腹巻きが妊婦さんや生理、PMS(月経前症候群)におすすめの理由と効果

腹巻きでぽかぽか冷え知らず!

お腹の冷えに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

女性にとって、冷えは大敵です。

特にお腹は、胃や腸などの消化器官や、女性とってとてもわ大切な子宮があり、暖かくすることは本当に大切です。

そこで役に立ってくれるのが、腹巻きです。

「地味!」と思われるかもしれませんが、腹巻きというものは、私たちの体に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

まず、胃や腸などの消化器官が活発になり、胃痛や消化不良などが改善されます。

また、腸が冷えることによって、腸の動きが悪くなって便秘になる方も多いので、腹巻きでお腹を暖めることは便秘解消にも役立ちます。

そして、子宮を暖めることにも繋がり、辛い生理痛や子宮の張りなどのPMS(月経前症候群)の緩和にとても役立ってくれます。

今回は、そんな腹巻きの魅力を改めてご紹介したいと思います。

腹巻きでお腹を温めると良い理由

冷え性で困っている女性はたくさんいます。昔から女性を冷やしてはいけないとは言われてきましたが、これにはきちんとした科学的根拠もあり、婦人科系の病気などにも関係してくるため、是非改善したい症状です。

冷え性と自覚のある人の多くは、足の先が冷えているという症状が一番多いかと思います。体は暖かいのに、足のつま先だけがキンキンに冷えてしまって眠れないという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

これも辛いものですが、実は足の冷えよりももっと気を付けたい場所があります。

それは「おなか」です。

今すぐ、下腹部に手を当てて見てください。冷たくはありませんか?

もしおなかがヒンヤリしていたら要注意です。女性の下腹部には子宮があります。そこが冷えてしまうことで、様々な病気を引き起こす原因となってしまうのです。

あなたの生理痛やイライラ、むくみ、慢性疲労などはおなかの冷えが原因かも知れません。その冷えは婦人科疾患だけではなく、ダイエットの大敵でもあります。

お腹 冷え 症状 原因

女性は男性と比べると、冷え性になりやすい体です。なぜなら女性は、

  • 筋肉が少ないため、体を燃焼しにくく、熱をつくり出す能力が低い
  • さらに脂肪が多い女性において、脂肪はいったん冷えると温まりにくい

といった性質があるためです。

体温は血液が体全体に循環することで保たれていますが、女性は生理期間に入ると、体の血液が一時的に減ってしまいます。そのため、酸素や栄養を含んだ温かい血液が、十分に体に渡らなくなることで、どうしても冷え性になりやすくなるのです。

この冷え性によって最も影響を受けるのが子宮です。

妊活をしている方にとっても腹巻きはとても有効です!

子宮や卵巣の働きが良くなり、赤ちゃんを授かるための助けとなってくれるでしょう。

まれに、「腹巻きなんかよりカイロをお腹に入れたら良いじゃない」と思う方がいらっしゃいます。しかし、カイロと腹巻きでは大きな違いがあり、カイロはカイロそのものが発熱しますが、腹巻きは自分の体温の熱を保温します。カイロは暖かくなりすぎて低温やけどを引き起こしたり、特に妊活をしている方にとってはあまりにも高すぎる温度は卵子に良くない影響を与えてしまう可能性があります。

自分の体温を保温する腹巻きが一番体にとっては良く、理にかなっているのです。

このように、腹巻きは私たちにたくさんの嬉しい健康効果をもたらしてくれる、素晴らしいアイテムなのです。

生理痛を緩和する腹巻の効果

個々の体質にもよりますが、生理痛を緩和する方法は、いくつもあり自分に合った方法が見つかれば、つらい生理が少しでも楽になることでしょう。実は、私も中学生のころからひどい生理痛に悩まされていて、学生時代も気絶しそうになった痛みもありましたし、社会人のころは仕事もなかなか休めなくて本当に大変な思いをしました。

しかし、自分の生理痛は、元々の体質だからと諦めていましたが、ある時一つのきっかけで、急にその月の生理痛が軽減した時がありその時から、もしかしたら自分で改善することが出来るのではないかと思い様々な方法を模索しています。

お腹を冷やさない!

生理痛を軽減する方法で一番、基本的なことはまず体を冷やさないことです。

生理痛 症状

生理期間中は多量の血液が排出されるため、体はその分通常より多くの血液を必要としています。もし血液が不足すれば、たちまちに冷え性の状態になってしまいます。

冷えで骨盤内の血行が悪化してうっ血が起こり、生理のときの経血も流れにくくなります。そのため、経血を押し出そうと子宮が強く収縮し、痛みを感じるようになります。夏より冬のほうが生理痛がつらい、温めると生理痛がらくになるという場合は、冷えで生理痛が起きていると考えていいでしょう。

さらに、お腹が冷えた状態でいると卵巣が正常に働かなくなり、生理周期が遅れたり、生理期間が長引いたりなどの生理不順の原因となります。

ホルモンを分泌して生理のリズムを整えるという本来の機能が果たせなくなり、生理の周期が乱れてしまいます。

このように体が冷えることで、血の巡りが悪くなり生理時に経血が体外に排出しづらくなるからです。昔から冷えは万病のもとといいますが本当にその通りで、女性は普段から冷えには本当に気を配ることが大切です。

腹巻が役立ちます!

腹巻き 冷え

お腹の冷え対策として腹巻もおすすめです。腹巻の種類は多く、薄手で通気性の良いものや、見えてもおしゃれな柄のものまでラインナップは豊富です。伸縮性もあり、体にフィットする素材なら、洋服を着ても邪魔になりませんね。

腹巻は夏場でも使うことをおすすめします。夏こそ、クーラーにさらされたりして女性の内臓は冷えやすくなっています。おなかさえ守ることができれば、多少クーラーで体が冷えても何とかなります。

楽天で一番人気の腹巻を見てみる

Amazonで一番人気の腹巻を見てみる

腹巻きを日常に取り入れよう!腹巻の使い方と注意点

腹巻きの使い方は至ってシンプルです。

筒のようなタイプの腹巻きならば、胴体を通し、お腹周りで固定しましょう。ショーツやスパッツのようなタイプの腹巻きならば、ズボンのように脚から通して履いて下さい。

その際は、ショーツやストッキングやタイツを履いた後に腹巻きを装着するようにして下さいね。最近はとても可愛いもこもこのデザインのものや、日中に装着していても服装に響かないようなとても薄いものまで、様々な商品が販売されています。ぜひ、お気に入りの腹巻きを見つけて下さいね。

腹巻きをする際の注意点は、腹巻きを直接素肌に着けると、温まり過ぎると汗をかいたり蒸れたりしてかぶれてしまうことがあるので気をつけましょう。

また、腹巻きを直接素肌に着けた方が暖まりやすいと思われがちですが、インナーや肌着の上に腹巻きをした方が、インナーと腹巻きの間に空気の層ができるため、より暖かく感じることができます。是非、素肌に直接着けるのではなく、インナーや肌着の上に腹巻きを着けるようにして下さいね。

以上、腹巻きについてご紹介しました。女性にとってお腹を冷やさないことはとても大切です。是非お気に入りの腹巻きでお腹を暖めて、健康になりましょう。

楽天で一番人気の腹巻を見てみる

Amazonで一番人気の腹巻を見てみる

スポンサーリンク