さなポッドに入っていて、手に取って手で直接まぶたに塗るタイプのアイシャドウです。

数々の美容雑誌や美容サイトで賞を受賞していて、インスタグラマーやユーチューバーにも人気のアイテムです。

手に取るタイプのアイシャドウって手が汚れるので少し嫌ですよね。

確かにそこはどうしようもないのですが、絶対に手で塗ることをおすすめします。そのため爪を長くされている方は少し使いづらいかもしれませんね。でも粉タイプじゃないメリットして粉が舞ってしまうこともありません。

テクスチャーはパウダーとジェルの間のような感じです。こういうタイプのアイシャドウってムラになりやすかったりすると思います。

しかしこちらのアイシャドウはピタっと肌に密着するのに、すーっと本当にきれいに伸びるのです。そのため濃さや塗る範囲を本当に自由自在にできます。一度濃くのせても、その後かなり薄くすることが可能です。

しかもこれ一つで綺麗なグラデーションが可能です。

販売員の方が「私も今日これ一つでアイメイクを仕上げています」と、おっしゃったので見たところ、本当に美しいグラデーションでした。やはり販売員の方だからだと思ってしまいますが、実際には誰でも簡単に艶感のある綺麗なグラデーションを作ることができます。

そして非常に持ちが良いです。

私は仕事で少しアクティブに動き、ハードな日を過ごすことがあるのですが、これまではそういう日は夕方や仕事を終えて帰る頃にはなんだかアイシャドウが薄くなって何処かに消えていました。

でもこのアイシャドウは本当に消えないし、にじまないので、まったく直す必要がありません。しっかりと発色しています。そしてキラキラとしたラメもピタッと密着し、飛んでしまうことがないです。

自分で鏡を見ても綺麗なアイシャドウに見とれてしまうことがあるくらいです。

小さなこれ一つでアイメイクを終えることができるので、旅行や泊まりの際にも嵩張らず持ち運ぶことができ、おすすめです。

パッケージが2018年に大幅リニューアルされ、より美しく高級感ある仕上がりになっているのもポイントです。

カラー展開も30色と豊富です。1色で仕上げても十分ですが、ハイライトカラーを使用して2色でグラデーションを作るのもおすすめです。

またハイライトカラーはまぶただけでなく、フェイス全体のハイライトとして使用することも可能です。新しいシーズンが来るたびに何色も集めたくなります。

価格は税抜2,700円です。もう1年以上使用していますが、全くなくなる気配がありません。還って困るくらいです。コストパフォーマンスも申し分ないです。

また、このシリーズでチークも発売されていますので、気になる方はそちらも是非チェックしてみて下さい!チークもスーッと綺麗に伸び、ロングラスティングです。

もしまだ使用したことがない方は是非試してみてほしいです。他のこの類の商品とは一線を画していると思います!本当に優秀で皆さんにおすすめしたいアイテムです。

<<Amazon>>

スウィーツスウィーツのプレミアムガトーシャドウ

スモーキーカラーで作るグラデーションメイクをしたいなら、プチプラなのに上品な輝きが魅力のスウィーツスウィーツ「プレミアムガトーシャドウ」がオススメです。

イエベ・ブルベともに映えるカラバリ展開ですし、プチプラなのにパール感のあるしっとり系の粉質なので質感にこだわる大人でも満足いく仕上がりになります。

メインカラーの1つはオレンジ系やピンク系などアクセントになるカラーが配置されていますが、適度にくすみのある色のため変な色浮きがないのが嬉しいところです。

もう1つのメインカラーはブラウン系で使いやすいので、無難なメイクをしたい人にもオススメできます。

「プレミアムガトーシャドウ」のパレットはベースクリーム、メインカラー2色(ラメ強め&控えめ)、ラインカラー、ラメカラーの5色で構成されています。

このアイシャドウ単品でも発色は良いですが、持ちを良くしたりよりキレイに発色をさせるためにもメイク前にはアイシャドウベースを併用するようにします。

塗る順番はベースクリーム→ラインカラー→メインカラー2色→必要に応じてラメカラーにすると肌馴染みが良くなる上にグラデーションがより自然になるのでオススメです。

グラデーションを作るためには、メインカラーの2色をそれぞれぼかしながら馴染ませるようにして塗ります。

パレット上のメインカラーはラメ感が強く、パレット下のメインカラーはラメ感が控えめになっています。

輝きがほしい人は上のメインカラーを多めに、ビジネスメイクや薄化粧をしたい時はパレット下のメインカラーをメインに使います。するとオンオフ共に映えるメイクが完成します。

ラメカラーはとてもラメ感が強いので、目頭や黒目付近の瞼などピンポイントで使うようにします。

ブラシで取ってすぐに瞼に塗ると粉が付きすぎがちなので、さっとティッシュや手で軽く粉を払い落としてから塗るといいですよ。

口コミ

私はメインカラーがモーブ系ピンクの04番を使っていますが、瞼にぴったりと密着する粉質や繊細なパール感、調節できるラメ具合などがとても気に入っています。

ピンク系のシャドウは女性らしい印象になりがちですが、このパレットはブラウン味のあるピンクなので甘すぎず、カッコ可愛い目元になれるのも魅力です。

アイシャドウは付属のチップにとって塗っていますが、アイシャドウベースを用いていると細やかな目に詰まりキレイに粉が瞼に乗ってくれないことがあります。なのでキレイなグラデーションを作りたいのなら、定期的にチップを洗浄することを推奨します。

不器用であまりグラデーションは得意でなく多色パレットなので不安がありましたが、そんな私でも簡単キレイにグラデアイを作れるようになりました。

パレットの5色それぞれに特徴があり色同士の相性もいいので、1つも捨て色がないのもいいなと感じました。色の彩度が抑えめでスモーキーな仕上がりになるので、秋冬の時期はいつも「プレミアムガトーシャドウ」を愛用しています。

秋冬向けのアイシャドウはどれがいいのかわからない、プチプラだけどキレイな質感のアイシャドウがほしい、簡単にグラデーションが作りたいと思っている人には特にオススメのアイテムです。

こうした悩みを持っている人は、ぜひ「プレミアムガトーシャドウ」を試してみてください。

<<Amazon>>

HANAのウェアルーマルチアイズ

アイシャドウとアイブロウ、1つのパレットで両方使うことができたら便利なのになって思ったことありませんか。マルチに使えるメイクパレットは1つ持っているととても重宝します。

今回ご紹介するのは、お肌に優しい成分だけで作られているメイクパレットです。敏感肌さんでも安心の成分で作られていて、石鹸で落とせるのでとても使いやすいですよ。

ウェアルーマルチアイズの特徴をご紹介します。

ウェアルーマルチアイズの効果

全部で4色入っているメイクパレットです。天然ミネラルの配合で立体感のある目元になります。

目元は皮膚が薄くダメージを受けやすい部分ですが、優しい成分が目元を保護してくれます。

アイシャドウ・アイブロウ・ハイライトとして使うことができます。

キャンデリラロウや植物オイルが主成分となっていて、天然成分100%、オーガニックのメイクパレットです。

発色が良く、持ちも良いです。肌になじんで自然な陰影を作ってくれます。

クリームベースで肌に密着しやすくくすみも自然にカバーしてくれます。

美容成分やエイジングケア成分もプラスされているので、メイクしながら目元をきれいにしてくれる商品です。

保湿成分として、ホホバオイルやアルガンオイルが配合されています。肌のバリア機能を強化してくれるクリスマムマリチマムも配合されています。目元のハリを高めてくれる延命草エキスで明るい目元を演出できます。

肌本来の美しさを引き出してくれるメイクパレットです。

使い方

アイシャドウとして使う場合、まずはクリームベース適量を指にとってまぶたに少しずつなじませていきます。

そして薄茶色をブラシにとってアイホールに沿って広めに重ねます。

赤茶色は、アイホールの半分にのばしてグラデーションを作ります。こげ茶色はアクセントに目の際に入れます。

アイブロウに使用する場合は、ブラシに薄茶色をとって眉にのせていきます。パウダーなので自然な仕上がりになります。

ハイライトに使う場合は、クリームベースを使います。目の下などクマが気になる部分に使えます。色々な使い方ができるので良いですね。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 目元をはっきりさせてくれるメイクができます。薄くのせればナチュラルメイクにもなります。アイシャドウのグラデーションは4色全部使わなくてもきれいに作れます。
  • ハイライトに使用してくすみが解消されました。使いやすいパレットです。ブラシも使いやすいです。目元が大人っぽい印象になりました。
  • 肌に優しくて石鹸で落とせるのがとても良いです。肌荒れしなくて使えました。色もきれいで満足できました。もちも良いです。
  • 使い続けていたら目元が明るくなってきました。しっかり目元をケアしてくれるのが良いです。
  • 眉に使っています。自然な仕上がりで大満足です。
  • 色むらやくすみがしっかりカバーできます。綺麗な仕上がりでもちも良いです。

これ1つで3役こなしてくれるメイクカラーパレット、とっても使いやすいです。お肌にも優しいのは嬉しいです。ぜひ使ってみてくださいね。

LBのプレストリッチピグメントN

キラキラが好きな方におすすめのアイシャドウが「LBのプレストリッチピグメントN」です。ラメとパール配合だから、瞬きするたびにきらめきが。目元を華やかに演出します。

特徴

プレストリッチピグメントNは全5色で、どのカラーにもラメとパールが配合されています。フタを開けてラメが入っていることがわかるほど、ザクザクとしたラメです。

ラメの色はアイシャドウのカラーによって違い、オーロラグレイ・ピンクシェル・アンバーブラウンはオーロラのラメ、シュガーホワイト・サンドベージュはシルバーラメが使われています。一番ラメ感が強いのはシュガーホワイトです。ピンクシェルとサンドベージュは普段使いしやすいカラーです。

単色で使えば抜け感のある仕上がりに、下地として使えば深みと輝きにある仕上がりになります。どのカラーも瞬きするたびにきらめきを放ち、華やかな目元を演出します。

水分を含んだような柔らかなテクスチャーで少量でもよく伸びます。滑らかに伸び広がりフィットをするのでメイクが楽です。

使い方

まぶたが汚れていると崩れやすくなるので、スキンケア化粧品が乾いてから、まぶたが汚れていない状態でメイクをしましょう。

指先に少量を取り、トントンとなじませます。伸びがよいので使用量は少量で十分です。

パウダーアイシャドウの下地として使うと、パウダーのもちがよくなります。チップを使って塗る場合、チップが汚れているとまぶたにつきにくくなるので、いつもチップを清潔に保つようにしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • シュガーホワイトをまぶたに使うだけでかわいくなります。これ一つで腫れぼったくない目元に仕上がりました。ピンクシェルはどこに使ってもかわいいです。チークの上から少しだけつけています。サンドベージュとアンバーブラウンは一緒に使っていて、この2つを組わせるときつくなりすぎない印象になります。どの色を選んでも失敗しません。
  • ラメが本当にきれいです。華やかになるのでパーティーや結婚式のときにおすすめです。シュガーホワイトはラメがゴージャス感を出してくれます。ピンクシェルは涙袋に使っています。ブラウンとベージュは深みがある色です。どれも塗りやすいです。
  • ピンクシェルを使っています。ラメがきつすぎるかなと思ったのですが、実際塗ってみるとギラギラしすぎないところがよいです。ラメが落ちることもなく気に入っています。ピンクといっても色はそれほどでないので、まぶたが腫れぼったくならず使いやすい色だと思います。かわいい色です。
  • クリームだからしっとりとします。大きめのラメが入っていますが上品です。少し付けただけでキラキラとします。シュガーホワイトはベースとして使っています。サンドベージュはゴールドのラメがザクザクと入っていて、プチプラとは思えない発色です。

LBのプレストリッチピグメントNは、ラメとパールが入ったキラキラしたアイシャドウです。

少量でもよく伸びて目元に輝きを与えてくれます。ラメがザクザク入っていますが上品な輝きです。5色展開でどの色も華やかな目元を演出します。ラメのキラキラが好きな方におすすめです。

<<Amazon>>

関連記事:

イエローベースのイエベさんにおすすめのプチプラアイシャドウ,リップ,チーク2019

2018.11.25

シンプルで上品!プチプラでおすすめの単色アイシャドウランキング2019

2018.08.18

安いのにこんなに良い!おすすめのプチプラアイシャドウブラシ

2018.07.07

【汗で化粧が崩れないヨレない夏のメイク方法】おすすめファンデーションやアイシャドウベース

2018.07.05

落ちない!よれない!おすすめプチプラリキッドアイシャドウ2018

2018.06.14

2019年カラーメイクの色はピンクとオレンジ!アイシャドウ、チーク、アイブロウ、リップ

2018.06.08

奥二重をぱっちり目にするメイク方法!アイシャドウとアイラインの色と引き方

2018.03.19

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2019年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

スポンサーリンク