続かない?日記を書く前に日記をつける理由を知っておくと続く

日記でもやもやの分析と添削!自分の気持ちを棚卸しする

日々、仕事や家庭、友人関係や子供のことなど多くの悩みを抱える人。年齢関係なくいつまでも悩みは尽きませんよね。

そんな悩みを抱える人に、少しでも抱えている心の荷物をおろしてもらう方法として、日記を書くということをおすすめします。

細かなルールはありませんが、ただ出来事を書き連ねるのではなく自分自身で日記の添削をしてその時々の自分の思考や相手の思考を分析し考えを整理してみてほしいです

日記を書く理由と効果

%e6%97%a5%e8%a8%98%e7%b6%9a%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%84

日記をつけることで、例えば、「痩せた!」ときや、「人間ドッグの結果が改善された!」など数字みたいに明らかな効果が出るということは正直ありません。ただ自分で実践してみた時に、日記を書き続けることで、怒りや焦り悲しみそれが自分に対してでも相手に対してでも、きちんと整理整頓することができるのです。そして冷静に起こった事柄を客観視できるようになります。

特に女性は男性に比べ感情的な生き物!なんて言われていますが、私自身そう感じるところがあります。怒ったり、相手に伝わらなくてもどかしい思いをしたり、なんとも言えない「もやもや」が最大値に達したとき、私はすぐに泣いてしまいます。子供のころからそうでしたが、大人になってもなかなか治すことができません。

ヒステリーを起こすまでではありませんが、とにかく何も言わないけど泣いてしまいます。会話をしている最中であれば、相手はどうしていいわからず困ってしまいますね。会話をしながら自分の言いたいことを整理できず、相手にも伝わらず、なぜ伝わらないのかわからず泣く・・・というパターンが多いです。

そんな部分を治すためにはじめた、というわけではありませんが、あの時私は何を相手に伝えたかったんだろう?どう言えば伝わったんだろう?という”もやもやを可視化”して自分で理解をするために、言うなれば「自己満足」を満たすために日記を書くことを始めたのでした。

すると、書き終えた後感じたのは、自分って「こういうことが伝えたかったんだ!そもそもこれってそこまで伝えたいことじゃないな?」など自分の気持ちに整理がついたということ、そしてその気持ちを相手に伝えるべきか否かなども判断できるようになったということでした。そのときすごく気持ちが晴れやかになったのです。

自分自身ですら、自分がどういう気持ちで何が伝えたいのかわからなかったのが理解できるようになると、こんなにもすっきりする!と実感しました。

今回は私のような状況の人には特におすすめしたい日記の書き方を紹介し、少しでも世の中の悩みと自分との闘いから解放される女性が増えてほしいなと思います。

日記の書き方

%e6%97%a5%e8%a8%98%e6%9b%b8%e3%81%8f%e6%84%8f%e5%91%b3

基本的な書き方は今まで書いていた感じでいいですが、

①そこにプラスして「あった出来事に対して思ったことを正直に率直になるべく細かく書く」

②そして「その時の自分の気持ちを分析し、添削する」ということをやっていただきたいです。

少々汚い言葉でも、叫びたい言葉でも人に見せるものでもないので、私はなんでも書きまくります。このとき、ただ「いやだー!」とか「うざいー!」ではなく、『どこがどう嫌なのか?何がどううざいのか?』まで細かく書くことも意識します。私の場合はそのほうがスッキリするからという理由がありますが、実は日記を書いたあとにその細かさがそのあとの②の作業に役に立つのです。

まず②の作業の際は赤ペンで添削しましょう。黒でもその他の色でも良いですが、日記の内容とは違うペンで書くとよりわかりやすいですし、整理しやすいです。

添付の例としては「うざい」と書いたならば、その文字の横に線をひっぱり、「私は○○に関してうざいって気持ちをもっていたけど、それって実際は私が▲▲って言ったから、相手に◇◇って言わせてしまったんだよな。うざいって思っていたけども、もともとは私が良くなかったのかな」など、なぜうざいと思ったのか、そもそもなにが私をそういう気持ちにさせたのか、なぜその人はそういう行動をとったのかなど考え分析してみます。

話が長くなるので日記の内容は控えますが、私はこうすることで、自分が感情的に「もやもや」していた気持ちにこうだからもやもやしていたんだ!そしてこうすればもしかしたらもやもやは解消されるかもしれない!と整理整頓と同時に次に何をすべきかが見えてくるようになったのです。

一通り書いたあとにすべて見返したとき、自分自身にも反省する部分があり、反対にこの気持ちは間違ってない!と自分で自分を肯定してあげることもできました。

%e6%97%a5%e8%a8%98%e7%b6%9a%e3%81%91%e3%82%8b

長々とお話ししましたが、ただ単に日記を書くだけでも今日の自分を見直すことができます。しかし一工夫加えるだけで自分を客観視でき、どう考えるべきか?行動すべきか?が見えてきます。

忙しい日々を送りながら自分ひとりで頭の中を整理できたり、悩みを真剣に聞いてくれる友人がいる人ならこの方法は不要かもしれません。ですが一人で悩むしかない、もやもやが残ったままという人もいるかと思います。私もその一人でした。

去年1年間パワハラに悩み、一人暮らしの知らない土地で毎日泣き、精神科に通い、鬱と診断されました。今は退職しましたが、そのことをきっかけに、自分の今の気持ちを自分で整理できるようになりたい、と思うようになりとりあえず初めて見たのが日記を書くということでした。

一人で悩まないで、なんてよく言うけど「一人で悩むしかないときはどないやねんっ!」って一人でツッコミをいれていた去年。そんなツッコミを入れてる人がいれば、是非この方法を実践してみてください。

スポンサーリンク