彼氏のメールやラインがそっけないので思いを手紙で伝えてみた

彼氏とのやり取りがそっけないと感じている女性たちへ

彼氏と直接話すとき以外は、LINEやメールで連絡を取っているカップルがほとんどでしょう。もしかしたらFacebookやTwitterを使っている人もいるかもしれませんね。

ですが、そのやり取りをそっけないと思ったことはありませんか?

確かに便利なものであるのは確かなのですが、もっと気持ちがこもったやり取りをしてみたいという人もいると思います。

この記事は、そういう人のための内容となっています。

ここで紹介する方法は、最初は面倒に感じてしまうかもしれません。ですが、やってみると案外はまってしまう可能性も十分にあります。

彼氏に手紙で気持ちを伝えてみた

思いを伝える

メールやネットなどの文字にそっけなさを感じ始めたら、手書きという手段を私は実体験からおすすめします。

もちろん、簡単な連絡事項などはメールやLINEのほうが良いでしょう。手書きで行うのは、主に自分の気持をぶつけたいときにピッタリの方法です。特に遠距離でなかなか会うことができないカップルには効果的です。

多くのカップルのやり取りの内容は、どうってことのない内容がほとんどと思います。そこで、たまにでいいですから手書きでやり取りするというのは、新鮮で言葉を真摯に受け止め、お互いの気持ちを確認し合う良い機会でしょう。

ただ、向こうが面倒に思う可能性もあります。それは人によって違うわけですから、仕方ないでしょう。期待はしすぎないようにしてください。あくまで、自分がやりたいからやってるというスタンスのほうが続きやすいと思います。

今この時代だからこそ、アナログが良いのです♪

アナログに戻るのは無理かもしれませんが、取り入れるのは誰でも可能です。毎日手書きだと億劫かもしれませんが、たまにならイベントみたいで楽しめると思います。

私の友人は彼氏さんと交換日記をしていました。私はそこまでしていませんでしたが、そこからヒントを得ました。

恥ずかしいけどはまってしまった手書きの魅力

手紙で思いを伝える

私は彼氏にあまり会えなかった時期があって、会うことになったとき手紙を書いてみました。

そして、デートの最後に渡すのです。

何枚も書き連ねているわけではありませんし、字も丁寧なわけではありません。

ですが、書いてみたくなってしまったのです。

ポイントは何もありません。

自分の思ったことを正直に書いてみれば良いのです。

1度書き始めると結構すらすら書けるものですよ♪

彼氏も喜んでくれました。恥ずかしそうにも見えましたし、なんと次から彼氏も書いてきてくれるようになりました。忙しい人なので短めではありましたが、それでも十分嬉しかったです。短いものでもいいんだと、そのとき思いました。

まずはそこから、始めてみてほしいです。きっと、いい経験になります。

ラインやメールでは見返すこともなく、相手の言葉も軽くしか受け止められませんが、手紙だとその後も見返してみたり、言葉ひとつひとつを丁寧に捉えるようになります。

字を上手く書こうと思ったり、文を組み立てたり、どうすれば想いが伝わるだろうとかなり考えて、はじめは疲れるかもしれません。ですが、それ以上に自分の気持ちが相手に伝わり、嬉しい気持ちになります。

それがどこかに自分たちのカップルに生きてくるはずですし、単純に昔に戻ったようできっと楽しいと思います。

実は手紙を渡しているカップルは意外と多い

私以外にも手紙を通して気持ちを伝えて、成功しているカップルは多いのです!

スポンサーリンク