簡単に印象チェンジ!2018年おすすめのハイライトメイクのやり方

メイク

ファンデーションやチークなどは分かりやすく肌や顔立ちを変えてくれます。しかし、欠点を隠そうとしてファンデーションを厚塗りしたり、顔を華やかに見せようとしてチークを濃く入れてしまうと、ケバくなり、かえって老け顔に見せてしまいます。

顔立ちや肌をキレイに明るくし、かつ小顔にみせるアイテムとして、ハイライトがオススメです。

ハイライトは光を集める効果があるので、派手になりすぎず、それでいて華やかな表情に変えてくれます。顔のたるみやくすみなどが気になる人、チークを入れると厚化粧に見られる派手顔の人には特にオススメです。

ハイライトとは

ハイライトは、明るい色を顔にのせることで凹凸をつくり、立体感やツヤを出してくれます。顔に光を入れてあげることでくすみを飛ばし、透明感のある肌へと見せてくれる効果があります。

メイクをする際にハイライト入れてますか?実はハイライトってメイクをする際に重要なコスメなんです!

ハイライトの入れ方1つで顔にツヤを出してくれるのはもちろん、鼻を高く見せてくれたり、小顔に見せてくれたりと、いいことずくしの最強アイテムなんです。

女性はメイクをする時に、ハイライトを使ってメイクをする人は意外と少ないです。

ハイライトを使ってメイクをすると、顔立ちをハッキリとさせて小顔に見せることが出来ます。そしてハイライトは、ホワイトやオフホワイトの白系のカラーが定番で、白系のカラーのハイライトを使ってメイクをするとファンデーションを塗っただけの肌よりも色白な肌に見せることが出来ます。

このようにハイライトは、小顔にも見せることが出来て色白の肌にも見せることが出来るので、女性にとってとっても嬉しい存在のメイク道具なのです。

現在は色々なメーカーからハイライト化粧品が販売されていますが、ハイライトはまだあまり一般的なメイク道具として有名ではないので、いつも仕事やプライベートでメイクをしているけど、まだ一度もハイライトを使ってメイクをしたことが無いという女性は多いです。

そこで今回は、ハイライトの使い方やハイライトを使った可愛くなれるメイク方法について紹介します。

ハイライトの選び方

続いて、どんなハイライトを使えば良いのか?どのような効果になるか?についてご説明します。

最近では、ハイライトもたくさんのカラーが出ています。

また質感もパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプとバリエーション豊富です。ハイライト初心者ならば失敗が少ないパウダータイプがオススメです。

シワや毛穴の開きが気にある人は、保湿力の高いクリームタイプを選ぶと乾燥しにくいです。発光したようなツヤ感を出せるのもクリームタイプですが、ちょっとずつ重ねないとファンデーションがヨレるというデメリットもあります。

ハイライトの種類

まずハイライトには、パールやラメが入っていないマットタイプと、パールやラメが入っているキラキラした輝きのあるタイプがあります。

  • ナチュラルメイクをする時に自然な素肌感を強調したい人は、パールやラメが入っていないマットなタイプのハイライトを使うと良いです。
  • そしてナチュラルメイクに少し輝きを持たせたい時は、パールやラメが入っているキラキラした輝きのあるタイプのハイライトを使うと良いです。
  • また派手なメイクをする時に、アイメイクやリップメイクを目立たせたい時は、逆にハイライトはシンプルなパールやラメが入っていないマットなタイプのハイライトを使うと良いです。
  • 最後に派手なメイクをする時に、アイメイクやリップメイクさらに肌の質感も輝きを持たせたい人は、ハイライトも同じようにパールやラメが入っているキラキラした輝きのあるタイプのハイライトを使うと良いです。

このようにハイライトの質感や輝きの程度によって、メイクの仕上がりがガラリと変わるので、ハイライト選びはメイクをするときにかなり重要なポイントになります。

自分がこういう仕上がりのメイクをしたい!という理想によって、ハイライトの種類を選ぶと良いでしょう。

次に大切なことは色選びです。

チークほどはっきりとした色ではありませんが、入れる色によって、雰囲気が変わります。

一番無難で万人受けするのがベージュ系ハイライトです。

ベージュでもホワイト寄り、黄みがかっているものなどがあります。パーソナルカラーがブルーベースの人はホワイト寄り、イエローベースの人は黄み寄りだと肌馴染みが良いです。

次に肌に透明感を与える色は、パープル系です。

ピンクのように顔に赤みを与えすぎず、グリーンほど顔を白くしないニュートラルさが受けています。

化粧直しでチークを塗り直すと濃くなってしまいますが、パープルのハイライトならば、血色感と透明感だけをプラスすることができます。変化球であり、欧米で人気を集めているのが”偏光カラーのハイライト”です。

有名なところではM・A・Cでストロボクリームという商品が発売されました。

光加減によって、ピンクやブルー、グリーンなどに変化します。個性的な仕上がりになりますが、まるでスポットライトを浴びたような独特の華やかさが出ます。

もう一つ、MACのおすすめハイライトがあります。

MACのマーブルのハイライトはTゾーンやほほ骨の高いところに塗るのにとても良いです。

キラキラしたラメ感も今っぽい感じで、顔がパッと明るくなります。あまり濃く入れるとギラギラしてしまいますから、そっと置くような感じでハイライトを入れることが必要です。眉毛の眉尻の下にもハイライトを入れると彫りが深く見えてメリハリのある顔になることができます。

<<楽天>>

 

<<Amazon>>

上級者におすすめの偏光カラーメイク

偏光カラーとは角度によって異なる色に発色する色のことで、複数の色を混ぜ合わせたような不思議なニュアンスと深みが出せる色のことです。

玉虫色や貝殻の裏側という表現がよくされています↓

分かりやすいキラキラ感はラメには劣りますが、色が持つ繊細な面白さを楽しめます。

偏光カラーのコスメ自体は、最近出回るようになったのではなく、15年以上前から発売されていました。流行はめぐり、海外のユニコーンブームの流れから、昨年頃から再び偏光カラーの商品が増えてきました。

今までは偏光カラーを使ったメイクアイテムと言えば、アイシャドウとマニュキアでしたが、現在はそれらに加えて、化粧下地、チーク、ハイライト、リップなど、あらゆるアイテムに偏光カラーが充実してきました。

偏光かどうかは角度を変えて、光の当て方を変えれば簡単に判別できます。

初心者にもオススメの偏光カラーの選び方

カラーバリエーションについては、ある程度パターン化しています。

グリーンとレッド、パープルとグリーン、ブルーとグリーン、ピンクとゴールド、シルバーとグリーンなど、同系色ではなく、対照的な色の組み合わせが多いのが特徴です。真逆の方が、振り幅があるので面白みがあります。

ただ初心者ならば、同系色でまとまっているほうが使いやすいです。

特にベースにも使えるのがベージュとピンクの組み合わせです。

シェルピンクとも表現されているこの色は、アイシャドウのハイライトカラーとして活躍できる使い勝手の良い色です。ブラウンやピンクなどのアイメイクとも相性が良く、チークのハイライトとして使用することもできます。

次にオススメなのが、ちょっと難しさはありますが、グリーンとレッドの玉虫カラーです。アイカラーのメインとして大胆に使うとオシャレな目元になります。

他の色を使ってグラデーションを作るよりも、他は黒のアイライナーとマスカラだけでシンプルにまとめる方が、エッジの効いたすっきりとした目元になります。

アイメイクだけじゃない偏光カラーアイテム!

日本で発売されている偏光カラーのアイテムはM・A・CやNARSなどのデザイナーブランドに豊富に揃っています。

M・A・Cの化粧下地「ストロボクリーム」は発売1ヶ月で昨年比5倍の売り上げとなった人気商品です。偏光カラーを下地やハイライトに使うと、肌を明るくし、透明感が出ます。

特に光を飛ばす効果が強いので、ファンデーションを厚塗りするよりも自然にカバーすることができます。

年齢を重ねるとチークの色を濃くすると、かえって老けてみえたり、化粧浮きしてしまいますが、偏光カラーのチークを使うと、色を濃くなくても、ツヤと明るさを与えてくれます。

ブルーやパープルなどの寒色系に光るハイライトは、赤みやくすみを払拭してくれる効果があります。

ただ1つ注意することは、発色自体がそこまで強くないので、つい重ね塗りしがちです。ですからたっぷり光が入るところで、メイクをするようにしましょう。

タッチアップしたら、派手に見えがちな偏光カラーですが、肌に乗せると、ラメやパールがぎっしり入っているアイテムよりもずっとナチュラルに馴染んでくれます。

大胆に使えば、顔に立体感をもたらしてくれますし、マンネリメイクから脱することもできます。

偏光カラーで、ポイントメイクをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

具体的に顔のどの部位に使うの?ハイライトのメイク方法

そしてハイライトの使い方は、顔に化粧下地とファンデーションのベースメイクを塗った後に使います。

ハイライトを塗る部分は、額・鼻すじ・まぶた・目の下・頬の内側・顎などです。ハイライトを額に塗る時は、額全体にささっと塗ります。

そして鼻すじに塗る時は、鼻すじの中心に塗るようにします。まぶたに塗る時は、アイシャドウ塗る前にまぶた全体に塗ります。ハイライトをまぶた全体に濃く塗ると、目元がパッと明るい印象になり華やかな雰囲気のメイクに仕上がります。

ハイライトをまぶた全体に薄く塗ると、目元を明るい印象に持たせつつクリーンな雰囲気のメイクに仕上がります。それからハイライトを目の下に塗る時は、目の下の全体に塗るようにします。

目の下の全体にハイライトを塗ると、涙袋が強調されてより女性らしく可愛らしい印象のメイクで仕上がります。

目の下全体にハイライトを入れるか入れないかだけで、全然メイクの印象が違ってきます。男性ウケを狙うメイクをしたい時は、目の下の全体にパールやラメが入ってるキラキラした輝きのあるタイプのハイライトを塗った方が良いです。その方がより涙袋が強調されます。

逆に仕事などでシンプルでナチュラルな仕上がりのメイクをしたい時は、目の下の全体にパールやラメが入っていないマットなタイプのハイライトを塗った方が、自然なメイクに仕上がって華やか過ぎるメイクにならなくて済みます。

ハイライトを頬の内側に塗る時は、濃いめに塗らずに薄くささっと塗ります。頬の内側にハイライトを濃いめに塗ってしまうと、バランスの悪いメイクに仕上がってしまうので薄く塗るようにします。

それから最後にハイライトを顎に塗る時は、顎の中心部に薄く塗ります。

そうすると、額と顎のメイクのバランスが良くなり綺麗なメイクに仕上がります。

このように、ハイライトを使う時は色々と使い方に注意をしながら、自分の理想のメイクの仕上がりを想像しながら使うようにすると良いです。そうすれば、ハイライトを上手く使いこなすことが出来ます。

画像を見てみると、基本的にハイライトをつける部分は顔の高い位置です。

額から鼻筋のTゾーン、こめかみから頬骨にかけての骨が出ているCゾーン。この2つの部分にハイライトを入れると顔にメリハリと明るさが生まれます。さらに目元にハリ感が出る効果もあります。

頬骨の高い位置にチークを入れる人も多いと思いますが、この場合はチークを塗った上から重ねると、色がぼかされ、自然なグラデーションになります。

メイク術 小顔小顔メイク 立体感

「逆三角形」を描くように塗るのがポイントです!ハイライトは膨張色でもあるため、広げるように丸くのせると顔を大きく見せてしまいます。

もう一つの塗り方のコツは「ふわり」です。

パウダータイプのハイライトならば、大きめのブラシで、さっと撫でるようにつけます。色が薄い分、うっかり重ねすぎると、外に出た時にギラギラ・テカテカになってしまいます。ちょっと物足りないくらいでOKです。

またパールが入っている場合、細かいものを選ばないと毛穴やキメの粗が目立ちます。

ついギラギラになってしまう場合は、上からフェイスパウダーでぼかしたり、大きめのフェイスブラシで粉をはたきます。

最後に、リキッドタイプのハイライトにして、リキッドファンデーションや下地と混ぜると、より自然になります。

顔は色を重ねるよりも光を集める方が、ナチュラルに明るく若々しく見せる効果があります。またシェーディングよりも簡単に小顔効果も手に入ります。

プチプラでもたくさん発売されていますので、メイクアイテムに付け加えてみてはいかがでしょうか。

口コミ

入れる場所としては、

①私はまず「Tゾーン」に入れます。

眉間のあたりにY字を描くように置き、鼻筋から鼻の頭までスーッとのせます。こうすることで立体感ができ、鼻を高く見せてくれます。

②次に「Cゾーン」です。

眉尻のあたりから目尻の下のあたりまで丸みを描くようにいれ、頬骨の高い部分にもおくことにより、くすみがちな目元をパッと明るく見せてくれます。また、頬の高い位置に入れることによって、より若々しい印象になります。

③そして「あご」です。

あご先の一番狭いところにおくことで、あごを小さく見せ、小顔に見せてくれる効果があります。

④最後に「口元」です。

唇の山の上の窪んだ部分と、唇の端の部分に入れます。こうすることで唇に立体感を持たせることと、唇と鼻の距離も短く見せてくれる効果もあります。

ハイライトには「クリームタイプ」と「パウダータイプ」の2種類があります。

●クリームタイプは肌への密着感が高く、自然なツヤを出してくれます。

指や細めの筆を使うことで、目元や鼻の先の方に入れることに向いています。パウダータイプより付けすぎてしまいがちなので気をつけましょう。

●パウダータイプは筆を使うので初心者でも付けやすいです。

量を調整しやすいことから、広範囲へさっと入れるのに向いています。

どちらも良い悪いはないので、ご自身の好みや使い分けをしてみるといいですよ。

クリームタイプとパウダータイプのオススメ

クリームタイプ

「RMK グロースティック」3.4g ¥2,160

こちらはクリームタイプなのですが、スティックタイプになっているので手軽にさっと直塗りをすることができます。また、「グロースティックGD」という、金色が入ったより光沢感のあるものも販売されています。

「エトヴォス ミネラルハイライトクリーム」4g ¥4,550

こちらはミネラルコスメなので、クレンジングいらずの石けんで簡単にオフできるハイライトです。天然成分配合なので肌にも優しく自然なツヤを出してくれるものになっています。

また、ほうれい線に伸ばしてしわを飛ばしたり、目元のアイカラーベースとしても使うことができる万能ハイライトです。

パウダータイプ

「キャンメイク グロウフルールハイライター」6.3g ¥864

こちらは青いものとピンクのものの2種類あります。お花とリボンの型押しがされているので、付属の筆でくるくると馴染ませ、顔にのせていきます。密着感があり、ふんわりとしたツヤに見せてくれます。

「クレドポーボーテ レオスール デクラ」10g ¥9,500

こちらは少しお高めのハイライトですが、値段も納得の最強のハイライトです。

4色あり、肌のタイプによって選ぶことができます。さっとつけるだけで、まるで内側から発光しているような自然なツヤと滑らかな使い心地が美しい肌へ導いてくれます。

こちらはなんといっても見た目も美しく、宝石のようなハイライトなので、見ているだけでも幸せな気持ちにさせてくれるハイライトです。

ハイライトは使い方さえコツを掴めば、今までの自分をより美しく見せてくれます。

ハイライトでさらなる高みを目指しましょう。

関連記事:

【2018年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

2017.01.06

【プロが教えるコントゥアリングのメイク方法】2018年海外で大流行!大人気!

2016.12.26

スポンサーリンク