無添加化粧品(オーガニックコスメ)の選び方とおすすめ人気ブランド

「無添加」という化粧品が増えています。食品でも、防腐剤や着色料などが使われているものは体への影響が心配で、無添加だとよいイメージがありますよね。化粧品の場合も、無添加だと何となく肌によいイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし、無添加だから安全とは限りません。

2001年の薬事法改正により、化粧品に配合されている成分をすべて記載することが義務付けられました。それまでは、「化粧品表示指定成分」と呼ばれるアレルギーなどの危険性がある103種類の成分のみを表示する義務がありました。この中には、香料、着色料、防腐剤、界面活性剤などが含まれています。これらの成分は現在は「旧表示指定成分」と呼びます。

無添加化粧品とは、これら103種類の成分を含まないものをいいます。

香料、着色料、防腐剤、界面活性剤などは肌に刺激を与える成分で、肌に刺激が加わることで肌のバリア機能が低下をして、肌トラブルを引き起こす可能性があります。しかし、無添加だから安全というわけではありません。

無添加といっても何の成分が無添加なのか製品によって違います。103種類の旧表示指定成分がすべて無添加なのではなく、香料だけが無添加、着色料だけが無添加ということもあります。香料は無添加だけれど合成界面活性剤を使用していれば、肌に負担がかかることでしょう。

また、防腐剤を使用しないと化粧品にカビが生えたり菌が繁殖する可能性があります。劣化した化粧品を使用すると肌トラブルの原因になります。

無添加化粧品の選び方

無添加化粧品は選び方に気をつけましょう。きちんとした製品なら肌への負担が軽減することが期待できます。

化粧品に使用される成分は、植物系、動物系、石油系に分けることができます。気をつけて欲しい成分が石油由来成分です。

石油系原料は安く大量に作ることができるので、化粧品に配合されることが珍しくありません。しかし、肌への影響が出やすいので、肌が弱い方は使用を控えるとよいでしょう。石油を原料にしている成分には、フェノキシエタノール、鉱物油、パラベン、パラフィン、安息香酸Na、○色○号といった色素などがあります。発がん性が指摘されたり、ホルモンバランスを崩すといわれる成分もあります。

※ポイントは、「無添加」と記載されているからといって安心せず、必ず原料を確認するようにしましょう。

文字が小さくてわかりにくいかもしれませんが、何が無添加なのかは確認しないとわからないので、きちんと確認をすることが大切です。防腐剤無添加の化粧品はカビが生える危険があります。そのため、小分けにされているものを購入することがおすすめです。小分けでない場合は冷蔵庫で保管をして、早めに使い切りましょう。

選び方に気をつけた無添加化粧品を使用していれば、肌への負担が軽減して肌トラブルの改善が期待できます。無添加といっても何が無添加なのか製品によって違うので、原料をよく読んで確認をして選びましょう。

肌荒れが気になる人に無添加(オーガニック)コスメがおすすめ!

毎日丁寧にケアをしているのに肌の調子がいまいち、こんな方にはオーガニックコスメがおすすめです。

オーガニックコスメとは、有機栽培の植物原料を使用した化粧品のことです。肌の刺激になる化学物質を含まない化粧品も多く、敏感肌や肌荒れで悩む方でも使用できるといわれています。

肌の負担を減らすことで、健やかな肌に近づくことが期待できます。

『オーガニックコスメには、ケミカルコスメにはないメリットがあります。』

ケミカルコスメには、パラベン、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料などが配合されていることが少なくありません。こういった成分は肌の負担になり、肌を保護する役割があるバリア機能を低下させます。バリア機能が低下をすると、外部刺激に敏感になったり、肌が乾燥をしやすくなり、さまざまな肌をトラブルを引き起こします。

オーガニックコスメにもいろいろとありますが、合成界面活性剤や合成着色料などケミカルの成分を配合していないものが多くあります。肌の負担を減らすケアを続けることで肌本来の力が高まります。

オーガニックコスメを使用しても、すぐに肌の変化を実感できないかもしれません。しかし、使い続けることで肌本来の力が戻り、肌トラブルの少ない状態に近づくことが期待できます。

オーガニックコスメのポイント

日本にはオーガニックコスメの定義がなく、成分の一部にオーガニック成分を配合していればオーガニックコスメということができます。そのため、日本の製品の場合はケミカル成分が配合されていることがあります。

海外ではオーガニックコスメの定義があり、エコサート、ネイトゥルー、USDAといった認証制度が存在しています。これらを取得するためには厳しい基準をクリアする必要があります。こういったものを取得しているオーガニックコスメを選ぶことがおすすめです。

植物成分は安全なイメージがありますが、アレルギーを持っている方にとっては危険な成分になります、たとえば、大豆にアレルギーを持つ方が、大豆成分配合の化粧品を使用すればアレルギー反応が起こります。どのような成分を使用しているのか、よく確認をしてください。

またオーガニックコスメにも、乾燥肌用、ニキビが気になる人用など、肌の悩みにあわせた製品があります。きれいな肌を作るためには、肌の悩みに合った化粧品を使用することが大切なので、悩みにあったものを選んでください。

日本にはオーガニックコスメの基準がないので、日本のコスメを選ぶときには、どのような成分が配合されているのかよく確認をしましょう。

オーガニックコスメにはケミカルコスメのような劇的な変化は期待できませんが、使い続けることで徐々に肌の状態がよくなる働きが期待できます。そして、肌の負担が少ない特徴もあります。毎日ケアをしているのに肌荒れが気になる方は、オーガニックコスメを使用してみてはどうでしょうか。

無添加(オーガニック)コスメのおすすめ国産ブランドは「HABA」と「HANA」

名前は似ていますが、違うブランドです。どちらも天然素材100%で作られており、今年大人気のブランドです。

①HABA(美容オイル)が人気!

ハーバーのスクワランオイルは、天然由来100%でできているので、浸透力がすごい!

水のようなサラリとしたテクスチャーで、少量でもあっという間に広がり、肌の奥まで浸透します。

1番小さい15mlのものでも3ヶ月使用でき、コスパが高いと好評なんです。

口コミ

⇒ホームぺージ:ハーバーのスクワランオイル

②HANA(UV美容乳液)が人気!

「くすみのある肌を、艶やかにみずみずしく、血色のある肌にしてくれます!」

HANAは、石油由来成分を一切使用していない天然100%のオーガニックコスメブランドです。酸化チタンなどのミネラル成分もアミノ酸でコーティングし、直接肌に触れないようにとことんと「肌への優しさ」を考慮しています。

また近年注目されている「色ではなく、光を利用」することで、ファンデーションでは作ることができない透明感&血色感を出しました。

口コミ

ホームぺージから注文すると、すごいお得なトライアルが試せます。

UV美容乳液を含めたクレイ洗顔、化粧水、美容液、UVベースの5点、7日間試せるトライアルセットがお得です!可愛いパッケージに入って届きます♪

1,480円と56%オフです!

⇒ホームぺージ:HANAオーガニック(ブライトニング)



スポンサーリンク