腸内環境を整えるのにヨーグルトは効果無し!?味噌汁や納豆が改善に良い理由

腸内環境を整え、便秘を解消し、肌荒れを無くす!

数日間、排便がない女性は少なくありません。1週間以上出なくても当たり前という方もいるようです。当たり前のように感じている人はすぐに対策をした方が良いです。便秘とは体に不要な老廃物がたまった状態なので、体にメリットはありません。

便秘の状態が長く続くと、腸内では悪玉菌が増えて有害物質が大量に発生します。有害物質は肌荒れとも関係しています。たかが便秘と思って放置していると肌荒れがひどくなる可能性もあるのです。

さらに、悪玉菌発がん促進物質も作り出すので、健康への影響も心配されます。

便秘解消で肌がきれいになる効果

便秘が長く続いて肌荒れがひどくなった経験を持つ女性もいるのではないでしょうか。

でも、どうして便秘で肌荒れが悪化するのでしょう・・・?

それは、便秘の状態が続くと腸内で悪玉菌が繁殖し、有害物質を大量に作り出します。有害物質は早く体内から排泄されるべきなのですが、便がつまっているので排泄できません。すると、腸壁から有害物質が吸収されてしまい、血液にのって全身を巡ります。肌に吸収された有害物質は、肌にダメージを与えて肌荒れを引き起こしてしまうのです。

また、腸内環境の悪化は自律神経の乱れにもつながります。自律神経が乱れると肌の生まれ変わりが滞り、肌バリア機能も低下します。外部刺激に敏感になって肌荒れをしやすい状態になってしまうのです。

このような状態を改善するには、腸内環境を整えることが大切です。便秘を解消して腸内環境を整えれば、悪玉菌が作り出す有害物質が減り、肌の負担が減ってきれいな状態に変わってきます。

乳酸菌「ヨーグルト」で腸内環境改善

便秘解消に良い食品というとヨーグルトを思い浮かべるのではないでしょうか。ヨーグルトなどの発酵食品には乳酸菌が含まれていて、腸内環境を改善してくれます。

ヨーグルト 美肌

女性にとってお肌のコンディションは気分を左右するくらい重要ですよね。つるんとしたむき卵のような肌だと気分は晴れやかですが、現実はニキビや肌荒れに悩む毎日・・・。

化粧水をあれこれ変えてみたり、パックをしたり、エステに行ったり等、肌にはたくさん気を使っているはずなのに一向に肌の調子が良くならない。しかし、それは全て外からのケアだったりしませんか?

実は美肌に必要なのは、体の中の調子を整えることでした。そこで明日からでも始められる簡単な方法が「ヨーグルトを食べること」なのです!

ヨーグルトには以下の栄養素が含まれています。

  • 乳酸菌・・・腸内環境を整える
  • ビタミンB群・・・細胞の再生を促し、皮脂の分泌を抑える
  • カルシウム・・・胃を健康な状態にする、リラックス効果、イライラ解消
  • メラトニン・・・快眠作用
  • たんぱく質・・・肌のキメを整える

ヨーグルトの美肌効果

大腸が食べ物のカスや老廃物で汚れていると、汚れた血液が全身をめぐります。毒素を含んだ血液は毛穴の皮脂と結びつきニキビを引き起こすのです。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。これらは、腸内の悪玉菌を追いやってくれる上に便通が良くなります。腸がきれいだと肌も必然的にきれいになるのです。

また、イライラして自律神経やホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーが乱れ角質が溜まりニキビに繋がってしまいます。ヨーグルトに含まれるカルシウムはイライラを抑える効果があります。

タンパク質は皮膚を形成する大事な栄養素です。これが不足すると、新陳代謝が上手くいかなくなり肌が老化しくすみやたるみのもととなります。特にダイエットをしている女性は食事制限から、タンパク質が十分に摂取できていません。ヨーグルトはタンパク質が豊富に含まれている上に低カロリーなので、ダイエット中こそ取り入れたい食材と言えますね。

そしてヨーグルトに含まれている「ビタミンB2」。これは脂肪燃焼に必要な栄養素と言われています。カロリーが低くお通じも良くなる上に、脂肪燃焼の手助けにもなるなんてダイエットに最適で

これからの季節インフルエンザなどの風邪が心配ですよね。ヨーグルトは免疫力をアップさせる効果があります。忙しい女性は休みたくても簡単には休めませんから、免疫力をあげてウイルスに強いからだを作りたいものです。すね。

ヨーグルトの摂取頻度と量

美肌 ヨーグルト

低カロリーなうえに美肌効果もあるヨーグルトですが、1日3食食べるのはやめましょう。食べ過ぎると腸への刺激が強いので下痢になってしまいます。推奨量は1日100gと言われていますので気を付けましょう。

そしてできるならば毎日続けて食べることをお勧めします。増えた善玉菌が腸にとどまるのは2~7日。排泄と同時にどんどん出て行ってしまいますので、積極的に取り入れていきましょう。ヨーグルトは塩を入れて食べると、カルシウムの吸収が良くなります。食物繊維が豊富な野菜や果物(バナナ、キウイ、りんご、ドライフルーツなど)と一緒に食べると、整腸作用が高まります。さらに、欲を言えばキノコや海藻などの副菜も摂れば一日の栄養バランスは整います。

正直、こんなにも女性にとってうれしいこと尽くめの食べ物だとは思いませんでした。ヨーグルトは今や種類も様々で味のバリエーションも豊富です。またプレーンヨーグルトであれば果実のソースやジャムとも合います。グラノーラやコーンフレークとともに食べると腹持ちも良く、これなら無理なく飽きずに続けることができそうですね。美肌を目指す女性はぜひ取り入れてみましょう!

しかし日本人の腸にはヨーグルトではなく、味噌汁や納豆の方が腸内改善効果がある!?

ヨーグルト以外にも腸内環境を整える発酵食品はたくさんあります。味噌、ぬか漬け、キムチ、甘酒などにも乳酸菌が含まれています。

生きて腸に届いた乳酸菌は、腸内で乳酸を作りだして腸内を酸性にします。悪玉菌はアルカリ性の環境を好むため、腸内が酸性になることで悪玉菌が棲みにくくなります。また、乳酸は腸を刺激して蠕動運動を促す働きもあります。

乳酸菌は含んでいませんが、納豆にも整腸作用があります。納豆には納豆菌が含まれています。

※とある専門家の方はヨーグルトよりも味噌汁や納豆を積極的に食べた方が良いと発言しています↓

乳酸菌を摂取するときのポイント!

食品から摂取した乳酸菌は腸内に定住をしないので、毎日継続して摂取することが大切です。ヨーグルトなら1日150~200g程度をめやすに食べてみましょう。

お腹が冷えやすい方には、お味噌汁がおすすめです。お腹が冷えると腸の働きが不活発になります。しかし、お味噌汁なら体が温まって血流が良くなり、腸の働きが活発になります。

便秘でも「まぁいいか」と問題視していない女性は少なくありません。しかし、便秘は老廃物が溜まり、体にとって悪い状態です。肌荒れや健康への影響もあります。便秘を放置せず、毎日の食事で腸内環境を整え、きれいな肌を目指しましょう。

関連記事:

【腸のデトックス方法】デトックス効果のある食べ物,食事(食材),飲み物9選

【50代美肌女性に聞いた美容食べ物】納豆、ヨーグルト、アボカドの効果

【甘酒の美肌,ダイエット効果,飲み方,種類とは】飲む量200ccがおすすめの理由

スポンサーリンク