玄米にダイエット効果、デトックス効果がある理由【食べない方が良い人の特徴も】

玄米を食べて健康と美容を手に入れよう!

みなさん、お米、食べていますか?

「毎日、白米を食べているよ」という方、「我が家はパン派!」という方など色々な方がいらっしゃると思います。

ここで、注目して頂きたいのが、玄米です。健康志向の方は取り入れていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。最近では、おしゃれなカフェでも玄米を出しているところがたくさんあり、口にする機会も多くなってきました。しかし、「なかなか自分の家では食べないなぁ…」という方も多くいらっしゃることと思います。

今回は、あまり普段玄米は食べない方でも「明日から玄米ご飯を食べてみよう!」と思えるような、玄米の持つ素晴らしい健康パワーをご紹介したいと思います。

玄米の素晴らしい効果

どうして玄米は体に良いと言われているのでしょうか。

こう聞かれると意外と答えにくいものですよね。何となく体に良さそう、というイメージしか沸かない方も多いのではないのでしょうか。

玄米は私たちの体に役立つたくさんの素晴らしい健康効果を持っています。

まず、玄米には、白米の約5倍もの食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内環境を整え、お通じを助けてくれます。便秘がちの方にはとても嬉しい効果ですね。

また、玄米は、白米に比べて噛み応えがあるため、咀嚼数が増えます。人間は咀嚼することによって、脳の満腹中枢がしげきされます。つまり噛む回数が増えることによて、普段よりも早くお腹が満たされたと感じるようになるのです。これは、食べ過ぎ防止に役立つため、ダイエットにも効果的です。

さらに、玄米にはフィチンという成分も含まれており、これは食品添加物などの私たちに有害な毒素を排出してくれる働きをしてくれます。つまり、玄米は、食物繊維と合わせて素晴らしいデトックス効果を持っているのです。整った腸内環境は、便通を良くし、美肌に役立ちます。さらに、体内から余分なものを排出して病気を防いでくれるのです。

このように、玄米を食べることによって、私たちは素晴らしい健康・美容効果を得ることができるのです。

玄米の食べ方

玄米は、白米と同じように頂くことができます。

玄米は炊くのが難しいと思われがちですが、最近の炊飯器には玄米コースがあり、白米と同じ感覚で手軽に炊くことができますよ。また、圧力鍋を使えば、さらに美味しくもちもちとした仕上がりになります。土鍋で炊くのに慣れていらっしゃる方は、土鍋でもとても美味しく炊くことができますよ。

もちろん、そのまま頂いても美味しいですし、お米料理に玄米を用いるのもお勧めです。リゾットに玄米を用いると、リゾットはドロッとした感じが少なくなり、本場のリゾット米のように芯のある美味しいリゾットができます。チャーハンに使用してもパラパラと仕上がり、とても美味しいですよ。

このように、玄米はとても手軽に取り入れることができるので、ぜひ試していただきたいです。

玄米を食べるときのポイント

普段なら私たちに嬉しい効果をもたらしてくれる玄米ですが、食べるのをおすすめできない場合もあります。

玄米のデメリットとして、白米に比べて消化しにくいことが挙げられます。病気のときやお腹の調子が悪いときには消化の良いものを食べることが大切なので、玄米はこのような場合には適していません。

また、先ほど挙げたフィチンはミネラルと結合しやすく、体に必要なミネラルも救出して体外に出してしまう、とも言われています。普段から貧血に悩まされている方は玄米の食べ過ぎで貧血が悪化する場合があると言われているので注意する必要があります。健康なときには玄米の良い効果を十分に得ることができますが、お腹の調子が良くないときなどはかえって調子を悪くしてしまうかもしれません。

自分の体調と相談して、上手に玄米に玄米を取り入れていきましょう。

このように、玄米は私たちの健康や美容に効果をもたらしてくれる素晴らしい食品です。どこでも簡単に手に入りますし、調理も簡単です。

ぜひ、いつもの食事に玄米を取り入れて、美味しく健康や美容を手に入れて下さいね。

スポンサーリンク