忙しいママもこのポイントだけ抑えて!主婦や母親におすすめメイク

メイク

今回は、お子さんのいるママに是非試して頂きたいナチュラルメイクのポイントをご紹介致します。

朝起きたら食事の準備、掃除に洗濯、夜まで続く育児に大忙しのママは、自分の事は後回し…メイクなんて全くしていない…!という方も少なくないと思います。

そんな忙しいママの皆さんでも出来る!簡単ナチュラルメイクをご紹介致します。ママたちは、保育園や幼稚園、学校行事などで他のママさん達と触れ合う機会も多いと思います。

同じ女性として素敵なママだなと思われるナチュラルメイクを目指しましょう。

ナチュラルメイクとはどんなメイクかご存知でしょうか。

よく勘違いされている方も多いのですが、メイクを薄くするのがナチュラルメイクではありません。ナチュラルメイクとは、肌本来の美しさを生かした自然な仕上がりのメイクの事を指します。

特にナチュラルメイクの中でも今注目のメイクは、まるですっぴんのような素顔に近いメイクは、男女問わず人気を集めています。ナチュラルな印象の中にもきちんと清潔感があって、誰からも好かれるメイクです。

眉毛の形を整えたり、産毛の処理、スキンケアをしっかりやるのが基本!

それでは肌本来の美しさを生かしたメイクとはどのようなメイクでしょうか?

例えば眉毛や口の周りの産毛をきちんと処理している人は、細かな所まできちんと手入れが行き届いていて同性から見ても素敵な人に見えますね。忙しさを理由にこういった処理を怠ってしまうとせっかく素敵なお洋服を着ていても、メイクを頑張っていてもなぜか残念な人に思われてしまうこともあります。

逆にファンデーションはあまり塗っていないのに、透明感のあるお肌の方はとても美しく見えます。こういうナチュラルメイクが似合う方は、化粧水や乳液を塗るといった基本のスキンケアがきちんとできている方が多いです。

今からナチュラルメイクにチャレンジしてみたいママさん、忙しいけど綺麗になりたいママさんは、まずこうした眉毛の形をきちんと整えたり産毛の処理から始めてみると良いですね。

私自身もメイクはあまり興味がなかったのですが、こういった細かなところから気を付けるようになってメイクがとても楽しくなりました。

スキンケアをしているのでファンデーションはあまり塗らなくてもお肌の調子がよく、眉毛だけ形を整えて口元に自分の肌に似合った色のリップを塗るだけでなんだかとってもお出掛けが楽しくなりました。時間のある時は、軽くチークを塗って明るい印象にするとよりナチュラルメイクが引き立ちますよ。

どうしても忙しいママさんは、お風呂上りに化粧水をたっぷりつけて保湿するところから始めましょう。これだけでもお肌に潤いが生まれ、ファンデーションを塗らなくても美しいお肌を手に入れられます。

また眉毛の下の産毛をしっかり処理するだけでも、アイブローが美しく仕上がります。元々の眉毛の形を生かしたメイク、お肌の色に合ったリップ選びをすること、基本のスキンケアをしっかりするだけでナチュラルメイクは美しく仕上がります。是非、忙しい毎日だからこそ頑張っているママさんはナチュラルメイクを目指しましょう。

きっと同性のママさん達からも注目を集めるだけでなく、旦那さんやお子さんにも喜んでもらえる事間違いなしです。

忙しいママにおすすめの簡単メイク

ママになっても、いつまでも美しく可愛いママでいたい、子育てと仕事を両立したいという方は多いと思います。でも実際に育児をしながらのお仕事って簡単ではありません。

パパにとっては良き妻として、子供たちからは可愛い綺麗なママでいたい…と思いながらも、メイクにそれほど時間をかけられないのが現実ではないでしょうか?

今回は、そんな忙しいママでもできる!時短メイクをご紹介致します。忙しいママだからこそポイントを抑えたメイクが大切です。

実はメイクをしているかどうかは、あるポイントを抑えるだけで5分でもしっかりしたメイクに見せることが出来ます。

実際に二人の子供がいる私が試した時短メイクのポイントを4つご紹介致します。

①日焼け止めを塗る

私がオススメするのは、忙しいママにぴったりのメイク方法。ワーキングママさんはもちろん、専業主婦で毎日子供の送り迎えに忙しい方も多いですよね。

ただでさえ自分の時間がない毎日。メイクもササッと済ませたいと思いませんか?

たったの4ステップでしっかりメイクが完成しますよ!

ベースにしたい日焼け止めを手になじませてから、しっかりと顔に塗ります。

ここで使う日焼け止めは、ヨレ、擦れに強いものをオススメします。そうでないと、パウダーを重ねた時に、ポロポロと崩れてしまうものもあるからです。

私が使っているのは、ビオレUVspf30です。ドラッグストアにて、安価で簡単に手に入ります。

高い日焼け止めなども試しましたが、海など日差しの強いところに行かない限りは、これで十分かと思います。

関連記事:海やプールでも完全対策!顔と体におすすめプチプラ日焼け止めランキング

②コーンシーラーで整える

気になるクマ、シミなどを、お手持ちのコーンシーラーで隠します。

私は年齢の割にとてもシミが多いです。特に頬骨のところは気になるシミがいっぱい。どうしても隠したくて色々たどり着いた結果、ローラメルシエの二色のコーンシーラーを使っています。

関連記事:目のクマや毛穴のカバー力が人気!おすすめコンシーラーランキング

③フェイスパウダーでパタパタ

最後にパウダーでササッと整えます。あまりはたきすぎると、粉っぽくなるので、薄くサッと整える感じです。

私の愛用は、カネボウから毎年発売されているミラノコレクション。毎日この方法でお化粧をしていますが、一年では使い切れません。でも毎年買ってしまいます。

前職は客室乗務員でしたが、超乾燥した機内であろうと、その中で汗をかこうと全然崩れない優れものです。崩れないので化粧直しが少なく、パウダーの減りも少ないです。

関連記事:一日中化粧崩れしない人気フェイスパウダーとおすすめの使い方

三角ゾーンを意識して!

三角ゾーンと呼ばれる目の下から頬にかけての三角部分がきちんとケアされているかがポイントになります。

ここが綺麗にケアされているのといないのでは、一目見た時の印象が変わります。日焼け止め入りの下地クリームを使うなど一度塗るだけでカバーできる時短アイテムを使うと良いですね。

また鼻周りの毛穴もよくみられるポイントです。

私は時間がなくてあまりここのお手入れが出来ないのですが、朝の洗顔だけはしっかりするようにすればケアできます。毛穴の汚れがたまっているとファンデーションののりも悪くなりますし、見た目の印象も悪くなってしまうからです。凸凹を隠すだけでなく、チークをして明るい印象になるように仕上げましょう。

これでベースは完成です。

あとは、眉毛を整え、チークをサッと塗っておしまいです。

④眉毛とチーク

眉毛をかいているかいないかで、血色が悪く見えたりすっぴん感が丸出しになってしまいます。

それほどしっかり描かなくてもいいので、眉毛の形を整えておくこと、ムダ毛をきちんとカットしておくことが大切です。朝の時間は忙しく眉毛にそれほど時間をかけるのは難しいという方は、日頃から眉毛のn形を整えるようにしておきましょう。

私は、お風呂上りなどにささっと整えてムダ毛をカットするようにしています。そうすると眉ブロウなどでさっと描くだけで美しい眉毛をキープできるからです。

ちなみに眉はずっとKATEのペンシルと、パウダーブラシを使っています。パウダーの方は、カラーが三色入っていて、髪を明るくしても、黒に戻しても、ほとんど対応できます。

そしてなんといってもコスパがよく、1000円以下で買えるところもあり、重宝しています。

汗をかいても、タオルで擦ったりしない限り、落ちることはほとんどありません。

チークもKATEのチークです。今はパウダーチークを使っていますが、パウダーをしっかりめにはたくと、粉っぽくなってしまうので、しっとりしたものの方がおススメです。

メガネをかけているので、あまりアイメイクに力を入れません。お出かけをする時は、コスメデコルテのアイグロウジェムを広めに塗ったあと、アイラインは引かずに、濃いブラウンのシャドー(こちらもやはりKATE)で仕上げています。

私の自論ではありますが、崩れにくいベースを作るために、フェイスパウダーはしっかりとした良いものを使うことが大切かと思います。

崩れないフェイスパウダーさえあれば、アイブロウ、アイシャドウ、チークは、どんなブランドでも、自分の顔立ちにあっている色であれば、きちんとしたメイクになります。

また、ファンデーションを使わないので、肌がいつも解放された感じがして、気持ちがいいです。肌トラブルも少なくなりました。

毎朝忙しいママさんだけでなく、色んな世代の方にも試していただける簡単な方法だと思います!ぜひ試してみてください。

血色感を出すのがポイント!

頬の一番高い部分にチークをぬること、唇に薄くてもいいのでカラーをのせることで時短メイクなのにしっかりとした印象に仕上げることできます。

実際、私は今まで口紅をしたことがなかったので、なんとなくすっぴんに近いメイクになっていました。でも、お肌の色に合わせたリップをするようになってから綺麗になったねと言われることが増えました。リップにカラーをのせること、チークをつけることでお顔全体の明るさが出ます。

ちなみにリップカラーは、私のように日焼けしたお肌の方にはオレンジ系がおすすめです。もとから色白の方は、ピンク系のリップが似合います。

時短メイクに仕上げるためにも肌の色に合わせたメイク用品を選ぶことはとても大切です。是非、時間のある時にドラッグストアやメイク用品店で試供品を試して自分のお肌に最も合うカラーを探してみてください。

忙しいママだからこそ、ポイントを抑えた時短メイクで綺麗に可愛くなりましょう。美しいお肌を手に入れたらきっと気分まで楽しくなること間違いなしです。是非これを機に試してみてはいかがでしょうか?

関連記事:大人30代40代女性におすすめの人気化粧品ブランド!プチプラアイシャドウ、マスカラ、アイライナー、ファンデ、リップ

ママにおすすめ!派手にならないノーカラーナチュラルメイク

小さな子供のお世話で何かと忙しい30代ママ。20代の頃にようなカラーを使った遊び心のあるメイクは時間的にも難しく「短時間で」「ナチュラルに」「きちんと」を目指している方が多いのではないでしょうか。

そこで今日は色を使わないナチュラルで好印象なノーカラーメイクを紹介します。

ノーカラーメイクといってもベースメイクのみでおしまいということではありません。ベージュのアイシャドウとインサイドに引くアイラインで、目元にさりげないシアーな輝きを出すことがポイントになります。

ベースメイク

まずはベースメイク。

いつも使っているものでかまいませんので、日焼け止めや化粧下地で肌を整えます。

次にファンデーションを使いますが、ここではじめのポイント!ナチュラルな肌作りのためにスポンジではなく「ブラシ」を使います。パウダータイプのファンデーションを大きめの筆にとったら、顔を丁寧に優しくなででいきます。何度か重ねづけして、顔全体がトーンアップしたらOKです。ブラシを使うと均一にふわっと色づくので、肌全体を明るく自然に見せてくれます。

おすすめは資生堂のファンデーションブラシです。

関連記事:【資生堂ファンデーションブラシ131の使い方と口コミ】スポンジより良い!

ベースメイクが終わったら眉のメイク。髪色より少し明るい眉マスカラをささっと塗って、目と眉ができるだけ平行になるように眉下だけを少しペンシルで書き足します。こうすることによってナチュラルで自然な眉ができ、このあと仕上げる目元が生きてきます。

アイメイク

次は最もポイントとなるアイメイク。

ここで使うのはベージュのクリームシャドウです。なぜクリームかと言うと、パウダーのように目元で粉浮きしてしまうことなく、ぴったりとフィットしてくれるからです。

また小さめのグリッターが入ったものであれば、目元にさりげない輝きを足してくれます。

アイシャドウを指でまぶたにぽんぽんと置いて優しく伸ばしてなじませたら、次はアイラインを引きます。アイラインは目元を自然に引き締めてくれるブラウンがおすすめです。

そしてポイントは筆タイプのアイラインを使うこと!まつげのすきまに点々と筆を置いていきます。

「ライン」として繋がっている必要はありません。まつげとまつげの隙間を埋めて、自然と目元を引き締めてくれます。あとはビューラーでまつげを上げて、お好みでマスカラを塗っても良いです。

カラーを入れるなら、口コミ

ちょっと前まではガッツリメイク派だった私はアイライナーもキッチリ引いて下のアイライナーもキッチリ引くタイプでした。そのためキツく見えたり時間が経つにつれてパンダ目になったりと悲惨さ顔になることが多々あったように思います。

でも結婚をして出産して子育てを始めると自分に構う時間なんてほんのわずか。メイクなんて朝ちゃっちゃとして次鏡を見るのは何時間後?と言うのが多くなりました。

そうなると以前のような直しが必要なバッチリメイクはできなくなりました。

さらにバッチリメイクをしているとメイク時間がかかってメイクをしている時に子供が起きることもありました。

そこで考えたのが直さなくても何とかなるナチュラルメイクでした。ナチュラルでもちゃんと感が出るように…。そして早く綺麗に化粧が終わる方法でした。

まずは顔なじみのBAさんのところに行き、メイク術を教えてもらいました。そこから自分なりにアレンジもしました。

私はアイライナーをするときに目蓋の粘膜に入れていくのが苦手でした。怖さもあり一度もしたことはありません。それでもアイライナーを綺麗に引くにはリキッドタイプが1番いいなと思い使い始めました。

ただリキッドアイライナーは色が濃いのでどうしてもキツく見えます。ペンシルタイプと違い慣れるまでは綺麗できませんでしたが今では太い線も細い線も上手に描けるようになりました。

アイライナーがケバくならないように目蓋の3分の一から描きます。

ここで書き終わりを下げると可愛らしく、書き終わりを少し跳ねるとクールに見えます。

アイライナーが終わったらアイシャドウをします。ラインを引いてからアイシャドウをすることでリキッドアイライナーがぼやけていくのでキツさが半減します。

逆にアイシャドウを先にしてアイライナーを後にするとアイライナーが目立ちキリッとした印象になります。

私は下のアイライナーは引きません。

この下のアイライナーが取れて汚くなるのがパンダ目の原因だと思ったので下ラインの代わりにブラウン系のアイシャドウをのせていきます。これはなるべく濃い目に入れると良いかなと思いますが、濃さは自分の好きなようにするのが一番良いです。

これだけでナチュラルだけどメイクをしているな言う感じの目元になります。

アイライナーとアイシャドウはブラウン系を使うとキツさがだいぶ半減するのでおススメです。

チーク

チークは肌の赤みに近いレッド系を使います。黒目の真下あたりから頬骨に沿ってブラシで横に入れていきます。30代以降は、肌色をよく見せるために必ずチークは使った方が良いです。

口紅


肌と目元をナチュラルに仕上げているので、口元は多少遊んでもOKです。おすすめはトップスの色に合わせた色選びです。

もし子供と外遊びでカジュアル素材のトップスを着る日には、赤いリップグロスがおすすめです。

ツヤとほんのりとした赤みが、健康的ではつらつとした印象を与えてくれます。

カラートップスの日はピンクベージュの口紅がおすすめです。

トップスの色合いとぶつからず、全体的な印象をまとめてくれます。アースカラーで辛めのトップスを着ている日は思い切ってレッドの口紅がおすすめです。服と口元の甘辛加減がぐっとおしゃれっぽさを演出してくれます。

たったこれだけですが子育て中のママにはピッタリのメイクです。

すっぴん風に見えてますが、ちゃんとメイクをしているので外に出ても恥ずかしくはありません。

このメイクになれればメイク時間は30分もかかりません。

メイクに時間がかからなくなったお陰でだいぶメイクをするということが面倒にはならなくなりました。さらにナチュラルメイクにしたおかげで肌の調子も良くなってきがしました。

またバッチリメイクよりナチュラルメイクの方が私の周りでは好評だったのでメイク法を変えてよかったと思いました。

ママになってもおしゃれはしたいけれど、20代の頃のような時間もなく、またお肌の曲がり角を実感する頃でもありますよね。素材を生かしたナチュラルなおしゃれメイクで、好感度の高い素敵ママになりましょう。

忙しいママ必見!口元メイクで美人ママになる

最近子育てや家事に追われてメイクが出来ない…自分の事は後回し…気づけばオシャレもメイクも諦めている…なんてママは少なくないですよね。

でもママだって女の子です!旦那さんや子供から可愛いママだと思われたい!そんな女性がほとんどだと思います。

私も二人の子育てに追われ自分の事は後回しになっていました。気づけばメイクなんて、全くしない日が続き…主人には呆れられるほどでした。でも、口元のメイクをするだけで私自身の気持ちもパッと明るくなり、外出するのが楽しみになったのでメイクの力は偉大だなと思います。

今回は、私のように忙しいママでも出来る!簡単おすすめメイクをご紹介します。

忙しい方でも口元のメイクをするだけで印象が全く変わるのをご存知ですか。ファンデーションは普段から塗らない…という方も多いと思います。でも口元のメイクまでしないでいると、なんだか血色も悪く見られてしまいがちです。

せっかくなので、ほんのひと手間かけるだけで見違える!口元メイクに挑戦してみましょう。

まずはご自分の肌の色をチェックしてみて下さい。全体的に日焼けすると小麦色の肌になりやすい方、手首の血管が緑色っぽく見える方はイエローベースのお肌になります。反対に日焼けをすると赤くなりやすく、手首の血管の色が青っぽく見える方はブルーベースのお肌になります。

まずはこのブルーベースなのか、イエローベースなのか?どちらに当てはまるか確かめてみましょう。ちなみに私は、普段から日焼けしやすく全体的に小麦色のお肌なのでイエローベースとなります。

イエローベースの方には、オレンジ系のリップが馴染みやすく自然に仕上がります。逆にブルーベースの方には、赤やピンクなどの明るい色が映えます。今まで何となくリップを選んでいた方は、こうしたお肌の色も参考に選ぶことで今までにない新しい自分を発見出来ますよ。

似合う口紅の色

それでは具体的にどんなカラーがあるのか?こちらも確認してみましょう。

まずブルーベースの方ですが、落ち着いたピンクベージュやプラムピンクといって明るいトーンが特徴のカラーがおすすめです。

イエローベースの方には、明るくなりすぎないサーモンピンクやオレンジ、コーラルピンクなどがおすすめです。普段のお出掛けはもちろん、ちょっとしたお出掛けにもぴったりですね。

出来れば店頭などで一度つけてみてお気に入りを探せると一番良いですが、難しい場合は是非こうしたおすすめカラーを参考にしてみて下さい。

私も育児に追われていた頃は、口元なんてすっぴんで全くつけていませんでしたが肌の色にあうお気に入りのリップを見つけたことで、外出がとても楽しみになりました。ファンデーションを付けなくても、口元を少しだけ明るくするだけできちんとした印象になります。忙しいママだからこそ、こうしたよく見られるところだけでもポイントとして抑えておくと良いですね。

また口紅を付けない日は、リップクリームなどでしっかり保湿しておくといざという時に綺麗に仕上がりますよ。乾燥している唇だといくら素敵なリップをつけても馴染まないことがあるので、是非普段から少しずつケアしてみて下さい。

忙しいママだからこそ是非、試してみてはいかがでしょうか。

 

子育てママにおすすめのメイク道具3選

子育て中のママさんたち、毎日お疲れ様です!

子供が小さい時って、とにかく自分の時間が作りづらいのでメイクするのも一苦労ですよね。

私も0歳児の子育て真っ只中の新米ママで、ほぼ毎日ノーメイクの生活を送っています。でも最近、鏡を見るたびに「老けたなぁ。」とか「おばちゃんになったなぁ。」と感じて、地味にショックを受けることもしばしば。

メイクすると気持ちが引き締まるし、綺麗になるとそれだけでワクワクして、色んなことのやる気アップにも繋がります。

そこで今回は、「忙しい子育てママにオススメのチャチャっとメイク道具3選」をお伝えしたいと思います。

①モイスティーヌのプロテクトUV

年齢を重ねても子供を産んでも綺麗な女性って、みんな例外なく肌が綺麗です。

美の基本は肌から…ということで!

まずはモイスティーヌというブランドのプロテクトUVをご紹介します。

こちらはその名の通り、日焼け止めなんです。

「日焼け止め?メイク道具じゃないじゃん!」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この日焼け止め、美肌効果抜群なんです。

子供が生まれる前までは下地代わりに使っていましたが、これを使うと肌の透明感やツヤが増すので今はコンシーラーなども使わず、肌に関してはこれ1本です。パパッと塗るだけなので全然時間もかからないし、肌質もよく見えるし一石二鳥です。

売り切れ。

②ヴィセのリシェアイブロウペンシル

目元の印象ってとても大切ですが、マスカラよりも、アイシャドウよりも、何より大切なのが眉メイクです。

眉が無かったりボサボサだったりすると、一気にズボラだったり疲れていたり、垢抜けないイメージになってしまいます。

アイブロウ商品にも色々なものがありますが、私のオススメはこちらの「ヴィセ リシェ アイブロウペンシル」です。

このアイブロウペンシルは、全6色あって、私のお気に入りはピンクブラウン系の色です。

色づきが良くて力を入れなくても一発でスッと描けるのですが、色も濃すぎずに女性らしい優しい印象にしてくれるんです。

そして楕円形のペンシルなので細い部分を使うと細かい部分も失敗しにくいのがとても良いし、反対についているブラシでボカすとより自然な仕上がりになるのでとてもおススメです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

③LIP38℃

最後にオススメするのはLIP38℃というリップトリートメントです。

これは、人の唇は38℃の時の血色感が最も美しいということで作られたリップトリートメントで、口紅を塗らなくても血色の良い、ツヤツヤな唇に導いてくれる優れものです。

私はこれを使うようになってから、唇のクスミや縦じわが気にならなくなりました。

唇が綺麗になるとなんだか歯まで綺麗に見えるので、こちらもぜひ使っていただきたいです。

女子は明眸皓歯、と言いますしね!

<<Amazon>>

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★WEB限定【フローフシ公式】LIP38℃ リップトリートメント ±0℃
価格:1728円(税込、送料別) (2018/8/4時点)

 

いかがでしたか?

忙しい子育てママにとって、自分の時間を確保するのはとても難しいことです。限られた少ない時間の中で、少しでも綺麗になれたら気持ちにもハリが出るし、毎日の子育ても更に頑張れます。

さらに今回ご紹介したものは、本当に最低限のものなので、メイクがくずれる度に直さないといけない心配もありません。

毎日ノーメイクで気分が上がらない…と悩んでいるママさんたち!ぜひ、今回オススメしたグッズ、使ってみてくださいね!

関連記事:

【自分に似合う色やメイクは?】どの季節の肌色かパーソナルカラーを知ることが大事!

【大人気のリップ、口紅ランキング】おすすめ5選!色は

【今年一番人気でプチプラのリップ】30代,40代の大人女性におすすめ

【色付きなのに乾燥知らず】かわいいリップクリームランキング

海外メイクでかっこいい女性に!赤マットリップと海外セレブ風ナチュラルメイクのやり方

ママ友にファッションで差をつける!30代ママコーデ

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

ナチュラル&ツヤ肌メイクで流行りの下地・ベースメイク方法とおすすめコスメ

忙しい仕事の日や主婦の朝に時間短縮!時短スキンケアと時短メイク方法

ママ友にファッションで差をつける!30代ママコーデ

スポンサーリンク