簡単に印象チェンジ!2018年おすすめのハイライトメイクのやり方

ファンデーションやチークなどは分かりやすく肌や顔立ちを変えてくれます。しかし、欠点を隠そうとしてファンデーションを厚塗りしたり、顔を華やかに見せようとしてチークを濃く入れてしまうと、ケバくなり、かえって老け顔に見せてしまいます。

顔立ちや肌をキレイに明るくし、かつ小顔にみせるアイテムとして、ハイライトがオススメです。

ハイライトは光を集める効果があるので、派手になりすぎず、それでいて華やかな表情に変えてくれます。顔のたるみやくすみなどが気になる人、チークを入れると厚化粧に見られる派手顔の人には特にオススメです。

続いて、どんなハイライトを使えば良いのか?どのような効果になるか?についてご説明します。

最近では、ハイライトもたくさんのカラーが出ています。

また質感もパウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプとバリエーション豊富です。ハイライト初心者ならば失敗が少ないパウダータイプがオススメです。

シワや毛穴の開きが気にある人は、保湿力の高いクリームタイプを選ぶと乾燥しにくいです。発光したようなツヤ感を出せるのもクリームタイプですが、ちょっとずつ重ねないとファンデーションがヨレるというデメリットもあります。

次に大切なことは色選びです。

チークほどはっきりとした色ではありませんが、入れる色によって、雰囲気が変わります。

一番無難で万人受けするのがベージュ系ハイライトです。

ベージュでもホワイト寄り、黄みがかっているものなどがあります。パーソナルカラーがブルーベースの人はホワイト寄り、イエローベースの人は黄み寄りだと肌馴染みが良いです。

次に肌に透明感を与える色は、パープル系です。

ピンクのように顔に赤みを与えすぎず、グリーンほど顔を白くしないニュートラルさが受けています。

化粧直しでチークを塗り直すと濃くなってしまいますが、パープルのハイライトならば、血色感と透明感だけをプラスすることができます。変化球であり、欧米で人気を集めているのが偏光カラーのハイライトです。

有名なところではM・A・Cでストロボクリームという商品が発売されました。光加減によって、ピンクやブルー、グリーンなどに変化します。個性的な仕上がりになりますが、まるでスポットライトを浴びたような独特の華やかさが出ます。

具体的に顔のどの部位に使うの?ハイライトのメイク方法

ハイライトをつける部分は顔の高い位置です。

額から鼻筋のTゾーン、こめかみから頬骨にかけての骨が出ているCゾーン。この2つの部分にハイライトを入れると顔にメリハリと明るさが生まれます。さらに目元にハリ感が出る効果もあります。

頬骨の高い位置にチークを入れる人も多いと思いますが、この場合はチークを塗った上から重ねると、色がぼかされ、自然なグラデーションになります。

メイク術 小顔小顔メイク 立体感

「逆三角形」を描くように塗るのがポイントです!ハイライトは膨張色でもあるため、広げるように丸くのせると顔を大きく見せてしまいます。

もう一つの塗り方のコツは「ふわり」です。

パウダータイプのハイライトならば、大きめのブラシで、さっと撫でるようにつけます。色が薄い分、うっかり重ねすぎると、外に出た時にギラギラ・テカテカになってしまいます。ちょっと物足りないくらいでOKです。

またパールが入っている場合、細かいものを選ばないと毛穴やキメの粗が目立ちます。

ついギラギラになってしまう場合は、上からフェイスパウダーでぼかしたり、大きめのフェイスブラシで粉をはたきます。

最後に、リキッドタイプのハイライトにして、リキッドファンデーションや下地と混ぜると、より自然になります。

顔は色を重ねるよりも光を集める方が、ナチュラルに明るく若々しく見せる効果があります。またシェーディングよりも簡単に小顔効果も手に入ります。

プチプラでもたくさん発売されていますので、メイクアイテムに付け加えてみてはいかがでしょうか。

関連記事:

【2018年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

2017.01.06

【プロが教えるコントゥアリングのメイク方法】2018年海外で大流行!大人気!

2016.12.26

スポンサーリンク