眉間のシワにはボトックスの注射が効果あります

額の筋肉の痙攣に寄って、眉間にシワが寄ってくることがあります。眉間にシワがあると機嫌が悪そうに見えたり、老けた感じに見えたりしていいことはありません。眉間にシワが寄ってきたな、と思ったらそれに対処する方法を考えなければなりません。眉間のシワは特に意識しなくても、痙攣で起こっているので、知らない間にシワが寄っていることが多くて、鏡を見てびっくりすることがあります。

眉間のシワには、一般的なシワ対策の化粧品などは効果がありません。他のシワが肌のたるみなどで起こっていて、そのたるみを解消することでシワを目立たなくすることができるのですが、眉間のシワは額の筋肉の痙攣が原因なので、基礎化粧品でのケアでは消えないのです。

眉間のシワを消すにはボトックスと言う痙攣に作用する注射療法があります。しかし、すでにできてしまったシワが完全に消えるということはなく、新しいシワができる予防的な働きになると言えます。ボトックスの注射をすると眉間にシワがよらなくなって、シワが目立たなくなります。

眉間にシワを寄せる癖があったりする場合はとても効果的です。

実際にはボトックスの注射を受けるには、整形外科に行かねばなりません。美容整形外科で診察を受けて、ボトックスの注射を受けます。ボトックスの高価は3ヶ月くらい持ちますので、3ヶ月に1回の割合で注射を撃ち続けることが大事です。ボトックスは時間とともに、消えていくものなので、体に与える影響は少なく、副作用もほとんどありません。

ボトックスには安い韓国製のものと10000円くらいのアメリカ製の2種類がありますが、効果はそれほど変わりありません。大学病院でボトックスの注射を受けると3万円〜5万円かかるので、美容整形外科の方が安く注射を受けることができます。

実際にボトックスの注射を受けるときには、痛みに弱い人は笑気ガスの麻酔を使ってくれます。これは別料金になりますが、ちょっとぼーっとなって痛みを感じにくくするのです。

笑気ガスがなくても、眉間の所を冷やして、注射を受けるのですが、シワの状態に寄って打つ箇所と回数が違ってきます。注射を受けた後も見た目は変化がなく、2〜3日すると眉間にシワがよらなくなります。最初のうちは2ヶ月に1回くらい受けた方がいいようですが、基本的には3〜4ヶ月に1回の注射でいいことになっています。注射は結構痛いですが、我慢ができないほどではありません。いわゆる「プチ整形」でボトックスの注射は重宝がられています。眉間にシワがあって気にしている人には向いていると思います。

眉間のシワは額の痙攣で起こっているものですから、化粧品の効果はありません。ボトックスの注射を打つしか眉間のシワを目立たなくする方法はありません。日頃から眉間にシワを寄せないように気をつけることも大事ですし、早めにボトックスの注射を受けるとシワが深くならなくていいです。

スポンサーリンク