夏のおすすめカラーメイクは「オレンジ色」アイシャドウ,アイラインのアイメイクとリップ

この夏注目のオレンジメイク。夏らしくてジューシーで可愛いですよね。でも、一重さんは目が腫れぼったくみえる色なので、なかなか手を出せないという方が多い色でもあります。

そこで今回は、一重さんでも挑戦できるオレンジメイクを紹介します。

今回紹介するオレンジメイクによって、腫れぼったさがなくなるだけではなく、目が明るく、夏らしくみえて可愛くなります。そして流行にのることができ、お洒落さんに見えます。

夏にピッタリのカラーメイクをしてみよう!

今年の夏メイクは、「オレンジ」カラーがトレンドです。アイシャドウをまぶたの上下に幅広くのせること、色は薄くではなく濃くがポイントです。

いつもはオレンジカラーなんて使ったことがないという方は、夏だからこそ挑戦してみませんか?熱い夏こそトレンドカラーを取り入れて、おしゃれを楽しみましょう。それでは、具体的な方法についてもご紹介していくので是非参考にしてみてくださいね。

オレンジベースメイク

そろそろ夏メイクに挑戦したいなと思っている女子の皆さん、今年の夏はどんなカラーがトレンドなの?どんな風にメイクしたらいいの?なんて気になる方も多いでしょう。

今年のトレンドカラーは、ずばり「テラコッタ」や「柿色」系のオレンジカラーがトレンドです。

ラメやメタリックなどの遊び心を取り入れた夏メイクはもちろん、下記で紹介する目元や口元の両方にオレンジカラーをプラスする全体的に明るいメイクがトレンドになります。

ここではまずは、オレンジカラーがしっかり映える「ベースメイク」を紹介します。ベースメイクが決まると、トレンドのオレンジが引き立ちます。いつものメイクをちょっと工夫してトレンド感満載の夏メイクを楽しみましょう。

まず今年は、カバー感のある「ハーフマット」肌がトレンドになります。

しっかりカバーしたハーフマットがトレンドですが、全てのファンデーションでカバーしようとするとどうしても厚塗り感が出てしまい、トレンドのハーフマット肌には仕上がりません。そこで下地の段階でくすみやニキビといった肌トラブルをカバーしておくことがポイントです。

今年のトレンドカラーでもある「紫」をベースにした透明感と明るさの両方が手に入るラベンダー系の化粧下地を取り入れると良いですね。色ムラはもちろん、お肌の凸凹を解消しておくと綺麗に仕上がります。

オレンジアイメイク(アイシャドウやアイライン)

①アイシャドウで取り入れる

そしてベースができたら、次はアイメイクです。

オレンジ系のアイシャドウを広めにぬって立体感を出していきましょう。今年は、オレンジカラーがトレンドなのですが、塗り方にもポイントがあります。眉毛の下とまぶたの間に少し間をあけることで、ぼやっとせず立体感のあるまぶたに仕上げることができます。どうしても腫れぼったさが気になる方は、大きめのラメが入ったものを選ぶことでより立体的に美しく仕上げることができるので、お気に入りのアイシャドウを見つけてみましょう。

オレンジ系のアイシャドウをつかう場合は、アイラインはひかずにマスカラだけで大丈夫です。

オレンジメイク初心者さんは、オレンジをアイホール全体にのせたあと、ブラウンでグラデーションをつくるのがおすすめ!オレンジは肌馴染みのいい色なので、単色でも外国人風のメイクになりますよ。

また、アイシャドウを選ぶときは、立体感の出やすいパール入りを選ぶのがおすすめ!陰影をつけて印象的な目元をつくりましょう。

口コミ

今年は、明るい「オレンジ」がトレンドです。基本的なメイクをしたら、最後の仕上げとしてまぶたの上下に幅広くのせていきます。アイシャドウ選びで迷ったら、大き目のグリッターやパールの入った質感のあるものを選ぶとマットな仕上がりになり今年のトレンドメイクになります。アイラインは、あまり太く引かずにごく細くまつげの間を埋める感じで引いていきましょう。

オレンジカラーは、かなり目立つ色というイメージがある方も多いのですが、実際につけてみるとそんなに目立つ色ではありません。目元全体を明るく華やかにしながらも、お顔全体のバランスを整えてくれるまさに夏のトレンドカラーです。ラメが入ったものを選ぶと、明るさが増すのでちょっと物足りないなといったときに少しだけまぶたにオンするだけで印象が変わります。

夏は、白シャツにデニムといったシンプルなスタイルにキラキラの夏メイクが映えます。ラメが入ったメイクをする時は、メイクを引き立たせるためにファッションはシンプルにまとめると素敵ですね。

②下まぶたにオレンジ色のアイシャドウをのせる

一番取り入れやすいのがカラーマスカラです。

取り入れ方は簡単です。通常の黒のマスカラを塗って、ビューラーをした後にカラーマスカラを塗るだけです。

まつげに色をつけるのでアイシャドウはあまり色がないものにするのがオススメです。

上まつげのマスカラをカラーマスカラに変えるだけでも十分なのですが

上まつげはブラウンやブラックにして、下まつげだけカラーマスカラにしてみる、目じりだけカラーマスカラを塗ってみるといった取り入れ方もとても可愛いです

ポイント!

一重さんは、上まぶたにアイシャドウをのせても、あまり色が見えません。そこで、思い切って下まぶたにのせましょう。

初心者さんは、目尻1/3にのせるだけでも顔が明るくなり、夏らしい印象になります。

カラーメイクに抵抗がない方は、涙袋に入れることがオススメです。ここで注意してほしいのは、暗いオレンジではなく、透け感やラメ感のあるオレンジ色を選ぶことです。

涙袋に入れることで、流行りの色素薄い系のフェイスになります。また、涙袋がぷっくりみえてでか目効果も期待できます。

新たにオレンジ色のアイシャドウを買うのが難しい方は、手持ちのオレンジチークで代用してもいいです。チークはラメがあまり入っていないものが多いので、上からラメだけを重ねると可愛く仕上がります。

●100円ショップのマスカラ

なんといっても安い!思っている以上に色が豊富!なのでまずどんな感じなのか試してみるにはピッタリです。全色購入しても1000円はいかないと思います。
ただし色がそこまではっきりとつかないので、何度も重ね塗りをする必要があり、ダマになってしまいがちです。

●アナスイのマスカラ

持っているだけで女子力が高まったのでは?という気持ちにさせてくれるアナスイのコスメですがカラーマスカラも期待を裏切ることなくとてもパッケージが可愛いです。黄・赤・ピンク・青・白の5色で、私はピンクを購入しました。あまり派手な原色カラーではないけれどしっかりピンクとわかる色がつくのでとても使いやすいです。

値段も2500円といわゆるデパコスにしては購入しやすいですね。

②ラインとして使用する

今期はカラーアイライナーがいろいろなブランドから出ています。

目尻にオレンジ色のアイラインを足すだけで、印象が変わります。たれさせても可愛いですが、オススメは一度垂らしてから跳ねあげます。そのことで、夏らしいさわやかな印象になります。

また、アイライナーを新たに購入することに躊躇いがある方は、オレンジ色のアイシャドウを使用してもいいでしょう。その際は、ブラウンでアイラインを引いてから、その上をぼかすようにのせるとオレンジ色が目立ち、目が大きく見えます。

③目尻にだけいれる

上まぶた全体にオレンジをのせると腫れぼったく見えます。しかし、目尻にだけポイントで入れると、腫れぼったくならずに、デカ目効果が期待できます。この時使うオレンジは、ややブラウンよりの色味がオススメです。横のグラデーションになるように意識してのせてください。

ポイントは、上まぶた全体にオレンジをのせないこと。これを守るだけで、腫れぼったくなくオレンジ色を簡単に取り入れることができます。

④チークで取り入れる

顔の血色をよく見せてくれるチークですが、こちらも色を変えるだけで雰囲気が全く変わるんです。

パウダーもいいのですが、カラーチークの場合にはクリームチークの方が肌とのなじみがいいです。

まず手に取り、頬にのせ、スポンジでポンポンという感覚で伸ばしていきます。クリームチークの方が落ちにくいというのも夏メイクにおいていい所です。

チークはピンク系のものを使用している人が多いのではないでしょうか。これをオレンジに変えるだけで、ガラッと印象が変わるので、イメチェンにもおすすめなんです。

自然なチークで引き算してバランスを整えましょう。目元と口元にポイントがあるので、チークは肌馴染みのよいオレンジ系のものを取り入れて軽くのせれば完成です。

濃く入れすぎると不自然になってしまうので、目の下や頬骨上にふんわりとのせるようにしましょう。

口コミ

チークもピンクよりはオレンジカラーがおすすめですが、お肌の色に合わせて選んでいきましょう。目元と口元にしっかり色を持ってきたときは、チークはあまり主張しすぎないカラーを選ぶのがポイントです。マットな質感と仕上がりを目指し、バランスをみて色を加えるようにするといいですね。

●キャンメイクのクリームチーク

コスパのいい化粧品といえばキャンメイクというイメージがあるほど、コスメ動画などでも使用されているコスメなのですが、やはりなんといってもコスパがいいです。580円でクリームチークが手に入ってしまいます。赤・オレンジ・ピンクのカラーになりますが発色も値段からすると非常にいいです。

●ADDICTIONのチークポリッシュ

最近様々な雑誌で取り上げられることの多いADDICTONですが、色が上品で使いやすいです。

茶系からオレンジ、赤、ピンク系まであるのですがどのカラーを使用しても上品な顔にしてくれます。また肌とのなじみが非常によく、濃いめの色でも肌から浮くことがありません。

⑤リップで取り入れる

夏であればリップもオレンジにチェンジするのがイマドキ!今年の夏はティントリップの人気上昇もあってか、マットで発色の良いものが定番になっています。このようなオレンジリップを使う場合は、チークやアイメイクもオレンジ系で統一すると、違和感なく使うことができますね。

もしくは、口元をマットに仕上げたい場合は、レッドリップでしっかり塗っていきます。目元にツヤ感のあるアイシャドウをとりいれたら、口元はマットなリップで引き締めましょう。今年は、赤色のリップの中でも黄色みのあるオレンジやレッドオレンジがトレンドです。そのまま塗るのではなく、リップ用の専用ブラシをつかって輪郭をしっかり描きはっきりと塗っていくのがポイントです。

口コミ

他にも、アイメイクを引き立たせる「リップ」も見ていきましょう。リップは、唇の輪郭をしっかりはっきりとさせることが今年のトレンドです。できればブラシなどで、輪郭をしっかり描いてから全体に色をのせていくとマットな仕上がりになりきれいに塗ることができます。輪郭がうまく描けないという方は、唇とお肌の境目にファンデーションを塗っておくことで発色がよくなり、唇の輪郭がはっきりしてきれいな唇を演出することができます。

オレンジのアイシャドウを引き立たせるためには、リップもくっきりとしたカラーを選ぶとメリハリがでて素敵です。リップの色は、真っ赤というよりは少しオレンジがかった黄色がかった赤を選ぶと今年風になります。今年は、アイシャドウだけでなくリップも黄色みがかった「赤」、どちらかというとオレンジよりもカラーが人気です。真っ赤だとどうしても気が引ける、挑戦しずらいといったイメージを持っている方も多いのですが、赤の中でも少し黄色が混ざったようなオレンジに近い色だと重たくならずに明るい印象に仕上がります。迷った時は、オレンジよりの赤を選ぶことが正解です。肌の色に合わせて色味を調整したり、濃く塗りすぎないように最後にティッシュオフしてあげるなど工夫してみてください。

ポイント!

カラーメイクをするにあたって気を付けることはただ一つです。

それは「色を取り入れすぎないこと」です。

目元、チークにカラーを入れるのであれば他は控えめにするということです。目元にも、頬にも、口元にもカラーを入れてしまうと顔の上で喧嘩をしてしまいます。

ぜひ自分に合うカラーで、夏カラーメイクを楽しんでみてくださいね。

以上、いかがでしたか?いままで嫌煙していたオレンジメイク。この夏はぜひ取り入れて爽やかにお洒落を楽しみましょう。

その他におすすめのオレンジメイク

太陽が照り付ける暑い夏、この暑さを吹き飛ばすような元気なメイクを楽しみたい!そんな方にお勧めしたい、オレンジメイクをご紹介します。

カラーメイクは髪色に似合わない色もたくさんありますが、オレンジメイクならそんな悩みも解決します。茶髪や黒髪の方でも似合うので、ぜひチャレンジしてみてください。

オレンジメイクは暖かみのあるカラーで、肌馴染みがよいので誰にでも似合う優秀なカラーです。ブラウンとも相性が良いので、組み合わせることでまぶたを明るく華やかにしてくれます。

元気に見えるオレンジメイク!

メイクでオレンジを取り入れるのは難しい…や、自分には合わない。と思っていて挑戦出来ていないという方も少なくはないカラーなのですが、日本人の肌には実はぴったりなカラーなので、挑戦してみてください。

日本人は、イエローベースが圧倒的に多いので大多数の人は実は似合うとか。なのでメイクの方法をまとめていきたいと思います。

ベースメイク

ベースは、ピンク系の化粧下地を仕込むのがいいです。血色感を出すことによってオレンジとの相性もよくなります。反対にブルー系だと浮く可能性があるので注意です。

ファンデーションは少し黄色みがあるファンデーションの方が相性がいいです。日本のファンデーションは黄色みが強いものが多いので、標準な肌色の方は良く合うと思います。

次に、眉毛。

眉マスカラで、少しオレンジがかったようなブラウンにするのがいいです。眉毛だけ真っ黒。だと統一感が出なくて浮いてしまうからです。少し太眉に書くのがおすすめ。

アイメイク

ここが一番肝心です

オレンジメイクの中でも印象が大きく変わるのが、このアイメイク。ベースにはベージュ系のアイシャドウ。その上からオレンジ系のアイシャドウをのせていってください。

  • 上瞼には、濃いめのオレンジを。
  • 下瞼の目尻のほうには、薄めのオレンジを。
  • 涙袋は、ピンク、もしくはベージュ系のアイシャドウにすると綺麗に見えます。

もちろん最初に紹介したアイシャドウのメイク方法もおすすめです!

→アイホール全体にオレンジのアイシャドウを広げ、ブラウンのアイシャドウを二重幅と下3分の1にのせてグラデーションを作ります。個性的なメイクがしたいという方は、下瞼全体にオレンジアイシャドウを使ってもお洒落に仕上がります。

アイラインとマスカラは髪色に合わせて、茶髪ならブラウン系、黒髪ならブラックにすると統一感がでてより自然な目元を演出できます。

マスカラ

マスカラは、明るめのブラウンがおすすめ!髪の毛が真っ暗な人でも大丈夫ですが、茶髪の人が黒にしてしまうと浮いてしまうので、ブラウンが必須!アイライナーも、マスカラと同じ色もしくはマスカラよりも少し暗めのブラウンを。

これで、オレンジ系の垢抜けるアイメイクが完成します。

チーク

チークは肌馴染みのいいオレンジを使用します。

チークは、頬骨の上から外へ広げるように薄めのオレンジチークをぬっていきます。あまり濃くはのせずに、チークが塗っていることがわかる程度でぬります。

大人っぽい印象にしたい場合は、頬骨の高い所から耳に向かって斜めにブラシを動かします。反対に、目の下に丸く入れるとガーリーで可愛らしい雰囲気になります。

リップ

リップは、ティントタイプにすると今時の顔に出来ます。

ウォーターティントがおすすめ。グラデーションで広げるとおしゃれな雰囲気になります。

反対に、マット系にすると韓国系な今時になるので、好きなほうを選ぶのがいいですね!

ティントタイプが嫌いな人は、オレンジ系のリップをのせて、グロスを中心に重ねるのもOKです。そうすることで自然な立体感がでてよりナチュラルになります。もう少し落ち着いた印象を出したいときは、ベージュ系のオレンジをお勧めします

まとめ

元気なイメージに仕上げてくれて、すぐにおしゃれな今時顔になれるので、オレンジの挑戦をためらっている方も、ぜひ挑戦したいカラーです。

私は奥二重なので、オレンジアイシャドウだけだと腫れぼったくみえてしまいます。なので、赤味のないゴールドのアイシャドウを仕込んでからオレンジをのせるとすっきりとした目元にすることができました。同じように、一重や奥二重の方はゴールドアイシャドウを仕込むことがポイントです。

カラーメイクは一見難しそうな印象を受けますが、日本人の肌に合った色味のオレンジは自然なかわいらしさを出すことができます。オレンジといっても落ち着いたベージュ系から赤系まで幅広い種類があるので、自分の好きな色味を見つけることができるでしょう。

今年の夏はオレンジメイクでヘルシーなおしゃれ顔を作ってみてはいかがですか?

オレンジリップ

コスメの色によって、人の印象やイメージは大きく変わります。いきいきした元気のあるイメージをまといたいなら、オレンジ色のコスメが役に立ちます。

オレンジ色はヘルシーな印象があり、派手すぎず元気のいい印象を作ってくれます。ピンクのかわいらしさとはまた違う魅力のある色です。ブラウンと同じように肌なじみがいいのに、華やかで明るい印象を持っているのがオレンジ色です。

疲れを感じさせない、元気のいい表情に見せたいときには、ぜひオレンジ色のメイクをしてみましょう。華やかさとナチュラルな印象が手に入ります。

オレンジ色のコスメの初心者さんには、クリアに発色するリップが手軽でおすすめです。唇のくすみをとばして、健康的なふっくら感がでます。

オレンジ色は、肌の色味がイエローベースの方には、すんなりとなじむ色ですね。クリアなオレンジ色から、ブラウン系のオレンジ色まで、似合う色が豊富にあります。

オレンジリップの選び方とメイクのコツ

リップで使うなら、コーラル系のオレンジリップがヘルシーでナチュラルな仕上がりになり、おすすめです。

  • イエローベースの肌の方なら、パッと鮮やかに発色するタイプやマットな質感のオレンジリップも似合いますよ。マットタイプでは唇の乾燥が心配、という人は先にリップクリームを塗ってからマットタイプのリップを使いましょう。
  • ブルーベースの肌の方が、オレンジ色をメイクで使うなら、できるだけ赤みがあるタイプがおすすめです。ピンク寄りのオレンジ色なら、色白のブルーベースの肌の方にもなじみやすいですよ。

また、ツヤや潤いを感じさせるシア―なタイプを選ぶことがおすすめです。ブルーベースの肌の方でも、浮かないオレンジ色の使い方をマスターすれば、メイクを楽しむことができますよ。

オレンジのリップを使うときのコツは、輪郭をとって色をのせることです。クリアな発色のオレンジリップは手軽に取り入れることができるけど、雑に塗るとイマイチの仕上がりになります。リップでまず輪郭をとってから、唇をしっかりとリップで塗りつぶすと、ツヤ感がある大人っぽい唇になることができます。

ちふれのオレンジリップ

初めての人におすすめのオレンジリップは、ちふれの口紅です。透明感があるので、唇にツヤと潤いを与えながら色を楽しむことができます。

418番はなじみのいいオレンジ色で、淡い色味を好む方におすすめです。

また421番は、赤みのあるコーラルオレンジで、華やかさのある、使いやすいオレンジ色です。

<<Amazon>>

レブロンのオレンジリップ

レブロンのクレヨンリップであるバームステイン40番は、鮮やかな色とツヤ感が特徴です。輪郭を簡単に取れるので、初心者さんも安心です。

<<Amazon>>

オレンジ色のコスメに限った話ではないのですが、色の使いすぎはかえって損になることがあります。大人の女性が目元に口もと、頬にまですべてのポイントに色を使うと、ちょっと子供っぽく見える恐れもあります。顔のなかで色を使うのは2色まで、と控えめにしておくと、抜け感やこなれたおしゃれ感を手に入れることができますよ。

オレンジ色のコスメを使えば、ぱっと明るい雰囲気となじみのいいおしゃれ感のあるメイクを楽しむことができますよ。いままであんまり使ったことがなくても、どこか1点にオレンジを取り入れてみるといいですね。

関連記事:

イエローベースのイエベさんにおすすめのプチプラアイシャドウ,リップ,チーク2019

2018.11.25

2019年春夏トレンドメイク「流行メイクの色や仕方・方法は?」流行りはメリハリ

2018.11.22

2019年カラーメイクの色はピンクとオレンジ!アイシャドウ、チーク、アイブロウ、リップ

2018.06.08

【疲れ顔や目のクマにおすすめのメイク方法】ファンデーション,アイシャドウ,チーク,リップのコツ

2018.05.22

大人30代40代女性におすすめの人気化粧品ブランド!プチプラアイシャドウ、マスカラ、アイライナー、ファンデ、リップ

2018.05.17

【デートにおすすめのプチプラ恋コスメ2019】アイシャドウ、グロス、リップ

2018.05.16

奥二重をぱっちり目にするメイク方法!アイシャドウとアイラインの色と引き方

2018.03.19

2019年20代に人気のプチプラクリームチークはこれ!ブランドと使い方

2018.01.19

2019年30代におすすめのチークはこれ!人気ブランドランキング

2018.01.19

紫色(パープルカラー)好きにおすすめ人気アイシャドウブランド2019

2018.01.18

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

2018.01.17

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

渡辺直美のアイシャドウ!ルナソルのスターシャワーアイズ人気色05の口コミ

2017.08.11

2019年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

2017.06.27

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2019年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

スポンサーリンク