浮腫み(むくみ)が解消する食べ物と飲み物の摂取方法【足や顔にも効果的】

長時間同じ体勢で仕事していて、夕方になると脚が冷え、パンパンに浮腫んでしまうという悩みを持つ女性は多いかと思います。

特にふくらはぎから足の先にかけてが浮腫むと、酷い時には歩くのも痛くなってしまうという人もいらっしゃるかと思います。浮腫みを解消することが出来れば、夕方になると靴が入らなくなってしまったり、脚が痛くなったりすることから解放され、おまけにダイエット効果も得ることが出来ます。その浮腫みを解消するには、体内の塩分濃度を下げることがとても効果的です。

「浮腫みや冷えを治したい」、「体を細く見せたい」という方にお勧めの、浮腫み解消方法についてご説明しましょう。

1.浮腫みを解消するために気を付けたい食べ物

%e3%82%80%e3%81%8f%e3%81%bf%e9%a3%9f%e3%81%b9%e7%89%a9%e9%a3%b2%e3%81%bf%e7%89%a9

「体内の塩分濃度を下げることが、むくみ解消に繋がります!」

体内では塩分濃度を常に一定にするため、その塩分に見合った水分も蓄えられます。

塩分が多いと体は「もっと水分が必要」と思い、水分を溜めこみます。それが浮腫みの発生原因です。体が沢山の水分を蓄えることで、一時的に体の一部が太くなることがあります。時には血管が圧迫され、血行が悪くなることで冷え性を促すことさえあります。

浮腫みは重力の関係で体の下の方に発生しやすいため、特に脚が浮腫み易いのです。体の塩分濃度が下がれば浮腫みは解消されますし、動脈硬化や高血圧等の予防にも繋がります。

では体の塩分濃度を下げるには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

塩分を控える方法

1.カリウム

%e6%b5%ae%e8%85%ab%e3%81%bf%e8%a7%a3%e6%b6%88%e6%b3%95

塩分濃度を下げるために出来る対策の一つとして、カリウムを摂取することが一番おすすめです。

カリウムには、体に不要な水分や毒素等を体外へ排出する働きがあります。カリウムを摂ると、体に多く溜め過ぎた塩分と水分が、尿となって外に出ていきます。それだけでなく、体に悪い物質も出ていくので、デトックス効果も期待出来ます。

では、おすすめ食材を3つご紹介します。

  • ①果物
  • ②夏野菜
  • ③豆類

の順です。

これらの食材は、体内の余分な塩分を外に出す働きのあるカリウムを豊富に含み、利尿作用が高いという共通点があります。

①の中でも特にお勧めなのはスイカ。他にもアボカド、バナナもカリウムを多く含んでいます。スイカがスーパーや八百屋など店頭に出回る時期は限られているので、手に入りにくい季節はバナナやアボカドを探してみてください。バナナならコンビニでも買えますね。

②はゴーヤ・キュウリ・トマト・冬瓜など。中でもトウモロコシは、普段食べる実の部分だけでなくひげの部分にもカリウムを多く含んでいます。「ひげなんて食べないよー」という方、ご安心を。「トウモロコシのひげ茶」なら、取り扱っているスーパーもあります。夏以外の時期だと手に入りづらい食材やお値段が高くなってしまう食材もありますが、お茶ならその点をカバーできます。

ただ、1,2、の弱点は「体を冷やす」効果もあることです。カリウムだけではなく水分を多く含んでいたり、南国原産の食べ物で体の熱を取る作用が強かったり、と、むくみの原因ともなる「冷え」を誘発する恐れもあります。食べ過ぎにはご用心くださいね。

そこで③豆類の登場です。

和菓子に用いられる小豆や白花豆、お豆腐・納豆・豆乳など食卓で大活躍の大豆など、豆類は種類豊富です。でも乾物なので「もどす」手間が必要だったり、料理のレパートリーが広がりにくかったり、ちょっととっつきにくいのも確かです。水煮のものならスタンドパックとしてスーパーやコンビニで手に入ります。サラダコーナーを覗いてみてください。また、おつまみの名脇役である枝豆なら手に取りやすく、気軽に食生活に取り入れられるのではないでしょうか。

その他ポイント!

素材そのものを買ってきて料理するだけではなく、市販のお惣菜や冷凍食品、コンビニのサラダやお菓子でこれらを取り入れるのも賢い方法です。ただ、「ピーナッツ」などの「豆菓子」は「豆類」ではなく「ナッツ」、「堅果類」で別物なので注意してください。また、水分や塩分を控えたり、体を冷やさないよう気を付けることも重要です。

紹介した食材は、「食べればそれだけでむくみが解消する」という訳ではありません。でも、困ったときのお手当食材として覚えておくと、いざというときに役立ちます。むくみに困っている方は是非試してみてくださいね。

以上のように、カリウムは、バナナやアボカド、ホウレンソウ、きゅうり等の果物や野菜、海藻類や煮干し等の魚介類に多く含まれています。日常的にこれらを意識して多く摂取すれば、浮腫みの解消を促すことが出来ます。

2.旨味成分で味を補う

%e3%82%80%e3%81%8f%e3%81%bf%e8%a7%a3%e6%b6%88%e6%b3%95

また、食事自体の塩分を下げるのも効果的です。しかし、塩分が無く薄味過ぎる食事では美味しくないという方もいると思います。そこで、スパイスや旨味成分で味を補うと、塩分が少なくても美味しい食事を作ることが出来ます。例えば、味噌汁を作る時は出汁用のかつおや昆布から取った出汁を入れれば、出汁の旨味のお陰で、味噌が少なくても美味しく感じます。

野菜や肉の炒め物にしても、塩分が含まれていないカレーパウダーコショウを加えれば味のアクセントとなり、香りもつくので、塩分が少なくても味が濃く感じられます。食事に塩を全く入れないという方法もありますが、それが難しい場合は、このような食事に塩をいつもより少なめに加えて作ることをお勧めします。

塩分控えめ生活のポイント!

%e3%82%80%e3%81%8f%e3%81%bf%e8%a7%a3%e6%b6%88%e6%96%b9%e6%b3%95

私自身、カリウムを多く摂り(バナナを1日2本食べるようにしました)、塩分の少ない食事をするという食生活を実践しました。すると期待通り、体の浮腫みは解消され、仕事で長時間座っていても、それまでのように夕方には足がパンパンになってしまうことも無くなり、脚が軽いまま帰宅出来る程になりました。

しかし、食事に全く塩を入れない生活をした時は、それを2日続けると立ちくらみがしたり、体がだるいと感じたりすることがあり、貧血の症状が見られました。食事に塩を全く加えない方法を取る場合は、貧血を防ぐため、最長でも3日以上は続けないようにしましょう。

浮腫みは体の塩分濃度が高いサインでもあります。体が塩分を摂り過ぎていると感じたら、食生活を見直し、塩分を排出させたり塩分の少ない食事を心掛けるようにしましょう。しかし、塩分は体に必要な栄養素でもあります。塩を完全に断ってしまうのではなく、無理のないように塩分控えめな食生活をおくりましょう。

②浮腫みを解消するために気を付けたい飲み物

女性の場合、むくみを気にしている人やダイエットを行っている人の中には、水分の摂取を控えるようにしている人も少なくありません。しかし、それは、大きな間違いなのです。

ダイエット中という事で、運動を取り入れているにも関わらず、水分の摂取を控えてしまうと結果、熱中症など大変な事態になる事も考えられます。また水分と言うものは、人が生きて行く中で非常に大切なものです。そんな水分を必要以上に控えるといった行為は命にかかわる場合も十分に考えられます。

そのため、水分は正しい方法で摂取する事がとても大切になります。

さらに肌のためにも水分を摂取することは大切です。

肌ケアを行う際、使用される化粧水。肌に潤いを与えるためには、必要不可欠なものとなっていますが、肌のうるおいケアには、化粧水だけでは十分ではありません。外から潤いを与えると同時に、体の内面からも潤いを与える事が大切なのです。

そんな潤いに必要なのが水分の摂取なのです。水分摂取を怠る事で、肌はかさつき、化粧ノリも悪くなってしまいます。そのため、女性にとって、肌の事を考えても、水分摂取と言うものは、非常に大切なものだと言えるのです。

適切な水分摂量

水分摂取と言っても、何も飲み物だけが水分摂取方法とは限りません。日々の食事の中からでも水分を得る事ができます。

食べ物の水分量を指し引き、飲み物として摂取しなければいけない水分量は、「1日約800~1,300mlほど」です。また、激しい運動をした日や汗を多くかいた日などは、これ以上の量の摂取が必要で「約1,800ml」が理想となります。

<<水分摂取する際のポイント!>>

水分を摂取する際、適当に摂取すれば良いというわけではありません。水分の摂取には適切な時間帯があり、

  • 起床時
  • 就寝時
  • 3回の食事
  • 入浴の前後
  • その他の喉が渇いた時間

となっています。

これらすべての回数で1回200mlずつ、コップ一杯程度が理想です。そのため、同じ量でも一気にコップ何杯も飲むのではなく、こまめに分けて飲んでいく事が大切なのです。もちろん、運動などをした後、喉が渇いているような場合は、コップ一杯の量で足りないと感じる場合が多くなります。そのような際は、欲しいと思う量を飲んでもかまいません。

とにかく、上記のような目安は、あくまでも、水分の摂取を控えている人に行って欲しい、水分摂取方法となっています。少しずつ、摂取する事が大切だと言えるため、とにかく、こまめに水分を摂ると言った習慣を身に付ける事をお勧めします。

以上のように水分を摂取すると言う事は、人が健康的に暮らしていく為に欠かす事ができない事となっています。その上で、女性の場合、肌に与える影響も大きい事から、決して、ダイエットだからなどと言った理由で、水分の摂取を控えるような事だけは避けるべきだと言えるのです。

私とむくみと飲み物

白湯 冷え性 女性

いつからか人よりも寒がりになってしまい、年を重ねていくうちに、年中寒さ対策を日本でとっていた私でしたが、結婚して住むようになったのがバンコクでした。

世界中から休暇を楽しみにくる観光王国。雪が降ることが当たり前の都市で育った私には寒さから抜け出すチャンスとさえ考えていました。ところが移住して早々買ったものといえば、カーディガンにストールと寒さ対策に必要なものばかり…。常夏のバンコクですが室内はとんでもなく寒かったのです!

バンコクに住むタイ人は暑さに強いと勝手に思っていましたがどうやら感覚は、私以上に暑さを感じるらしく、室内ではこれでもか!という位に温度を下げてしまっています。

そういうわけで、ここでも冷えとの戦いが待っていました。これから冬がくる日本ですが、常夏の国なのに日本よりも寒さ対策が必要な今の私の生活で、万全な冷え性対策をお伝えさせていただきます。

私がオススメする方法は白湯と常温のお水を飲むことです。

「かなりシンプルですが、抜群の効果がありますよ!」

*冷たい飲み物では、体が冷えてしまうことで、代謝の働きが落ち、むくみに繋がります。

本来血の巡りが悪く感じたり、浮腫みが激しい方に冷え性が多いのですが、私の場合は冷え性のとき体が常にダルく感じてしまいます。

そこにアルコールやジュースなど、砂糖がたくさん入った飲み物を飲むと体の中はますます循環が悪くなります。暑いと尚更甘さが欲しくなりますが、経験上、むくみを増す事に繋がります。体をフラットな状態に戻すまた、保つのに最適なのが、白湯と常温のお水です。

氷の入った冷たいお水は、体を更に冷やしてしまう為私は極力避けています。夏の日にキンキンに冷えたお水やお茶は尚一層美味しく感じますが、美容という面からは体を極端に一瞬にして冷やしてしまう恐れがあります。体には負担になります。ですので、白湯と常温のお水で常に体の中をキレイに巡りよくしてあげるのです。

効果には、冷え対策以外にも熟睡出来るようになった点と肌が明るくなった点があります。冷え症の時には、寝つきが悪く、顔色が悪いと常に言われていましたが、どうやらこれも今思えば冷え性からきていたものだったみたいで。今は熟睡し、翌朝の顔色も幾分明るいです。

白湯 冷え性

白湯と常温のお水の上手な飲み方は、

  1. 朝一は白湯で体を目覚めさせ、
  2. 日中の水分補給は全て常温のお水、出来るだけ小まめに飲み、
  3. 寝る前には白湯で体を温める。

本当は白湯がベストですが、お風呂上がりなど暑すぎと感じる際は常温でも全く大丈夫です。

本当にこれだけで改善します!まず寝つきが違うと実感できると思います。体も末端まで温かくなり、自分の持っている体温で温かくなる感覚です。

実は60歳を超えた母にも白湯と常温のお水での生活をオススメして実践してもらってます。なかなか寝つきが悪く、冷え性な為、寝る時も靴下が手放せなかった母が今は寝つきが大分いいみたいで、一度に長く眠る事が出来るようになったとか!

もちろん今は靴下など付けずにぐっすり眠れているそうです。

とっても些細な習慣で、人はキレイになるし、太ってしまったり、病気になったりするものです。自分の体にとって何が1番快適であり、過ごしやすいのかを改めて考えることも大事だなんだと思います。

③浮腫みの解消をサポートするサプリメント

「なぜ体がむくんでしまうのか?」

⇒むくみの主な原因は足や手に水が溜まってしまうことです。

むくみ 口コミ

そして水が溜まりやすい体になってしまう原因は3つあるとされています。

  1. インスタント食品やスナック菓子など塩分と水分のバランスが崩れた「食生活」
  2. 代謝悪化の「運動不足」
  3. 暴飲暴食、睡眠不足などの「不規則な生活」

つまり足、手、顔などのむくみを解消したければ、上記の3つを改善すれば良いのです!

  • 毎日ウォーキングや筋トレ運動
  • 毎日湯船につかってストレッチ&マッサージ
  • 間食禁止!
  • 早寝早起き
  • 毎日カルシウムやビタミンなど栄養たっぷりの食生活を送る

・・・

これを知った時、私は素直に、

「できない!!」

と感じました。

“だって仕事が忙しいんだもん!”

“疲れてるし、食べ物だけは好きなもの食べたい!”

「皆さんは続けられますか?」

⇒実際に働いていたり、家事で忙しかったりすると、難しいですよね。

そんな女性にピッタリなのが、

『するるのおめぐ実』というサプリなんです

口コミ するるのおめぐ実

むくみ解消のサプリメントに「するるのおめぐ実」というものがあります。

するるのおめぐ実とはむくみ解消のサプリメントです。立ち仕事が多い女性やなんだか体がむくんで困るという人にぴったりのサプリメントです。厳密に言うとサプリメントではなく「食品」なのですが、それはするるのおめぐ実が「実」で出来ているからです。むくみを取りたいと思っている女性には嬉しい効果がびっしり詰まっています。

足がパンパンになってしまって困っている人やダイエットがなかなか効果が現れないというような人はむくみが原因です。するるのおめぐ実は赤ぶどう葉、明日葉、トウモロコシのひげなどの食物成分でできているので安心してむくみ対策に飲むことができます。

<<どのような効果があるのか?>>

するるのおめぐ実は体全体のむくみに効果があります。太っている原因が実はむくみだったりするのです。そんな時にするるのおめぐ実を飲むとすっきりとして、むくみが取れます。

お薬ではなく「食品」ですので、いつ飲んでもいいですし、気になる副作用もありません。

赤ぶどう葉には赤ワインの100倍〜300倍のポリフェノールが含まれているのです。それを聞いただけでもいかにするるのおめぐ実がすごいかがわかります。血液をサラサラにする効果があり、ほっそりを実感することができるのです。それに、八丈島産の明日葉がもっとサラサラを実現させます。ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に入っている明日葉が巡りを良くして、むくみ解消に働きかけます。

<<するるのおめぐ実がおすすめの理由は?>>

①赤ぶどうに含まれるポリフェノールの働きで、体の流れをスムーズにします。

するるのおめぐ実 口コミ 2016

②ミネラル、ビタミン、食物繊維など豊富な栄養成分を含んだ明日葉で健康的な体に。特にカルコンという成分が、スムーズに体が流れるようサポート。

するるのおめぐ実 口コミ むくみ解消

③とうもろこしの髭に含まれるカリウム。この成分が体の巡りを良くする働きがあります。

するるのおめぐ実 口コミ むくみ

④食生活の乱れにより発生する悪玉菌をやっつけキレイな体にする乳酸菌も配合。

するるのおめぐ実

植物由来の成分配合でお薬ではなく健康食品なので、副作用もなく、また、飲むタイミングも自由に調整していいので、とても飲み易いです。飲み始めの1~2ヶ月くらいは1日4錠飲むのが勧められます。朝2錠、夜2錠の合計4錠です。朝飲むと夕方のむくみを解消しますし、夜飲むと翌朝の顔パンパンから脱することができます。

最初の1〜2ヶ月は1日2錠を2回の計4錠を飲むと効果をより一層感じることができます。その後は1日2錠でスッキリを実感することができます。食品ですので、いつ飲んでもいいですし、飲み合わせなどを気にすることもありません。
最初の1〜2ヶ月は朝2錠でその日のむくみをサポートして、夜2錠で翌日の朝のむくみを解消させるのに効果があります。

するるのおめぐ実を飲むことによって、女性はむくみが取れてスッキリとした体型になることができますし、冷えの解消にもなるのです。冷えがむくみの原因になることもわかっていますから、冷えを取ることでむくみ解消になるのです。巡りを良くすることで冷えを解消してむくみをなくすことができます。

飲むタイミングは特に決まっていませんが、むくみが気になる時と逆の時間に飲むと効果があります。例えば朝、パンパンが気になるという人は夜飲んだ方が良いですし、夕方パンパンが気になるという人は朝飲むと良いでしょう。食品ですから、いつ飲んでも大丈夫なのです。

私の口コミ

%e6%b5%ae%e8%85%ab%e3%81%bf%e8%a7%a3%e6%b6%88%e6%96%b9%e6%b3%95

私はするるのおめぐ実を飲み始めてから、手をグーにした時のむくみを感じなくなりました。そして立ち仕事をした後に、それまでスネを押すとへこんでいたのですが、そのへこみがほとんど目立たなくなりました。さらには疲れも変化しました。むくみを感じていた頃は下半身が重くてだるかったのですが、それがなくなったのが何より嬉しいです!

午後になると指輪がきつくなって、石鹸をつけないと指輪が指から取れなかったのですが、するるのおめぐ実を飲むようになってから、指のむくみもなくなりました。足も午後になるとむくんで靴が痛くなることが多かったのですが、それもなくなりました。足のむくみは深刻で、着圧ソックスを履いたりしていましたが、いまいち締め付けているだけで効果を感じませんでした。

その他のするるのおめぐ実の口コミ

するるのおめぐ実 口コミ 効果 するるのおめぐ実 口コミ 効果 最新

体がむくんでいると洋服のサイズも大きめを買わなければならないことがあります。むくみを解消するとサイズダウンにも効果があるのです。顔がパンパンにむくんだり、足がパンパンにむくんでブーツがきつくなったりしている女性がするるのおめぐ実でむくみを解消してダイエットにも効果があったと言っています。それだけ、むくみはスタイル保持にも影響を与えるのです。朝2錠飲むだけで、むくみやすい夕方でも足がパンパンにならずに済むのです。

初回限定980円(送料無料)!!

通常価格3,240円が初回限定1袋980円でご注文できます。70%OFFです!!さらにコンビニ決済、クレジット決済の手数料も無料です!!

1袋62粒、1ヵ月分入っています。

さらにさらに、今ならハッピーになれるハッピーブックとマッサージブックも付いてきます♪

するるのおめぐ実 口コミ 効果 最新

女性にとってむくみは見た目だけでなく疲れにも影響を与えているので、サプリメントでむくみをとることが大切です。ズボンやスカートが入らなくなったり、きつくなったりするのは、太ったせいでなく、むくみが原因だということも多いのです。むくみをとって、スラリとした自分になることがとても大事ですし、スリムな自分を手に入れられるのです。

⇒公式ホームページ:するるのおめぐ実


まとめ

下半身や顔のむくみに悩んでいる、という女性は少なくありません。「冷えが気になる冬場は、他の季節よりむくみやすくなる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。マッサージやサプリメントだけではなく、身近な食べ物でむくみケアを試みてみませんか?

手に入りやすい食材を使ってむくみを軽減・解消できるなら、経済的にも助かるし、簡単で続けやすいし、と、メリットは少なくありません。「これを食べれば何とかなるかも」と思える「お守り」のような方法を知っていれば、精神的にも大きな支えになります。

スポンサーリンク