目と目の間隔が広いと悩んでいる人におすすめ!近くするメイク方法

メイク

「整形ではなく、メイクで目と目の感覚を近づける方法を紹介します!」

こんにちは。今日は目と目の間隔が広くて悩んでいる方向けのアイメイクを紹介したいと思います。

何を隠そう私自身が、目と目の間隔が広く、長年にわたってこのメイクを研究してきました。

かなりのコンプレックスで、整形を考える程思い悩んでいる時期もありましたが、今はこのメイクが定着し、だいぶコンプレックスも軽減されました。

このメイクのポイントは5つあります。

①目の堀を深く見せる

1つ目のポイントは、目の堀を深く見せることです。

まず、アイホール全体にパールが入った薄めの茶色のアイシャドウをのせてください。

アイホールは目を指で軽く触れた時に窪む部分です。もともと堀が深い方は全体にアイシャドウをのせても堀が深く見えるのですが、堀が深くない場合は、眉尻に近い骨の部分には、アイシャドウをのせないようにし、眉とアイホールの隙間を作ることによって自然と影があるようにみえる効果があります。

②二重幅のアイシャドウの乗せ方

そして、2つ目のポイントは、二重幅のアイシャドウの乗せ方です。

中央からアイシャドウをぼかすのではなく、鼻筋に近い部分を濃く、外側に向かって薄くのばすようにしましょう。

顔の中央側にポイントを置くだけでグッと目が鼻筋に近く見えるよような錯覚を生むことができます。

③アイライナー

そして、3つ目のポイントは、アイライナーです。アイライナーは、細く濃く引くことが重要になるため、細めのリキッドアイライナーがお勧めです。

アイライナーは、目のキワ部分に細く引きます。この時、目頭切開ラインを入れることが、このメイクの最大のポイントです。

目頭切開ラインとは、目頭を少しはみ出してラインを引くことです。はみ出して書く長さは、あくまでも1ミリから2ミリくらいがお勧めです。あまりにも長く描いてしまうと、不自然に見えてしまうので、鏡を見ながら、自然に見える位置で書き留めるようにしましょう。

そして、目尻のラインは目尻からはみ出ない位置で書き留めるようにすると、ポイントが顔の中心に集まり、より目が鼻筋に近づいて見えますよ。

目の下のアイライナーは、ペンシルタイプで薄くキワにいれます。濃く目全体にラインを引くと目が小さく見えてしまうので、薄くまつげの隙間を埋める間隔で引くようにしましょう。

私は、目の下のラインは、目頭切開ラインとは繋がらないように、少し隙間を開けた部分で書き留めています。

目頭切開ラインと繋げて書くと、少し若めのメイクの印象を与え、離して書き留めると、落ち着いたメイクの印象を与えるので、年代に合わせて引くようにしましょう。

④眉毛

4つ目のポイントは眉毛です。眉は目頭より少しはみ出して鼻筋に近づけて書くように心がけましょう。

ここまでのステップを踏むだけで、目の間隔がいつもよりだいぶ狭く見えるようになります。

⑤ノーズシャドウ

そして、最後の5つ目のポイントは、ノーズシャドウです。

シェードカラーを鼻筋のわきの部分を目頭から目の横まで入れます。そして、ハイライトを鼻筋に軽くのせましょう。

シェードカラーもハイライトもあまり濃く入れないほうがより自然見え、顔に馴染みやすくなります。

ノーズシャドウのやり方

鼻筋が通ったような効果があります。美容整形などをしなくても、鼻筋が通り、鼻が若干高くなったような錯覚を与えます。すーっと通った鼻筋により、顔がシャープになるので、鼻が低いと悩んでいる女性や、もっと顔にメリハリが欲しい女性にぴったりのコスメです。

 

眉毛はパウダーで自然な感じに形を整えることができます。眉毛から目頭にかけてアイブローパウダーとノーズシャドウパウダーのダブル使いで自然な立体感を得ることができるのです。

このようなメイク方法を、メリハリ(立体感)メイクと言います。

小顔メイク メリハリ

顔にメリハリ(立体感)をつけることで、小顔効果や美人効果を得ることができます。メイクでメリハリを付けるには、2つのメイク術があります。

それは「シェーディング」と「ハイライト」です。

シェーディングとは?

  • シェーディングは、影によって立体感を出します。
  • シェーディングは顔のサイド、フェイスラインに入れるもの。自然なシェーディングを入れられれば、顔にメリハリが出来て小顔効果はバツグン!
  • 輪郭にシェーディングカラーをプラスすると、美肌はキープしながらも引き締まった仕上がりに。立体感も出て、美人顔に見えます。
  • シェーディングはいわゆる”影”です。お肌のカラーよりも暗めカラーを使用する事が大切になります。但し、黒すぎるカラーは不自然になってしまうのでNGですよ。パールが入っていると光ってしまい小顔には逆効果になるためNGと言われています。そして何よりもシェーディングの基本は塗っている事を気づかれてはいけないのです。

ハイライトとは?

  • ハイライトは光によって立体感を出します。
  • ハイライトはTゾーンや頬などの顔の正面に入れます。
  • ハイライトはその名の通りに明るく見せたい箇所に使用するのでカラーは”白”や”白に近いカラー”を使用します。

シューティングとハイライトの効果は?

下の女性の写真を見て頂けると分かると思いますが、シューティングとハイライトのメイク術を使いメイクアップするだけで、こんなにも印象が変わるのです!

小顔メイク 方法

ノーズシャドウはアイブローパウダーとセットになって売っていたりしますのですが、ノーズシャドウとシェーディングが一緒になったものなども売っています。

小顔メイク 立体感

目頭の上のところから、鼻の付け根のところにノーズシャドウを塗ると彫りが深く見えて、顔にメリハリがつきます。あまり濃く塗ると不自然になりますから、様子を見ながら少しずつ塗るといいでしょう。

そしてシェーディングは頬紅の下のところや、エラの部分に影を付けるような感じで入れるといいです。顔にメリハリがつくと、ちょっとハーフっぽい感じの顔に慣れて、美人さんになることができます。メイクひとつでどんなイメージの顔にでもなれるので、メイクを研究すると面白くなってきます。

シェーディングをのせる際の注意

フェイスライン際から塗っていき、内側に向けて薄くぼかしていきます。まず頬骨の一番くぼんだ箇所から塗ります。頬骨に影を入れるだけでも、スッキリとした顔立ちで小顔を演出します。シェーディングは暗めのファンデーションを使ってもOKです。

顔の輪郭によって、シェーディングの位置を少しずらしてやるとより効果的です♪

小顔メイク おすすめ

シェーディングのメイク方法は、顔の形によって少し異なってきます。

丸顔

まず、丸顔タイプの人には、顔の輪郭を縦に見せる効果が必要です。その為には、シェーディングとハイライトを上手く使い分けることが重要です。頬の部分に広く影を付ける事で顔の膨らみを抑え、次に額の中心から鼻筋・目の下の頬・顎にハイライトを入れ、縦のラインを強調します。

面長

面長タイプの人は縦のラインを強調しないようにする事が大切です。シェーディングとハイライトを横長に入れることがポイントでシェーディングは、額の生え際部分・顎に入れていきます。また、額の中心・目の下の頬に横長にハイライトを入れる事で面長の印象を消す事が可能です。

逆三角形

逆三角形タイプの人は、シェーディングとハイライトを活かして丸みを加えて行きます。額の両サイドとあご先にシェーディングを行う事で顔の尖った部分を隠す事が可能です。また、頬骨のあたりにふんわりとハイライトを入れる事で丸みを強調する事も可能になります。

ベース

ベース型タイプの人は、額の両サイドとエラの部分にシェーディングを行い顔の大きさをカバーします。また、額の中心と鼻筋部分にハイライトを入れる事で顔のバランスを整えていきます。

参考記事:

立体感メイクにおすすめ「アイブロウ&ノーズシャドウ」の口コミと使い方

2017.01.06

【2018年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

2017.01.06

少しステップが多いですが、目と目の間隔が気になる方にぜひ試してほしいメイク方法です。鏡で確認しながら、不自然にならないように、自然に見えるメイクを心がけながら、毎日のメイクに取りれてみてくださいね。

スポンサーリンク