20代後半,30代の大人女子に!ナチュラルで可愛い大人メイクのやり方

20代後半から30代になると肌のくすみが見えたりやハリツヤが足りなく感じる女性が多くなりますよね。

化粧をすると時間の経過と共に、粉吹きや化粧崩れが気になる方も多いはずです。

また、化粧は苦手でしたり、バッチリメイクを好まない女性もいらっしゃることでしょう。

そんな世の大人なの女性に簡単に出来るナチュラルツヤ肌メイク方法をご紹介します。

スッピンに自信がない女性も素肌が綺麗になり、メイクのりも断然良くなる一石二鳥のメイク術です。

20代後半や30代の大人女子へ!ナチュラルで可愛い大人メイクのやり方

まるでメイクをしていないかのような薄付きなのにお肌がキレイで自然に見えるナチュラルメイク。

ですが、20代後半や30代の女性が薄付きのナチュラルメイクをするとただの疲れたおばさん風になってしまったり「今日すっぴんなの?」と、ただのメイクをしていないかのように間違われてしまうことも。

過度な厚化粧は老けて見えますが、20代後半や30代になると逆に自然すぎるナチュラルメイクも「何もしてない」「疲れて見える」「老けてみる」と身の回りに気を使っていないおばちゃんになってしまいがちです。

今回は20代後半や30代でも疲れたおばさんにならない自然なのに大人可愛くなれるナチュラルメイクの方法を紹介します。

ナチュラルすぎるメイクは今年のトレンド!ポイントは?

去年のトレンドメイクでは、鮮やかな色で遊ぶメイクが印象的でしたが、今年のトレンドは「ナチュラルすぎる」という言葉がピッタリだと思います!

海外セレブのインスタをチェックしてみると、目元だけを鮮やかにしてリップはシンプルにするメイクや、血色感をあえて消したメイクなど、質を重視して力を入れないメイクが目立っています。

今回は、ナチュラルな2019年トレンドメイクを簡単に取り入れることができるメイク法をご紹介していきます☆

今年のメイクは、程よいツヤ肌で素肌感のある健康的な肌が特徴的です。

リップもふっくらな唇に見せてくれるマットタイプがトレンドですが、少し潤いのある質感のマットリップが流行しているんです。

全体的にどこか抜け感のある、質の良いメイクが今年のトレンドメイクの特徴になっています。

春夏メイクでは目元だけでカラフルに遊んだり、目元をシンプルにして鮮やかな潤いのあるマットリップを使ってみたり、引き算をしながらナチュラルメイクを保ち、鮮やかに色を足していくのがコツです!

今すぐ取り入れられる!簡単トレンドメイク術!

【肌荒れをカバーしながら素肌感を演出】

ニキビが出来ている時は素肌感を出すのに少しポイントがあります。まずは、保湿力の高いツヤ感のあるファンデーションを使うこと!

肌荒れを隠すためにはカバー力を重視しなければなりません。カバー力の高いマットタイプのファンデーションだと、厚塗り感が出てナチュラルメイクが作りにくくなってしまうんです…。

カバー力が高く、ツヤ感のあるファンデーションはナチュラルで綺麗にニキビを隠し、仕上げにブラシでフェイスパウダーを使うことで素肌感のある肌を作ることができます!

フェイスパウダーはファンデーションとは逆に、マットな仕上がりになるものを選びましょう!パールが入っていると素肌感が少し薄くなってしまいます。

【鮮やかなアイメイクと素肌に馴染むリップカラー】

ナチュラルメイクでも、今年はパーツ1つだけを鮮やかに見せるメイクが流行しているので、すっぴんに近いメイクが苦手な方でも気軽に取り入れることができますよ☆

アイメイクに色を使う場合は、アイシャドウを重ねて深みを出し、アイライナーも思いっきりキャットアイにすると顔の中で存在感のあるパーツを作ることができます。

鮮やかなアイメイクに合わせるリップは、潤いのあるマットリップを使い、ヌードカラーや素肌に近いピンクを使ってシンプルにまとめましょう!

【ヘルシーな肌を活かすメイク】

今年最も海外セレブに多く見えたのが、力を入れていないヘルシーな肌です。イエローベースのファンデーションでしっかりとカバーをしながらも、チークはせずにあえて血色を消しています。

ミニマムな肌を活かすためには、アイシャドウはブラウン系でほんのり深みを出し、リップはツヤ感のあるものでメリハリを出すと、すっぴん感を隠しながらも素肌感を感じられるモードなメイクが作れます!

今年のナチュラルメイクを試すうえで、私が直面した問題…。「ナチュラルメイクに慣れていないからヌードカラーのリップが似合わない!」(笑)

私みたいにヌードカラーのリップに慣れてない人、濃い目のリップじゃないと落ち着かない人って結構多いと思うんです。

そんな時は、思いっきり赤いリップを使い、トレンドメイクになるようにアイメイクはブラウンカラー1色だけで、アイライナーは引かずにシンプルにまとめてみました。

すると、赤いリップの存在感は感じるものの、目元はシンプルで肌に素肌感を出しているので、抜け感のあるトレンドメイクが出来上がりました。

今年のメイクは改めて引き算が大切なんだと実感しました!

以上、いかがでしたか?

今年のトレンドメイクは全体的にバランスが難しく見えますが、素肌感や抜け感を出すためには、普段使っている化粧品を減らしてみればいいんです!

ミニマムメイク(最小限、最低限)というメイクが海外セレブの間で流行していますが、鮮やかな色を使っているのにナチュラルな仕上がりにできるのが魅力的です…。

今すぐ実践できるメイク法なので、試してみてはいかがでしょうか?☆

スキンケア

やり方はシンプルで簡単です。

洗顔

まずメイクの前に、基礎化粧品でお顔を整える時が一番重要となります。ここをしっかり抑えてください。

そもそも化粧崩れの主な原因となるのは「皮脂の多さや乾燥」です。その原因を改善するためにも肌のコンディションを良くするのが必須です。

洗顔はきちんとしてくださいね!

関連記事:30代女性の肌におすすめ!洗顔フォーム人気ランキング

スクワランオイル

洗顔後、2滴程のスクワランオイルで顔全体に塗り広げて軽くパッティングして下さい。

化粧オイルは他にもありますが、スクワランオイルは肌への浸透性が高く、低刺激なのでおすすめですよ。乾燥による毛穴を引き締める効果もありますので、すっぴん肌もキレイになれます。

関連記事:乾燥肌の女性におすすめ!潤いが人気のプチプラ美容オイルランキング

化粧水と乳液

その後は保湿が一番肝心となりますので惜しみなく化粧水を使用します。使用するのはさらっとしたテクスチャーのものが良いです。バシャバシャ使用しましょう。二回に分けて使用すると浸透率も高くなります。

乳液の量は季節に変えると良いです。べたつく夏は少な目にして、冬など乾燥が気になる時は夏の2倍ぐらいにすると肌馴染みが良くなります。

乳液は肌の保護と化粧水の蒸発を防ぐ蓋の役割をしてくれるので必ず行います。

化粧水と乳液はきちんと肌に浸透するまで待ちましょう。

手で優しくパッティングすると浸透するのが早くなります。

浸透するまで時間はかかりますし、朝も忙しいでしょうけれども、キレイ肌への近道なので辛抱です。

関連記事:

メイク下地・化粧下地は化粧水(ローション)と乳液だけ!肌に優しい負担を減らす

安いしおすすめ!今年一番人気の化粧水、乳液、美容液はこれです

ベースメイク

ナチュラルメイクの基本は何といってもベースが命です!

ベースに始まりベースに終わると言っても過言ではありません。

お肌自体をツヤ感がある健康的なお肌に見せることが出来ればナチュラルメイクの80%は成功し、完成したと言えます。

ナチュラルメイクのベースメイクはコントロールカラー(化粧下地)・ファンデーション・フェイスパウダーの3点セットが基本です。

ですがベースメイクの前に必ず化粧水、乳液などスキンケアをしてお肌を整えてください。この作業を省いてしまうとファンデのノリが悪くなります。

肌の乾燥が気になる場合は5分のコットンパック、顔のくすみやクマが気になる場合はレンジでチンして適温にしたホットタオルを顔に1分などのひと手間でファンデーションのノリがグッとよくなります。

コントロールカラー

お肌の調子が整ったらまず最初に使うのがコントロールカラーです。最近は化粧下地がセットになっているものが多いのでそちらを使うと便利ですよ。

コントロールカラーは肌の色を均一に整えてキレイに見せてくれる効果があります。

お肌のくすみが気になったり透明感を出したい場合はパープル系、顔色が悪い・健康的に見せたい場合はピンク系、クマを隠したい・顔が疲れてるから元気に見せたい場合はオレンジ系、赤ら顔・ニキビをカバーしたい場合はグリーン系など自分のお肌の状態に合わせてコントロールカラーを選ぶと便利です。

肌の調子がよく特に悩みもない場合はほんのり肌色の色味がついているティント乳液を選んでもよいでしょう。

コントロールカラーで肌を均一に整えたらファンデーションを塗っていきます。

ファンデーション

ファンデーションはリキッドファンデ・パウダリーファンデどちらでも構いませんがリキッドタイプのほうが毛穴やカバー力などが高めです。

リキッドファンデーション

ベースメイクはリキッドファンデを使用するとツヤ感がアップして毛穴もきっちりカバーしてくれるのでファンデはこのタイプにしましょう。

関連記事:ツヤとカバー力が完璧!乾燥肌も崩れないプチプラリキッドファンデーション

パウダーであればミネラルファンデーションがおすすめ!

ミネラル100%のミネラルファンデならお肌にも優しいし、粉状タイプは大きめの化粧ブラシで付けるためコツいらずで自然に薄付きに付けることが出来ます。

さらに仕上げのフェイスパウダーも省くことが出来ますので忙しい朝にもおすすめです。

関連記事:口コミで高評価!ナチュラル派におすすめのミネラルファンデーション

リキッドファンデを選んだ場合は仕上げにフェイスパウダーをつけます。なるべく大きめのブラシでフェイスパウダーをとり、余分な粉を手の甲で払った後に顔に塗るようにしましょう。フェイスパウダーにはパフが付いていることが多いですがブラシでつけたほうが断然仕上がりがナチュラルに見えます。

ベースメイクが完成したら後は軽く眉を整えて色付きリップとチークを軽くはたいて完成です。目元が寂しいのが気になる場合はビューラーでまつ毛をあげて透明マスカラを付けるとすっぴん風なのに目元がハッキリ見えますよ。

毛穴やシミが気になるのであればCCベースを使う

そして、化粧下地はCCベースのものを一つ持っていると色々便利です。

CCベース化粧下地だけでも毛穴やシミなども程よく隠してくれますし、これだけでも軽く外に行く程度なら全く問題ないと考えます。

私自身、肌に負担をあまりかけたくないときや休日はCCベース化粧下地で過ごしています。

スクワランオイルを使用することにより、ツヤツヤ健康肌に見えますし、更にCCベース化粧下地とリキッドファンデで乾燥知らずのうるおい肌を簡単に手に入れることが出来ます。

私自身、この方法を何年もおこなっておりますが、一日経っても化粧崩れもありませんし、肌が均一に整ってくれるので非常におすすめです。

また、スクワランオイルを使用することによって、インナードライ肌も防げて素肌自体も綺麗に整う効果が出てると考えてます。

そして顔自体がのっぺりしがちになってしまう時は、血色を良くするためにチークを軽く使用すると健康的なお肌になってくれます。

おすすめはエスプリークのCCベース

メイクにはあるていど紫外線を防ぐ働きがありますが、それだけでは日常的な紫外線をしっかりと防ぐことはできません。シミやシワなどの肌トラブルの80%ほどは紫外線の影響といわれていて、紫外線を無防備に浴び続ければ肌トラブルを招くことになります。

メイクをしながら紫外線も防いでくれるものが「エスプリーク CCベースカバー」です。気になる部分を隠してワントーン明るい肌に、紫外線から肌を守ります。

4つのパウダーの働き

CCベースカラーはSPF50+・PA++++です。日常的な紫外線から肌を守ります。

それだけでなく、色ムラや毛穴をカバーする働きもあります。カバーをしてくれる秘密は4つのパウダーや成分にあります。

①1つめの成分は、毛穴ケア成分です。

毛穴ケア成分はぽっかり空いた毛穴のすき間を埋めて、毛穴の目立たない滑らかな肌を作ってくれます。

②2つめは、黒ずみ毛穴カバーパウダーです。

この成分は光を反射して黒ずんでいる毛穴を明るくみせてくれます。

③3つめは、ハリ演出ポリマーです。

ピーンと張ったようなハリのある肌、スベスベ感、潤い感を出してくれます。

④4つめは、カバー粉体です。

カバー粉体が肌を均一に覆ってワントーン明るい肌に導きます。

他にもヒアルロン酸、コラーゲン、グリコシルトレハロース、スクワラン、ビタミンC誘導体などの成分が配合されています。ビタミンC誘導体以外の成分は保湿作用があり、肌を乾燥から守ります。

さらに、13時間化粧もちデータ取得済みです。長時間色ムラや毛穴の目立たない肌を演出してくれます。

使い方

ファンデーションを使う前に塗ります。指先に適量(直径8mm)を取り出し、顔全体に均一に広げます。小鼻や目の周りなど崩れやすい部位は薄く塗ります。多量に使用をするとムラの原因になります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • メイクをしてから時間が経つと肌が赤くなることが悩みで、BAさんに相談をしたら保湿効果がある化粧品を使うとよいと勧められました。保湿効果があるものは他にもあって、あまり変化を実感できず期待していなかったのですが、CCベースカバーは違いました。長時間つけていても肌がどんよりとしたり赤くなったりしません。毛穴をカバーしてくれて、長時間きれいな状態でした。
  • 伸びがよくピタッと肌に密着をします。毛穴をきれいにカバーしてくれるし、色ムラも目立たなくなります。色もちがよくて半日ほど経ってもファンデーションが落ちることがなく、仮眠をとっても汚れることがありませんでした。Tゾーンは脂っぽいのですが、ドロドロになることもないです。
  • ぽっこり開いた毛穴が気になっていた購入しました。色ムラ、くすみ、毛穴がきれいにカバーされて、ファンデーションがきれいにのるようになります。二度塗りするとクマもカバーしてくれます。コンシーラーのようにヨレることがないので助かります。

メイクをしているときでも紫外線対策は重要です。紫外線から肌を守ることは肌トラブルを予防することにつながります。

SPF50+・PA++++の紫外線カット力を持つものが、エスプリーク CCベースカバーです。紫外線から肌を守るだけでなく、毛穴、色ムラをカバーします。保湿成分が配合されているので乾燥からも守ります。

紫外線対策をしたい、しっかりカバーしたい、乾燥を防ぎたい、こんな方におすすめです。

<<コーセーのAmazon公式ショップ>>

⇒関連記事:最新!おすすめしたいプチプラCCクリームランキング

ポイントメイク

メイクで大きく印象が分かれるのが、「アイブロウ」と「アイメイク」です。

少し使うアイテムを変えたり、やさしさを意識するだけであっという間に今どきのやさしい雰囲気の顔になります。

アイブロウ

まず、アイブロウについては、基本的にまっすぐで、気持ち太めのラインを意識してください。

ふんわりしたアイブロウを演出するのにおすすめのメイク道具は、2色から3色のパウダータイプのパレットです。あまりくらい強い印象を与えるカラーより、少し明るめの茶色がいいです。

ステップ①:まず、眉下のラインを決めます。

目頭側ではなく、真ん中あたりから眉尻へ向かって、まっすぐになるように下側で足りない部分の下ラインを書いてしまいましょう。その後、眉毛の流れに沿って埋めていく感じでカラーを足していくのがポイントです。

ステップ②:次に、眉毛の上側です。こちらも少し自分の眉より上側に、全体のラインがまっすぐになるように書いていきます。

ポイントは眉頭を少し外すことです。そうするとナチュラルな雰囲気になります。全体のバランスをみて、足りないところは色を眉毛の流れに沿って少しずつ埋めていきましょう。あまり書きすぎたり、濃すぎる色を使うときつく見えがちなので注意が必要です。最後に指でなぞってみたり、綿棒などで修正をして完成です。

アイシャドウ、ビューラー、アイライン

次にアイメイクです。印象を決める大事なパーツです。

アイシャドウに関しては今はブラウン系一択といったところです。ブルーやグリーンなどはそうとうテクニックがなければ今どきの雰囲気は出せませんし、やさしい印象にはなりにくいです。

アイシャドウも2色から3色のグラデーションのパレットがおすすめです。一つのパレットで完成させたほうが簡単に統一感がでます。

こちらはプチプラコスメから高級なものまでたくさんそろっていますので、自分の肌の色や好みで気に入ったものを探して見てください。

安いのにこんなに良い!おすすめのプチプラアイシャドウブラシ

あまり黒っぽい茶色を使わず、全体的にやさしい茶系にするのがやさしい顔を作るのにおすすめです。

アイシャドウが決まったら、次はまつ毛にビューラーを優しくあてましょう。アイラインを書く前にビューラーを使うのは絶対です。アイラインがよれてしまったり、消えてしまっては意味がありません。

まつ毛が上がる!使いやすい!おすすめのビューラーランキング

ビューラーでまつ毛を上げたら、次はアイラインを書いていきます。優しい顔のメイクにはアイペンシルがおすすめです。今は柔らかく、滲みにくいアイペンシルがたくさん発売されています。色もブラウン系に少しプラムやバイオレッドが入った大人っぽい色も出ています。

初心者におすすめアイライナーのプチプラブランドと引き方のコツ

アイラインはまつ毛の隙間を埋めるように中央から少しずつ埋めていきます。ラインは細目です。普通に目を開いた状態で少しだけ見える程度がちょうどいいです。

アイラインは修正するのが大変なので、少しずつ目頭に向かって埋めていき、最後に目じりに向かって描いていきます。目じりのラインは跳ねさせすぎず、長すぎず、自然な感じで終わらせるのがポイントです。

目じりはきつく見えがちなので最後にラインを少しだけぼかすとふんわりした感じがアップします。

アイラインをリキッドペンシルで書いてしまうときつい雰囲気になってしまいますし、目を閉じたり伏せたときもはっきりくっきりラインが見えるのは少し前のメイクを思わせます。

最後にアイブローとアイライン、アイシャドウ全体のバランスをみて自然な感じになっていれば大丈夫です。今どきのふんわりやわらかメイクの完成です。

最後に、ナチュラルかつ可愛い大人のメイク術

「派手すぎず!地味すぎず!」

ケバケバしたギャルメイクを卒業したい、ナチュラルメイクのつもりがただの地味子になってしまう、幅広いスタイルに合うメイク方法が知りたい…なとなど、メイクに関する悩みはありませんか?

その悩み、解決します!

オフィスからプライベートまで様々な場面で使えて、さらに男女問わず好感を持たれる”愛され”メイク術をご紹介。毎日メイクにこなれ感をプラスしたいメイク好きさんも、服装に合わせてメイクするのが面倒なズボラさんも必見です!

愛されるメイクに欠かせないのが「ほど良さ」。過剰なつけまつげや太いアイラインはケバケバしく見えてしまう上に服装を選びますし、もちろんオフィスではNG。だからと言って、メリハリのない薄すぎるメイクは、幸の薄い残念な印象になってしまいます。

「さり気ないけど華がある」

そんなメイクができたら素敵ですよね。

押さえておくべきポイントは7つ。

20代から30代になったあなた、20代の時のままのメイクを何となくしていませんか?

30代になると、自分が思っているよりも肌質が変わり、顔立ちも落ち着いてきています。30代になっても、女子なら「メイクできれいになりたい!」という思いは変わりませんよね。

30代からのメイクのコツは、何といっても”自分の年齢に合ったメイク”をすることです。

普段のメイクを1度見直して、1ステップ先の大人メイクへ進みましょう。落ち着いた素敵なメイクは、あなたの自信にもなってくれるはずです。

ポイント①:まず、メイクに使っている色味を1トーン抑えてみてください。

顔の華やかさはリップ、チーク、アイシャドウがポイントになっています。華やかな色味は大切ですが、落ち着いた感じを出すために1トーン抑えましょう。

例えば肌にピンクが似合う方なら、ペールカラーやヌーディカラーのピンクにシフトしましょう。従来のメイクの色味を抑えるだけで、全体がぐっと落ち着いた大人の印象になります。

ポイント②:そして、大人メイクの考え方は引き算です。

「くすみをカバーしたい」「肌色を明るく見せたい」…。そんな悩みが出るようになるのも30代になってからです。でも、だからといってファンデーションを厚塗りするのはNGです。

あか抜けない重たいメイクになってしまうだけでなく、厚塗りは老けて見えてしまうからです。そのためには、できるだけカバー力の強いファンデーションを薄塗りで使いましょう。

肌質に合ったベースメイクを探してみるのもベターです。

ポイント③:そして、薄塗りには、何といっても日ごろのスキンケア習慣が欠かせません。

洗顔、保湿ケアをしっかりして、肌のくすみを解消しましょう。肌質が良いと、メイクした時に顔色がぱっと明るくなり、化粧ノリやなじみも良くなります。

ポイント④:さらに、お顔の印象に欠かせないのが眉です。

眉のラインはシャープになり過ぎないようにしましょう。髪色に合うようにすれば、顔の中で眉毛だけ浮いてしまうこともありません。短くカットしすぎないようにしましょう。アイブロウライナーで描くのも良いですが、「線画みたいでうまく描けなくて苦手…」という方は、アイシャドウのブラシでブラウンを乗せるのもおすすめです。

眉毛の上を、アイシャドウを描くときみたいになぞれば、簡単に自然な眉が作れます。

顔全体のメイクバランスを整えたら、アイメイクは最後に行います。そうすると、顔全体の印象になじみ、目周りだけがきつくなるのを防げます。

がっつりマスカラを塗るバシバシまつげは卒業です。黒いマスカラをばっちり乗せてしまうと、顔つきがきつい印象になります。そうなると、これまでの大人メイクが台無しです。薄塗りでポイント使いするくらいがちょうど良いですが、慣れない方は、マスカラのカラーをブラウン系に変えてみましょう。

今までと同じようなアイメイクでも、マスカラの色味がブラウンになるだけでふんわりした落ち着いた印象になります。

アイシャドウも、ブラウン系を使うと顔全体によくなじみます。それにしても、自分に合ったメイクをしていると、20代メイクをしていた時よりも若く見られることがあるので不思議です。みなさんも、自分に合った大人メイクを研究して、素敵な30代を過ごしてくださいね!

ポイント⑤:茶系をベースに色を選ぶこと。

肌馴染みの良い茶系の色は、優しく自然な印象を与えます。アイカラーやアイライン、マスカラやアイブロウに取り入れると効果的です。特にアイラインやマスカラは黒を選びがちですが、それらを茶系にすることで主張し過ぎないこなれ感が出ます。

アイカラーに取り入れる際は、3〜4色のグラデーション使いにすると立体的な目元に。物足りない時は、ラメ入りや茶ベースのピンクなどのニュアンスカラーで華やかさをプラスしましょう。口紅は落ち着いたベージュ系やローズ系がおすすめ。光沢感が強過ぎないものがベターです。

ポイント⑥:あえてベースメイクを引き算すること。

ファンデーションは塗りません。化粧下地とルースパウダーで仕上げます。厚塗り感とはサヨナラ。薄付きになりますから、グリーン系やラベンダー系、ベージュ系など、自分の肌に合ったものを吟味してください。

小鼻の周りやニキビ跡など、気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。メリハリ感を強く出したい人は、ハイライトとシェーディングにこだわるのも良いでしょう。

ポイント⑦:メイクのポイントを1つ決めて他を引き算すること。

例えばアイメイクを主役にする時はチークなしで口紅もベージュ系、発色の良い口紅を主役にする時はアイメイクをヌードカラーにするなど、強弱を付けましょう。ポイントを変えればメイクにもバリエーションができますし、ポイントを決めることで地味子からも脱却できます。

一点豪華主義で、品良くオンナ度をアップさせましょう。

【30代40代の引き算メイクのやり方とは】アイメイク,リップ,チークの方法

2018.09.05

私自身、自己流のメイクに行き詰まり感がありましたが、この3点を実践していく中で「自分らしい自然体のメイク」を見つけることができました。友だちからはメイク方法を聞かれ、親世代の人からもウケが良くなりました。飾り過ぎないこと、でもちょっぴり背伸びすることをメイクで実現できたんです。

様々なシーンで活躍するオールマイティな愛されメイクで、あなたも自信を付けてみませんか?このメイク術をベースに、あなたらしいメイクの在り方を追求してみるのも良いですね。頑張り過ぎず、気軽にメイクを楽しみましょう!

外見が変わることで、きっと内面にも良い変化が起こるはず。他人の目も大事ですが、あなた自身が自分をもっと好きになるきっかけになったら幸いです。

20代後半た30代から始める大人メイク術3つの掟!

20代後半や30代の女性といえば、ある程度仕事のキャリアもあり、成熟した女性としての魅力がぐん!と伸びる年齢です。

まずはその魅力をさらに引き出す大人のメイク術をご紹介します。

〈掟1〉チークを塗りたくらない

10代や20代前半のまだキャピキャピしていた頃。大人の女性というより若さを武器にしている年代だと少しくらい厚塗りしたチークも似合うものです。しかし、大人の女性は可愛さや若さが武器ではありません!

艶っぽさや色気、知的な雰囲気が魅力的になる女性として大事な時期。このような雰囲気を出すには子供っぽく感じられるチークは控えめに。血色が悪くならない程度か、思い切ってチーク無しにするのも良いでしょう。

チークの代わりにハイライトをサラッと乗せるだけでも変わります。

大人メイクは赤みのあるメイクより、艶っぽさを意識してみて下さい。

またハイライトを乗せることで肌の美しさや凹凸も表現できるのでオススメです。

⇒参考記事:30代におすすめのチークはこれ!人気ブランドランキング

〈掟2〉ノーズシャドゥを使いこなす


ノーズシャドゥは結構昔から導入されているメイク法の1つですが、なかなかうまく使いこなせないメイク法の1つでもあります。

塗りすぎてしまうと能面のようで舞台メイクのようになってしまったり、控えめすぎると変化がわかりません。

まずノーズシャドゥメイクで最初に考えるのは色味です。

大まかな分け方は、赤系、黄色系、緑系です。

私の場合は緑系が一番なじむので、ノーズシャドゥを選ぶときはアッシュやオリーブ系に近いブラウンを選んでいます。

自分の肌に近い色がわかると多少シャドウを乗せすぎても違和感が出てきません。

これから先一生付き合っていく自分の肌の色、今のうちに分かっておくと役に立ちます!

また、ノーズシャドゥのコツは両目の脇だけに塗るのではなく、小鼻の下にもさり気なく塗ってみて。

両目の脇だけを暗くすると、シャドゥを塗ってる感がとても目立つのです。しかし小鼻にもシャドウを落とすことで鼻全体に影があるように感じられるので違和感が出ません。

モデルさんのような高い鼻、諦めないでぜひ試してみてくださいね!

⇒参考記事:簡単に印象チェンジ!今年おすすめのハイライトメイクのやり方

〈掟3〉保湿〜下地を怠らない

最近の若者は下地を使わない人が増えていると聞きます。

BBクリームなどが主流になってきた現在、下地オンリーの商品を使う必要が無いと感じている人も多いのです。しかし、大人メイクは下地をが鍵を握っています!

やはり洗顔後の保湿から下地を怠らずにメイクした時と、怠ってしまった時のファンデーションの持ちは全く違います。

20代後半、部下もできて頼られるポジションにつく事も多いでしょう。

そんなデキる大人の女はメイクにだって隙は見せません!

また、肌の調子が良いと仕事のやる気もちょっと違ってきますよね。

肌に自信があると色々なものに自信が持てるような気がしてきます。

是非とも自分に合った下地探しをしてみて下さい。

オススメはラベンダーカラーの下地です。

日本人の肌は黄色っぽいので、黄色と対極の色・補色の関係にある紫系の色でより白に近くくすみを飛ばせる特徴があります。ぜひ試してみてください。

⇒参考記事:保湿力が人気!乾燥肌におすすめのプチプラ化粧下地ランキング

以上が大人メイク術3つの掟です。若さだけが武器じゃ無い、今のあなたの魅力を最大限に引き出して、大人の女をメイクで演出してみましょう!

関連記事:

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

ナチュラル&ツヤ肌メイクで流行りの下地・ベースメイク方法とおすすめコスメ

【若く見える!すっぴん風ナチュラルメイク方法】簡単なやり方で自然な美女に

スポンサーリンク