マスクメイクのやり方!ベースメイク、よれないアイメイク、つかないファンデーション

メイク

マスクをしても化粧が落ちないベースメイクの方法をご紹介します。

化粧下地とファンデーションのポイント

「花粉症が酷い。最近インフルエンザが流行しているみたい。マスクを着用するべきなんだけど…化粧が崩れてしまうからできない!」

という体験、みなさん一度は体験したことがあるのではないでしょうか?

汗をかいたり、色々な原因で化粧は崩れてきてしまいますが、マスクをはめたときといったらもう、マスクにファンデーションの色がベッタリと付いてしまいますよね。

厚化粧をすると、余計ベッタリついて汚く化粧が崩れてしまって。薄化粧にすると、今度は元々薄いのでもうすっぴんみたいに落ちてしまいます。

そんなマスク着用時のお悩み、実は「メイク方法」を変えるだけで驚くほど改善されるんです。

「高カバー力」ベースメイクの方法

化粧下地は必ずつける

今では、化粧下地がなくても大丈夫!と謳っている商品が多く、化粧下地を使わなくても簡単かつ綺麗にベースメイクができます。しかし、やっぱり化粧下地というものは大切で

例えば、化粧水と乳液を別にしたほうがオールインワンより保湿力が高くなるように。別の工程で使用することで「その商品本来の良さ」が最大限に発揮されるんです。

そして化粧下地を選ぶ際のポイントは「カバー力の低い」アイテムを選ぶこと。

え?なんで?と思われますよね。

その理由は、基本的にベースメイクとは厚い化粧になればなるほど化粧もちが悪くなります。そこで大切なのはメリハリをつけることです。

化粧下地というのはどちらかというと、保湿・化粧のり・お肌の血色などを良くするために使用されています。今はBBクリームなどカバー力の高いものが多いので化粧下地にもカバー力を求めてしまいがちなんですね。

なので、化粧下地を選ぶ際は「カバー力の低い」ものを選び、その中でもテクスチャーの好みや、赤みが目立つかたは緑色の化粧下地を選ぶ(コントロールカラー)ことを意識するといいです。

粉タイプのファンデーションをつける

化粧下地を綺麗につけたら、今度は粉タイプのファンデーションを使用します。その理由は、クリームタイプ(オイルを使用しているもの)はとても化粧落ちしやすく
特に「擦れる刺激」に弱いのでマスクなんてしてしまっては直ぐに化粧落ちしてしまうからです。

乾燥肌のかたは、粉タイプだと保湿が足りなくて不安と思われるかもしれませんが、お肌に密着している部分の保湿が実はとても重要でそのために最初に「保湿力の高い化粧下地」を選んでいるので大丈夫なんです

ここが重要!粉ファンでの付け方

粉ファンでというと、パフやスポンジでつけている方が殆どですよね。実は指の腹で押さえるようにつけることによって化粧もちが2倍近く良くなります。

指の腹とは具体的に、人差し指と中指でファンデーションを救い気になる部分にピンポイントにつけていく感じです。その後、ブラシで(パフやスポンジでも可)軽く滑らせるようにファンデーションをつければ完成です。

とは言いましても化粧もちは「みなさんの肌質」によってピッタリな方法が変わってきますので、今回ご説明したことを軸にして下地やファンデーションの量を調整して、是非、みなさんにピッタリの「マスクをしても落ちない」メイクを実践してみてください。

私のような悩みを抱えていた方のお役にたてたら嬉しい限りです。

アイメイクのポイント

外に出ると花粉がものすごいシーズン。鼻水やのどのイガイガが辛くて、マスクが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのが「マスク美人に見えるメイク術」です。外出するときはいつもマスクでいる方は、特に見て欲しい特集です。あなたの印象がもっと良くなりますよ。

マスクを付けている季節も、普段と同じメイクで満足していませんか。大きな面積のマスクを付けると、顔の半分以上は布で埋め尽くされてしまいます。いつもと同じメイクをしていると、不健康そうに見えたり疲れた印象に見えてしまうこともあります。

マスクに相応しいメイクをおこなうことで、目チカラが生まれてイキイキとした表情に見えます。老けたオバサンのような、どんよりした雰囲気を一掃できるため、周囲の人から「明るい人」「話しかけやすい人」と思ってもらえるようになりますよ。

マスクメイクのポイント

目チカラを意識する

マスクを付けたとき、口や鼻は隠れてしまうことが多いもの。朝は時間がないという方は、思いきってベースメイクは省略し「目もとのメイクを重点的におこなうこと」がおすすめです。

目チカラを意識したメイクをおこなうと、目がぱっちり見ひらいたような印象になり、明るくやる気のあるイメージになります。

花粉症で涙がとまらないという方は、通常のメイク道具ではなく「ウォータープルーフ型」もおすすめ。汗や水に強いウォータープルーフ型のアイライナーやマスカラは、この時期のマスクメイクに欠かせない存在です。

アイホールには膨張色を使うのはNG

優しい雰囲気のピンクやオレンジは、腫れぼったく見えてしまうこともあり、この季節に使うと逆効果になります。アイホールには引き締め色のグレー・シルバー・淡い水色などを用いて、きりりとした印象に魅せてあげましょう。

アイカラー塗ったあとは、水に強いアイライナーで目もとを埋めていきます。目じりの終わりは下げるのではなく、ネコ目のように軽く上げておくこと。キュートで芯のある女性を演出できます。

日本人のまつ毛は下向きに生えていることが多いため、ビューラーで上向きにリセット。ブラックのマスカラで下から上へ、草花を育てるイメージで色を付けていきます。

ほぼ目もとのゾーンだけしか見えないマスク時の姿は、アイメイクにこだわることで「美人さん」の印象を第三者にアピールすることができます。はつらつとした印象に見えるため、不健康そう・具合が悪そう…といったマスクのイメージを払拭することもできますよ。

他に気を付けたいポイント

クマは徹底的にかくす

マスクをしていると、病弱でか細い雰囲気になります。この負のイメージを取るためにおすすめしたいのが「目もとのクマをコンシーラーで隠す」という方法。クマが残ったままだと、どんなにマスカラやアイライナーでぱっちり瞳を演出しても、2割増しや3割増しおブス度が高まってしまいます。

クマを隠したいときに最適なのが、やや暗めのコンシーラーです。くまの色は茶色や黒色・青色と濃い色のことが多いため、白くて薄いコンシーラーを重ね塗りしても、思うように消えてくれないことも多いのです。コツはぽんぽんと少量ずつ伸ばしていくこと。目もとはシワが目立ちやすいため、一度にたっぷり付けるとヨレの原因になることもあります。優しい力で少しずつ重ねづけしてあげると、どんよりクマも可愛く消えてくれますよ。

花粉症の方のマストアイテム・マスクに似合うメイク法をご紹介しました。やつれた印象に見えやすいマスクですが、レフ版の効果もあるため、いつも以上に素肌が明るく見える嬉しい効果もあります。

ポイントは「マスクで隠せない、目もとを丁寧にメイクしてあげること」。目チカラを意識した美人メイクをおこなって、毎日を元気に過ごしてくださいね♪

関連記事:

目のクマや毛穴のカバー力が人気!おすすめコンシーラーランキング2018

2018.04.19

奥二重をぱっちり目にするメイク方法!アイシャドウとアイラインの色と引き方

2018.03.19

【目力を強くするアイメイク方法】薄づきなのに目ヂカラメイク

2018.02.07

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

目元を大きく可愛く印象を変える!チェンジできるアイメイクの方法(仕方)

2017.08.09

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

寝ても解消しない女性の目の下の茶くまを消す食べ物とメイクの方法

2017.05.29

スポンサーリンク