花粉症で肌荒れや敏感肌におすすめのメイク方法、化粧下地ベースメイクのやり方

メイク

花粉で肌が敏感になっているときのメイク方法

「花粉症でもメイクはできます!」

花粉が多く飛ぶ季節になると、肌に花粉が付着をしてかゆみや赤みがでたり、鼻をかみ過ぎて皮膚がめくれてしまったりしませんか。このように肌の状態が悪化をしているときはメイクを控えた方がよいとは思っていても、メイクをしなければならないときもあります。

しかしメイク方法に気をつければ、花粉で肌が荒れているときでもメイクをすることができます。では、どのようにメイクをしたらいいのでしょうか。

花粉に敏感な肌の状態とは

花粉に敏感になっている肌は、肌を保護する力が低下をしています。

肌の表面の角質層には、外部刺激から守ったり肌内部の水分蒸発を抑えるバリア機能の役割があります。バリア機能がしっかりと働いていれば、花粉に対して敏感になることはありません。しかし、花粉に敏感な方はバリア機能が低下をしていて、肌に花粉が付着をして炎症を起こしています。そして、かゆみや赤みなどの肌の症状として現れます。

メイクをすると一枚肌を保護する膜ができるので、肌に直接花粉が触れることを防ぐことができます。

気をつけて欲しいことはアイメイクです。目の周りはもともとデリケートで、アイメイクによってかゆみや赤みが生じる可能性があります。粘膜の周りにメイクがつかないようにしてください。アイメイクはしばらくお休みにするとよいでしょう。

メイク方法

肌の状態を整えるためにスキンケアをしっかりとしておきます。肌の状態が悪化をしているので、低刺激な基礎化粧品でケアをしましょう。

基礎化粧品が乾いたらメイクをします。

鼻をかんだりマスクをしてメイクが崩れてしまうので、崩れないようにすることよりも直しやすいメイクをしましょう。そういったことを考えるとBBクリームがおすすめです。BBクリームなら後で重ねづけをして直しやすい特徴があります。

おすすめ記事:

赤みが出ている部位はコントロールカラーでカバーをします。緑系のものをぼかすように使用すると自然な仕上がりになります。厚塗りになる不自然なので、最小限の使用に留めます。

肌表面が濡れていると花粉が肌に付着しやすいので、最後にパウダーをつけて肌表面をサラサラにします。

メイク直しがうまくいかないときは、コットンに乳液をつけて軽く拭きとってみてください。乳液の水分と油分を与えることで、肌がシワシワになることを防げます。

ポイント!!

厚塗りになると不自然なので、薄くメイクをすることを心がけましょう。

特にコンシーラーはつけ過ぎないように気をつけてください。必要な量を最小限だけつけて、コンシーラーをつけていない部位との境目が目立たないようにぼかします。筆タイプのコンシーラーは、細かい部位に使いやすくメイク直しのときに便利です。

肌には花粉が付着をしているので、帰宅したらすぐにメイクを落とします。クレンジングをする際には、肌に優しいクレンジング剤を使用しましょう。

花粉に敏感になっている肌にはメイクをしない方がよいと考えているかもしれませんが、メイクをすることで保護膜ができて肌に直接花粉が触れることを防げます。しかし、肌が敏感になっているのでメイクの仕方には注意が必要です。メイクのコツをつかんで上手にメイクをしてください。

花粉症の方におすすめのマスク美人のメイクとは?

外に出ると花粉がものすごいシーズン。鼻水やのどのイガイガが辛くて、マスクが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのが「マスク美人に見えるメイク術」です。外出するときはいつもマスクでいる方は、特に見て欲しい特集です。あなたの印象がもっと良くなりますよ。

マスクを付けている季節も、普段と同じメイクで満足していませんか。大きな面積のマスクを付けると、顔の半分以上は布で埋め尽くされてしまいます。いつもと同じメイクをしていると、不健康そうに見えたり疲れた印象に見えてしまうこともあります。

マスクに相応しいメイクをおこなうことで、目チカラが生まれてイキイキとした表情に見えます。老けたオバサンのような、どんよりした雰囲気を一掃できるため、周囲の人から「明るい人」「話しかけやすい人」と思ってもらえるようになりますよ。

マスクメイクのポイント

目チカラを意識する

マスクを付けたとき、口や鼻は隠れてしまうことが多いもの。朝は時間がないという方は、思いきってベースメイクは省略し「目もとのメイクを重点的におこなうこと」がおすすめです。

目チカラを意識したメイクをおこなうと、目がぱっちり見ひらいたような印象になり、明るくやる気のあるイメージになります。

花粉症で涙がとまらないという方は、通常のメイク道具ではなく「ウォータープルーフ型」もおすすめ。汗や水に強いウォータープルーフ型のアイライナーやマスカラは、この時期のマスクメイクに欠かせない存在です。

アイホールには膨張色を使うのはNG

優しい雰囲気のピンクやオレンジは、腫れぼったく見えてしまうこともあり、この季節に使うと逆効果になります。アイホールには引き締め色のグレー・シルバー・淡い水色などを用いて、きりりとした印象に魅せてあげましょう。

アイカラー塗ったあとは、水に強いアイライナーで目もとを埋めていきます。目じりの終わりは下げるのではなく、ネコ目のように軽く上げておくこと。キュートで芯のある女性を演出できます。

日本人のまつ毛は下向きに生えていることが多いため、ビューラーで上向きにリセット。ブラックのマスカラで下から上へ、草花を育てるイメージで色を付けていきます。

ほぼ目もとのゾーンだけしか見えないマスク時の姿は、アイメイクにこだわることで「美人さん」の印象を第三者にアピールすることができます。はつらつとした印象に見えるため、不健康そう・具合が悪そう…といったマスクのイメージを払拭することもできますよ。

他に気を付けたいポイント

クマは徹底的にかくす

マスクをしていると、病弱でか細い雰囲気になります。この負のイメージを取るためにおすすめしたいのが「目もとのクマをコンシーラーで隠す」という方法。クマが残ったままだと、どんなにマスカラやアイライナーでぱっちり瞳を演出しても、2割増しや3割増しおブス度が高まってしまいます。

クマを隠したいときに最適なのが、やや暗めのコンシーラーです。くまの色は茶色や黒色・青色と濃い色のことが多いため、白くて薄いコンシーラーを重ね塗りしても、思うように消えてくれないことも多いのです。コツはぽんぽんと少量ずつ伸ばしていくこと。目もとはシワが目立ちやすいため、一度にたっぷり付けるとヨレの原因になることもあります。優しい力で少しずつ重ねづけしてあげると、どんよりクマも可愛く消えてくれますよ。

花粉症の方のマストアイテム・マスクに似合うメイク法をご紹介しました。やつれた印象に見えやすいマスクですが、レフ版の効果もあるため、いつも以上に素肌が明るく見える嬉しい効果もあります。

ポイントは「マスクで隠せない、目もとを丁寧にメイクしてあげること」。目チカラを意識した美人メイクをおこなって、毎日を元気に過ごしてくださいね♪

花粉に悩む人におすすめの化粧下地はアレルバリアエッセンス

花粉症で悩む方は、花粉が多く飛ぶ季節になると肌がかゆくなることがありませんか。かゆみを我慢できずにかいてしまうと悪化することに・・・。花粉が原因で肌の状態が悪くなって、きれいにメイクができないこともあると思います。

花粉症で悩む方におすすめの化粧下地が「dプログラム アレルベリアエッセンス」です。日中用美容液なのですが化粧下地としても使用できます。

バリアする理由

肌にはバリア機能があり、紫外線や花粉などの外部刺激から守ってくれています。ところが、花粉が多くと飛ぶ季節になると肌がかゆくなったり赤みが出る方は、肌のバリア機能が低下していて、異物が侵入しやすい状態になっています。

アレルバリアエッセンスには、花粉・ちり・ホコリなどの微粒子からバリアをする役割があります。肌表面に均一な膜を張ることで、花粉やちりなどの微粒子が肌に触れないようにします。

花粉症で肌がかゆくなったりするときは、メイクをしない方がいいと考えているかもしれませんが、メイクをすることで花粉が肌に直接触れることを防ぐことができます。しかし、肌がかゆくなったりするときは刺激に対して弱くなっているので、低刺激性の化粧品を選ぶことが大切です。

アレルバリアエッセンスは、鉱物油・パラベン・アルコール・香料・着色料は使用していません。敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み、ニキビができにくい処方、アレルギーテスト済みです。乳幼児でも使用できます。紫外線吸収剤不使用でSPF40・PA+++で日中の紫外線からも肌を守ります。

使い方

化粧水・乳液・クリームなどで肌を整えた後に使用をします。2層式なのでよく振ってから使用してください。

1円硬貨大を手のひらにとり、両頬・額・鼻・あごの5か所に置きます。指の腹を使って顔の広い面からはじめ。顔の中心から外側に向かって広げます。肌をこすると肌の力が低下をするので、こすらないように広げてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 基礎化粧品でケアをしてから、このエッセンスとファンデーションでメイクをしています。花粉で肌が荒れることがありません。肌をバリアしてくれているような感じがします。伸ばしやすくつけてる感はありません。
  • ひどい敏感肌ではないのですが、ときどき化粧品で肌がヒリッとすることがありました。アレルバリアエッセンスは肌に優しいだけあってヒリヒリすることがないです。SPF40で日中の紫外線から守ってくれて、紫外線対策をするのに重たい感じがしません。花粉が気になる季節だけでなく1年中手放せない商品です。
  • 花粉対策用に購入しました。今のところ肌の調子は悪くなっていません。肌にのせたときにサラサラしていて気持ちがよいです。肌への負担は軽いと感じました。

花粉が多く飛ぶ季節は、肌がかゆくなったりヒリヒリしやすいですよね。しかし、かいてしまうと肌の状態が悪化をしたり、シワの原因にもなります。

花粉に悩む方におすすめの化粧下地が、dプログラムアレルバリアエッセンスです。肌表面に均一な膜をはって花粉やちりなどの微粒子が肌に直接触れることを防ぎます。鉱物油やアルコールなどは使用しておらず、パッチテスト済みで肌への優しさも考えています。

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

花粉症の方には絶対dプログラムのベースメイクがおすすめ!

今年も花粉が猛威をふるっていますよね。

毎年スギもヒノキも去年の何倍の量が…などとテレビで見るたびにどんよりした気分になります。

花粉症になると、鼻水や涙で顔がぐしゃぐしゃになり、おまけに肌が炎症をおこしたように荒れてしまうこともありますよね。

それでもメイクはしたい!そんな方のために今回は花粉症の方でもできるオススメの資生堂から発売されているdプログラムのベースメイクを紹介します。

まず、ベースメイクをする前に、花粉症はアレルギーの一種なので、肌もこの時期は敏感になります。

敏感になった肌はいつもより炎症をおこしやすく、荒れたりかゆみを引き起こしたりするので、この時期はしっかりと「保湿」することを心掛けましょう。保湿するものも、低刺激のものを選ぶといいですよ。

資生堂から発売されているdプログラムのシリーズや、無印良品の敏感肌用のシリーズがオススメです。

しっかりと保湿をしたあとは、ファンデーションです。しかし、花粉症でどうしてもくしゃみが出て鼻をかんだときなどにヨレてしまうのも困りますよね。

  • 「資生堂 dプログラム アレルバリアエッセンス」40ml ¥3000
  • 「資生堂 dプログラム アレルバリア エッセンスBB」40ml ¥3000

こちらはどちらもノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)で、SPF40、PA+++のものです。

独自の「アレルバリアテクノロジー」搭載で、肌に膜を張り、隙間をつくらず素肌にアレルゲン物質を触れさせないものになっているんです。

無香料でアルコール無添加、パラベンフリーなどの低刺激処方なので敏感肌でも安心して使うことができるのも嬉しいですね。

上のアレルバリア エッセンスの方は、透明タイプのものです。赤ちゃんの肌にも使え(新生児は除く)、ウォータープルーフですが石けんで落とせることができます。なお、顔と身体どちらにも使えるものです。

<<Amazon>>

そして下のアレルバリア エッセンスBBの方は色付きタイプのBBクリームです。色は自然で明るいライトと、自然なナチュラルの2色あります。色がついているので、これ一本でベースメイクを終わらせることもできますし、下地とて使用して上にお手持ちのファンデーションを重ねることもできます。

どちらもオイルインで2層になっているので、よく振ってから使います。

<<Amazon>>

ベースメイクをしたあとには、同じくdプログラムから発売されている「アレルバリア ミスト」57ml ¥1500。

このミストタイプの化粧水をつけることで最大限に花粉から肌を守ることができます。

こちらはオイルと化粧水の2層タイプなので、日中も乾燥を気にせず肌を守りながら化粧持ちもよくしてくれるものになっています。

化粧直しのときにも使えるので1本持っておくととても重宝しますよ。

<<Amazon>>

また、それでも乾燥してしまうという乾燥肌の方には、「アレルバリア クリーム」35g ¥3000という日中用保護クリームをオススメします。

こちらはSPF30、PA+++で紫外線も優しくカットしながら、しっかりと保湿もしてくれます。

こちらも赤ちゃんの肌にも使えるので、お子様と一緒に使うこともできます。

<<Amazon>>

花粉で敏感になった肌には、いつも使っていたコスメでも刺激を感じてしまいがちです。dプログラムの化粧品はそんな敏感肌の方でも安心して使える処方のものなので、気になる方は是非一度使ってみてください。

敏感肌や肌荒れで悩む女性におすすめのミネラルコスメ

敏感肌ってつらいですよね。すぐ肌が赤くなってしまったり、化粧品の成分が合わなかったり、かぶれてしまったり。

そんな敏感肌の人でも使えるのが「ミネラルコスメ」です。

ミネラルコスメとは、天然の鉱物(ミネラル)などを主成分としたコスメのことです。界面活性剤や防腐剤を使わず、あくまで自然のものを使用しているので、
肌に負担がかからずに、安心して使えるコスメなんです。

また、ミネラルコスメを使い続けていることで、肌もキレイになっていく、まさに一石二鳥なコスメです。

MIMCのミネラルリキッドリーファンデーション

まずはベースメイクから。

MIMCから発売している、「ミネラルリキッドリーファンデーション」SPF22 PA++です。

まずミネラルコスメの特徴でもある、肌に優しい成分で作られています。

白樺樹液ウォーターや、ヨモギ葉エキス、アルニカ花エキスなどの様々な種類の植物性美容液成分配合なので、肌の乾燥を抑え、みずみずしい潤いで健やかの肌に整えてくれます。

石鹸で落とせるのに、汗に強く、崩れにくい処方なのでこれからの季節にもぴったりのですね。色は全4色。リキッド状ですがコンパクトタイプで、付属のスポンジにワンプッシュ2回で顔全体の標準の量です。

約2〜3ヶ月使用することができます。

エトヴォスのミネラルアイバーム

次にアイシャドウ。

エトヴォスから発売されている「ミネラルアイバーム」です。色は「モカブラウン」「ピンクフィズ」「シャンパンアイボリー」の全3色あります。

美容クリームがベースの単色アイシャドウになっているのですが、スキンケア発想からきているものなので、目元の乾燥や肌荒れを防いでケアもしてくれるものとなっています。

季節の変わり目などですぐに荒れてしまいがちな敏感な目元に、ケアしながらメイクもできてしまうのは嬉しいですよね。クリームシャドウなのですが、まぶたにしっかり密着してくれるのでヨレにくく、まぶたをツヤツヤに見せてくれます。

また、アイシャドウベースとしても使用できるので、この上にまた違う色をのせても可愛く、それでいてもちもよくしてくれます。

こちらもクレンジングいらずで石鹸とお湯で落とせるコスメです。

エトヴィスのミネラルリッププランパー

次にリップです。

こちらもエトヴォスから発売されている「ミネラルリッププランパー」です。

全11色と色々な色があるので、ご自身の肌の色にあったものを選べるのも嬉しいですね。

また、爽やかなオレンジの精油の香りつきのものになってます。

こちらはチップ付きの色付き唇美容液と言われています。

唇も目元同様とても敏感なパーツなので、荒れやすい方も多いと思うのですが、そんな方にこそオススメしたいリップです。

保水効果が高く、植物由来のオイル配合なので、唇をツヤツヤに、ぷるんと見せてくれます。ハリを与え、唇を柔らかくしてくれる「コラゲニア」を配合。荒れた唇にも潤いを与え、なめらかで柔らかい唇に仕上げてくれます。

こちらも石鹸とぬるま湯で落とすことができるものとなっています。

エトヴォスのミネラルシアールージュ

また、同じくエトヴォスの「ミネラルシアールージュ」もとてもオススメです。色は全4色。

こちらは口紅なのですが、ヒマシ油、ミツロウフリーなので唇が敏感な方にこそ使っていただきたいリップです。天然色素のみの配合なのに、とっても透明感のある唇に仕上げてくれます。

こちらも石鹸とぬるま湯で落とすことができます。

以上、肌が敏感肌な方でも、安心して使え、なおかつ肌もケアしてくれるミネラルコスメでますます可愛くなってメイクを楽しみましょう。

⇒関連記事:

崩れない!と人気のプチプラファンデーションブランドランキング2018

崩れない!化粧ノリが良くなる!おすすめの化粧下地の塗り方

【敏感肌におすすめの化粧下地とファンデーション】2018年最新プチプラブランド

【肌荒れしてるときのメイク方法】おすすめメイク落としと化粧下地

敏感肌でも優しい!30代おすすめのプチプラBBクリームランキング2018

一日中化粧崩れしない人気フェイスパウダーとおすすめの使い方

スポンサーリンク