寝ても解消しない女性の目の下の茶くまを消す食べ物とメイクの方法

よく眠ったのに目の下のクマが消えない、こんな悩みがありませんか。クマには3種類あり、よく眠っても消えないクマがあるのです。

目の下のクマには、青クマ、茶クマ、黒クマがあります。

  1. 青クマは血行不良によって目の下の皮膚を通して血液の色が見えるものです。寝不足で血流が悪くなっている場合は、よく眠ることで解消します。
  2. 茶クマは色素沈着が原因です。黒クマは目の下の脂肪が少なかったり、目の下の眼窩脂肪が突出することが原因です。これらのクマはよく眠っても消えません。
  3. 黒クマはヒアルロン酸注射などをしないと解消が難しいのですが、茶クマならセルフケアで解消する可能性があります。

それでは、茶クマの解消方法を紹介します。

目の下にクマができていると、疲れていたり老けた印象を与えてしまいます。メイクで隠そうとしても、クマがひどい場合はうまく隠せずに厚塗りになります。

クマを解消すれば目の下がすっきりとして、顔が明るい印象になります。メイクもうまくできることでしょう。厚塗りをする必要がないので、自然な仕上がりになります。

茶クマを解消するビタミンC誘導体&ハイドロキノンの美白メイク方法

茶クマは、紫外線のダメージを受ける、アイメイクをする、目をこするなどの刺激でメラニンが生成されることが原因でできます。メラニンが原因なので、美白コスメを使用してケアをしましょう。

美白成分には、すでにできたしまったメラニンを薄くする働きを持つものと、メラニンの生成を抑制する成分の2種類があります。今ある茶クマを解消するには、すでにできてしまったメラニンを薄くする働きがある美白成分を選んでください。このような働きを持つ成分には、ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。

ビタミンC誘導体入りの化粧品はドラッグストアや通販などで購入できます。

関連記事:ニキビ跡やシミ・クマを治すのに効果抜群でおすすめビタミンC誘導体美容液ランキング

ハイドロキノン配合化粧品も市販のものを購入できるのですが、ハイドロキノンは刺激がある成分なので、クリニックで処方をしてもらって医師の指示に従って使用をすることがおすすめです。

関連記事:【ハイドロキノンのシミ効果を実感】おすすめハイドロキノンクリームと使い方

<<注意点!>>

美容成分を肌に浸透させるために、化粧品を使ってケアをするときに強くこすりたくなりますが、目の周りをこすらないように気をつけてください。強くこするとその刺激でメラニンの生成が促されます。目の周りの皮膚は薄くデリケートなので、顔の他の部位よりも気をつけてケアをしましょう。

化粧品でケアをするだけでなく、これ以上茶クマが悪化しないように紫外線対策もしてください。つばが大きな帽子を被れば、目の周りに当たる紫外線を防げます。日焼け止めも活用をしましょう。日焼け止めを塗るときも、皮膚をこすらないように気をつけてください。

目の下のクマは老けた印象を与える原因です。よく眠れば解消しそうですが、解消できないクマもあります。それは茶クマの可能性があります。茶クマであれば化粧品でケアをして解消を目指しましょう。クマが解消をすることで、透明感のある明るい印象の顔に近づきます。

目の下のクマをすっきりさせる食べ物「カシス」

朝起きたときに目の下がどんより、こんな経験がありませんか。クマができる原因はいくつかありますが、血行不良によるクマの解消をサポートしてくれるものがカシスです。

カシスとはベリー類の一種で、ブルーベリーのような見た目をしています。しかし、ユキノシタ科スグリ属の植物で、ツツジ科スノキ属のブルーベリーとは違う分類の植物です。ビタミン、ミネラル、ポリフェノールを豊富に含んでいます。

目のクマには3種類があります。

  1. 青っぽいクマは血行不良が原因です。目の下の皮膚は薄く、血流が悪いと皮膚を通して血液が見えて、青いクマができます。
  2. 茶色っぽいクマは色素沈着が原因です。強い力でアイメイクをしたり、目をこすると、刺激でメラニンが生成されて色素沈着を起こします。
  3. 黒っぽいクマは影ができることが原因です。目の下の皮膚のたるみや脂肪が少なくて影ができると黒っぽく見えます。

カシスで解消が期待できるクマは「青クマ」です。カシスにはアントシアニンが含まれています。アントシアニンはブルーベリーにも含まれている成分ですが、カシスにはブルーベリーにはない2種類のアントシアニンを含有しています。カシスのアントシアニンは、摂取してから体に吸収されて作用するまでの時間が短いことが特徴です。アントシアニンには毛細血管の血流をよくする働きがあり、血流がよくなることでクマの解消が期待できます。

カシスの摂り方

カシスの実がそのまま売られていることはほとんどなく、ジュースやサプリメントなどで摂取することが一般的です。

カシス配合のジュースはコンビニやドラッグストアでも販売されています。購入をする際は、カシスの配合量を確かめてください。量が少ないと効果が期待できません。原材料名は原料の配合量が多い順に記載されています。原材料名のはじめの方に「カシス」と記載されていてば、配合量が多い可能性があります。アントシアニン量が記載されていれば、それを目安に選んでください。

カシスパウダーは水や豆乳などに溶かしたり、お菓子に混ぜるなどして、いろいろな摂り方ができて便利です。

カシスのアントシアニンはすぐに吸収されて体に作用をするので、朝にクマがひどいときにコンビニでカシス入りジュースを購入し飲むだけで、クマがすっきり明るい肌になることが期待できます。

<<一番人気で口コミ数の多いカシスサプリメント>>

<<注意点!>>

カシス入りのジュースを飲む場合は、糖分の摂りすぎにならないように気をつけてください。カシスには酸味があるため、飲みやすくするために果糖ぶどう糖液、果糖、異性化糖などが加えられていることがあります。これらは血糖値を急激に上昇させるので、摂取を控えたい糖分です。

クマができていると老けた印象や暗い印象を与えてしまいますよね。そんなクマをすぐに何とかしてくれるものがカシスです。血流を促進して青いクマの解消をサポートしてくれます。コンビニなどでもカシス入りジュースが販売されているので、朝にクマができて慌ててしまったときもすぐに対処できます。

スポンサーリンク