30代女性の手のシワや乾燥におすすめ!人気ハンドクリームランキング

人の目に触れる事が多い手、そして年齢が出やすい手。顔の場合、ファンデーションなどでくすみやシワをカバーする事ができても、手の場合、そんな風にカバーする事はできません。

知人などの手を見て「はっ!」と思った事はありませんか。見た目が非常に美しくきれいな人でも、手のケアを怠る事で、一気にイメージが変わります。そのため手は重要なポイントであり、日々のケアが非常に重要だと言えるのです。

“シワは、体のどの部分から出てくるかご存知でしょうか?”

日々の肌ケアにおいて、顔や首ばかり気にしていることから、それらの部位からシワが増えてくると思っている人は多いかと思います。しかし実際、シワが最も早く出やすいと言われているのは『手』なのです。手の老化が一番早いのです。そのため、手のケアをしっかり行う事で、若く見せる事も可能になります。言い換えれば、手のケアを怠る事で、一気に老けて見えるとも言えるのです。

それ程、手のケアと言うものは重要なポイントだと言えます。

手のケア方法

まず、手のケアで大切なのが”紫外線対策”です。シワの原因に大きく関わっている紫外線は、顔と同様、手のシワにも大きな悪影響を及ぼします。そのため手にも日焼け止めクリームなどを塗り、日々の紫外線対策を行う事が大切です。

関連記事:

海やプールでも完全対策!顔と体におすすめプチプラ日焼け止めランキング

敏感肌でも外出先で化粧の上から使える日焼け止めスプレー人気ランキング

次に手を洗ったり、手が濡れた後、”どれだけきれいに拭いているか”と言う点も、手のケアにはとても大切なポイントになります。

手が濡れたままの状態だと乾燥が進み、結果、シワの原因になってしまいます。そんな乾燥を防ぐためにも、手を洗った後、そのまま自然乾燥させるのではなく、しっかりと水分を拭き取る事が大切になってくるのです。

その上で、毎回ハンドクリームを塗ると完璧です!

また朝晩のケアに顔と同じように手にも化粧水を塗り、その後ハンドクリームを塗ると言ったケアが大切です。その際、軽くマッサージをしながら手の血行を良くする方法もおすすめです。

手の場合、顔のように常に守って生活する事が難しいですよね。例えば、食器洗いなどの家事。そんな時は、出来るだけ手袋を使用し、手に負担をかけないように心がけることも重要なポイントとなります。それが難しい場合は、手に優しい洗剤を選ぶだけでも、手を守る効果を得る事は十分可能です。

どうしても、顔に比べケアが行き届かない点が多くなってしまう手のケア。しかし、そんな手こそ、多くの人に見られていると言う事を忘れてはいけません。顔のようにメイクでごまかす事が難しい手。そして、いつも働いてくれている手。そんな手だからこそ、優しく丁寧に日々ケアしていく事が大切だと言えるのです。

手のシワや乾燥が気になる女性に人気のハンドクリームランキング

第4位 まかいなこすめの絶妙レシピのハンドクリーム

金箔の製造現場は、高温多湿で女性の肌にとっては厳しい環境でした。しかし、和紙の仕込みをしていた女性の手は荒れておらず、それどころかキメが整ってきれいだったのです。

和紙つくりには灰汁が欠かせません。灰汁の中に含まれている大豆や渋柿などの成分が美肌を作るための絶妙な成分です。

これにヒントを得て作られたハンドクリームが、まかないこすめの「絶妙レシピのハンドクリーム」です。口コミサイトで高評価続出のハンドクリームなのです。

肌なじみが良いので使い心地が快適!さらに長時間しっとりで、食品由来成分使用なハンドクリームです。

絶妙レシピのハンドクリームで手をケアをし、キメが整った手を目指しませんか♪

絶妙な配合成分が特徴

まかないこすめの絶妙レシピハンドクリームは天然由来の成分を使用しています。

しっとりスベスベ肌へと導く成分が、ハイブリッドヒマワリ油、ダイズステロール、カキ葉エキスなどです。ハイブリッドヒマワリ油には、オレイン酸がたっぷり。肌の奥に浸透をしてべたつかず、表面はさらっとします。ダイズステロールは大豆から得られる成分で、肌のセラミドの働きをサポートします。カキ葉エキスにはポリフェノールが豊富。抗酸化作用によって肌荒れを防ぎます。

その他にもスクワラン、ホホバ種子油、シア脂などの保湿成分も配合しています。

石油系界面活性剤、合成酸化防止剤、合成防腐剤、合成香料、合成着色料は不使用です。

長時間潤いを持続させ、手元美人へと導きます。

使い方

適量を手の甲や掌に伸ばしてください。

手を洗った後は石けんの洗浄成分で肌の潤いが奪われています。そのまま放置していると手がガサガサに。手洗い後の乾燥を防ぐために、手を洗ったらハンドクリームを使用する習慣をつけることがおすすめです。

就寝前にもハンドクリームを塗りましょう。天然素材の手袋を着用すると保湿作用が高まります。

開封後、時間が経つとともに少しずつ水分が抜けてクリームが固くなってきます。柔らかいテクスチャーが好きな方は、小さいサイズを購入してなるべく早く使い切るとよいでしょう。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 食品由来の成分だから安心して使っています。食事前に手を洗ってからや寝る前につけています。
  • 朝と夜にしか使っていないのですが、日中肌がかさついてしまっても、夜寝る前に塗ると翌朝には肌がしっとりしています。
  • きれいな手の友人に勧められて使ってみました。肌にスッとなじんでべたつかないところが気に入っています。驚くほど潤いが続きます。

ものを渡すときやネイルケアをしてもらうとき、手がカサカサで恥ずかしい思いをしたことがありませんか。手元は意外と人に見られている部位です。

金箔の製造工場で女性がきれいなのはなぜ?ということから生まれたハンドクリームが、絶妙のレシピハンドクリームです。べたつかずさらっとした使い心地、ハイブリッドヒマワリ油やカキ葉エキスなどさまざまな保湿成分が、しっとり肌の手元美人へと導きます。

<<楽天>>

 

 

<<Amazon>>


第3位 ロコベースリペアクリーム

高い保湿性が人気のロコベースリペアクリーム。

水に強く、手やかかとのカサカサも長時間潤います。

硬めのテクスチャーですが、それにより保湿力が持続し、防腐効果もあります。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第2位 ロクシタンのローズ系ハンドクリーム

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0

ロクシタンのハンドクリームなら、1500円くらいで購入できます。自分の好きな香りを自分だけで楽しめて、手も守ってくれる、最強のアイテムです。寝る前につけて、その香りをききながら寝るというのが、何とも贅沢です。

ロクシタンのローズ系ハンドクリームはたくさんありますが、昨年の夏の終わりに出た「ローズオリジネル」というハンドクリームは特におすすめです!ハンドバームと書かれていますが。うるうるだけどこっくりと、クリームとはまた違うテクスチャーでした。優しく自然に香るローズ系の香りが好きな女性におすすめです。

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%83%ab %e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%83%ab%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f %e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%83%ab%e9%a6%99%e3%82%8a

ローズベルベットも人気です!

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

第1位 肌のバリア機能を整えるハンドクリーム「馬油」

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e3%80%80%e5%8a%b9%e8%83%bd

女性、特に主婦にとって、家事を毎日していると、手荒れで悩むことが多くなります。

筆者自身は主婦湿疹で10年以上悩んできました。主婦湿疹は、水仕事を多くすることで、肌の表面のバリア機能が失われ、手がどんどん荒れる状態です。初期にできる水泡は、激しいかゆみを伴うので、かいてしまい、血だらけの手になってしまうこともあります。筆者も、寝ている間に猛烈にかきむしり、朝起きたら手が血で大変なことになっていました。そして、傷になった手は、絆創膏を貼らなくては、水仕事ができないのです。

そんな状態を打破しようと、あらゆるハンドクリームを試してきましたが、ハンドクリームを塗ってもかゆくなったりしました。

ですが、色々と試しているうちに筆者の一番のお勧めとなったのが、馬油です。薬局にも馬油は販売していますが、ネットでもいろいろな種類の馬油を販売しています。

どうして、馬油が手荒れに効果的かというと、馬油の特徴にあります。

まず肌に成分が浸透しやすいので、皮膚表面でいつまでも残りません。さらに、手荒れの状態は、肌のバリア機能が弱った状態ですが、馬油には、殺菌作用があり、さらに皮膚の表面をラップして保湿する作用があるので、手荒れには、効果が期待できます。

さらに、保湿と血行促進の効果があるので、荒れた手の血行もよくしてくれます。

また、かゆみを抑える効果があるので、かゆみを伴う主婦湿疹には、効果が期待できそうです。

具体的な実践方法は、とにかくまめに塗って保湿することです。手が乾燥すると、すぐにかゆみが起こり、切れやすくなります。まめに、馬油をぬることで、手を刺激から守ることが大切になります。

さらに、馬油を顔に塗ると、保湿効果があるので化粧品のクリームのような効果が期待できます。また、頭に塗ると薄毛だった方が生えてきたという報告もあります。

このように、馬油は体中に使用できますし、赤ちゃんにも安心して使用できます。

馬油の効能

馬油とは、

馬のたてがみやお腹の脂肪などを火にかけて煮立たせ、不純物を濾過したものです。約4000年前の中国騎馬民族の時代から使われているそうで、日本には約400年前に伝わったと言われています。

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e3%80%80%e5%8a%b9%e6%9e%9c

馬油は様々な用途があるためすべての女性に知って頂きたい成分です。馬油は美容や健康に興味をもつ方をはじめ、多くの女性に一度は試してほしいアイテムです。

馬油を塗ることで肌に潤いを与え、小じわを軽減する効果があります。また、ニキビの改善、生理痛、抜け毛や冷え性にも効果があります。

皮膚病の改善にも効果があるとされています。またやけどの痛みを取り除き、傷跡を残さない効き目もあります。

さらに、化粧かぶれ、おむつかぶれ、床ずれ。その他に、しもやけ、ひび、あかぎれにも効果抜群です。水虫、かゆみ、虫さされにも効きます。

痛みの効果では、打撲、打ち身、捻挫、むち打ち。腰痛、神経痛、膝の痛み、頭痛にも効き目があります。

その他に不快な症状の効果として花粉症、中耳炎、風邪、ぜんそくにも効果があります。

馬油は様々な用途に使用することができるため、薬のような存在として活用できます

なぜ馬油は人の肌に良いと好評なのか?

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e5%8a%b9%e8%83%bd

①浸透力

馬油は人間の皮脂に似た成分なので、肌に馴染みやすいです。初めて馬油を使用する方は、塗った直後はべたつく感じがありますが、しばらくするとびっくりするほどサラサラになり驚きます。

普通の油の場合、毛穴の奥に入ろうとすると表面張力が発生するので、奥に空気を残したまま皮膚の表面を覆うだけです。ですが、馬油は毛穴の奥のミクロの隙間にまで入り込んで空気を追い出し、そこにしみ込んでいきます。さらに馬油は人間の皮膚の温度で融解します。これも皮膚の奥まで浸透しやすい理由です。

②抗菌、抗酸化

前述したように、馬油は肌の奥深くまで浸透します。そして馬油は肌に潜在する菌を吸い込みます。一度吸い込まれた菌は二度と馬油から逃れることなく消滅します。そのため皮膚炎症や化膿といった病気を防ぐことができるのです。また空気中などのミクロ単位の隙間から発生する菌の居場所を無くすほど浸透するので、外部からの菌の侵入や、肌の酸化を防ぐ役割もあります。肌の炎症にも効果的とされています。

この殺菌作用は細菌を肌の奥にまで入り込ませない様にバリアとなるので、肌荒れを起こしにくくなると言われています。また、症状の程度にもより日数がかかる場合はありますが、細菌性の皮膚病にはほぼ完全な治癒効果があるそうです。ニキビに効果があるのも、ニキビの原因がアクネ菌などの菌によるものだからなのです。

③シミやくすみ、アトピーに効果的

まず、馬油には血液の循環を良くし、代謝を上げる効果があるといわれています。それにより、肌のターンオーバーを助け、シミやくすみなどの肌トラブルを回避・改善します。

これは皮膚の皮下組織にまで浸透した馬油が血管を刺激し、血管が拡張させて血行が良くなる為だそうです。また、皮膚を馬油で覆うことで肌の保湿性や保温力が高まって血液循環がよくなるという考えもあります。

そして馬油は、角質層まで届く浸透力で肌内側のトラブルまで届き、肌の足りない潤いを補助することで乾燥を防ぎ、肌の血行を促進し肌のバリア機能を向上させます。これによりアトピーや炎症を防ぎ、解消することができるのです。

アトピー性皮膚炎になった肌は、極端にバリア機能が低下しています。すると外部からの刺激を受け続けるため、肌内部の水分を保持することが出来ずに乾燥し、かゆみや炎症が続いてしまいます。そしてそれらに伴って発生する活性酸素の影響で、肌はどんどんとダメージを受けていきます。このアトピーの肌に馬油を塗ると、肌の表面に油膜が出来るので、肌を刺激や乾燥から守ってくれます。そして、肌に浸透した馬油の成分が肌の内部で起こっている炎症を鎮め、新陳代謝を促し、肌のバリア機能が正常に行われるように手助けをしてくれるのだそうです。

④天然成分

馬油には化学作用が一切入っていないため、赤ちゃんにも使用できるほど肌に優しく、安全な成分なのです。

<<他社の馬油と違う点>>

これまでの馬油は効果はあるけど、

  • べたつく
  • におう

というマイナス点がありした。しかし、近年そのような欠点がない馬油商品が発売され、人気となっています。

以下、大人気の馬油クリームを3つ紹介します。

「他社の馬油と違う点は?」

同じ馬油でも、国産、輸入物など色々あります。安く生産しようと思えば、成長ホルモンをあたえて飼育すればできます。また国産という表示でも、出荷直前に輸入して一定期間国内で飼育すれば国産になります。 ネオナチュラルの馬油は国産で飼料にまでこだわった馬油だけを使用しています。加工精製の問題です。馬油100%そのままでは不純物が多く、腐敗しやすく、臭いも強くなります。これを防ぐために各社の技術を活用し、酸化しにくく匂いもありません!

馬油の中でも最も有名なのがソンバーユです。小瓶に入っている乳白色のどろっとした液体で、保湿効果に非常に優れた商品です。

これからの季節、何かと皮膚の乾燥が気になりますが、ソンバーユは入浴後、まだ濡れた状態の体に適量を塗りこむと、しっとりとした肌にすることができます。

馬油は人間の肌と相性が良く、しっとりとした潤いが続くので、乾燥肌の人にはもってこいのものになります。

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a6

ソンバーユは濡れた体に少量を伸ばすだけで肌がしっとりとします。馬油ナチュラルミルクローションはポンプから適量を出して、体全体に伸ばします。どちらかというと、ソンバーユの方が徹底的に乾燥肌に潤いを与えるというような感じで、馬油ナチュラルミルクローションはさっぱりとした感じです。カサカサした肌に塗るとしっとりとして潤いが与えられるので、これからの季節は何かと乾燥しますので、使い心地がいいと思います。

実際にソンバーユを塗ってみると、本当に肌がしっとりして、ガサガサしていた肌がすべすべになります。馬油ナチュラルミルクローションはもっとさらっとしていて、夏場の潤い補給に向いています。ポンプ式なので、衛生的で、必要な分量だけ出すことができるので、便利ですし、経済的でもあります。

かかとのガサガサにはソンバーユの方がしっとりとして向いていると思います。

ソンバーユは天然の油なので、人の肌にしっとりと馴染んで乾燥肌を守ります。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

実際に、筆者はネットで馬油を購入し塗っていますが、口コミでも馬油の評判は、とてもいいようです。いろんな馬油が販売されていますが、アロマの香りをプラスした癒し効果のある馬油商品、使いやすいように、チューブタイプの入れ物で販売されたものなど、昔ながらの瓶に入った商品など馬油は、たくさんの種類が販売されています。

良心的な会社は、初回お試しセットといった、少量を低価格で販売してくれます。

筆者も実際に利用させてもらい、手になじんだ馬油を継続して購入し使用しています。そのような初回お試しを利用して、手になじむかどうか試してみるのも賢い選択肢の一つではないでしょうか。

馬油は、古い時代から薬としても重宝されてきました。自然の成分でできた馬油をぬれば、毎日の水仕事による手荒れから解放されることがかなり期待できます。

手荒れに悩む女性の方、ぜひ馬油を塗って、つらい手荒れとさようならしませんか。

スポンサーリンク