妊婦さん必見!妊娠中の貧血,目まい,口内炎,つわり,流産,障害の軽減、改善、対策方法

妊娠さんには特に必要不可欠と言われる「葉酸」。

葉酸とは?

妊娠を望む女性や妊娠した女性が摂ると望ましいと言われている葉酸について、皆さんはご存知でしょうか。

葉酸はほうれん草などに多く含まれるビタミンBの一種です。

妊婦さんにとって特に必要と言われている葉酸について、ご紹介したいと思います。

自分のためでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも!葉酸の効果

%e5%a6%8a%e5%a8%a0

赤血球は血液の成分ですが、赤血球が不足してくると体内に酸素が供給されず、エネルギー不足の状態に陥ります。しかし、葉酸は血液中の赤血球を作るので、葉酸が足りていると、貧血を防ぎ、目眩や立ちくらみを軽減してくれます。

また、細胞を再生する働きがある葉酸は、例えば口内炎のような粘膜に出来る炎症を治りやすくしてくれます。

妊娠を望んでいる女性にとっては、妊娠した時に赤ちゃんにも栄養が行き渡るように、葉酸を摂ることが厚生労働省でも推奨されています

葉酸はダウン症のリスクを軽減すると言われています。ダウン症は染色体の異常によって起こるとも言われていますが、葉酸が足りていると、染色体の異常も起きにくくなります。

胎児の先天性異常の一種である、二分脊椎や無脳症といった神経管閉鎖障害の発症のリスクを軽減する効果もあると言われています。元気な赤ちゃんを産む為には葉酸が必要なのです。

葉酸には妊娠してから起こるつわりを軽減してくれます。つわりは交感神経と副交換神経のバランスをが崩れることで起きますが、葉酸はバランスを整えてくれます。

不妊に悩む女性にとっては、不妊の原因になる排卵障害の改善にも葉酸が役立つと言われています。卵胞の発育を良くする葉酸は、黄体ホルモンの分泌を良くします。また、元気な卵巣機能は豊富な血縁で満たされています。葉酸を摂る事で、排卵リズムも整いますし、着床しやすくなり、流産が減ると言われています。 葉酸は妊娠しやすい体を作ります。

妊娠後も葉酸不足になると、子宮の回復が遅れ、母乳が出にくくなったりします。産後の抜け毛も減らすなど、妊娠後は妊婦さんの体を元気な状態に戻してくれます。

葉酸はどのように摂ると効果があるのか?

%e5%a6%8a%e5%a9%a6

葉酸は水に溶けやすい水溶性の栄養素なので、毎日摂らないと尿と一緒に流れていってしまいます。

特に妊婦さんには摂らなくてはいけない時期があり、厚生労働省によると、妊娠4週前から妊娠12週までを推奨しています。

妊娠した時に葉酸が足りている状態であれば、お腹の中の赤ちゃんにも栄養が行き渡ります。

神経管閉鎖障害のリスクを減らす為には、神経管が発達する妊娠3週頃に、葉酸を十分に摂取しておく必要があります。妊娠に気付いていなかったとしても、妊娠がわかった時点で葉酸を摂取すると良いでしょう。

妊娠4週目に入ると細胞が発達してくるので、胎児の脳や脊髄が成長してきます。細胞分裂を助ける葉酸は、脳や脊髄の奇形を減らす効果もあると言われます。妊娠3ヶ月までが特に葉酸の必要な時期となりますが、4ヶ月目以降も摂り続けると、葉酸不足で細胞分裂が遅れて胎児が低体重になるのを防いだり、血液の不足による悪性貧血も起きにくくなります。

体験談や口コミ、その他ポイント

%e8%91%89%e9%85%b8%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87

厚生労働省では妊娠前、妊娠初期には1日に400μg(0.4mg/日)の葉酸を摂るよう推奨しています。

主に葉酸が多く含まれる野菜にはホウレンソウやブロッコリー、かぼちゃなどがあり、フルーツではイチゴやマンゴーに多く含まれます。サプリで補う場合は摂りすぎに注意し、容量を守って飲むようにします。

葉酸は毎日摂らないと、体の外に出ていってしまいますが、不足すると様々な影響がもたらされます。特に妊婦さんや不妊に悩んでいる女性には必要不可欠な栄養素なので、赤ちゃんの為にもしっかり葉酸を摂り、妊娠の準備をしておきたいですね。

楽天不動の第1位!AFC葉酸サプリがおすすめ!

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa

効果が証明された厚生労働省推奨の葉酸を使用してます。その中で最も吸収率が良い葉酸のみを使用しています。

%e8%91%89%e9%85%b8%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

また多くの女性の声を元にパッケージングを完成されました。

「手軽さ&安心」

この2つを満足させる葉酸サプリです。

詳細は以下楽天サイトからご確認ください↓

 

スポンサーリンク