紫色(パープルカラー)好きにおすすめ人気アイシャドウブランド2019

メイク

パープルカラーのアイシャドウが好きな女性は、意外と多いと感じます。

パープルカラーのアイシャドウは、瞼に付けると上品で落ち着いた印象になります。

10代の女性が使うにはまだ早いような感じがしますが、20代からの大人な女性が使うアイシャドウとして良いと感じます。

そこで今回は、20代からの大人な女性に似合うパープルカラーのアイシャドウを紹介します。

パープルカラーのメイクの使い方

コスメのカラー選びは楽しいけど、自分に合う色を選ぶことは、あんがい難しいですね。ピンクやオレンジなら使い慣れた色だけど、パープルと聞くと、ちょっと難しそうなイメージがありますよね。

でも最近、パープルのコスメって人気ですよね。実際、店頭で目にする機会も多くなっています。旬の顔になれる、とおしゃれな方たちが取り入れています。

今まで避けていた人も、パープルのコスメを使ってみたら、思っていたよりもずっと使いやすいという声が多いですよ。

パープルはくすみをカバーしてくれるブルーと、血色をよく見せるピンクの両方の効果を持っています。肌の透明感をアップさせて、きれいな肌に見せてくれる効果があります。肌のくすみが気になるときに使うといいですね。また、上品で知的な色なので、より大人っぽい雰囲気を出したいときに、おすすめです。ぜひコスメでもパープルを取り入れて、さらにメイク上手になりましょう。

初心者の方でも新しい色にトライしやすいのは、「アイシャドウ」ですね。

パープルは主張の強い色なので、シンプルに使う方法がおすすめです。

淡い色味のパープルなら、単色だけでグラデーションを作ることもできます。目のキワほど濃くなるように、優しくチップでぼかしましょう。

また、2色を使うなら淡いピンクと合わせるメイクがおすすめです。まずアイホール全体に淡いピンクを広げてから、やや濃いパープルのアイシャドウを二重の幅くらいに入れておくと、きれいにまとまります。

ポイント!

パープルのアイシャドウを使うとき、ルージュはやや控えめな色を使う方がおすすめです。目元に強めの色を使うときは、唇の印象を少し抑えてあげるといいですね。

パープルアイシャドウで目元にポイントを置くなら、リップはツヤのあるピンクにしてみるといいですね。またパープルのリップを使うなら、アイシャドウは控えめなベージュやブラウンでまとめておくようにしましょう。顔のなかで、どこをポイントにするのか決めて、上手にパープルの魅力を生かしてみましょう。

いままでに使ったことがない色を取り入れると、メイクがもっと楽しくなりますよ。パープルは難しいと思いがちですが、ぜひその美しさを生かしてみましょう。

紫色(パープルカラー)好きにおすすめ人気アイシャドウブランド3選

マキアージュのアイカラーN

まず1つ目は、資生堂の人気コスメブランドのマキアージュの「アイカラー N」の「VI727」というカラーです。

この「VI727」のアイシャドウは、薄いパープルカラーで青みがかったパープルの細かいラメが入っていて、とても上品で綺麗な色をしています。この「VI727」のアイシャドウを瞼に付けると、大人の女性らしい品のある目元になります。色が薄いので、重ねづけして付けると薄いパープルカラーが映えます。

そして肌の色はブルーベースの方に似合います。逆に肌の色がイエローベースの方には似合いません。イエローベースの方が付けると、薄いパープルカラーのアイシャドウが浮いてしまって、綺麗なメイクに仕上がりません。なのでイエローベースの方は使わないほうが良いです。

この「VI727」のアイシャドウは、30~60代の落ち着いた大人の女性に似合うカラーのアイシャドウだと感じます。

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

dプログラムのアイトリートメントカラー

そして2つ目は、資生堂のdプログラムの「アイトリートメントカラー」の「VI755」というカラーです。

「VI755」のアイシャドウは、濃いパープルカラーでラメが一切入っていないマットな色合いで、パープルの色が強調されていてオリジナリティ溢れる色をしています。

この「VI755」のアイシャドウを瞼に付けると、アイメイクが強調されてキリッとした雰囲気の目元になります。色が濃いので、目を大きく見せるメイクをしたい時におすすめです。

そして肌の色は、どちらかというとブルーベースの方よりもイエローベースの方に似合います。はっきりした色合いのアイシャドウなので、色黒の方でも似合うアイシャドウです。

この「VI755」のアイシャドウは、20~30代の若い女性に似合うカラーのアイシャドウだと感じます。

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

カネボウコフレドールのアイカラー

そして最後に3つ目は、カネボウのコフレドールの「アイカラー」の「WN-33」というカラーです。

「WN-33」のアイシャドウは、濃いパープルカラーでパープルの細かいラメが入っていて、色っぽくて素敵な色をしています。この「WN-33」のアイシャドウを瞼に付けると、アイメイクが強調されてキリッとした雰囲気で女性の色っぽさがある目元になります。

dプログラムの「アイトリートメントカラー」の「VI755」のアイシャドウと同じように色が濃いので、目元を大きく見せるメイクをしたい時におすすめです。昼間よりも、夜に恋人とデートをしたり友達と遊ぶ時に使うと良いアイシャドウです。

そして肌の色は、ブルーベースの方にもイエローベースの方にも似合います。濃いパープルのアイシャドウなので、色白の方が使うと浮いてしまいそうなので、肌の明るさが普通から黒めの方が使うと良いです。

この「WN-33」のアイシャドウは、20~60代の大人の女性に似合うカラーのアイシャドウだと感じます。

<<カネボウのAmazon公式ショップ>>

このように今回紹介したパープルカラーのアイシャドウは、どれも綺麗な色のアイシャドウで値段も高くなくて買いやすいので、全ておすすめしたいアイシャドウです。

チークやリップなどでのパープルカラーの使い方

パープルのチークは、肌の透明感を引き出してくれる、ありがたい色です。濃くなりすぎないように気をつけながら、いつもよりやや広めに入れてあげるといいですね。ふんわりと薄づきにしておくと、顔の透明感がアップします。

パープルのルージュも、大人っぽい雰囲気を出すことができる人気色です。唇の形にそってかっちり塗ると目立ちすぎる、と思うひとは、指で広げるとカジュアルに楽しむことができます。唇の中央にパープルのルージュを塗ってから、指を使って、ぽんぽんと広げていきます。口角のように細かい部分は丁寧につけると、だらしない印象になることを防げますよ。

パープルはブルーベースの肌の人によく似合う色です。そのため、イエローベースの肌の方にとって、パープルは敬遠しがちな色ですね。淡いラベンダーのアイシャドウや、発色が控えめなグロスを使うと、イエローベースの肌の方でも取り入れやすいですよ。

メイクでパープルを使うときは、どこか一点に使って、他の色はやや控えめな色にしておくと目立ちすぎず、上品な雰囲気を纏うことができますよ。

パープルは今年流行のファッションカラーとしても注目されています

流行のファッションには少し抵抗があったり、来年もし使えなくなったら嫌だなあと思ってしまうとなかなか大胆なものは買えなかったという経験はありませんか。

例えば私はオフショルダーの服がどうしても着れませんでした。自分の背中に自信がなく、大きく露出することに抵抗を感じてしまったのです。

ですが上手に着こなしている方をみかけると羨ましいという気持ちは出てきます。

ただ、オフショルダーを着ることができないというだけで、流行に乗ることができないとは感じません。それぞれ体型に悩みを抱えている中でも、自分に合ったおしゃれをすることが大切だからです。

そこで服の形だけではなく、色味でトレンドファッションを着こなす方法を紹介させていただきます。

やはり、トレンドを意識した服装をしている女性は輝いて見えます。

それは、洋服のすべてが高価なものであるかどうかというところがポイントではなく、上手にポイントを押さえているかどうかです。周囲の女性の平均的なレベルではなく、やはりちょっと垢ぬけていると思われたくはないですか。

いつもおしゃれだねと感じてもらえるようなトレンドを積極的に取り入れていきましょう。

私がこの場でご紹介させていただくのは今年のトレンドカラー「パープル」です。

今年は夏もラベンダーカラーの洋服をよく見かけましたよね。アウター、ボトムス、トップス、ワンピ―ズ、パンプスなど、どのようなアイテムでも問題ありません。

普段あまりパープルは選ばないと思う人こそ、思い切って選んでみることでトレンド感が一気に上がります。いつもと違う印象をしている人って、少し輝いて見えたりしますよね。周囲の人にそう思われるような女性を目指しちゃいましょう。

普段パープルを着ない方にとって、このカラーはとても扱いにくいはずです。夏のワンピースであれば一着着てしまえばあとは何とかなりますが、秋のファッションはそういうわけにはいきません。

パープルとぜひとも合わせてほしい対照カラーはカーキ色です。

カーキ色というのも好き嫌いが別れてしまうカラーですね。実は私も、パープルもカーキもこれまではあまり選んでこなかった色です。ですが、この二色を組み合わせることによって、明るすぎず暗すぎない、絶妙な秋のおしゃれコーディネートが誕生するのです。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

トレンドカラーの取り入れ方というのは人それぞれです。どうせ来年には着れなくなるから安いボトムスを一着手に入れようと思う人、取り入れたいけど慣れない色に恥ずかしくて小物で取り入れたくなく人、全面的に流行を主張するようなファッションを好む人。どれが良くてどれが悪いということはないはずです。

ただ、すべてを流行で埋めてしまったり、何でもパープルだったらおしゃれになれるという考えはやめてください。よくインスタグラムなどのSNSで見かけるファッショニスタたちがおしゃれに見えるのは、そのほかのアイテムとのバランスがとてもきれいにとれているからです。

簡単にバランスをとる方法として、今回はカーキとともにパープルを取り入れることを推奨させていただきました。ぜひとも参考にしていただけたらと思います。

関連記事:

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

渡辺直美のアイシャドウ!ルナソルのスターシャワーアイズ人気色05の口コミ

2017.08.11

2018年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

2017.06.27

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2019年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

花王オーブクチュールのブラシひと塗りアイシャドウの人気色を塗ってみた

2016.11.16

スポンサーリンク