安いのに効果抜群!人気でプチプラのボディスクラブランキング2019

ボディスクラブを始めようかと思っているけど、どのメーカーの物が良いのか分からない。

ボディスクラブの効果や正しいやり方、種類を知りたい。

等の疑問を持っている人に向けて、ここでは様々なボディスクラブの種類や、人気でプチプラのメーカー、使い方を紹介します。

安いのに効果抜群!人気でプチプラのボディスクラブランキング2019

二つの人気ボディスクラブを実際に使用した筆者が比較して、どんなユーザーにどっちがオススメなのかを提案しようと思います!

まず商品の詳細です。

SABON

一つ目はイスラエル発のボディケアブランド「SABON」のボディスクラブです。コロンとした透明の瓶にビンテージ風のラベルが可愛い、超有名なあのスクラブです。プレゼントにもらったことがある方もいるのではないでしょうか。かくいう私も初SABONスクラブはプレゼントでもらったことがきっかけでした。

Oh!Baby

二つ目は有名コスメレビューサイトで殿堂入りを果たしたこともある、「ハウスオブローゼ」のボディスムーザー「Oh!Baby」です。コーラルピンクに白地の文字のシンプルパッケージは、バラエティショップなどでもよく見かけますよね。

この二つの商品、どちらも知ってはいるけど……何が違うの?どっちがいいの?

以下で徹底検証していきます!

まずは、一番大切といっても過言ではない「値段」!公式サイトによると、

  • SABONは600g入りが5500円、320g入りが3400円です。
  • Oh!Babyは570g入り(通常サイズ)が2160円、350g入りが1620円です。

早速値段が大きく違いますね。SABONはOh! Babyの二倍ほどの値段と、お高めですね。

次に、「香りのラインナップ」ですが、SABONは600gサイズだと常時9種類の香りが用意されていて多彩!好きな香りを探す楽しみもありますね。一方Oh! Babyは無香料の定番商品に加えて、季節によって数種類の香りがあります。

次は実際に使ってみての「使用感」はどうなのか。SABONの方は「ソルトスクラブ」なので塩で肌を撫でる感覚になります。濡れた肌に直接スクラブを乗せてOK。しかし塩なので少し肌への刺激が強いと感じる人もいるかもしれません。特にムダ毛処理後にすぐ使うと染みてしまう人も・・。

一方Oh!Babyの方は、お湯で少し練ってから使うタイプです。スクラブ自体がSABONのより粒子が細かくて優しい肌あたりです。

では、スクラブとしての「機能」はどうなのでしょうか?ここからは個人的な感想になりますが、SABONのスクラブは「つるつるでふわふわ肌」、Oh!Babyは「キュッキュッ、サラサラ肌」です。SABONのスクラブはとにかく洗い流した後のつるつる感としっとり感が凄まじく、そのあとに保湿をすればふわふわとした肌になれます。Oh!Babyは洗い流した後肌を触るとキュッキュッとしたつるっと感で、さっぱりしたお肌になれます。そのあとに保湿をすると、自然なサラサラ肌に。

最後に、「香りの持続性」ですが、SABONは夜に使うと翌日の昼、夕方ごろまで香りが続きます。Oh!Babyは翌朝にはもうあまり感じられなくなっています。

今まで見てきた項目をわかりやすくするとこうなります。

  • 安い:Oh!Baby
  • 香りの種類が豊富、持続性が高い:SABON
  • 肌に優しい:Oh!Baby
  • 使用後の肌:つるつるふわふわ肌ならSABON、自然なサラサラ肌ならOh!Baby

それぞれに良い点がありますね!少し高くても香りを楽しみたい、完璧なつるふわ肌になりたい、水で練って使うのは面倒という人にはSABONをお勧めします。そこそこのお値段がいい、甘い香りが苦手、肌に優しい使い心地がいい、という人にはOh!Babyをお勧めします。

みなさん、いかがだったでしょうか。これから夏にかけて肌の露出も増え、ボディスクラブの出番も増えるのではないでしょうか。自分好みのスクラブを見つけて快適なスキンケアライフをお過ごしください。

手作りボディスクラブもおすすめ!

私はずっと愛用してきたボディスクラブ、ピーリンングジェル、ヘアオイルやトリートメントなどがあったのですが、海外に住んでいるということもあり、お気に入りの日本の商品がきれてしまった時に簡単に同じ商品が手に入りません。

手に入ったとしても2、3倍の値段での購入になるので、諦めて海外の商品を買ったりもするのですが、肌に合わなかったり、気にいるものでなかったりと、ぴったりの物を見つけるのが難しく試行錯誤していました。そんな時にふと自分で手作りしたらどうかという考えが思い浮かび、手作りスキンケア用品を自分自身で作り始めたのがきっかけでした。手作りだと年代問わず、また敏感な肌の方でも使っていただけるのが大きな特徴です。

最初は大変簡単な「塩スクラブ」から始めました。

ボディスクラブの代わりに塩、しかも「伯方の塩」を使用するというものです。塩だけなので無添加中の無添加です。身体を洗い流した後、塩だけを手につかみ身体と顔に優しくマッサージしていきます。ある程度マッサージしたらあとは洗い流します。塩のミネラルがスッキリそして何とも言えないほどすべすべな肌に変えてくれます。

人生初めての伯方の塩スクラブは衝撃的でした。1キロ数百円の塩で肌がみるみるすべすべになり、その日から伯方の塩スクラブの虜です。通常ボディスクラブは高価なものが多いので、かなりコスパの節約になりました。

どこにでも塩は売っているので、旅行先でも小さいパックを百円程度で買えば、身体も顔もスッキリさせられるという便利さです。現地で買えばいいので荷物もかさばりません。私は色々なお塩を試してみましたが、肌のすべすべ感、使用感等を考えて、やはり伯方の塩がナンバーワンです。伯方の塩でなくとも、粗塩であればすべすべの肌が実感しやすいです。食卓に使うような食塩はサラサラしすぎで使いにくく、すべすべ感もあまり出ないのでこちらはオススメしません。おそらくミネラルの含有量の問題だと思います。

手作りスキンケアコスメのアレンジ方法

伯方の塩スクラブを続けて3年が経ちます。最近では乾燥する冬が近づくと塩スクラブに少しアレンジを加えて「はちみつ塩スクラブ」を作っています。伯方の塩とはちみつを混ぜるだけです。割合は1:1です。はちみつの保湿力でさらに肌がしっとりします。またはちみつには殺菌効果があるので、ニキビなどにも効果があります。はちみつの自然の香りも優しくて癒されます。こちらも無添加です。

時々アレンジを加えて、「塩+オリーブオイル」「塩+アロマオイル」「塩+ココナッツオイル」などの組み合わせも楽しみます。とにかく家にあるもので簡単にできること、コスパが非常にいいこと、無添加で肌に優しく信頼できることなど、メリットがたくさんです。

ボディスクラブのみならず、塩を抜いて、例えば「はちみつのみ」「はちみつ+オリーブオイル」「市販の洗顔+はちみつ」、「市販のトリートメント+はちみつ」でフェイスパックや洗顔、ヘアパックをしたりなどアレンジは無限大です。

同じ材料を使って作れるので大変効率的ですし、どの組み合わせで作るかを考えるのも非常に楽しいです。何よりも、肌も髪も大変状態が良くなるので、高い商品を買う前に一度試してほしいです。百均などで可愛い瓶や容器を買うとさらに楽しくなります。

肌が繊細すぎる方は塩の代わりにブラウンシュガーを使用するといいです。ブラウンシュガーだと塩よりも質感が優しく、保湿力がさらに高くなります。香りが欲しい方はアロマオイルを数滴加えるだけでさらに

年代問わず、複雑なこともなく、誰でも本当に簡単に作れるスキンケアコスメです。自分のお気に入りの組み合わせや香りを探してみてください。また敏感肌で悩んでおられる方は、市販のものに頼らず、原点に戻ってこういったナチュラルな素材のスキンケアを楽しんでみてください。

第6位 ホワイトコンクのボディゴマージュCⅡ

ホワイトコンクというグレープフルーツの香りのする美白ボディケアです。

お値段的にも1000円台なので気軽にトライできます。

私はボディソープは薔薇の香りのものを愛用していますがボディスクラブはこの美白ボディスクラブを使っています。ボディスクラブを使って体のマッサージも簡単にしていますが、とてもリラックス効果があります。

これでスリム効果と美白も兼ねて効果が出るとなんだかすごく得した気分になります。

色々試してみましたが、スクラブの効果はやはり肌透明感を出すには最適です!

<<Amazon>>

第5位 MAPUTIのオーガニックフレグランスクッションスクラブ

肌がざらざらしている、くすみが気になる、化粧のノリが悪い、化粧水の入りが悪い。こんな悩みを感じているならスクラブで古い角質をケアしてみてはどうですか。

「MAPUTIのオーガニックフレグランスクッションスクラブ」は、ふわふわなクリーム感覚でのスクラブです。顔にも体にも使えて、定期的に使うことでもっちり白肌に。

4つのおすすめポイント

①ふわふわ使用感

一般的なスクラブはザラザラ・つぶつぶしたものが入っていて、肌をゴリゴリ削って傷つける心配があります。オーガニックフレグランスクッションスクラブ MAPUTIは一般的なスクラブと違い、ふわふわな使用感です。クリームを塗るような感覚で使えて、つるっともちっと明るい肌に整えます。

②もちスベ成分配合

使用後にもっちりスベスベな肌に近づく秘密は、もちスベ成分を配合しているからです。

もっちりサポート成分。

  • シアバターは、シアの木の実から採れる植物油で高い保湿力が特徴です。
  • ザラメエキスは、肌の潤いを守っている細胞間脂質を構成するセラミドや、天然保湿因子の原料になるフィラグリンをサポートする保湿成分です。
  • サクシノイルアテロコラーゲンは、フカヒレから抽出される海洋性コラーゲンで、体内に存在するコラーゲンと同じ三重らせん構造をしています。

スベスベサポート成分。

  • 死海の塩は、ミネラルを多く含むピーリング剤です。
  • マリンシルトは、吸着力に優れた泥です。
  • マンナン・トウモロコシ・アンズは、不要な角質をオフする天然由来のスクラブです。
③天然由来成分配合

ユズ果実エキス、水溶性プロテオグリカン、ユキノシタエキスなど、20種類以上もの天然由来成分をリッチに配合。潤いや透明感をサポートして、洗いあがりはもちもちしっとりに。

④5つの無添加&弱酸性

紫外線、シリコン、サルフェート、シリコン、合成着色料といった肌に刺激を感じやすい5つの成分が無添加、弱酸性です。

使い方

濡れた顔や体に厚さ1mm程度に塗り広げてマッサージをします。30秒から1分パックをしたら洗い流します。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 使用感が一般的なスクラブとは違ってふわっふわです。ふわっふわのスクラブというだけでも感動したのに、さらに天然由来成分が豊富に配合されているところもうれしいです。そして使い方が楽です。敏感肌な私でも使えた感動もののスクラブでした。
  • スクラブは嫌な臭いがしたり、使っているときにヒリヒリしたりすることあるけれど、これはそういったことがありませんでした。フタを開けた瞬間によい香りがするんです。この香りなら顔にも使いやすく感じました。そして、洗いあがりがこれまで感じたことがなうようなしっとりに。スキンケアをした後ような仕上がりに感動しました。

スクラブはザラザラして苦手に感じていませんか。肌がヒリヒリしたり、肌を傷めつけている感じがありますよね。

でも、オーガニックフレグランスクッションスクラブは、これまでなかったようなふわっふわのスクラブです。クリームのように使いやすくなっています。ざらつきやくすみが気になるときにはスクラブで古い角質をケアして、つるつる明るい肌を目指しませんか。

<<Amazon>>

第4位 ダイアンボタニカルのボディスクラブディープモイスト

顔だけではなく身体全体の肌も明るいすべすべ状態に保ちたい女性におすすめです。

顔のスキンケアには大いに力を入れている女性はたくさんいます。洗顔や保湿ケアに力を入れるのはもちろん、古い角質を落としてくすみ予防をしたり保湿ケア成分がよりよく浸透するようにしたりすることはもちろん効果的です。

しかしながら顔より下にある身体全体の肌のケアもたまには同じように行ってあげることも大事なのです。摩擦や紫外線、加齢と共に老化していくのは身体全体の肌も同じです。そして肘や膝など、床やテーブルに着いたりする部分の黒ずみや色素沈着にも注意する必要があります。

そのためには週に一度、或いは自分で決めた頻度で良いので身体全体にスクラブを使ってあげて古い角質をオフして、少しでも黒ずみやくすみ、色素沈着などを防いであげることが大事になってくるものです。そのためにお勧めなのがダイアンボタニカルから出ている「ボディスクラブディープモイスト 」です。

ダイアンボタニカルから出ている「ボディスクラブディープモイスト 」ですが、ホイップシアバターとシュガーが配合されている、保湿成分たっぷりの優し目のボディ用スクラブです。保湿成分としてはシア脂と植物オイルをホイップして作り上げたシアバター、そして黒砂糖も配合されています。そして洗浄成分としては杏子の種が配合されています。ちなみに保湿成分の中にはローズマリーエキス、ラベンダーエキス、タイムエキスなどを含む10種類ものオーガニックボタニカルエキスが配合されています。

マイルドで細かいスクラブで肌を傷付けずに優しく角質オフし、しっかりと保湿もしてくれるありがたいボディスクラブです。これで身体全体の肌の余分な角質をオフし、肌のターンオーバーを促進して黒ずみや色素沈着も予防及び改善し、すべすべの明るい肌を目指すことができます。

ダイアンボタニカルの「ボディスクラブ ディープモイスト 」はドラッグストアや化粧品が売っている雑貨屋さんで店頭に並んでいることもありますが、見当たらない場合は楽天やアマゾンなどの通販サイトでも購入可能です。現在アマゾンで160グラム入りのものを購入した場合の値段が983円です。値段にしては量は非常に多いとは言えませんが、週に一度、あるいは月に一度など、毎日使うものではないことを考えるとそこまで高くはありません。

使用法ですが、身体を石鹸などで軽く洗った後に使用することがおすすめです。

まずは肘や膝など黒ずみがちな部分に適量塗り、両手で円を描くようにクルクルとスクラブを肌に馴染ませるようにします。そこから脛や腕などの他の部位にもスクラブを伸ばして同じように馴染ませ、ぬるま湯で洗い流します。週に一度など、自分の肌の状態に合った頻度で使用しましょう。毎日は肌への刺激が強すぎるので週一は超えない方が賢明です。

アラサー筆者である私ですが、ここ最近このボディスクラブを約二週間に一度使用する習慣を続けています。運動のため床でストレッチしたりするため、膝を床に着いたりする習慣がどうしてもあるということもあり、膝の下の部分がやや黒ずんでいたりします。そして脚の付け根も下着の摩擦で多少黒ずみがあるのですが、このスクラブを使い始めて数ヶ月経った今では、以前よりかなり目に見えるぐらい黒ずみが改善したように感じますし、毎回使用後は肌がすべすべ状態になります。

細かいタイプのスクラブなので使用している際のザラザラ感は決して強くありません。ソフトなタイプです。肌への負担が少なくて助かります。

ソフトなタイプで定期的に余分な角質をマイルドにオフし、加齢と共に治りにくくなる黒ずみなどを予防及び改善して行くためには定期的なスクラブ習慣が賢いと言えます。その習慣にピッタリなのがダイアンボタニカルの「ボディスクラブディープモイスト 」です。

<<Amazon>>

第3位 プチプラと言えば「Oh! Baby ボディ スムーザー N」

@コスメ2回の殿堂入り、愛され続けているロングセラーボディケア用品が、ハウスオブローゼの「Oh! Baby ボディ スムーザー N 」です。

Oh! Baby ボディ スムーザーは1988年生まれで、口コミでも話題になり、現在まで愛され続けています。

つぶつぶが入ったマッサージペーストで洗うことで肌がつるつるに。ガサガサが気になるひじやかかとも、滑らかな手触りへと導きます。

つるつるの秘密

Oh! Baby ボディ スムーザーには、温泉にも含まれる成分、硫酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウム・炭酸トリウムを含む3種類のスクラブが使用されています。このスクラブは粒の大きさが違い、37度ほどの温度で溶けることがポイントです。

ちょうどよいスクラブの固さとペーストの濃度を作るためには、きめ細かな配慮が必要です。季節によって温度管理に気を使うなど、独自の製法で作っています。

そして、期間限定や数量限定で発売される商品も魅力の一つです。植物やフルーツの香りなど、その世界を感じられるように追及しています。

使えるのはガサガサが気になる部位だけではありません。ひじやかかとなどガサガサする部位はもちろん、お尻や二の腕など柔らかい部位にも使用できます。全身のケアに大活躍です。

使い方

Oh! Baby ボディ スムーザーをさくらんぼ大くらい濡れた手に取り、少量の水またはぬるま湯で練ってから使用をします。気になる部位をマッサージしたら洗い流します。

マッサージをする際には、くるくると円を描くようにすることがポイントです。お尻や背中は、下着のこすれ部分も忘れずにケアしましょう。腕は手首から二の腕に向かって、脚は足首から太ももに向かって、心臓の方向に向かってマッサージをします。こうすると滞っていた老廃物や水分の流れが促されます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • スクラブの粒は大きすぎず痛くなくて気持ちいいです。ヒリヒリすることもありません。マッサージして使うと肌がつるつるになります。
  • 週に1,2回使っていて、肌の状態がよくなってきました。肌のブツブツができにくくなった気がします。大容量でコスパがよいです。
  • いろいろなスクラブを使ってきたけれど、やっぱりこのスクラブに落ち着きます。温めるとスクラブが溶けるから肌に優しいです。お尻のザラザラがなくなって感動です。

ひじ、ひざ、かかとなどは肌がごわついてザラザラしやすい部位です。ザラザラが気になる方には、Oh! Baby ボディ スムーザーです。ザラザラ部位だけでなく、柔らかい部位にも使用できます。

3種類のスクラブが肌をつるつるに導きます。スクラブは温度で溶けて、痛くないと好評です。

Oh! Baby ボディ スムーザーには、期間限定や数量限定商品もあります。季節などによって香りを楽しむこともできます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第2位 無料で作れる「シュガースクラブ」

昔から砂糖業界で働いている人の手は、砂糖をずっと触り続けているため、肌がキレイだと言われています。砂糖には、肌を保湿し、肌の柔らかさを保つ働きがあります。そして、砂糖の粒が古い角質や毛穴汚れをと乗り除いてくれるので、シュガースクラブ後の肌に化粧水を付けると浸透性が高くなる、といった効果もあるんです。

砂糖の粒は、オイルがクッションとなるため、肌を傷めません。シュガースクラブの効果や使用方法について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

シュガースクラブの効果

シュガースクラブは、砂糖が肌の汚れを落として、保湿をしてくれるので、乾燥する時期におすすめです。

「砂糖が保湿してくれるの?」と、不思議に感じる人もいるかもしれませんが、砂糖を料理に使用することで、しっとりとした食感を出すことができるのと一緒で、人間の肌もしっとりさせることができるんです。ソルトスクラブも角質を除去する効果がありますが、保湿効果はありません。

逆に、ソルトスクラブは、血行促進や毛穴引き締めといった効果があります。塩の方が、粒子が大きいので、敏感肌の人やニキビがある人はシュガースクラブを選んだ方がいいと思います。

シュガースクラブの作り方

シュガースクラブは、白砂糖とオリーブオイルがあれば簡単に作ることができます。

白砂糖は、グラニュー糖が粒が丁度いいのでおすすめです。ダイエットのために砂糖断ちをして、砂糖が余っている人はこの機会に砂糖をシュガースクラブにして消費してしまいましょう。グラニュー糖の代わりに、黒糖やサトウキビを使っても大丈夫です。

それから、使用するオイルはココナッツオイルやアーモンドオイルなど好きな美容オイルを使って下さい。余っているベビーオイルでも大丈夫です。オリーブオイルだと少し青臭いニオイがしますので、好きな香りの精油を混ぜるとニオイを和らげることができます。

白砂糖とオイルは、1:1の割合で混ぜるだけです。他にも、お好みでハチミツやココアなどを混ぜるのもおすすめです。

Youtubeに分かりやすい作り方の動画があります↓

美容系ユーチューバーとして人気のみきぽんさんの動画も人気です↓

シュガースクラブの使い方

シュガースクラブは、肌を水に濡らしてから使用します。入浴時や洗顔後に使用しましょう。

肌に付けたら、指の腹で優しくクルクルとマッサージをします。マッサージは、1分~3分くらい行いなって、お湯で洗い流すだけです。

マッサージをしたら、1分~2分時間を置いてからお湯で洗い流すと、保湿効果がアップします。

身体だけでなく、顔にも使用できる「砂糖洗顔」について。

洗顔をすると肌がつっぱる、こんな方におすすめの洗顔方法が「砂糖洗顔」です。

肌の乾燥は美肌の大敵です。シワ、シミ、ニキビなどを招いてしまいます。砂糖には保湿作用があります。砂糖を使って洗顔をすれば保湿作用で肌がしっとり、スクラブ作用もあり不要な角質も取り除けます。

料理を作るときに砂糖を水の中に加えると、どんどん水分を吸収しますよね。砂糖には高い保水力があるのです。しかし、水分を吸ってもそれを留める力がなければすぐに乾燥をします。砂糖には保水力だけでなく保湿力もあり、潤いをとどめてくれます。

砂糖が水分を抱え込んで角質層が潤いで満たされると、古い角質がはがれやすい状態になります。また、砂糖のザラザラがスクラブの役割をします。そのため、古い角質がはがされてターンオーバーが整うことが期待できます。古い角質はくすみや乾燥肌の原因です。たまった角質を取り去ることで、肌が明るく潤った状態に近づきます。

シュガースクラブ以外にも砂糖洗顔の方法はあります。

砂糖を使った洗顔方法は3通りあります。

①1つめは、砂糖水洗顔です。

35℃程度のぬるま湯500mlに砂糖大さじ山盛り3杯(50g)を加えて溶かして砂糖水を作ります。砂糖水を4~5回かけて洗います。保湿をするために30秒ほどおいてから水で洗い流します。

②2つめの洗顔方法は、砂糖スクラブです。

砂糖スクラブをする前にはメイクを落としておきます。手持ちの乳液や美容液を100円大手に取り、砂糖をひとつまみ加えます。手のひらで砂糖を温めて少し溶かしてください。濡れた肌の上にこれを伸ばして洗います。最初はざらつきますが、しばらくすると体温と水分で砂糖が溶けます。保湿作用を得るために1~2分そのままにしてください。その後に洗い流します。

③3つめの洗顔方法は、砂糖泡洗顔です。

いつも使っている洗顔料に砂糖をひとつまみ加えてよく泡立てて、普段と同じように洗います。

<<注意点!>>

使用前には必ずパッチテストをしてください。腕の内側など目立たない部位に砂糖水をしみ込ませた絆創膏を貼りつけて、24時間後の肌の状態を確認します。赤みやかぶれなどの異常が出たら使用をしないでください。

砂糖は上白糖を使用してください。黒糖やグラニュー糖などはミネラルも含んでいるため、肌の刺激になることがあります。粉糖は他の成分を加えていることがあり、これも肌の刺激になります。

砂糖スクラブをするときは、こすらないようにしてください。砂糖のザラザラ感がありますが、こすると肌を傷つけてしまいます。肌が傷つくと乾燥肌が進行をするので気をつけてください。

どの方法でも最後に水やぬるま湯で洗い流してください。そのまま放置をしていると砂糖がカピカピに乾きます。

砂糖には保水力や保湿作用、スクラブ作用があり、砂糖を使用して洗顔をすることで肌がしっとり、つるつるになることが期待できます。砂糖は身近な食品で、普段の洗顔にひとつまみ加えるだけなので簡単です。

シュガースクラブは、ピーリング効果があるので、毎日行うと角質が取れ過ぎて逆効果になってしまいます。使用頻度は、週に2~3回程度にしておきましょう。全身に使うことができるので、気になる箇所をマッサージしてみて下さい。唇にシュガースクラブをする場合は、ラップでパックすると唇がぷるぷるになりますよ。

シュガースクラブの使用感や口コミ

シュガースクラブは、誰でも簡単に始められるスキンケアです。砂糖の粒が無くなるまでゴリゴリとマッサージすると、肌にダメージを与えてしまいますので、優しくマッサージするようにしましょう。

第1位 断トツ1位は「サボンのボディスクラブ」がおすすめ!

私は現在友人に勧められてから、サボンのボディスクラブを愛用しています。私の一番好きな香りはボディスクラブのローズティーです。使用後はお肌がすべすべになり、なんといってもいい香りに癒されます。

ボディスクラブには数種類の香りがあり、このローズティーは春の限定の商品です。限定といっても、お店では買えない時期もあるでしょうが、インターネットではいつでも購入できます♪

またお店に行けば、気軽に試させていただけますし、ほかにも人気の香りがいろいろありますので、香りを確認させてもらって自分の気に入った香りのスクラブを購入されると良いでしょう。

サボンボディスクラブの使い方

私はこのボディスクラブを週に2回ほど使用しています。お店のスタッフさんにも週に1回か2回がお勧めだとアドバイスされました。塩のスクラブなので、やりすぎるとよくないみたいです。

付属のスプーンを購入したので、それに2杯分を小さな容器に入れてお風呂にもっていっています。なんとなく、スクラブの容器の中に水分が入ってしまうのが嫌で、私は1回分だけを浴室に持っていくようにしています。ちなみに、最初は蓋をなかなか開けることができず、苦戦しました。蓋の開け方の用紙をわざわざ付けてくれているところからも、私以外にもなかなか蓋が開かずに苦労している人がいるのだろうと思います。もし力持ちの人がいたら、開けてもらってください。

※開け方のコツを動画で紹介している方がいました↓

お風呂であったまったらマッサージを開始します。あまり強くこすらず、優しくマッサージしてください。オイルがスルスルとしていて気持ちが良いです。なんとなく角質の固いところは特に力を入れてしまいそうになりますが、あまりやりすぎないほうが良いです。

ソルトスクラブのため、ちょっとしたキズはしみます。私はしょっちゅう紙で指を切ったりしてしまうのですが、地味に痛いので気を付けてくださいね。マッサージが終わったらわたしはそのままの状態で湯船につかってしまいます。バスソルトみたいな感覚でしょうか。オイルのおかげで湯船の中で自分のお肌がつるつるなのが実感できます。優しいローズティーの香りに包まれてお風呂で存分にリラックスできたらさっと体をシャワーで流してお風呂からあがります。

バスタオルで体を拭き、お肌を触ってみるとしっとりもっちりとしていて、湯気からもいい香りが漂って幸せな気分になります。ただし、お風呂の床はオイルですこし滑りやすくなってしまいますので、気を付けてください。また、後できちんとお風呂の床掃除をしておいたほうがいいとおもいます。

お風呂上りには同じラインのボディクリームをつけてきっちり保湿するのがいいそうなのですが、私は使用していません。でも、保湿はしたほうがいいので、この良い香りを邪魔しない、無香料のクリームをつけて、せっかくスベスベになったお肌を保湿しています。この商品はお肌がスベスベになり、どの香りも本当に良い香りで、お風呂タイムが楽しくなります。ぜひ使ってみてください。

その他の口コミ

肘や膝、かかとのゴワゴワ感、どことなく肌がガサガサしている気がする…とお悩みの女性は多いかと思います。

乾燥でガサガサしたり、古い角質が溜まりに溜まってゴワゴワしている肌にオススメなのがSABONのボディスクラブです。死海の塩のスクラブで肌の角質を落とし、デリケートになった肌を植物性の美容オイルがパックをするように包み込んでくれます。

しっとりすべすべの肌を維持したい女性や、スキンケアをしながら香りにも癒やされたい女性にうってつけのアイテムです。

SABONのボディスクラブを使えば、乾燥している肌はたちまちしっとりしますし、硬くなってゴワついた皮膚もツルンと滑らかに整えることができます。特に余計な角質が溜まりやすい肘、膝、かかと、足裏なども定期的にスクラブでケアをすることにより、他の箇所と変わらない柔らかく滑らかな皮膚になれます。

肌に刺激をかけずに角質を効率よく落とすためには、入浴後の使用がオススメです。お風呂に10分から15分ほど浸かって角質を柔らかくした後、SABONのスクラブを塗り拡げていきます。

分量は手軽にケアをしたいなら付属のスプーンで山盛り1杯、首から背中、お尻など全身隈なくケアしたい場合は山盛り2杯で十分です。ボディスクラブは放置すると、瓶の中で塩の層とオイルの層に分かれます。すると量が減った時に塩の量に対してオイルの量が少なかったり、その逆になる可能性があるので使用前はしっかり瓶の中身を混ぜましょう。

塩とオイルが程よく混ざってきたら、スプーンに1杯ないし2杯取って特に角質や乾燥が気になる箇所から馴染ませていきます。マッサージするように馴染ませ終わったら、シャワーでさっと洗い流します。ゴシゴシ擦ると美容オイルまで流れ落ちてしまうので、塩のざらつきを落とす程度にさっとで構いません。

お風呂上がりは身体を拭き、保湿効果のあるクリームで肌を整えてスキンケア終了です。

使うペースは週2回が推奨されています。あまり角質が気にならない場合や、肌に負担をかけたくない場合は週1回に減らすなど様子を見つつケアをしてください。

SABONのボディスクラブを使うようになったキッカケは、乾燥由来の痒みに悩まされていたことと肘のざらつきが気になったためです。口コミを見ると肌がたちまち柔らかくなる、香りがいいというものがとても多かったので試してみることにしました。

本当に即効性があり、数回の使用で肌のカサカサやザラザラが全く気にならなくなりました。角質が除去されたおかげか毛穴詰まりからの背中ニキビやお尻ニキビも減少しました。既に何個もリピートしていますが、これからもしっとり滑らかな肌を維持するために使い続けたい商品です。

注意点としては、スクラブが大きく肌に負担がかかる可能性があるということと傷があると凄く染みることが挙げられます。肌に塗り拡げる時は力を入れず、スクラブを滑らせるように優しくやりましょう。

また、傷ができていたり除毛したての肌に使用するのは絶対に控えることをオススメします。塩が傷口に入り込み、痛みと猛烈な痒さが襲ってくるためです。それにさえ気をつけていれば、SABONボディスクラブはとても優秀なスキンケアグッズですよ。

どんなにクリームを塗っても肌がゴワゴワしていたり、広範囲に渡って肌が乾燥して痒い場合などはぜひSABONボディスクラブを使ってみてください。お試し用の小パッケージもありますし、店頭ではテスターで使用感を確かめさせてくれます。

香りのバリエーションも豊富なので、お気に入りの香りを見つけるのも楽しいですよ。

Twitter上の口コミ

楽天やAmazonからも購入することができます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

関連記事:

いい匂いで人気!体と髪におすすめボディオイルランキング2019

安い!30代乾燥肌女性の朝と夜のおすすめプチプラスキンケア方法

スポンサーリンク