美しい眉毛を作るお手入れ方法と書き方・アイブロウメイクのやり方

メイク

美人眉になる眉毛のお手入れとメイクについて

顔の印象を大きく左右するのが、眉毛ですね。眉の形はもちろん、色や角度などで、ずいぶんと印象が変わります。でも眉毛のお手入れ方法や、上手な眉の描き方をちゃんとマスターしているひとは意外に少ないものです。

いままでなんとなく行っていた眉毛のお手入れと眉メイク、もっと魅力を引き出してくれるように、得意にしてみましょう。初心者の方は、できるだけシンプルで確実な方法をしっておくと良いです。

眉毛のお手入れをきちんとしておくと、すっきりと洗練された印象になることができます。眉のお手入れをなにもしていないと、やぼったい感じになってしまうので、印象を変えることができます。また、自分に似合う眉をきちんと描けたら、より魅力的な顔立ちになれますよ。

眉毛のお手入れ方法

まずは眉毛のお手入れ方法です。

眉毛をカットするときには、すっぴんで眉毛をカットする人が多いかもしれないですね。でも、眉をきちんと描いて、理想的な眉の形を意識してからカットするほうが、イメージ通りの眉毛にすることができます。

慣れていないと難しい眉毛の描き方ですが、初心者のかたは、2つのポイントを意識して行ってみましょう。

眉毛がきれいに整っているかどうかは、

  1. 左右対称になっていて、
  2. バランスが取れているかどうか、

によります。

眉山の位置

1つ目のポイントは、眉山の位置です。眉毛のカーブがもっとも高い位置ですが、黒目と目尻の中間の真上にくるくらいの位置になります。まずは左右どちらかで、自分が描きやすい方の眉を描いて、眉山の位置をしっかりと把握しておきましょう。そのあとで、もう片方の眉毛を描くと、左右対称になりやすいですよ。

眉頭

2つ目のポイントは、眉頭です。眉頭の位置が左右で合っていると、整って見えます。顔の中心からの距離ができるだけ同じになるように、眉頭を描きます。

少なくとも、2つのポイントを意識して描くことで、左右のバランスがとれた眉にすることができます。

眉山と眉頭の位置を意識して描くコツを知っておけば、時間がないときでも、さっときれいな眉を描くことができます。

カット!

そして、なりたい形の眉毛を描いてから、ハサミとコームを使って、不要な毛をカットしていきます。

使用するハサミは、眉毛用のタイプを選びましょうね。眉用ハサミの先端は、反りあがっていて、カットするときに肌を傷つけないようになっています。ハサミの先端があたらない向きにもって、眉毛をカットするようにしましょう。

眉メイクを行ってみて、眉毛に眉コームをあてて、はみ出している不要な部分をハサミでカットします。眉の周りの細かい部分は、電動のシェーバーを使って、カットしておきましょう。

毛抜きで眉毛を抜くと、皮膚を傷めることにもなるので、やめておきましょう。

眉毛のお手入れ方法を知っておくことは、なりたい眉毛への基本となります。眉毛のメイクも奥が深く、自分にあった眉毛を描けるようになることは、なかなか大変です。まずは、基本的な整え方をマスターして、だんだんと慣れていきましょう。

こんな眉になりたい、とイメージを意識してお手入れやメイクができると、理想に近づくことができますよ。目元だけでなく、顔全体のイメージを決めてしまうパーツなので、眉のお手入れやメイクは、ぜひ得意にしておきたいですね。

眉毛の黄金比と眉毛の描き方について

メイクの中でも特に大きなポイントとなる眉毛。眉毛一つで顔の印象が大きく変わるといっても過言ではありません。

そんな、眉毛には黄金比と呼ばれるものがある事をご存知でしょうか。自分の顔の眉毛の黄金比を知り、眉毛を描く事で、今まで眉毛で悩んでいた事が嘘みたいに眉毛の悩みを解消する事ができるようになります。

眉毛の黄金比を知る事で、自分の顔にあった眉毛を作り上げる事が可能になります。黄金比を知る事で、毎日、同じ眉毛を完成させる事もでき、その日、その日の眉毛の出来栄えで、その日のメイクの完成度が変わる事はありません。その為、毎日、同じようにバッチリメイクで過ごす事が可能になります。

また、黄金比を知っておけば、それを基準に眉毛をアレンジさせる事も可能となります。

黄金比眉毛の作り方

まず、準備するものとしてアイブロウペンシル・先が斜めにカットされている眉用ブラシ・アイブロウパウダー・眉マスカラとなります。

特別に準備しなければならないものはなく、手元にあるもので十分です。その上で、左右の眉頭の高さをチェックしておきます。

それができれば、眉頭・眉山・眉尻にポイントを置き、眉毛を描いていきます。

  1. まず、足りない部分を書き足す気持ちで、ペンシルを使い、眉尻を描いていきます。その際、濃くならないように注意します。
  2. 次に先が三角になったブラシを用いてパウダーで、眉尻から眉中央の間を描き、次に眉中央から眉がしらの間を描いていきます。その際、2往復する感じで描く事で自然な形で描き上げる事ができます。
  3. あとは、眉マスカラを付ければ完成です。完成後は、必ず左右対称のチェックを行ってください。ポイントは、眉頭の下のラインを左右対称にすること。揃っていない場合は、描き加え、必ず左右対称になるようにしておきます。

眉毛の黄金比のポイント!

眉毛の黄金比はわかるものの、上手に描く事ができないと言う場合は、練習シートを活用し、理想的な眉の形を描く練習を行います。その上で、黄金比を考えながら眉毛を仕上げる事で、いつでも、同じ形の眉毛を完成させる事が可能になります。

また、いま風の眉毛は、少し短め。そして、少し太めが流行です。その事にも注意が必要になります。眉毛と言うものは、流行で大きく変化するものとなり、その為、常に眉毛の流行には敏感になっておく事が大切です。

そんな流行の激しい眉毛でも、この黄金比だけは変わる事はありません。その為、この黄金比を基準に流行りの眉毛を完成させれば何も問題はありません。

以上が眉毛の黄金比となります。眉毛の黄金比の場合、一度覚えてしまえば、あとは、そう難しい事はありません。

どのような流行りの眉毛でも、この黄金比は基本になる為、是非、一度、自分の眉毛の黄金比を確認しておく事をお勧めします。そうする事で、常に同じ眉毛を毎朝、完成させる事ができ、忙しい朝のメイク時間も短縮させる事ができると思います。

その上で、美しい黄金比の眉毛は、日頃のメイクをワンランクアップさせる事ができ、周りに与える印象を大きく変える事もできると思います。

ゲジ眉の私がしている「ふんわり眉」になるアイブロウのやり方

テレビや動画などでアイブローメイクを見てみても、参考にならないことってありませんか?

「なぜならゲジ眉だから!」

私もそうで、しっかりとした太い眉毛が生えているのでカットも変にならないようにより注意が必要ですし、薄くしたいと思っても下手に抜くとまばらになってしまいます。かといって剃ると生えてくるときにまた太い毛が登場してやっぱり変になってしまいます。

ここでは、私と同じ悩みを抱える女性に、私が行きついたふんわり眉のメイク方法をご紹介します!

ふんわり眉になると、ゲジ眉の時とは違う優しい雰囲気の顔になります。

眉毛は顔の印象の8割を占める、なんて言いますからね。眉毛が太いと責任感があり頼り甲斐がある人というように見られますが、守ってもらいたいという女性はそれが裏目に出てしまうでしょう。

今まで髪で眉毛を隠していたという方も、ふんわり眉になればもっと色々なヘアスタイルを楽しめるようになります。

アイブロウのメイク方法

それでは、具体的なメイク方法に入りましょう。

まず、用意してもらいたいのは、

  1. リキッドタイプのアイブローペンシル
  2. パウダーペンシル
  3. 眉マスカラ

です。

選ぶ時のポイントは、リキッドタイプとパウダータイプのアイブローペンシルは、これらがセットになっているものがあるのでそれをおすすめします。

1本にまとめられているので色が全く同じものを選べるからです。

また、眉マスカラは自分の髪色よりワントーン明るめを選んでください。髪色と同じだとまだ濃い印象を受けてしまうので、抜け感を出すためには重要なポイントです。

メイク道具がそろったら、ゲジ眉の場合はリキッドペンシルで眉全体形を整えていきます。これだとシャキッとしすぎているので、その上からパウダーペンシルでぼかしていきます。眉頭や眉尻には毛がないという人はそこを入念にして自分の眉毛とナチュラルにつないでください。

それが終了したら、最後に眉マスカラの登場です!毛流れに逆らって塗った後、毛流れに沿って整えて完了です!

ポイント!

ゲジ眉さんがふんわり眉にする時のポイントは、眉マスカラは少々お高めのものをチョイスすることです。

一般的な眉毛の人なら染まるのかもしれませんが、安いものだと太くて濃い眉毛はなかなか思うように染まってくれません。私もそうで、しっかり色をつけようとした結果、眉の下の肌に色がついてしまって色の強弱が変になってしまったことがあります。ここはケチらず、発色が良いものを選んだ方が正解です。

こういう時には安かろう悪かろうだなと思いますね。自分では結構明るい茶色を選んだつもりだったのですが、メイクが出来上がってみても不思議とそれで整っていたので明るい色はおすすめです。

ゲジ眉のためのメイク方法って案外なんですよね。

同じ悩みを抱えている人はいないのかなと思うくらい。でも、それなら自分で試行錯誤して納得するところまでたどり着けば良いのです。

私も最初、何が正解かよくわからなくて、とにかく眉毛が濃いからサッと整えるだけでほとんどアイブローメイクはしていませんでした。でも、やってみるとこんなにも変わるものなのかと納得!

私の方法が、同じゲジ眉さんの助けになりますように。

関連記事:

【美しい眉毛を作る眉メイクのやり方】コンシーラーを使った意外なメイク方法とは

2018.08.13

デパコス!落ちない!初心者におすすめのアイブロウランキング2018

2018.07.20

【シュウウエムラのアイブロウブラシの口コミ】眉を美しく描けます!

2018.05.09

おすすめパウダーアイブロウと人気のプチプラアイブロウペンシルで自然な眉毛に!

2018.02.10

眉毛にクリアマスカラ!?プチプラではセザンヌが人気!口コミや使い方は?

2017.10.29

ティントコスメの種類は?眉とリップのティントメイクの使い方や失敗談

2017.03.16

立体感メイクにおすすめ「アイブロウ&ノーズシャドウ」の口コミと使い方

2017.01.06

スポンサーリンク