瞼が赤い女性必見!まぶたの赤みをカバーするメイク方法

メイク

女性の方でシミやシワやくすみで悩んでいて、メイクで隠すのが大変で困っているというのはよくある話でますが、まぶたの赤みで悩んでいてメイクで隠すのが大変で困っているというのはあまり無いと思います。

でも肌が弱くて敏感肌の方やまぶたが化粧品で荒れやすくて、まぶたが赤くて悩んでいる方も居ます。

今回はそういったまぶたが赤くて悩んでいるという女性の方に、まぶたの赤みを隠すメイク方法を紹介します。

①グリーン系のコントロールカラー

まず一つ目は、化粧下地を塗る時にグリーン系のコントロールカラーを、赤みが気になるまぶた全体に塗るようにします。

グリーン系のコントロールカラーは、ベージュ系やピンク系やパープル系のコントロールカラーなど色々な色のコントロールカラーの中で、一番まぶたの赤みを隠すことが出来るカラーなのです。

なので、まぶたの赤みが気になるという方は、化粧下地を塗る時に赤みが気になるまぶた全体にグリーン系のコントロールカラーを塗って、まぶたの赤みを隠してからファンデーションを塗ってメイクをすると良いです。

グリーン系のコントロールカラーというのは、黄緑色をしているコントロールカラーのことです。その黄緑色のコントロールカラーを販売している化粧品メーカーが分からなくて、なかなか見つけることが出来ないと思います。でもインターネットでグリーンのコントロールカラーと検索すると、色々な化粧品メーカーから販売している黄緑色のコントロールカラーを調べることが出来ます。

②黄緑色のアイシャドウ

そしてまぶたの赤みを隠すメイク方法の二つ目は、黄緑色のアイシャドウを赤みが気になるまぶた全体に塗るようにします。

黄緑色のアイシャドウは、黄緑色のコントロールカラーと同じようにまぶたの赤みを隠すことが出来ます。まぶたの赤みがある場合に、まぶたの赤みよりも濃い色のアイシャドウを塗ってもまぶたの赤みが目立ってしまいますし、逆にまぶたの赤みよりも薄い色のアイシャドウを塗ってもまぶたの赤みが目立ってしまいます。

なので、まぶたの赤みを根本的に消せる黄緑色のアイシャドウをまぶたに塗ると良いです。

③ハイライト

それからまぶたの赤みを隠すメイク方法の最後の方法は、顔全体にファンデーションを塗った後にホワイト系やベージュ系のラメやパールが入ったハイライトをまぶた全体に塗ると、まぶたの赤みが目立たなくなります。

この方法は黄緑色のコントロールカラーや黄緑色のアイシャドウをまぶたに塗るより時よりもまぶたの赤みを消す効果は薄いですが、普通のメイクをする時よりもまぶたの赤みを消すことが出来ます。

まぶたにホワイト系やベージュ系のラメやパールが入ったハイライトを塗ることで、ハイライトが持つ明るく輝いた白っぽい光のおかげでまぶたの赤みが薄くなって見えるようになります。

ラメやパールが入っていないマットなタイプのハイライトを塗るよりも、やはりラメやパールが入ったハイライトのほうが良いです。

このようにまぶたの赤みを消す方法は色々あります。なのでまぶたの赤みが気になって上手くメイクが出来なくて困っている方や、まぶたに赤みがあることでメイクをすることを諦めているという方に、おすすめの方法なので試してみて欲しいです。

関連記事:

紫色(パープルカラー)好きにおすすめ人気アイシャドウブランド2018

2018.01.18

資生堂マキアージュ「アイカラーN」アイシャドウの口コミや使い方、人気色

2018.01.18

簡単に印象チェンジ!2018年おすすめのハイライトメイクのやり方

2018.01.12

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

【2018年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

花王オーブクチュールのブラシひと塗りアイシャドウの人気色を塗ってみた

2016.11.16

スポンサーリンク