夏のおすすめカラーメイクは「オレンジ色」アイシャドウ、アイラインのアイメイク

メイク

この夏注目のオレンジメイク。夏らしくてジューシーで可愛いですよね。でも、一重さんは目が腫れぼったくみえる色なので、なかなか手を出せないという方が多い色でもあります。

そこで今回は、一重さんでも挑戦できるオレンジメイクを紹介します。

今回紹介するオレンジメイクによって、腫れぼったさがなくなるだけではなく、目が明るく、夏らしくみえて可愛くなります。そして流行にのることができ、お洒落さんに見えます。

①アイシャドウで取り入れる

オレンジメイク初心者さんは、オレンジをアイホール全体にのせたあと、ブラウンでグラデーションをつくるのがおすすめ!オレンジは肌馴染みのいい色なので、単色でも外国人風のメイクになりますよ。

また、アイシャドウを選ぶときは、立体感の出やすいパール入りを選ぶのがおすすめ!陰影をつけて印象的な目元をつくりましょう。

②下まぶたにオレンジ色のアイシャドウをのせる

一重さんは、上まぶたにアイシャドウをのせても、あまり色が見えません。そこで、思い切って下まぶたにのせましょう。

初心者さんは、目尻1/3にのせるだけでも顔が明るくなり、夏らしい印象になります。

カラーメイクに抵抗がない方は、涙袋に入れることがオススメです。ここで注意してほしいのは、暗いオレンジではなく、透け感やラメ感のあるオレンジ色を選ぶことです。

涙袋に入れることで、流行りの色素薄い系のフェイスになります。また、涙袋がぷっくりみえてでか目効果も期待できます。

新たにオレンジ色のアイシャドウを買うのが難しい方は、手持ちのオレンジチークで代用してもいいです。チークはラメがあまり入っていないものが多いので、上からラメだけを重ねると可愛く仕上がります。

②ラインとして使用する

今期はカラーアイライナーがいろいろなブランドから出ています。

目尻にオレンジ色のアイラインを足すだけで、印象が変わります。たれさせても可愛いですが、オススメは一度垂らしてから跳ねあげます。そのことで、夏らしいさわやかな印象になります。

また、アイライナーを新たに購入することに躊躇いがある方は、オレンジ色のアイシャドウを使用してもいいでしょう。その際は、ブラウンでアイラインを引いてから、その上をぼかすようにのせるとオレンジ色が目立ち、目が大きく見えます。

③目尻にだけいれる

上まぶた全体にオレンジをのせると腫れぼったく見えます。しかし、目尻にだけポイントで入れると、腫れぼったくならずに、デカ目効果が期待できます。この時使うオレンジは、ややブラウンよりの色味がオススメです。横のグラデーションになるように意識してのせてください。

ポイントは、上まぶた全体にオレンジをのせないこと。これを守るだけで、腫れぼったくなくオレンジ色を簡単に取り入れることができます。

④チークで取り入れる

チークはピンク系のものを使用している人が多いのではないでしょうか。これをオレンジに変えるだけで、ガラッと印象が変わるので、イメチェンにもおすすめなんです。

濃く入れすぎると不自然になってしまうので、目の下や頬骨上にふんわりとのせるようにしましょう。

⑤リップで取り入れる

夏であればリップもオレンジにチェンジするのがイマドキ!今年の夏はティントリップの人気上昇もあってか、マットで発色の良いものが定番になっています。

このようなオレンジリップを使う場合は、チークやアイメイクもオレンジ系で統一すると、違和感なく使うことができますね。

いかがでしたでしょうか。いままで嫌煙していたオレンジメイク。この夏はぜひ取り入れて爽やかにお洒落を楽しみましょう。

おすすめのオレンジメイク

元気に見えるオレンジメイク!

メイクでオレンジを取り入れるのは難しい…や、自分には合わない。と思っていて挑戦出来ていないという方も少なくはないカラーなのですが、日本人の肌には実はぴったりなカラーなので、挑戦してみてください。

日本人は、イエローベースが圧倒的に多いので大多数の人は実は似合うとか。なのでメイクの方法をまとめていきたいと思います。

ベースメイク

ベースは、ピンク系の化粧下地を仕込むのがいいです。血色感を出すことによってオレンジとの相性もよくなります。反対にブルー系だと浮く可能性があるので注意です。

ファンデーションは少し黄色みがあるファンデーションの方が相性がいいです。日本のファンデーションは黄色みが強いものが多いので、標準な肌色の方は良く合うと思います。

次に、眉毛。

眉マスカラで、少しオレンジがかったようなブラウンにするのがいいです。眉毛だけ真っ黒。だと統一感が出なくて浮いてしまうからです。少し太眉に書くのがおすすめ。

アイメイク

ここが一番肝心です

オレンジメイクの中でも印象が大きく変わるのが、このアイメイク。ベースには、ベージュ系のアイシャドウ。その上からオレンジ系のアイシャドウをのせていってください。

  • 上瞼には、濃いめのオレンジを。
  • 下瞼の目尻のほうには、薄めのオレンジを。
  • 涙袋は、ピンク、もしくはベージュ系のアイシャドウにすると綺麗に見えます。
マスカラ

マスカラは、明るめのブラウンを!ここで黒にしてしまうと浮いてしまうので、ブラウンが必須!アイライナーも、マスカラと同じ色もしくはマスカラよりも少し暗めのブラウンを。

これで、オレンジ系の垢抜けるアイメイクが完成します。

チーク

チークは、頬骨の上から外へ広げるように薄めのオレンジチーク。あまり濃くはのせずに、チークが塗っていることがわかる程度でぬります。

リップ

リップは、ティントタイプにすると今時の顔に出来ます。

ウォーターティントがおすすめ。グラデーションで広げるとおしゃれな雰囲気になります。

反対に、マット系にすると韓国系な今時になるので、好きなほうを選ぶのがいいですね!

元気なイメージに仕上げてくれて、すぐにおしゃれな今時顔になれるので、オレンジの挑戦をためらっている方も、ぜひ挑戦したいカラーです。

関連記事:

2018年カラーメイクの色はピンクとオレンジ!アイシャドウ、チーク、アイブロウ

2018.06.08

【疲れ顔や目のクマにおすすめのメイク方法】ファンデーション,アイシャドウ,チーク,リップのコツ

2018.05.22

大人30代40代女性におすすめの人気化粧品ブランド!プチプラアイシャドウ、マスカラ、アイライナー、ファンデ、リップ

2018.05.17

【デートにおすすめのプチプラ恋コスメ2018】アイシャドウ、グロス

2018.05.16

イエローベースのイエベさんにおすすめのプチプラアイシャドウ2018

2018.04.15

奥二重をぱっちり目にするメイク方法!アイシャドウとアイラインの色と引き方

2018.03.19

2018年春夏トレンドメイク「流行メイクの色や仕方・方法は?」流行りはメリハリ

2018.01.24

2018年20代に人気のプチプラクリームチークはこれ!ブランドと使い方

2018.01.19

2018年30代におすすめのチークはこれ!人気ブランドランキング

2018.01.19

紫色(パープルカラー)好きにおすすめ人気アイシャドウブランド2018

2018.01.18

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

2018.01.17

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

渡辺直美のアイシャドウ!ルナソルのスターシャワーアイズ人気色05の口コミ

2017.08.11

2018年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

2017.06.27

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2018年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

スポンサーリンク