奥二重をぱっちり目にするメイク方法!アイシャドウとアイラインの色と引き方

メイク

私は昔からぱっちり二重の方を見ると、可愛らしいな~、羨ましいな~という目で彼女たちを見ていました。

そんな私は生まれてからずっと奥二重で、写真なんかに写ると目が線のようになっているのがとても悩みでした。しかしメイクをするようになってからは目が大きいね、可愛い目だねと言われることが多くなり、メイクの力って本当に凄いんだなと実感しています。

今回は私のように目の細さで悩む女性に、目細工やアイプチを使わなくてもできる大きな目になるメイクを紹介していきたいと思います。

最近は、アイプチやアイテープなどたくさんの二重アイテムが出てきています。が!重たく分厚い奥二重では時間が経つと戻ってしまったり、近くで見ると二重アイテムを使用しているのが丸わかりになってしまうことが多々あります。

そこで、二重にせずともメイクで目を大きく見せる方法、また元の奥二重を活かして奥二重美人になる方法を教えたいと思います。好きな人がいる方はこのメイク方法で憧れの人に近づいてみてください。

奥二重のアイメイク

二重ほどはっきりしてはいないけど、一応目じりにかけては二重に見えるという奥二重。

ちょっとうらやましがられることもあるけれど、それなりにアイメイクで悩むという方はいませんか?

二重メイクや一重メイクの動画はたくさんあるのに、奥二重のメイクはそれより量が少ないかも。ここでは、私も実践している奥二重専用のメイク方法をご紹介していきます!

奥二重の悩みは、せっかくキレイにしたアイメイクがもろもろ「埋没」してしまうことではないでしょうか。

例えばアイライナー。

キレイに引いたのに、目を開けると二重幅と重なってほとんどみえなくなっていたという失敗も多いです。目を閉じるととても素敵なのですが、出来上がってから気づくパターンですね。

じゃあアイライナーなし!?というのも心もとない。

私のアイメイクはこれを回避できます。また、アイシャドウも埋没してしまうことはありませんか?

目をつむってアイシャドウを載せている時には良い感じなのに、やっぱり目を開くと「あれ!?どこいった!?」状態に・・・。奥二重のしわに合った方法でメイクをすれば、目元のキラキラが寝ている時だけになるということもありません。

①アイシャドウの色

まず、アイメイクでやってしまいがちな例えが、がっつり囲みライン、上まつげ、下まつげバッサバサ、濃いアイシャドウなどです。これらは全部忘れましょう。

アイシャドウですが、重たい奥二重の人は青とかの寒色系とよく聞きますが、結構けばくなります。体験談です。また、20代の方には寒色系はおすすめできません。おばさんっぽくも見えます。

そこでメイク初心者でも簡単なナチュラルなブラウン系を使用してみてください。グラデーションもいいですが、2色までにしましょう。

奥二重の人は目に近づくメイクほど、結局は隠れてしまうのが落ちです。一番明るい色をアイホールへ中間色のブラウンを元の二重幅より気持ち上の方に塗りましょう。

ここで注意ですが、鏡を何回もチェックし、少しずつ中間色を足していきましょう。

そして最後に目尻の3分の1に濃いブラウンを塗りましょう。目尻にのせるアイシャドウはチップがおすすめです。

この目尻のアイシャドウが結構重要です。

目を大きくさせるのも小さくさせるのもここです。濃いブラウンといっても黒に近いものはおすすめできません。逆に小さく見えます。

肌の色とアイシャドウがパキっとわかれてしまう部分は指などで馴染ませてください。

目が小さい、細いと感じる方におすすめしたいシャドウの色があります。

それば暗めのブラウン、ブラウン、明るいブラウンです。

でも明るさなんて人それぞれだし、どれを選んでいいかわかりませんよね。

例としておすすめしたいのは、キャンメイクのパーフェクトマルチアイズ・02アーバンキャメルという色を参考にシャドウを買ってみてほしいです↓

こちらは検索しても出てきますし、キャンメイクは薬局でもおいているお店が多いのでぜひ手に取って、このくらいの色か・・と確かめてみてくださいね。

そしてこんな感じのシャドウの中で一番明るい色をアイホール全体に塗ります。

そのあと次に明るい色を黒目の上部分だけにぬっていきます。このとき黒目の上の瞼にだけぬると、おかしな感じになるのですが後で伸ばせるのでそのままにしておきましょう。

そしてその次に暗い色を目尻の上の瞼にポンと置きます。ここら辺になってくるとかなり濃い色なので、少し手に付けて軽く押さえるだけで色が付きます。

そしてそのまま全体を指でなじませていきます。するとパッと見、目頭から目尻にかけて徐々に暗い色になっていっていると思います。それで正解です!

よくシャドウの暗い色で目を囲ってしまう方もいるのですが、実は目が細い、目が小さいと悩む方が目を暗い色で囲ってしまうと範囲を強調してしまうので余計に目が小さく見えてしまうんです

それに比べ、先ほどのように目尻の上の瞼に暗い色を置くことで、目尻はもう終わっているのに、まだ続きがあるような錯覚を起こさせ目が大きく見えます。

ポイント!

アイシャドウは、まず目を閉じて埋没してしまうエリアを探し、眉毛の下、埋没しない当たりの目尻側を中心につけたら、目を何回か開いてみてチェックをします。その後、ぼかすようにして瞼の上にも軽く付けます。これでグラデーションをするのもキレイでおすすめですよ。

②アイラインの引き方と色

そしてアイラインを引いていきます。

このアイラインも気を付けることがあって、それは引き方と色です。

引き方は目の上全体を引くのではなく、目じりと黒目の上だけに書いていきます。この時目の上だけに線を書くのではなく4ミリほど目からはみ出て書くようにしましょう。

そうすることで目を横に大きく見せる事ができます。

そして黒目の上だけ、ラインを書き足すことで目をクリっとした印象にすることができます。

次は色ですがアイラインの色って何色を使えばいいか分からないですよね。

おすすめなのは、瞳の色に合わせる事です。

よくブラウンの目の人が目を大きく見せるために黒いラインを入れているのですが、それは逆に目とラインの色が違うことで違和感をうみ、より目を強調させてしまうので自分の瞳にあった色を選ぶほうがいいです!

私は濃すぎないメイクが好きなので、こんな風にナチュラルに大きく見える目を作るようにしています。

私がよく参考にしている人がいて、それは渡辺直美さんです。

あの方は全体的に濃い色を使われているのですが、メイクのやり方は私が先ほど書いたものとほとんど一緒です。

あの方も化粧をしていないときは目が細く見えますが、メイクをばっちりすることで目が大きくなっていますよね。なのでメイクしているときに分からなくなった方は渡辺直美さんの写真などをみながらやってみるといいと思います!

ポイント!

アイライナーは、まつ毛の上に引くと奥二重では意味がなくなってしまいます。そのため、引くべきはズバリ「まつ毛とまつ毛の間」!引くというよりは、まつ毛とまつ毛の間を埋めていくというイメージですね。

全くアイライナーを引かないと目力がなくなってしまいますが、この方法なら非常にナチュラルで、しかし目力はある目元になります。

下まつ毛の間は個人的には埋めない方が感じが良いと思うのですが、引くのであれば目尻のみにしておくと良いでしょう。まつ毛の間をアイライナーで埋められたら、目尻では二重幅が広くなるので、垂れ目でも跳ね上げでも、好きなようにまつ毛の上にラインを引いてみましょう。

これで自然なアイライナーが完成です!

最初はまつ毛とまつ毛を埋めるようにするのは難しいと思ったのですが、毎日メイクをしている女性なら結構簡単にできるはずです。

私は今ではすっかりこのメイク方法が日常的になり、自分の奥二重が好きになりました。二重幅が消えないので一重に見えないですし、それを活かしたメイクができるのでナチュラルで評判も良いのです。もっとしっかりメイクしたい!という方には向かないかもしれませんが、ナチュラルメイクを目指すならおすすめしたいですね。

奥二重は、一重とも二重とも違うアイメイクの悩みを抱えています。その確たるもの、「埋没」回避方法はいかがでしたか?我流なので、ここから更に自分の目元に合う方法を開発してみてもらえるとより魅力的な目元になるでしょう。私も動画の真似から入ったので、そこから自分流にしていくのは効果的です。

他の方のアドバイスも参考になります。

アイラインはブラックでも茶色でもOKですが、落ちにくいものにしましょう。

奥二重の人は重なっている部分の瞼が擦れることでアイラインがとっても落ちやすいです。ペンシルでもこまめにお化粧直しができる方なら使用してみても大丈夫です。

まず、アイラインですが瞼には塗らず、目尻とまつげの隙間を埋めるよう描いてみてください。

目尻をナチュラルなブラウン、まつげの間ははっきりとブラックというように色をわけてナチュラルメイクをしても可愛いです。

ここでのポイントはまつ毛の間を埋めることです。奥二重の人は上にラインを描いてしまうとせっかくの奥二重がわかりにくくなり、一重に見えてしまいます。あくまでも奥二重を利用するので、瞼には載せないよう気を付けましょう。

③一重や奥二重の方でも目を丸く見せるメイク方法(アイシャドウとアイライン)

人の第一印象でお顔というのはやはり重要で、中でも目元は印象として大きく残ります。私は奥二重なのでぱっちり二重の方にはとてもうらやましさがあり憧れます。

どちらかというと一重や奥二重の方は少しお顔がきりっとつんとしたイメージが強いです。それに比べてぱっちり二重というだけで目元に優しさや甘さが出て特だなと感じます。

このような一重や奥二重の方が少しでもぱっちり二重の方が持つ柔らかな印象に近づけるように普段のメイクに工夫を付け足していくことが重要です。

このメイク方法がおすすめの理由

やはりぱっちり二重の方はもうその時点で目に力があるので、簡単でシンプルなメイクだとすっぴんメイクといったナチュラルさを持て、逆にラメや濃いシャドウを使えば目元がさらにぱっちりとしてお顔は十分に映えます。

ですが、一重や奥二重の方がぱっちり二重の方と同じようなメイクをしてしまうと目元を余計きつく見せてしまうことがあります。こういった方は普段のメイクに何点か工夫を付け足してくことできりっとした印象を柔らかくあたたかなかわいいイメージを持つことができます。

メイク方法

ずばり私個人の考えですが、一重や奥二重の方は顔全体に工夫を施すことで印象が変わってきます。

まず使用するベースの化粧品はマットタイプのものを選ぶと良いです。

はじめにお肌には青や緑の入ったカラーコントロールベースの下地を使うと肌に明るさや透明感がでてそれだけでもお肌がきれいに見えます。

アイシャドウ

そして一番重要なのは目元です。アイシャドウはラメがあるキラキラしたものを使用してしまうと目元が膨張したように余計きつく見えてしまいます。

アイシャドウにはマットタイプを使用し、塗る範囲も瞼全体には塗らずアイラインを引く部分にだけ塗っていきます。

アイライン

一重さん、奥二重さんは、目の縦幅が少ないのがお悩みですよね。

二重のりで二重を作って縦幅を出すこともできますが、二重のりの使い方も難しいもの。でもちょっとしたアイラインの使い方で、目の縦幅を出して、丸い目に見せることができますよ。

しかも1分で終わります!二重のりを使うよりも手早くできる!アイラインを入れるだけで、たった1分で丸い目を作りましょう。

用意するものは、アイライナーだけ!

  • はっきりとラインを入れたいときは、ブラウンのペンシル状ジェルアイライナーを使います。
  • ナチュラルに見せたいときは、二重ライン&涙袋ラインに使える薄ブラウンのアイライナーを使います。

使い方


下まぶたの黒目の下に、まつげの隙間を埋めるようにラインを入れます。

「下まぶたにもアイラインを入れると、顔がキツく見えない?」と不安かもしれませんが、ラインを引く長さが1〜2cmととっても短いので、大丈夫です!

ラインの長さが短いので、ゆっくりラインを引いても1分で終わる!まつげの隙間に点を描くようにラインを入れると、不自然にならずに仕上がりますよ!

ちょっとラインが太くなってしまったときは、綿棒でぼかしましょう!

黒いアイライナーは避けること

黒いアイライナーしか持っていないけど、代用できる?という疑問が湧いてきそうですよね。黒いアイライナーを使うのは、ちょっと避けましょう!

ここで黒いアイライナーを使ってしまうと、線引いてますよね?という感じが出過ぎてしまって、不自然な仕上がりになります。

黒のアイライナーには、目が小さく見えてしまうというがっかりする効果も…。

「黒い服には引き締め効果がある」って言いますよね。

実は目もとも同じ。黒いラインで目を囲むと、逆に目が小さく見えてしまうんです。黒ではなくブラウンのアイライナーを使うことで、目を大きく見せましょう!

ちょっとオシャレにしたいときは、カラーアイライナーを使いましょう!線を引く範囲が狭いので、カラーアイライナーに抵抗がある方でも気軽に使えますよ!濃いめのピンクやボルドーなど、ちょっと奇抜な色にもチャレンジしやすい!

二重のりを使っている方は、目がぱっちりと開くので、上側には目を大きく見せることができていますよね。下まぶたにラインを入れると、下側にも目を大きく見せることができちゃいますよ。

上下どちらにも目を拡大できると、最大限に目を大きく見せることができますよ♡二重のりを使っているよ!というあなたも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

目を大きく見せるためには、下まぶたにも注目してメイクすることがとっても大事!!下まぶたにもちょんちょんとラインを入れるだけで、あなたの目はさらに大きくなりますよ。

たった1分で終わるアイラインを入れて、パッチリ目に見せちゃいましょう!

ポイント

前述したように、アイラインは黒よりかは茶色を使うと柔らかいイメージになります。線を引くという感じではなくまつげの間を埋める感じで薄く引いていくのがポイントです。これだけでやわらかいイメージがだいぶついてきます。

私もメイク初心者の頃は何も知識がなく、アイシャドウはラメがたくさん入ったものを瞼全体に塗りアイラインも黒で太く引いていました。

それが一番ぱっちり二重に近づくのではと勝手に考えていたからです。

ですが、ある時ぱっちり二重の友人とツーショット写真を撮りそれを見たときにはじめて間違ったメイクをしていると気づきました。目元がとても腫れぼったく見えていたのです

そこからネットで一重や奥二重タイプの目元メイクを個人で勉強しました。そこで至ったのがパーツごとに工夫を施していくことです。

チークも血色の良いマットタイプをにっこり笑ったときに盛り上がる部分に塗るだけでアクセントがでます。また全体的にマット感を出しすぎたなと思う時はプルプル感がでるリップを塗ると愛嬌が増します。

最後にまつ毛ですが、ビューラーで上まつ毛をあげすぎるのは注意が必要です。腫れぼったい場合は上瞼にマスカラがつきやすくなります。

また、マスカラはボリュームよりもロングのものを使用がオススメです。下まつ毛はぜったいにマスカラをしましょう。上まつ毛がナチュラルな分、下まつ毛は目尻の方はしっかりと塗ります。メイク上級者は涙袋や切開ラインなどを試すのもオススメです。

これらをすることで写真映りがよくなり、不自然な二重やケバいメイクに見られないため、話しかけやすい印象を与えます。ポイントは下瞼へのアイシャドウ、アイラインでまつ毛の隙間を埋める、下まつ毛にもマスカラです。初心者の方でもやりやすいメイク方法です。

比べてしまうわけではないですが、目元はやはり人それぞれです。自分の目のタイプを少しでも把握することで使用する化粧品も変わりますし、いまお伝えした工夫を施すだけでメイクの映え方が見違えてきますのでぜひお試し下さい。

アイメイク関連記事:

一重がつけまつげ、つけまのり、ファイバーで二重になるおすすめ方法とやり方

2018.02.07

【目力を強くするアイメイク方法】薄づきなのに目ヂカラメイク

2018.02.07

目元を大きく可愛く印象を変える!チェンジできるアイメイクの方法(やり方,仕方)

2017.08.09

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2019年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

スポンサーリンク