紙ナプキンはかぶれる!生理時におすすめ布ナプキンの種類と使い方

生理なんて怖くない!布ナプキンで生理中も快適に

女性であれば避けては通れない生理。

生理中には、お腹や頭などが痛くなる「生理痛」を感じることがあります。

生理痛の症状の重さは人それぞれですが、「かなりひどい」あるいは「ひどい」と感じている人は女性全体の約30%で、「我慢できる程度」の人も合わせると、なんと80%もの人が生理痛を感じたことがあるというデータがあります。(データは(財)女性労働協会による「働く女性の健康に関する実態調査」より)

また、生理中の女性の多くが感じるもう1つの不快症状として「紙ナプキンによるかぶれ」があげられます。ただでさえ生理痛で辛い時期にデリケートな部分に痒みや痛みが出るのは大変不快なものです。

このような不快な生理痛や紙ナプキンのかぶれを改善するのには、「布ナプキン」がおすすめです。そこで今回は、辛い生理中におすすめの「布ナプキン」について効果や使い方を見ていきたいと思います。

紙ナプキンと布ナプキンの違い

生理痛は、子宮が妊娠しなかったため不必要となった子宮内膜を異物として認識し、体外におしだそうと収縮することで起こります。

紙ナプキンに含まれる石油素材などは、体にとって異物として認識されます。つまり、紙ナプキンを使うことで子宮収縮が起きて生理痛がひどくなる可能性があるのです。

一方、布ナプキンではどうか?布ナプキンは天然素材なので異物と認識されにくく、理論上生理痛が起きにくくなります。また、布ナプキンは肌に優しい天然素材でできているので、生理中のかぶれ防止にも効果があります。

布ナプキンの種類と使い方

では、具体的に、布ナプキンにはどのようなものがあって、どのように使えばいいのでしょうか?

布ナプキンには「プレーンタイプ」と「クリップオンタイプ」の2種類のタイプがあります。

①プレーンタイプ

プレーンタイプ:四角い一枚布を折りたたんで使います。

比較的安価で、広げて干せるので乾きやすく、干している時にナプキンだと気づかれにくいなどのメリットがあります。一方で、ショーツに固定できないのでずれやすい、厚みがでるので服に響きやすいなどのデメリットもあります。

<<使い方>>

楽天で一番人気の「生理布ナプキンプレーンタイプ」

ふんわりと柔らかく、かぶれない布ナプキンプレーンタイプです。洗って何回でも繰り返して使用できます。

  • 肌に触れると、ふわふわと柔らかい肌触り。
  • 思った以上に漏れにくく
  • 通気性があるのでかぶれません!

無漂白、無蛍光の綿100%の生地のため、安心&安全に使うことができます。

 

 

②クリップタイプ

クリップオンタイプ:紙ナプキンの羽根つきタイプのような形をしています。

ウイングでショーつのクロッチをつつみ、スナップでとめて使用します。吸収体内蔵のものや、本体とパットが分かれているものなど、さまざまなつくりのものがあります。ショーツに固定できるのでずれにくい、プレーンよりコンパクトで服にひびかないといったメリットがある一方、価格が高いといったデメリットもあります。

<<使い方>>

楽天で一番人気の「生理布ナプキンクリップタイプ」

可愛いデザインだけでなく、素材や作りにこだわりがあり好評です。

肌に接する面の生地は、無漂白・無蛍光ネルを使用しており、肌に優しく安全に着用して頂けます。

フランネルとも言われ表面が起毛され肌触りがよく、目が細かく詰まっているため吸水性に優れた布ナプキンに適した生地で、赤ちゃんの肌着などにも使われ、やわらかく暖かな感じがします。 また塩素などの薬品による漂白を行わない仕上で、綿本来の肌ざわりや風合い・色合いなどを感じていただける生地で、尚且つ赤ちゃんの肌着なども刺激を避けるために望ましいと言われる、無蛍光品を使用しております。

さらに、ボタン部分は金属製ではなく、プラスチック製なので、

  • 冷たくない
  • 軽い
  • 金属アレルギーの方でも安心して着用して頂けます。

 

まずは、どちらか気になるタイプを数枚だけ買って、家で数時間使ってみることをおすすめします。少し使えば、自分に合うタイプがわかるので、枚数を揃えるのはそれからで大丈夫です。

布ナプキンの洗い方

布ナプキンの使用を躊躇する1番の理由は洗うのが面倒臭そうという点にあります。

実際はどうなのか?洗い方をみていきましょう。

●ステップ1:予洗い

⇒水を使って手洗いします。経血をざっと落とせれば大丈夫です。

●ステップ2:つけおき洗い

⇒洗剤(専用の経血を落としやすいものも販売されていますが普通の洗濯用洗剤でも大丈夫です)を入れた水の中で半日から1日くらいつけおきます。

●ステップ3:洗濯機洗い

⇒つけおきしたものを洗濯機に入れて洗います。

どうでしょうか?思ったより簡単ではないですか?

さらに、予洗いはお風呂に入った時についでにしてしまったり、洗濯洗いは他の洗濯物と一緒にしたりと、工夫すれば時間短縮もできます。たった3ステップだけで生理中の痛みやかぶれを軽減できるのなら、ぜひ試してみたいですね。

実際に布ナプキンを使った方の意見には「生理痛が軽くなった!」「肌が弱い自分でも痒くならない!」という声が多く、また「経血を自分で見て洗うことで、生理について改めて考えるきっかけになった。」と生理そのものについて見なおすきっかけになったという意見もあります。

戦うにはまず敵を知ることが大事。生理そのものに関心を持てるというのも布ナプキンの大きな効果の1つですね。

以上、布ナプキンの効果・使い方を説明しました。意外と簡単に使えて、効果を実感する方が多い布ナプキン。生理痛やかぶれに悩む方は、ぜひ1度試してみて下さいね♪

スポンサーリンク