顔の面積が大きい、ぽっちゃり丸顔な人におすすめ!かわいいメイク方法

メイク

女性の方なら一度は顔の形に悩んだこと、あるのではないでしょうか?

ふっくらきれいな卵型、小顔の代名詞・逆三角形型、クールな印象の四角型。そして、日本人に一番多いと言われている「丸顔」です。

筆者も思春期や多感な時期は、顔型によく悩んでいました。

「顔が大きく見える」、「太って見える」、「似合う髪型になかなか出会えない」・・・いろんな悩みがありましたが、もともとメイクをすることが好きだったため、いろんな雑誌を見て試行錯誤したり、評判や感触がよかったメイクを研究したりしていました。

今回は丸顔で悩んでいる方に必見の「メイク術」を、3つのポイントに絞って伝授いたします!

①アイライナーは瞳(黒目)の上だけに引く

まず1つ目のポイントとしまして、「アイライナーは瞳(黒目)の上だけに引く」。

これは丸顔さんの顔の横幅と縦幅がほぼ同じくらいの大きさであることがポイントです。

雑誌でよく見かける目の横幅を助長するように長く(猫目メイク)アイライナーを引いてしまうと、目と目が離れたように見えてしまうので、丸顔がもっと丸顔に見えてしまうことになります。

そこで反対に、アイライナーを長く引かず、黒目の上部分だけにのせることで自然と黒目の縦幅が長く見え、その効果で顔の縦幅が長くなるように見せることができます。さらに目元を印象づけることもできますね。

②チークは頬骨の真上にほんのり丸くのせる

次に2つ目のポイントとしまして、「チークは頬骨の真上にほんのり丸くのせる」。

これはかわいくて幼い印象である丸顔であることを隠さずに、全面に出していこう!というある種の反骨メイクです(笑)

チークは雑誌などで見ていると、頬骨に沿って耳の方にそっと流すのせ方が主流だと思いますが、丸顔のその顔型を活かして「頬骨の真上に丸くのせる」作戦でいこうというわけです。丸くのせることで、笑った時にチークののっている部分がぐんと前に出て、笑顔がとても印象深くなります。

実は丸顔さんは、どの顔型よりも「笑顔」が似合うと知っていましたか?

卵型や四角型の方も、笑顔がステキな方はたくさんいますが、やはりクールなイメージを持たれやすいです。その反面、そのまんまでも丸くてかわいい丸顔さんは、笑顔を武器にすれば右に出る者はいません!それくらい「笑顔」がダントツで似合います。

そのかわいさを存分に活かすために、チークはほんのりまーるく♪がオススメです。

③鼻骨に明るめのコンシーラーをオン

そして最後の3つ目は、「鼻骨に明るめのコンシーラーをオン」。丸顔さんは顔の縦横比がほぼ同じくらいでパーツもやわらかい曲線的という方が多いです。なので、顔の中に一つ直線的なパーツを置くことで、大人っぽい雰囲気を出すことができます。

そこで鼻骨に明るめのコンシーラーを引き、その上にハイライト(明るいアイシャドウでも可)をのせてブラシでぼかします。

そうすることで鼻がくっきりと目立ち、直線的なパーツができあがります。

やわらかい丸顔の中に、しっかりとした芯を作り出すことで、幼さと大人を兼ね備えた印象を持たせることができますよ。筆者が顔型に悩んでいろいろな方法を試し、辿り着いたメイクがこの3つでした!

この3つのポイントを押さえてメイクすれば、いつもと一味違った自分に会えますよ。ぜひお試しください!

他の丸顔女性にもメイクのアドバイスをいただきました!

今回は顔の一つずつのパーツを大きく見せよう!というタイトルで、丸顔さんに特にオススメ出来る、実際に私が実践しているメイク術を紹介します。

顔の面積が人より大きいということは、目、鼻、眉などの一つずつのパーツを大きくすることで輪郭の大きさに目を向けさせないようにすることが出来ます。

私は現在20代前半で人生の半分以上の時間を、いわゆる「ぽっちゃり体型」のまま過ごしてきました。そんな私だからこそ、スレンダーな体型が理想とされる日本国内で悩みを抱えるぽっちゃりさん達の気持ちはよく分かります。しかし、そんな悩みも18歳の頃メイクにハマってから次第に薄れていきました。

このメイク術を使うことによって、ぽっちゃり体型や丸顔に悩まされている女性達は、見た目ー5キロ以上になり必ず自信を持って笑えるようになります。

では具体的な方法について、いくつかご紹介したいと思います。

顔の面積が大きい、ぽっちゃり丸顔な人におすすめ!かわいいメイク方法

アイメイク

まず、アイメイクについてです。顔のパーツの中で一番大切である目の部分は特に力を入れなければいけません。

  1. まず、アイシャドウはアイホール全体に目尻に近付くにつれて色が濃くなるようにグラデーションを作ります。
  2. 次に重要となるアイラインは、少し太めに目尻から0.5mmほどしっかりはみ出すように引きます。
  3. そしてマスカラは全体をしっかりビューラーで上げてからボリュームアップタイプを塗り、乾かないうちにロングタイプマスカラをまつ毛の毛先にだけ撫でるように塗ります。下まつ毛にもロングタイプマスカラを塗り忘れないようにしましょう。

ここまでなら従来のメイクとさほど変わりません。多くの人はこれでアイメイクを済ませてしまう人が多いのですが、私の場合は目を更に大きく見せるためにここから目頭の切開メイク、そして涙袋の作成にとりかかります。

目頭の切開メイクを実践!

目頭の切開メイクは簡単に聞こえますが、実際に実践しようとすると最初はかなり難しい技術になります。

多くの場合は目頭からアイラインを0.05mm程長めに引いた程度で切開メイクは完了しますが、ぽっちゃり顔に悩んでいる方は通常より少し長めに引いた方が良いです。

その際よっぽどメイクに慣れている人じゃないと上手く切開メイクは出来ないため、先にペンシルライナーで下書きとなる影をつけた後に上からインクのアイライナーで下書きをなぞると綺麗に仕上がります。

そして、切開メイクには私なりのポイントがもう一つあります!

それはアイライナーの色です。目尻の方のアイラインは漆黒ブラックを用いてくっきりした印象の方が映えるのですが、目頭の方はブラウンにした方がナチュラルに、優しい印象になります。ただただ、目を大きく見せると言っても化け物のようなギャルになってしまっては逆効果になります。アイラインのカラー選びには十分に注意するのがおすすめです。

涙袋

涙袋の作成には様々な方法がありますが、涙袋用のメイクグッズを持っていない方にオススメしているのが、ラメ入りの白っぽいアイシャドウを作りたい涙袋の幅に塗り、そしてアイブロウペンシルを使ってその下に影をつける方法です。

涙袋を作る、作らないではかなり差があるので時間に余裕があれば必ず作りましょう!

シェーディング

次にシェーディングについてご紹介したいと思います。

私が周りの友人に聞いた限りでは、よほどメイクが好きな人でない限りシェーディングという言葉すらしらない人が多いです。

シェーディングとはファンデーションよりも少し暗めの色で顔に凹凸の影をつける作業のことです。個人的に丸顔さんにとっては最も重要なメイクの過程であると言えるほど大切な作業です。では実際に方法を説明していきましょう。

まず、シェーディングをする際は必ずブラシを買った方が良いです。そして、あまりショップでは見かけないかもしれませんが、シェーディング専門のパウダーが販売されているので金銭的余裕があれば購入することをお勧めします。

薄いブラウンのアイシャドウでも代用は出来ますが、やはり専用のパウダーの方が発色が良いです。そして、シェーディングをする箇所は人によって様々でありサイトによっても紹介している箇所は違いますが、今回はあくまでも丸顔さんにオススメの私的方法をご紹介します。

やり方
小顔メイク おすすめ

まず、両耳の付け根から顎下までしっかり濃くシェーディングの色を入れ、次に頬骨の下に広範囲にしっかりと色を入れていきます。

文章だけ見ると想像がつきにくいかもしれませんが、やせ細っている人の顔がゲッソリしているようなイメージをしてみてください。極端に言うとムンクの叫びです。頬骨のあたりに黒い影があるのが想像できませんか?まさにそれが私が紹介した頬骨下のシェーディングのイメージです。これはあくまでも個人的な意見ですが、シェーディングだけでも最低ー3キロ以上には見えます。

さて、今回は主にアイメイクとシェーディングの2つについて紹介しましたが、上記に書いてある方法を実践し、私の実の体重を知っている両親や友人に私が何キロに見えるかビフォーアフターで聞いてみたところ、平均-7キロの回答が得られました。

美味しいものを沢山食べながらも幸せに生きたい女性にとってメイクは非常に大切です。少しの工夫で少しでも自信が持てるなら努力を惜しまないことがとても大切です。

関連記事:

おでこの面積が大きい、おこでこが広い女性必見!目立たせないメイク方法

2018.07.17

のっぺり、のっぺらぼう、平たい顔を化粧で美人に!小顔立体感メイクのやり方

2018.06.11

目と目の間隔が広いと悩んでいる人におすすめ!近くするメイク方法

2018.04.15

【2019年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

2017.01.06

スポンサーリンク