学校や仕事(職場やオフィス)で昼寝や仮眠をすると作業効率が上がる理由

昼寝と聞くと小さな子供だけに必要なものだと思っていないでしょうか。最近では、大人においても、昼寝は非常に大切だと言われるようになっています。実際、そんな昼寝の重要性を考え、ある進学校では昼食後、昼寝の時間を設けている高校もあり、どんどん普及しつつある大人の昼寝の時間なのです。

昼寝をする事で得られる効果

では、大人が昼寝をする事でどんな効果を得る事ができるのかと言うと、第一に午後からの勉強や仕事がはかどることが一番に挙げられます。多くの人が経験したことのある午後からの睡魔。そんな睡魔と闘いながら仕事をしていても、効率が良い事などありません。

しかし、昼寝の時間を取る事で、そんな睡魔も感じることなく、午後からの仕事も集中して取り組んでいく事ができると言われているのです。

その他、昼寝する事でストレスホルモンが低下しストレスの軽減につなげる事ができると言われています。また、心臓疾患にかかるリスクが軽減するなど体にとっていいことづくしの昼寝だと言えるのです。

昼寝の時間や方法

昼寝の時間が大切だからと言って、むやみに昼寝の時間を確保しても意味はありません。昼寝には正しい昼寝の仕方と言うものがあります。それが「時間」です。昼寝の場合、長く眠れば良いと言うわけではありません。

昼寝には適切な時間があり、それは”15分から20分の間”。そのため、お昼休みや昼食後に、この15分から20分の時間で昼寝をすることをおすすめします。

15分から20分の昼寝で良いの?と思う方もいるかも知れませんが、昼寝の場合、夜寝る8時間ほどの睡眠と同じ効果を得られるとも言われており、十分な時間と言えるのです。

<<快適な昼寝に必要なポイント!>>

15分から20分ほどの昼寝が大切だと言う事がわかっても、実際、オフィスでどのように昼寝すれば良いのか困ると言った人には、昼寝専用の枕がお勧めです。昼寝の時間が重要視されている事によって、様々な昼寝グッズが販売されています。

そのため、そんな昼寝グッズの中から自分にあったものを選ぶ事をおすすめします↓

その他、昼寝から快適に起きる方法として、昼食後、ブラックコーヒーを飲んでから眠る事をお勧めします。ブラックコーヒーなんて飲んだら眠れない!と思う人もいるかと思いますが、カフェインの効果が出るのは、飲んでから20分後と言われています。その為、昼寝から目覚める時間にちょうど、カフェインが効き始め、スッキリと目覚める事が可能になります。

たかが昼寝と思っていては、午後の生活において損をしているかも知れません。昼寝の時間を削って仕事をするよりも、20分間の昼寝の時間を確保した方が、午後からの仕事効率は驚くほどアップします。20分なら、どれだけ忙しい人でも確保する事ができる時間ではないでしょうか。

そのため、午後からの効率アップ。そして、健康維持の為にも、是非、昼寝の時間を確保し、素敵な午後を過ごしてほしいと思います。

スポンサーリンク