健康と美容に良い人気でおすすめ野菜&果物飲み物(ジュース)ランキング

「最近体の調子がおかしい」

「栄養が偏っているな」

と感じている人に是非試してほしい飲み物の改善!

食べ物だと手間暇がかかり、好きな物を食べれないストレスが溜まってしまうこともありますが、飲み物ならそのようなことは無く、ジューサーさえあれば手軽に毎日飲むことができます。

ここでは、2017年人気でおすすめの健康と美容に良い飲み物を紹介します。

野菜&果物ジュースが健康や美容におすすめの理由

毎日の食生活に欠かす事ができない野菜。もちろん、野菜だけではなくお肉や魚などを食べることも重要ですが、野菜の場合、健康に加え、肌への影響などを考えても日々の摂取は非常に大切だと言えるのです。

野菜を毎日、食べる場合、偏った食べ方になっていないでしょうか?

例えば、

サラダばかりといった生で食べる方法。

スープや蒸し野菜、温めて食べてばかりになっている場合。

など、少し振り返る事で、どんな野菜の食べ方を行っているか確認する事ができます。そして確認する事で、どちらかに偏り気味だと言う事実を知る事ができます。

「なぜ、偏った食べ方がNGなのか?」と言うと、それは生野菜と温野菜には、それぞれメリットorデメリットが存在するためです。

例えば、生野菜のメリットは、ビタミンやミネラルを加熱によって失うことなく摂取する事が可能です。一方、デメリットとしては、多くの量を食べる事ができない事や、ビタミンA・D・E・Kといった油溶性ビタミンが吸収されにくいといった事が挙げられます。

また、温野菜のメリットは、多くの野菜を食べる事ができるほか、吸収されやすい状態となる為、効率よく体に摂取する事が可能です。その一方、デメリットは、水溶性のビタミンが失われてし舞うと言う事となります。

実際、どのようにわけて食べれば良いのか?生野菜と温野菜の食べ方

生野菜を少しでも多くの量を食べるためには、スムージーや手作りの野菜ジュースがお勧めです。これならば、手軽に多くの生野菜を食べる事が可能になります。

また、温野菜として食べる場合は、温め時間を出来るだけ短くすると言った事がお勧めです。その他、レンジで簡単に蒸し野菜を作る事ができるグッズも販売されている為、それらを上手く活用する事をお勧めします。

生野菜の場合、手軽に食べる事ができると言う事で、コンビニやスーパーなどで販売されているサラダを購入する人も少なくありません。しかし、これらの場合、生野菜でも栄養が失われている場合が多い為、あまり、お勧めできません。その為、少し面倒だと思っても、自分でカットしてサラダを作る事をお勧めします。

また、温野菜の場合は、溶けだした水溶性の栄養素を摂取する為に味噌汁やコンソメスープなど丸ごと食べる事ができるものがお勧めです。そうする事で、野菜から溶け出した栄養素もある程度、摂取する事が可能になります。

野菜ならば、どのような食べ方でもOKだと思われがちですが、実際、生野菜と温野菜は日々の食事にバランスよく取り入れていく事が大切になります。忙しい朝は、スムージーなどで生野菜を摂取し、夕食の際には、野菜たっぷりの味噌汁やスープを作って食べてみてはいかがでしょうか。それだけでも、十分、バランスよく野菜を摂取する事が可能になってきます。

健康と美容に良い人気でおすすめ野菜&果物飲み物(ジュース)ランキング2017

第9位 マンゴー(夏限定)

マンゴーは、ウルシ科マンゴー属の果物です。南国フルーツの代表の一つですが、国内でも生産されるようになりました。マンゴーには美容にうれしい栄養素が含まれています。では、どのような効果が期待できるのでしょうか。

マンゴーに期待できる健康&美容効果

マンゴーには美肌効果が期待できます。

βカロテンを豊富に含んでいるのですが、βカロテンは体内で必要なだけビタミンAに変換されます。ビタミンAには粘膜を保護する、乾燥肌を防ぐ、ターンオーバーを促進するといった働きがあります。

さらに、シミを予防したりコラーゲンの生成を促すビタミンCも含まれています。マンゴーは生で食べることが多いので、熱によるビタミンCの損失の影響を受けません。

ビタミンAやビタミンCには抗酸化作用があり、老化を進行させる活性酸素から守る働きがあります。これにより、老化の予防効果が期待できます。

さらに、むくみの解消もサポートします。ナトリウムの過剰摂取は体内に水分を引き込みむくみの原因になります。カリウムにはナトリウムの排泄を促す働きがあり、むくみの解消に役立ちます。また、ナトリウムの過剰摂取は高血圧の原因ともいわれていますが、カリウムを摂取することで高血圧の予防効果も期待できます。

マンゴーの選び方とポイント!

果皮にハリとツヤがあるものを選びましょう。触ってブヨブヨしていたり黒い斑点がついているものは古くなっています。白い粉のようなものがついていることがありますが、これはブルームといいます。収穫したての新鮮なものにはブルームが付着していることがあります。

完熟前の固いマンゴーは、室温で保管をして追熟させます。触って軟らかくなっていれば食べごろです。完熟したものはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存をします。

マンゴーは真ん中に種が入っています。マンゴーを横向きにして種の部分を避けるように3当分に切ります。カットした横の部分を食べやすいように切ります。縦・横に格子状に切り込みを入れ、皮部分に手を当てて押し上げます。さいの目状に果肉が出てきて、食べやすくなります。

外出して紫外線を浴びると活性酸素が発生をして、シミやシワなどの原因になります。マンゴーには活性酸素を除去するビタミンAやビタミンCが含まれているので、紫外線を浴びる前に食べるとよいでしょう。

日本で栽培されているマンゴーの旬は5~8月ころで、ちょうど紫外線が強い時期です。タイやフィリピン産のマンゴーは通年販売されています。
果物は消化されやすく、胃に入ってから30~40分ほどで胃を通過します。他の食べものと一緒に摂取をすると、果物が胃を通過することを妨げてしまいます。そうすると果物の栄養素の働きを十分に得られなくなるので、空腹時に果物だけで食べましょう。

マンゴーには美容にうれしい栄養素がぎゅっと凝縮されています。そして、甘くておいしいです。果物が好きな方や美容に関心がある方は、マンゴーを食事に取り入れてみてはどうでしょうか。

第8位 ライスミルク

ライスミルクとはお米で作った飲み物のことです。牛乳、豆乳に次ぐ第三のミルクといわれています。欧米ではベジタリアンが牛乳の代わりに利用をしたり、乳製品や大豆にアレルギーを持つ方が代替品として利用をしています。

ライスミルクには女性にうれしい成分が含まれています。では、どのような効果が期待できるのでしょうか。

ライスミルクの働き

ライスミルクに期待できる主な働きは3つです。

①1つめはダイエットです。

ライスミルクはコレステロールを含まず低カロリーな飲み物なので、ダイエット中の方に適しています。

②2つめは玄米の栄養素を摂取できることです。

白米は栄養素が豊富な胚芽などを取り除いているので、あまり栄養素を含んでいません。一方、玄米には栄養豊富な胚芽などのこっているので、ビタミンB1やマグネシウムなどの栄養素を含んでいます。ビタミンB1は糖質の代謝にかかわり、マグネシウムは神経伝達にかかわっています。

③3つめはイライラ解消に役立つことです。

ライスミルクには、リラックス作用があるアミノ酸の一種のGABAが含まれています。現代は仕事や人間関係、大気汚染などさまざまなイライラの原因があふれています。ストレスをなくすことは難しいので、イライラを解消するように気をつけてみましょう。

ライスミルクのつくり方・飲み方

ライスミルクは市販されています。市販のもなら作る手間がかからず便利です。製品によって味が違うので、好みものものを見つけてください。

手作りすることもできます。

用意するものは、炊いたご飯100g、水500mlです。ご飯は白米でも玄米でも構いませんが、栄養素をより多く摂取するなら玄米がおすすめです。

材料をミキサーに入れて、ご飯の粒々がなくなるまでミキサーにかけます。滑らかになったらできあがありです。塩をひとつまみ加えたり、メープルシロップなどで甘味をつけると飲みやすくなります。ガーゼや茶こしでこすとより滑らかになりますが、食物繊維が取り除かれてしまうので、食物繊維を摂取する場合は漉さない方がよいでしょう。

ライスミルクは牛乳や豆乳の代わりとして飲んだり料理に活用することができます。アレルギーがある方のお菓子作りにも活躍します。おやつ代わりに飲めば、ヘルシーなおやつにもなります。

ポイントとしては、白米でも玄米でもライスミルクを作ることができますが、おすすめは玄米で作ることです。白米よりも玄米の方がビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

炊飯器に玄米モードがあれば、簡単に玄米を炊けます。発芽玄米なら普通の炊飯器で炊くことができます。市販の発芽玄米を利用してもよいし、玄米を一晩ほど水につけておくと発芽をします。

ライスミルクは第三のミルクとして注目をされています。ビタミンやミネラルを含んでいて、女性の美容のサポートが期待できる飲み物です。簡単に手作りできるし市販もされているので、気軽に利用できると思います。

第7位 ココナッツウォーター

美容や健康への意識が高いセレブやモデルも飲んでいると言われている「ココナッツウォーター」。飲む点滴とも呼ばれていて、美容や健康への効果が注目されています。

ココナツウォーターに似たものがココナッツミルクですが、ココナッツミルクはココナッツの果肉を絞って採った液体です。ミルク色をしていて、やや甘味があり、ココナッツウォーターよりも脂肪分を多く含んでいます。料理やお菓子などに使用をすることが多いようです。

一方、ココナッツウォーターは完熟していないココナッツの殻の中に入っているサラサラとした液体のことで、色は透明で甘味があります。

ココナッツウォーターに期待できる効果

ココナッツウォーターには、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどが含まれています。

ナトリウムの摂りすぎは水分を引き込んでむくみの原因になります。インスタント食品、加工食品、ファストフードなどばかり食べている方は、ナトリウムを過剰に摂取している可能性があります。ナトリウムの排泄を手助けしてくれるものがカリウムです。ナトリウムとともに余分な水分を排泄して、むくみの解消をサポートします。

マグネシウムは神経伝達や酵素の働きにかかわっている重要な栄養素です。エネルギーの代謝にもかかわっているので、代謝がよくなることが期待できます。

カルシウムは骨や歯を形成する成分で、骨や歯を丈夫にするために必要です。

ココナッツウォーターは水分補給にも適しています。汗をかくと水分と同時にミネラルを排泄してしまいますが、ココナッツウォーターなら汗で失うミネラルを補給できます。

ココナッツウォーターの飲み方

ココナッツウォーターの飲み方は自由です。しかし、100gあたり20kcalと低カロリーですが、飲み過ぎれば摂取カロリーが多くなるので飲み過ぎに気をつけましょう。

そのままでも甘味があるので飲みやすいと思います。よく冷やすと冷たくておいしいのですが、体を冷やしてしまうので常温がおすすめです。

スムージーに加えるのもよいですね、スムージーを作るとき、水分を加えないとうまくミキサーが回りません。このとき加える水分をココナッツウォーターにすればミネラル補給になります。

ココナッツウォーターにはミネラルが含まれていて、汗をかいたときに失われる水分補給に役立つので、運動前後やお風呂上り飲むのもよいでしょう。

<<注意点!>>

市販のココナッツウォーターは、砂糖やブドウ糖果糖液糖などの糖類が加えているものがあります。糖類が加えられているものは、血糖値の急激な上昇を招き、AGEsという肌老化の原因になる物質を作ります。また、カロリー摂取量を多くなります。そのため、砂糖などを加えていないココナッツウォーターを選びましょう。

 

ココナツウォーターは飲む点滴といわれていて、ミネラルを豊富に含んでいます。ミネラルの働きで美容効果が期待できます。普段の生活で水分補給に取り入れてみてはどうですか。

第6位 緑茶

緑茶は日本人になじみがあるお茶です。独特の深い苦味が魅力的です。そんな緑茶ですが、美容にうれしい成分が含まれています。カロリーはゼロなので、ダイエット中の方もカロリーを気にせずに飲むことができます。普段緑茶を飲む機会がない方も、美容のために緑茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

緑茶に期待できる働き

緑茶にはビタミンCが含まれています。ビタミンCは熱に弱いのですが、緑茶に含まれるビタミンCは熱に強い性質があります。そのため、熱湯を注いでお茶をいれても緑茶に含まれるビタミンCを摂ることができます。

ビタミンCには抗酸化作用とコラーゲンの生成を促す働きがあります。活性酸素が体内で増えると、細胞をさびつかせて老化を進行させます。シミやシワなどにもつながります。抗酸化成分は活性酸素を除去する働きがあり、シミやシワなど肌のトラブルの予防効果が期待できます。コラーゲンはビタミンC、タンパク質、鉄分を摂取することで合成が促されます。コラーゲン生成が促されることで、肌の弾力アップが期待できます。

そして、緑茶にはβカロテンも含まれています。βカロテンには、抗酸化作用や粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあります。

緑茶のいれ方・飲み方

飲むのならおいしい緑茶を飲みたいと思いませんか。美味しい緑茶をいれるにはポイントがあります。

まず水の選び方ですが、緑茶をいれるには軟水が適しています。軟水とはマグネシウムやカルシウムなどをあまり含まない水のことで、日本の水はほとんどが軟水です。

お湯の温度によって抽出される成分が違います。80℃以上の高温だとカテキンが抽出され、50程度のぬるま湯だとうまみのもとになるアミノ酸が抽出されます。煎茶の場合は、80℃以上のお湯で抽出をするとよいでしょう。

2人分の目安量は茶葉4gです。急須に茶葉を入れ、その上からお湯を注ぎます。30秒ほどしたらカップに注いてください。

ティーパックを使えば職場でも飲むことができます。ティーパックの場合は、カップにティーパックを入れてその上からお湯を注ぎ、フタをしてしばらく蒸らし、時間が来たらティーパックを左右に4~5回振って取り出します。

ペットボトル入りの緑茶もありますが、添加物が加えられていないお茶を選んでください。おいしいお茶を飲むなら、自分でいれることがおすすめです。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、お茶を抽出した際にお湯に溶け込みます。しかし、βカロテンは脂溶性なので普通にお茶をいれても抽出されず、緑茶を飲んでも摂取できません。

緑茶のβカロテンを摂取できる方法が、茶葉をそのまま食べたり、お茶をいれた際の茶葉をそのまま食べるという方法です。「食茶」といい食べるための茶葉が販売されています。

緑茶は日本人になじみがあるお茶、しかも美容成分を含んでいます。苦みが特徴で苦手な方もいるかもしれませんが、一度試してみてはどうでしょうか。

第5位 ビタミンEたっぷりのアーモンドミルク

皆さん、アーモンドミルクというものをご存知ですか?

アーモンドミルクとは、その名の通り、アーモンドを原料として作られたミルクです。アメリカでは、牛乳や豆乳よりもシェアを占めており、何年も前から親しまれている飲料です。

また、日本においても近年になって注目され始め、スーパーやコンビニなどでも手軽に手に入るようになってきました。そんなアーモンドミルクですが、私たちの美容や健康に役立ってくれる栄養素がたっぷりと含まれています。

今回は、そんなアーモンドミルクの素晴らしい効果についてご紹介したいと思います。

アーモンドミルクの嬉しい効果とは?

アーモンドミルクには嬉しい栄養素がたくさん含まれています。

まず、突出しているのが、ビタミンEです。

ビタミンEは、老化から私たちを守ってくれる抗酸化作用がとても強く、シミやシワなどを防いでくれます。また、生活習慣病や痴呆症にも効果があると言われています。まさに、アーモンドミルクはアンチエイジングにぴったりなのです。

また、鉄分やカルシウムも多く含まれており、貧血や骨粗鬆症にも効果があります。

オレイン酸もたっぷりと含まれているため、お肌も艶やかに保ってくれます。

さらに、食物繊維もとても多く、便秘に悩んでいる方にはもってこいです。

アーモンドミルクは、コレステロールを含まないため、コレステロール値が気になる方にも積極的に取り入れていただけます。カロリーも低く、牛乳や豆乳の半分以下です。ダイエットをしている方にもぴったりなドリンクなのです。

このように、アーモンドミルクは私たちの美容や健康に効果をもたらしてくれる、素晴らしいドリンクなのです。

アーモンドミルクの取り入れ方

アーモンドミルクはいつ、どのくらい飲まなければいけない、というものはありません。

アーモンドミルクには乳糖が含まれていないので、夜に飲んでもお腹がゴロゴロしないのが嬉しいですね。普段、牛乳や豆乳を飲むように、好きなタイミングで美味しく飲んで下さいね。

飲む量の目安としては、”1日に200ml”ほどが良いと言われています。

アーモンドミルクは、ほんのりとした甘みと香ばしさが癖になる程美味しいため、そのまま飲んでいただいても良いですし、お菓子などに使用して頂いても良いです。

アーモンドミルクは日常に簡単に取り入れやすいので、ぜひ気軽に試して頂きたいと思います。

アーモンドミルクのレシピ

<<材料>>

●アーモンド:250g

●水:1500g

●ミキサー

●ボール

●ナッツミルクバッグ

<<作り方>>

①アーモンド250gを一晩浸水させておきます。

②浸水させていたアーモンドの容器の水を切り、ミキサーへ入れます。そして水1000gもミキサーへ入れ、スイッチオン♪アーモンドが粉々になったらスイッチオフ。

④ボールの上にナッツミルクバッグを置き、その上からミキサーの中身を注ぎ込みます。

⑤空になったミキサーに水500gを入れ(汚れたままで大丈夫です)、軽くゆすいで再びナッツミルクバッグに注ぎます。

⑥ナッツミルクバッグをできる限り搾ります。

⑦搾り出したアーモンドミルクを容器に入れ、冷蔵庫で保管します。数日中に飲みきりましょう。

※分量はアーモンドに対して水4倍~6倍の量が適切です。好みに合わせて変えてみてください。

※甘味量を入れたり、シナモンやバニラで味付けするのもおすすめです!

※コーヒーと割って、カフェオレにして飲むのも美味しいですよ♪

※文字だけだと、作成イメージが湧かないと思うので、動画で確認してみてください↓

アーモンドミルクを飲む際の注意点

アーモンドミルクには特に気をつけなければいけない副作用はありませんが、まれにナッツアレルギーの方がいらっしゃいますので、そのような方は、残念ですが飲むのを控えるようにしましょう。

また、市販のアーモンドミルクには甘み付けのために糖分が多く入っている場合があります。糖分を制限する必要がある方は美味しいからと言って飲み過ぎには注意しましょう。

アーモンドミルクは、アーモンドと水が原料であるため、ミキサーがあれば手作りすることもできます。市販のものが甘すぎると感じたり、糖分が気になる方は、自家製のアーモンドミルクを作ってみるのも良いかもしれませんね。

以上、アーモンドミルクの美容・健康効果をご紹介しました。

アーモンドミルクは素晴らしいアンチエイジングドリンクです。老化を防ぎ、若々しさを保ってくれます。飲まない手はありませんね。鉄分やカルシウム、食物繊維なども、女性にとってとても嬉しい栄養素ですね。

とても美味しいアーモンドミルク。ぜひ、アーモンドミルクで美しさと健やかさ、そして若々しさを手に入れて下さいね。

第4位 ビタミンCたっぷりのカムカム

カムカムはスパーフードの一つ、フトモモ科フトモモ属の植物で、さくらんぼのような赤い実をつけます。

カムカムがスーパーフードと呼ばれるのは、ビタミンCが豊富だからです。その他にもビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、カルシウム、ポリフェノールなども含有しています。これらの成分によって美肌効果が期待できます。

カムカムに期待できる効果

カムカムを摂取することで、アンチエイジングや美白効果が期待できます。

カムカムに豊富に含まれている栄養素がビタミンCです。その量は100gあたり2800mgにもなります。レモンの56倍、イチゴの40倍ものビタミンCを含有しているのです!

ビタミンCは抗酸化作用に優れた栄養素で、老化を進行させる活性酸素から体を守ります。紫外線、ストレス、食品添加物、大気汚染、睡眠不足などで活性酸素が大量に発生するので、活性酸素対策をすることが美肌のポイントです。

また、メラニンの生成を抑制したりメラニンを薄くする働きもあるので、美白効果も期待できます。さらに、コラーゲンの生成を促す働きもあります。

そしてポリフェノールのエラグ酸にも抗酸化作用があります。メラニンの生成を抑えて美白をサポートします。

ストレスを感じると副腎から副腎皮質ホルモンというホルモンが分泌されてます。このホルモンの分泌にはビタミンCが必要です。ストレスは肌の大敵といいますが、ビタミンCを摂取することでストレス対策にもなります。

カムカムはパウダーやジュースに加工されて販売されています。

カムカムは少し酸っぱいのですが、パウダーはスムージーに混ぜると摂取しやすくなります。ジュースに混ぜるのもよいでしょう。

カムカムジュースをそのまま飲むのは酸っぱくて飲みにくいかもしれないので、飲みにくい場合は他の飲み物に混ぜてください。

<<楽天で人気のカムカムパウダー>>

 

<<Amazonで人気のカムカムパウダー>>

※ポイントとして、ビタミンCは水溶性のビタミンで、一度にたくさん摂取をしても排泄されてしまいます。そのため、こまめに摂取をすると効率的にビタミンCを体内で利用できます。

ビタミンCは熱に弱いのでカムカムを加熱せずに摂取しましょう。お菓子に混ぜると摂取しやすいかもしれませんが、クッキーやケーキなど焼き菓子は熱を加えるのでおすすめできません。お菓子にするのなら、熱を加えずに作れるゼリーがよいでしょう。

カムカム製品を購入する際は加工方法を確認してください。パウダーにする加工方法にはいろいろあるのですが、熱を加えるような方法だとビタミンCが失われている可能性があります。ジュースの場合も殺菌のために加熱されている可能性があるので確認をしましょう。

ビタミンCは美容によいといわれるビタミンの一つです。カムカムはそんなビタミンCを豊富に含んでいます。普段の生活に取り入れることで、アンチエイジングや美白効果が期待できます。酸っぱさがありますが、スムージーやジュースに混ぜると摂取しやすくなります。

第3位 食前に食べるとダイエット効果にもなる小豆水

小豆には食物繊維、ポリフェノール、サポニン、カリウム、ビタミンB1などが含まれています

小豆には、たっぷりの「食物繊維」が含まれています。

食物繊維は便秘解消に役立ちますし、腹持ちが良いため、ダイエットにも役立ちます。「カリウム」もたくさん含まれているため、利尿作用があり、浮腫みを改善してくれる効果もあります。

このように、小豆には素晴らしいデトックス作用があるのです。

また、植物性タンパク質や糖の代謝を促してくれる「ビタミンB1」もたくさん含まれています。ビタミンB1は糖質の代謝にかかわるビタミンです。ビタミンB1が不足をすると糖をエネルギーにうまく変換できず疲れやすくなります。不足をすると口内炎や肌荒れを起こすこともあります。ダイエットや美肌のために欠かせない栄養素です。そのためビタミンB1はダイエットにももってこいです。

さらに、小豆には「ポリフェノール」がたっぷりと含まれています。その含有量は赤ワインにも匹敵するほどです。

ポリフェノールは、抗酸化作用が強く、アンチエイジング効果があります。老化の原因の一つが活性酸素です。活性酸素は細胞を酸化させて老化を進行させます。リンゴを切って放置しておくと茶色に変色をしますがこれが酸化です。ポリフェノールやサポニンには抗酸化作用があります。活性酸素を除去してアンチエイジング効果を発揮します。血流を促進する働きもあります。血行がよくなることで肌代謝が活発になったり、冷えが解消することが期待できます。

また「ナトリウム」の摂りすぎはむくみの原因です。カリウムには体内のナトリムの排泄を助ける作用があり、むくみの解消が期待できます。ポリフェノールやサポニンの働きにより血流がよくなり、体内の余分な水分が排泄されることでも、むくみの解消につながります。

このように、小豆にはデトックス効果やダイエット効果、そしてアンチエイジング効果など、素晴らしい健康・美容効果があるといえます。

近年、様々な食べ物を使ったダイエット方法が唱えられています。例えば、一つの食べ物をひたすら食べるといったものや、1食をその食べ物に置き換えるものもあれば、1日から数日の間、固形物をほとんど口にしないというファスティング等、方法は様々あります。しかし、1種類のものばかり食べると飽きてしまうし、置き換えダイエットは空腹感に耐えられそうにないし、何も食べないなんて更に食欲を増進させてしまいそうで、どれも難しそうに思えます。

しかし、そんな方に朗報です!

食べる量を一切減らさず、実践することの出来るダイエット方法があるのです。それは小豆水ダイエットといい、小豆を煮た汁を飲むというダイエット方法です。今回、小豆水ダイエットのやり方や、その効果について分かり易くご説明しましょう。

小豆水とは

小豆の成分を摂るには、豆を食べる方法と小豆水を飲む方法の2通りがあります。

豆を食べると食物繊維も摂ることができます。食物繊維はお通じ改善をサポートします。小豆ご飯やかぼちゃのサラダに混ぜたり、ハンバーグのかさまし、おやつなど、さまざまな活用方法があります。小豆を毎日食べることが大変な方でも、小豆水なら毎日手軽に小豆の成分を摂取できます。食物繊維は摂ることができませんが、ポリフェノール、サポニン、カリウムなど小豆水に溶け込んでいます。

小豆水ダイエットでは、小豆を煮出した汁「小豆水」を毎食前に飲みます。

小豆水には痩身効果があるだけでなく、美容にも良い効果を発揮します。

まず、小豆には”食物繊維”が多く含まれています。小豆を煮出した汁にもその食物繊維は溶け出ているので、小豆水を飲むだけで手軽に食物繊維を摂取することが出来ます。食物繊維によって整腸作用が促され、腸内環境が良くなり便秘改善が期待出来ます。

また、小豆には体の”老廃物を排出させる”効果のあるカリウムも多く、小豆水を飲むことでデトックス効果も期待出来るのです。このように体から不要な物を排出させることにより、浮腫みが取れたり脂肪が溜まるのを防いだりする効果が生まれ、痩せる体質に導いてくれるのです。

また、小豆には”ポリフェノール”の含有量も多いです。ポリフェノールを摂取すると、アンチエイジングや美肌に効果的と考えられており、痩せるだけでなく綺麗な肌も手に入れることが出来る、女性に嬉しいダイエット方法です。

小豆水ダイエットの正しいやり方、作り方

まず、小豆水の作り方からご説明しましょう。

小豆水は小豆を煮出して作ります。用意するものは小豆100g、水1500mlです。鍋に小豆と水を入れて火にかけ、沸騰をしたら弱火にして30分間煮出します。ザルなどで漉したらできあがりです。容器に移し替えて冷蔵庫で保管をしてください。

保温水筒を使って簡単に作ることもできます。用意するものは小豆50g、熱湯350~1000mlです。保温水筒に小豆と沸騰したばかりの熱湯を入れて、フタをして一晩(8時間以上)置きます。煮出した豆は食べることができます。

作り方をまとめると、

『乾燥小豆100グラムと1.5リットルの水を鍋で30分間煮ます。そして小豆と、小豆の煮汁「小豆水」を分けたら完成です!』

小豆水保存する時は、清潔な容器に移して冷蔵庫に入れましょう(いたみやすいので2日以内に飲み切りましょう)。小豆水は毎食前に飲み、小豆水を飲んでから30分以内に食事を取るとより効果的です。空腹時に飲むことでお腹が張り、食事量を抑えたり、小豆の栄養を効率的に摂取出来るといった効果があります。

私は、小豆水ダイエットを1ヵ月続け、2キロ痩せることが出来ました。小豆水を食事前に飲むだけで、これまでと食事量は変えずにやっていたので、初めは半信半疑でしたが、確かに便秘も無くなり浮腫みにくくもなりました。そして、1週間続けた頃には、毎朝快便になる程でした。小豆水を作って余った小豆の豆は、白いご飯と混ぜて赤飯風にしたり、スープやカレーに混ぜて食べていました。

小豆水ダイエットは食事量を変えなくても行うことが出来、ストレスが溜まりにくいダイエットといえます。通常のダイエットでは食事量を減らすことが多いので、栄養の偏りによる肌への影響等が気になりますが、小豆水ダイエットなら痩せるだけでなく、美しい肌やアンチエイジング効果も期待出来ます。小豆を煮るだけで出来る簡単なものなので、食事量を減らさずダイエットをしたいという方は是非試してみてください。

第2位 リコピン効果抜群!トマトジュース

トマト 痩せる

トマトには豊富なリコピンが含まれています。

リコピンとは?

リコピンとは、カロチノイドと呼ばれる天然色素の一つで赤色系の色素です。カロチノイド自体が‘悪玉酸素‘と呼ばれる「活性酸素」を消去する能力を持ちますが、中でもリコピンには高い消去能力があります。その高さは、人参やカボチャに含まれるβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。これがトマトが「抗酸化食品」とされる理由なんです。

トマト 時間

①リコピンは、成長ホルモンの分泌を促す

リコピンには成長ホルモンを活発にさせる効果があると言われています。

ドライいちじく 美容

成長ホルモンとは、肌の新陳代謝を活性化させ、肌のキメを整える働きがあります。入眠後3時間~4時間に質の良い睡眠を取れているか?栄養成分を十分に摂取しているか?どうかで分泌量が変化します。

成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間であり、特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。これまで22時〜2時と言われていたのは、昔の日本人は22時、23時頃に寝る生活スタイルをとっている人が多かったためです。実際、入眠から3〜4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることが分かっており、重要なのは寝付いてから3〜4時間にしっかり熟睡すること、そして成長ホルモンが分泌しやすい成分を取いることだと考えられるようになりました。

7時間~8時間の睡眠を取り、分泌量を増やす栄養成分を十分に摂取していることが、美肌や痩せやすい体作りに欠かせません。

またトマトにはリコピン以外にも、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カリウム

といった健康的な体作りに欠かせない成分がたくさん入っています。特にリコピンとビタミンCとビタミンEの組み合わせにより、アンチエイジングの相乗効果を抜群に発揮します!

②リコピンは、脂肪燃焼作用がある

ラクタシード ソープ 石鹸

リコピンには、代謝が良くなり脂肪燃焼を促す作用があると言われています。

京都大大学院農学部研究科グループによると、

トマトに含まれている成分(リノール酸の一種の「13―oxo―ODA」)が脂肪を燃焼させ、中性脂肪を分解してメタボリックシンドロームを改善することを発見したからです。実際にマウスによる実験を行ったところ、血中と肝臓の中性脂肪や血糖値も減少したことが確認された。

という研究結果が公表されました。しかしまだ人間での検証は行われていないため、現段階では100%真実とは断言できませんが、その可能性が高いのは事実のようです

③リコピンは、紫外線予防になる

紫外線 肌 老化 対策

リコピンにはカロテノイド色素と呼ばれる成分があり、日差しから身を守る作用を持つと言われています。つまりカロテノイドを多く含んだ食品を摂取すると、紫外線による耐性を上げることができます。トマトペーストをスプーン2、3杯飲むだけでも効果があるんだとか。

④リコピンは、血流改善や便秘解消をもたらす

精神 疲れた 時

リコピンは食物繊維を多く含んでおり、血中の悪玉コレステロールを減らしてくれます。

その結果、血液がサラサラになり、血のめぐりが良くなります。体内の血の流れが良くなると、くすみやシミ、シワが減減少します。

また食物繊維により便秘解消の働きもしてくれます。

このように夜にトマトを食べるとダイエット効果もあるし、肌が綺麗になる効果もあると言うことです。

夜にトマトを2個食べ続けるだけで痩せられる効果も!

トマト 効果

ダイエットに効果があると言われているリコピンの摂取量は1日にトマト2個分です。

トマトジュースであれば、330mlを飲むだけで良いです。

意外かもしれませんが、加工食品用のトマトの方がリコピンは多く含まれているということがカゴメの研究でわかっています。加工食品で使うトマトの方が赤が濃く、赤色にリコピンが多く含まれているからです。

また、リコピンを効果的に取り入れるためには過熱すると良いと言われています。トマトジュースを電子レンジでチンしたり、暖かいトマトスープを作ったりすることで、リコピンが体に染み渡りやすい形になるのでおすすめです。

沸騰したお湯にトマトをそのまま30秒~1分入れます。その後ジューサーに入るサイズにカットするだけで、トマトジュースの完成です!

第1位 人参ジュースの美容へのうれしい効果

「手軽に飲める人参ジュースもおすすめです!」

野菜ジュースは野菜不足の解消に役立つと注目されています。毎日健康や美容のために飲んでいる方もいるのではないでしょうか。

さまざまな野菜ジュースがありますが、美容にうれしい働きがあるものが人参ジュースです。市販の人参ジュースがありますが、家庭でも手軽に作って飲むことができます。

人参ジュースの栄養効果

人参ジュースの特徴はβカロテンを豊富に含んでいることです。

呼吸をしたときに摂取した酸素の2%ほどが活性酸素になり、紫外線、ストレス、喫煙、睡眠不足、食品添加物などの影響でも体内で活性酸素が発生をします。活性酸素は体をさびつかせて老化を進行させます。βカロテンには抗酸化作用があり、この活性酸素によるさびつきから守ってくれます。βカロテンを摂取することでアンチエイジング効果が期待できます。

またβカロテンは体内で必要菜だけビタミンAに変換されます。ビタミンAにはターンオーバーを促進する働きや、健康な粘膜を作る働きがあります。乾燥肌の改善も期待できます。

βカロテンはアトピー性皮膚炎の改善も期待できるといわれています。βカロテンを摂取することで肌の水分量が正常に保たれ、炎症細胞を抑えることでアトピー性皮膚炎の改善が期待できるのです。

人参ジュースの作り方や飲み方

βカロテンはジュースにすると吸収がよくなります。そして、生よりもゆでたものの方がβカロテンの吸収がよいです。しかし、加熱をすると酵素の活性はなくなります。

ジュースを作る場合には、ミキサーまたはジューサーを使用します。

ミキサーの場合は食物繊維を同時に摂取できます。食物繊維は大腸の働きを活発にしてお通じ改善をサポートします。ミキサーが回転するときには熱が発生をして、酵素の活性が失われることがあります。

ジューサーは野菜から汁を絞るものなので、食物繊維の大部分は取り除かれてしまいますが、繊維のドロッとした感じがなくなります。また、ミキサーの回転の熱による酵素やビタミンの損失を防ぐことができます。

市販の人参ジュースを活用してもよいです。砂糖やブドウ糖などの糖分が加えられていないものを選びましょう。人参だけで飲みにくい場合は、他の素材を加えることがおすすめです。リンゴを加えれば甘くなり、レモンやトマトを加えればさっぱりとします。

注意点!

βカロテンを大量に摂取すると手のひらが黄色っぽくなることがあります。柑皮症というのですが、健康に影響はないといわれています。

人参ジュースは美肌に役立つのですが、そればかり摂ることはやめましょう。栄養素が偏って体調不良や肌荒れなどのトラブルを招きます。人参ジュースだけで食事を済ませず、バランスよく食事を摂ってください。

人参ジュースにはβカロテンが豊富に含まれいて、美肌をサポートしてくれます。市販の人参ジュースを活用してもよいし、ミキサーやジューサーを使って家庭で作ることもできます。

<<楽天で一番人気で、口コミも1,000件以上!ヒルナンデスや王様のブランチで紹介された今年注目のジューサーです!>>

 


体内洗浄する野菜&果物ジュースクレンズもおすすめ!

毎日絶えず動いている体内の臓器は、疲れがたまるとその働きが低下します。睡眠不足や偏食、ストレスの影響で免疫力が落ちてしまい、本来のパワーが出せなくなるのです。ストレスを抱えると胃が痛くなったり、便秘や下痢を起こすことがありませんか?

その原因は、心身のストレスで、内臓に負担がかかっているサインです。

内臓トラブルを解決するためには、定期的に内臓を休ませてあげることで、これらの体調不良が改善されます。

少し前から話題になっているジュースクレンズとは、デトックス効果がある成分配合のジュースで臓器を休めることです。

食事の量を抑えて飲み続けることで、疲れた体を内側から活性化して、老廃物を出す効果があります。少し前はダイエット方法として注目を浴びましたが、体を休めてデトックスする方法としても効果的なのです。

クレンズ=体内洗浄という意味

クレンズジュースを飲むと、消化器官に負担をかけることなく、栄養素が体内で素早く吸収されます。食品添加物や香料などが入っていないため、安心して飲み続けることができます。主な栄養素は果物や野菜で、食物繊維やビタミンが豊富ですから、便秘を防ぐ効果が大きいのです。

また、クレンズジュースには、体内の毒素を流すカリウム成分が入っており、汗や尿で排出されやすくなります。
普段は吸収だけに偏っている内臓も、クレンズジュースを飲んでいる間は過剰な働きをすることなく、消化と排出にエネルギーを集中することができます。
吸収する栄養素を限定して、排出だけにパワーを使うことにより、余計な毒素を残さない体内洗浄ができるのです。

朝食代わりにクレンズジュースを飲むのがおすすめ!

寝ている間は内臓も休眠状態であり、朝起きた時から活動が始まります。1日のスタートをきる朝食の質を上げると、その日は胃や腸の働きもアップします。このメカニズムから考えると、クレンズジュースを飲むベストタイミングは朝食です。

パンやご飯などの固形物を食べるよりも、クレンズジュースを飲んだほうが消化が良くなり、胃もたれなども防げます。また、休日を利用して1~2日間程度、食事ではなくクレンズジュースを代用すると、疲れた内臓を休めてデトックス効果が上がります。

ジュースクレンズとは、カリウム成分を多く含んだジュースを飲んで、デトックスをすることです。食事の代わりにクレンズジュースを飲んでいると、次のような効果が期待できます。

  • 便秘解消
  • 汗をかきやすくなる
  • 活性酵素を抑えて老化を防ぐ
  • 美肌効果
  • 新陳代謝がよくなる
  • ダイエット効果がある

女性にとって嬉しい効果がたくさんあり、1日実践するだけでも、蓄積された毒素排出がスムーズになるので人気がある方法です。

普段は内臓の疲れに気づく機会は少なく、休めて回復させる大切さを理解している人は少ないです。でも、肌休めやプチ断食と同じように、内臓も定期的に休めなければ、思わぬ体調不良を招きます。カリウム成分を主としたクレンズジュースを飲み、体内浄化を心がけるようにしてください。

<<楽天の公式ショップ>>

 

<<Amazonの公式ショップ>>

スポンサーリンク