資生堂インテグレートのスナイプジェルアイライナーの最新口コミと使い方

ジェルなのに、はねあげも繊細なラインも描けるアイライナーが「インテグレートのスナイプジェルライナー」です。

ジェルの滑らかな使用感が好き、くっきりラインを描きたい、はねあげまでしっかり描きたい、そんな方におすすめです。

特徴

スナイプジェルライナーは、とろけるようなテクスチャーのジェルアイライナーです。力を入れずにスルスルと描けます。

ペン先は2mmでこっくり濃厚なラインを描けます。細くラインを描けるので、メイク初心者さんでも使いやすいことでしょう。まつげの隙間の埋め込みやはねあげなども自由自在です。

しっかりとしたラインを描くことで目のフレームを強化。目力のある仕上がりとなります。しっかり濃い目のラインを描きたいときにもおすすめです。

また、しっかり密着をするので落ちにくい特徴もあります。10時間仕上がり持続テスト済みです。落ちにくいタイプはパーティーやイベントなどの時やお直しできないときに重宝します。

スナイプジェルライナーはコンビニで購入ができます。普段使っているアイライナーを切らしてしまったときや旅行のとき、近くのコンビニで購入できるので助かります。

使い方

まつ毛の隙間を埋めるように目頭から目尻に向かってラインを描きます。丁寧に描いていきましょう。ラインを引き終わったら、がたつきがないか確認をします。はみ出したり太くなりすぎた部分があったら、乳液をつけた綿棒で落とします。細すぎるところは描き足しましょう。

よりナチュラルに仕上げたときはラインを綿棒でぼかします。

口コミ

とろけるリキッドジェルということで試してみましたがその名の通りスルスルと描きやすく発色も濃いです。コンビニでも買えるのでお化粧ポーチを忘れた日などの急に必要な時にも助かります。

滲みにも強いので脂汗をかきやすいエアコンガンガンの室内でも取れませんでした。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルなだけあってスムーズにラインを描けます。まつげとまつげの間を埋めるのにちょうどよいテクスチャーです。スルスルと引っかからずに描けるので不器用で描けました。まつげの際を強調するために使うには一定の太さのラインを描けることがありがたいです。一度乾くと落ちにくいです。
  • 描きやすくて、最初使った時には驚きました。力を入れずにするすると描けます。これまでペンシルタイプを使っていて、グリグリ力を入れないと描けなかったので痛かったのですが、ジェルタイプは優しい使い心地です。ペン先はまつげの隙間を埋めるのにちょうどよい太さです。ストレスフリーでピンポイントにも使えます。重宝しているアイライナーです。
  • ペンシルタイプは力を入れてしまい、目元に負担がかかっているように感じます。リキッドはぶれてしまうので、違うものを探していました。スナイプジェルライナーはスルスル優しい描き心地なのにしっかりしたラインを描けました。しっかりしたラインでもきつい印象にならず、目力が出るように感じます。そして、にじまず、落ちにくいです。これで1000円くらいなのですごいと思います。
  • 芯は柔らかくもありほどよい硬さもあり、ペンシルとジェルの中間といった使い心地です。ペン先がもろもろと崩れることはなく描きやすいです。ラインがガタガタになってしまっても、綿棒でぼかしてきれいに仕上げられます。もちがよくて1日中崩れることがありません。
  • ジャータイプのジェルライナーをこれまで使っていたのですが、このアイライナーを購入してからはこちらをずっと使っています。ジャータイプのアイライナーはコスパがよいのですが、際を埋められなかったり、ハネをうまく描けない点が欠点です。よいペンシルタイプのアイライナーがないかなと探していたときにこちらを見つけました。細かいところを描いたり、ハネを描いたりできます。折れないし、出し過ぎても戻るところもよいです。
  • マツエクでまつげが抜けてきてしまったので、まつげの間を埋めるために購入をしました。アイメイクが崩れやすいタイプで、リキッドアイライナーを使うと薄れてしまうのですが、このジェルアイライナーなら朝メイクをして夜までラインが残っています。ジェルなのでとっても描きやすいです。2mmという細さなので、まつげの間を埋めることができるし、ハネも描くことができます。

滑らかにスルスル描けて、まつげの隙間を埋めたりはねあげも自由自在。そんなアイライナーが、インテグレイート スナイプジェルライナーです。

2mmのペン先でラインを描けばこっくり濃いラインが。まつげの隙間にしっかりラインを描くことで目力アップ。滑らかなテクスチャーなので、描くときの目元への負担が軽減します。

アイライナーで目力アップしてみませんか。

まとめ

アイライナーがかすれる、まつげの間をうまく埋められない、ハネが決まらない、こんな経験がありませんか。目元のメイクって難しいですよね。

自由自在にラインを描きやすいアイライナーが「インテグレートのスナイプジェルライナー」です。まつげ埋め込み、ハネあげ、繊細なラインも思いのままです。

肌に触れた瞬間にとろけるようなジェルライナーです。アイライナーがかすれてしまうと、まつげの間の埋め込みがうまくできないのですが、とろけるようなタッチならまつげの間も埋め込みも楽々です。さらに、滑らかな使用感なら肌を強くこすることがなく肌に優しいです。

ペン先は2mmと極細。細いペン先なら、ハネあげも繊細なラインも思い通りに描くことができます。アイメイクに自信がない方でも、簡単に描けると思います。

ジェルライナーは描きやすいという特徴があるのですが、落ちやすいという欠点もあります。しかし、インテグレート スナイプジェルライナーなら濃密なラインが長時間続きます。10時間仕上がり持続テスト済みです。

カラーはブラウンとブラックの2種類です。なりたいメイクのイメージや髪の色などに合わせて選べます。

使い方は、まつげの際を意識しながらラインを描きます。ゆっくりとラインを描くと失敗しにくいです。ペンシルタイプのアイライナーで薄くラインをひいてガイドとしておくと、ジェルライナーをひきやすくなります。

ジェルライナーが乾かないうちに、綿棒を使って目尻をぼかします。

アイラインをひくのは難しいと思っている方におすすめが、インテグレートのスナイプジェルライナーです。とろけるような柔らかさで、まつげのすき間を埋め込んだり、ハネを描くことも簡単です。特別なテクニックは必要ありません。しかも、持ちがよいこともうれしいです。

10時間仕上がり持続テスト済みなので、アイラインがすぐに滲んでしまう方にもおすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

関連記事:

落ちないとおすすめ!プチプラのリキッドアイライナーランキング2019

にじまない!落ちない!人気のアイライナーランキング2019

スプリングハートのリキッドとロングラスティングアイライナーの口コミや使い方

デジャヴュのアイライナー「筆ペンリキッドとクリームペンシル」の使い方と口コミ

2019年人気のジェルアイライナーはこれ!おすすめランキングと使い方

落ちない!描きやすい!おすすめアイライナーランキング2019

スポンサーリンク