メイクをしたまま寝た!大丈夫なの?化粧をして眠った時の復活肌ケア方法

メイク

メイクしたまま眠ってしまった場合は、翌日のケアが重要です。

夜遅くまで残業で疲れて帰り、そのままベッドに入ってしまった場合や飲み会の後、そのままベッドに入ってしまったと言う経験を持っている人は少なくありません。

そして、翌日、メイクしたまま眠ってしまった事に驚き後悔してしまうのです。しかし、メイクしたまま眠ってしまったからと言って、そう慌てる必要はありません。

翌日でも、しっかりとケアする事で肌はを十分に回復させる事は可能です

メイクしたまま眠ってしまった場合は、とにかく、翌日のケアが重要になります。その為、多少、時間をかけても肌のケアを行う事が大切です。そうする事で、メイクしたまま眠ってしまい大きなダメージを受けた肌も無事に回復させる事が可能になります。

メイクしたまま眠ってしまい際の翌日のケア方法

まずは、すぐにメイクを落とす事から始めます。

いつもより多めのクレンジングや洗顔料を使い丁寧にメイクを落としていきます。その際、ゴシゴシ洗うのではなく、あくまでも、優しく丁寧に時間をかけてメイクを落としていきます。

関連記事:【芸能人愛用でメイク落としも】おすすめクレンジングランキング

できれば、この洗い方で2回洗顔する事をお勧めします。

関連記事:30代女性の肌におすすめ!洗顔フォーム人気ランキング

その後、時間があれば入浴する事をお勧めします。シャワーではなく、この場合、必ず湯船につかってください。そうする事で、毛穴全体が開き、毛穴の奥に入り込んだメイク汚れも自然と外に排出させる事が可能になります。

もし、入浴するほどの時間が取れない場合は、蒸しタオルが手軽でお勧めです。

 

タオルを濡らしレンジで温めるほか、お湯をタオルに含ませるだけで簡単に作る事ができる蒸しタオル。その蒸しタオルを顔に当てるだけでも毛穴を開く効果を期待する事が可能になります。時間としては1分ほどで効果があります。その為、入浴するよりも随分短い時間で毛穴を開く事が可能です。

そうして、メイクを落とし毛穴を開く事ができれば、今度は、パックで保湿を行います。メイクしたまま眠ってしまった肌は皮膚呼吸ができない状態でした。その為、肌は非常に乾燥した状態となっています。それを解消させるためにパックは欠かせません。

関連記事:洗顔とパックの2way効果!使い方や人気のフェイスマスクランキングを紹介

もし、手元にパックがない場合は、化粧水をコットンに含ませたコットンパックでも大丈夫です。とにかく、多くの水分を肌に与えるよう努力する事が大切です。

このように肌ケアを行った後は、理想としてはその日はメイクをしないと言う事です。とは言っても、難しい場合もあるかと思います。その際は、ナチュラルメイクを心掛けたメイクを行い、メイクしたまま眠ってしまった翌日は過ごすように心がけてください。

メイクしたまま眠ってしまった私

実際、メイクしたまま眠ってしまった事は数えきれないほどあります。

そして、翌日、カサカサになってしまった自分の肌に驚いてしまいます。そんな時は、眠る前にいつもより早めの時間に目覚ましをセットします。そうする事で翌日の肌ケアに時間を取る事ができるためです。

疲れ切った体ですぐに眠りたいと思う人でも、目覚ましなら簡単にセットする事ができお勧めです。

以上がメイクしたまま眠ってしまった際の翌日のケア方法となります。

言うまでもなく、一番は必ずメイクは落としてからベッドに入ると言う事です。しかし、その事がどうしてもできない場合は、このような方法で翌日に十分な肌ケアを行う事をお勧めします。

関連記事:

【芸能人愛用でメイク落としも】おすすめクレンジングランキング

30代女性の肌におすすめ!洗顔フォーム人気ランキング

顔の肌の水分量を増やしモチモチ肌になる方法は?私おすすめのスキンケア

洗顔とパックの2way効果!使い方や人気のフェイスマスクランキングを紹介

朝パックにおすすめ!人気のフェイスパックマスクの口コミランキング

@コスメのパック・フェイスマスク「根菜の濃縮マスク」の口コミや効果

【化粧水とティッシュペーパーでパック】ティッシュパックの効果や何分?

【オリーブオイルの美容パックと洗顔効果】顔の毛穴の角質除去におすすめ!

スポンサーリンク