私が一番おすすめしたい飲む日焼け止めサプリは「ヘリオケア」

女性のシミ対策だけではなく、小さな子供にも必要不可欠になっている日焼け対策。毎日欠かさず、日焼け止めクリームを使用して日焼け対策を行っている人は多いです。

日焼けは、シミや肌の老化の原因だけではなく、肌へ様々な悪影響を及ぼすとも言われています。その為、男女問わず、また、年齢に関係なく十分な対策が重要になっているのです。

一般的に日焼け止めと言えば、クリームタイプのものや最近ではスプレータイプのものが多く販売されています。そんな中、最近、注目されているのが飲むタイプの日焼け止め。肌に直接塗るのではなく、口から体に入れる事で日焼け対策を行う事が可能になのです。

飲む日焼け止めで紫外線対策はもう当たり前!?

紫外線はお肌の大敵。女性ならなるべくあたりたくないものですね。ただ、朝出がけに日焼け止めを塗るのをうっかり忘れたり、帽子や日傘は出勤には向きません。また、朝の忙しい時間に日焼け止めを塗るのも面倒ですね。

そんな方には「飲む日焼け止め」がおすすめです。

飲むだけで身体の中から紫外線対策をしてくれるので、時間が掛からず朝食の間に飲めば良いだけ。日本では2016年から販売が許可されたので、まだあまり普及していませんが、海外ではもう主流になっています。

飲むタイプと言う事で副作用が心配になる人も少なくありません。そんな副作用においても、飲む日焼け止めは心配ないと言えます。基本的に薬品などは使用せず、植物から抽出した成分を使用している事から安全だと言えます。

そして、そんな飲むタイプの日焼け止めのメリットは、まず、塗り残しがないという事。日焼け止めを塗る場合、どうしても手の届きにくいところなど塗り残しができてしまう場合があります。しかし、飲むタイプの日焼け止めの場合、そういった心配もなく万全の日焼け止め対策を行う事が可能です。

また、初めから日焼け止めを塗る事ができない場所などにも日焼け対策を行う事が可能です。その上で汗で日焼け止めが流れ落ちたしまうといった心配も不要で汗を気にせず、日焼け対策を行う事が可能になっています。

使用方法は基本的に外出の30分前を目途に服用する事で効果を得る事が可能になっています。

飲む日焼け止めの成分と効果

飲む日焼け止めの主成分は、ニュートロックスサンです。

またトマトの成分も含まれるのでお馴染みのリコピン、お肌に良いビタミンE、シトラス、ローズマリーといった、紫外線に依るメラニン色素を抑える働きがあるものです。

ニュートロックスサンはスペインで開発されました。

ローズマリーの葉とシトラスの果実から抽出された複数のポリフェノールが含まれているので、紫外線に依るお肌の酸化を防ぎます。抗酸化作用が高いので、飲む日焼け止めにはこのニュートロックスサンが主成分として使われています。抗酸化作用が高いので紫外線に依って生じた活性酸素を消してくれる為、シミやしわといった肌トラブルを予防してくれます。

また先ほどのトマトの成分のように、その他の成分と併せてメラニン色素を抑制する働きも高いです。

効果的な飲み方

飲む日焼け止めは、日本人の体質や体格に合った日本製の物が既に何社からも発売されているので、もし海外製に疑問がある方は国産の物を飲む事をおすすめします。飲む日焼け止めの中には、美白成分や肌に良い美容成分も含まれているので、日差しの弱い冬でも飲んでいると美肌をキープ出来ます。

飲む日焼け止めは1日1回、定められた量を飲むだけです。しかし、抗酸化力を高める為にも毎日続けて飲む方が効果的です。人間の身体では紫外線の影響の他、毎日活性酸素が作り出されています。それに負けない為にも特に紫外線の強い時期は毎日忘れずに飲んでいつまでも若々しくいたいですね。

また、飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと同じで、100%の効果がある訳ではありません。

塗る日焼け止めが塗り直しが必要だったり、日傘や手袋を併用するのと同じように、出来るだけ陽に当たらない帽子などを被る方が良いです。特に、既にシミなどが出ている方は、飲む日焼け止めと共に外側からのケアも行いましょう。

飲む日焼け止めに関しては以下のような声があります。

「飲む日焼け止めを飲んでみたんですが、これがとても効果的でした。夏でも薄着で外出出来るようになり、涼しいのが嬉しいです。」

「飲まなかった時と飲んだ時ではかなり日焼けが違います。飲む日焼け止めは敏感肌の人にも向いているのではないでしょうか?」

「最初は日焼け止めとして飲んでいたのですが、段々肌のキメが整い、透明感がアップしたので、1年中美肌作りとして飲んで行こうと思います。」

飲む日焼け止めは、日焼け止め以外に美肌効果もあるのが嬉しいですね。

これで夏でも毎日紫外線対策に神経質になりすぎなくても大丈夫です♪

ヘリオケアの飲む日焼け止めがおすすめ!

紫外線が原因で、シミ、シワ、くすみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。そのため紫外線の影響による肌老化防ぐためには、紫外線対策をしっかりすることが大切です。

紫外線を防ぐために日焼け止めを塗っていると思いますが、実は正しく使用できていなくて、紫外線を防げていないことがあります。日焼け止めはたっぷりと塗り、3~4時間にこまめに塗り直さなければなりません。使用量が少なかったり塗り直しをしていなくて、紫外線の影響を受けてしまっている方が少なくないのです。

たくさん日焼け止めを塗ると白浮しますよね。こまめに塗り直しをするのも面倒になりませんか。また、肌が弱い方は日焼け止めでかゆみや赤みなどが出ることがあります。

そんなときに便利なものが日焼け止めサプリです。サプリメントを飲んで体の中から紫外線対策をします。

体の中から紫外線対策!日焼け止めサプリの働き

日焼け止めサプリなら、日焼け止めで肌が白くなったりべたつくことがありません。こまめな塗り直しも不要です。汗でとれる心配もありません。肌に直接触れないので、肌が弱くて日焼け止めで肌トラブルを起こしてしまう方でも使用できます。

誤った方法で日焼け止めを使用していると、紫外線の影響でシミやシワなどの肌トラブルを招いてしまいます。しっかり塗ったつもりでも、隙を突いて紫外線が攻撃をしてきます。しかし、日焼け止めサプリなら体の中からしっかりと防いでくれます。汗をたくさんかいたときでも、紫外線から肌を守ります。紫外線を防ぐことで、透明感のある肌に近づいたり、シミやシワなどの肌トラブルの予防になります。

ヘリオケア、ホワイトヴェール、雪肌ドロップ、インナーパラソルといった日焼け止めサプリが販売されています。製品によって1日の目安量が違うので確認をしてください。

飲む時間帯に決まりはありませんが、朝出かける前に飲むとよいでしょう。出かける前に飲んでおけば、これから浴びる紫外線から守ってくれます。日焼け止めサプリの中には、美容成分を配合したものもあります。美容成分の働きで美肌効果が期待できます。

<<注意点!>>

日焼け止めサプリは、必ず製品に記載されている量を守って飲んでください。飲み過ぎは副作用の心配があります。日焼け止めサプリを飲んだ場合も、日焼け止めを塗っておくと安心できます。飲み始めのころは日焼け止めを塗っておくことがおすすめです。

水またはぬるま湯で飲みましょう。コーヒーや牛乳などと一緒に飲むと、飲み物に含まれている成分と日焼け止めサプリの成分が反応をしてしまい、効果が発揮されにくくなる可能性があります。

部屋の中でも窓を通して紫外線が入り込んでくるので、室内で過ごすときも日焼け止めサプリを飲んでおくとよいでしょう。

紫外線は肌を老化させる原因で、美肌を保つためには紫外線を防ぐことがポイントになります。日焼け止めで紫外線を完全に防ぐことは難しいですが、日焼け止めサプリで体の中からも紫外線対策をすることで、より高い効果が期待できます。

飲む日焼け止めサプリの中で私が最もおすすめしたいのは、ヘンリオケアの飲むタイプです。

さんまのほんまでっかTVや雑誌でも多く取り扱っていて、私が働いていた美容クリニックでも取り扱っているほどです。

この飲み日焼け止めサプリは、外出する30分前にカプセルを服用しておけば、日焼け止めを塗った時と同じ効果があると言われています。また人体に必要なビタミンもカプセルの中に入っているので、夏バテの時期には一石二鳥となります。

一年中ではなく、夏場だけ、外出時間が長い時などはあえてヘリオケアのダブルでケアをして紫外線対策をしています。

<<飲み薬の口コミ>>

Twitter上の口コミです↓お医者さんたちもヘリオケアを推奨しています。

日焼け止めは何を使っても一緒だったという方、とにかく焼けたくない方、日焼け止めを使用する理由はそれぞれですが、とにかく効果を一番に考え安心して使用出来る日焼け止めはヘリオケアです。まずは1本使い切ってこの春、夏を楽しんでみて下さい。

ヘリオケアの日焼け止めジェルも人気です!

第1位はヘリオケアの日焼け止めジェルです。

この日焼け止めは皮膚科医が推奨しているもので、その辺のドラッグストアでは売っておらず、皮膚科で販売しているケースがほとんどです。SPFが日本の規定の最高数値「SPF50」よりも高い「SPF90」書いてあります。なぜなら、ヘリオケアはスペインで生産されているからです。日本の商品はSPF50より高い数値は「SPF50+」と記載するよう規定されています。

SPF数値が高いということは、それだけ紫外線防御指数が高いということです。汗や水で日焼け止めが落ちない限りはほぼ1日、塗り直しがいりません。朝塗ってしまえば夕方まではしっかり紫外線を予防してくれます。

夏に効果絶大の日焼け止めジェルです。

ヘリオケアウルトラSPF90ジェルは、飲む日焼け止めと同じFernblockというシダ植物の抽出物が配合されています。肌への負担が少なく、日焼け防止の効果が高いため、海外のクリニックでは、レーザー治療やピーリング後の日焼け止めとして、多く採用されています。

私はヘリオケアの日焼け止め1本を持って、モルディブに行った事があります。

一度は行ってみたかった国、モルディブ。

でも…”日焼けはしたくない!だけれど綺麗な海で泳いでみたい!シュノーケリングもしたい!”

という無理難題な旅でしたが、5日間滞在後、日本に帰国した私に「焼けたね〜」と声をかけてきた友人はゼロでした。

何より顔が全く焼けなかった。身体は多少焼けた感はありましたが、通常水着で街を歩くわけはないですから、普通の服で露出する場所の腕や、膝下が若干赤い?くらいで、自分でもあまり夏感は出てないなぁと思ったほどの効果がありました。

使い方は、普通の日焼け止めと一緒なのですが、とにかくノビが良いので少量で足ります!さらに匂いも普通の日焼け止めと一緒で、汗をかいたり、日差しがさらに強くなってきたと感じたら重ねて塗ると、なお良いです。

ケチらずまんべんに塗るのがコツです!

若干色が付いているので、旅先ではファンデーションは不要でヘリオケア一本で毛穴も消えるし、肌のトーンも上がります。

さらに私や私hの友人たちも絶対に日焼けしたくない日には、『ヘリオケアの日焼け止めにプラスして、ヘリオケアの飲む日焼け止めを服用してます。』

口コミ

Twitter上の口コミです↓

飲むタイプの日焼け止めを使用し、長時間、効果を持続させたい場合は、4時間を目途に再度、服用する必要があります。これは、日焼け止めを塗り直す事と同じ。

また、購入方法としては、通販かクリニックでの購入が一般的となっており、ドラックストアなどに置いてあることは稀です。クリニックでの購入となると薬のように思えますが、あくまでも、サプリの一種となる為、心配は不要です。また、費用を抑えるためには、ネットでの通販購入がお得になっている為、お勧めです。口コミが多いショップから購入するようにしましょう。

身近なものになりつつある飲む日焼け止め。特に肌が弱い人や日焼け止めクリームがどうも苦手と言う人には、重宝されている日焼け対策グッズとなっています。

口に入れるものと言う事で、抵抗がある人もいるかも知れませんが、天然由来成分をなっている為、さほど、心配する必要はありません。それよりも、頭皮や唇などにも日焼け止め効果を得る事ができるメリットの方が大きいという事も言え、その点からも人気の日焼け対策グッズとなっています。

もちろん、塗るタイプと併用する事も可能となっています。

スポンサーリンク