20代,30代で症状が出る若年性更年期障害の原因と治し方や改善方法、私の体験談も

なかなか辛さが分かってもらえない若年性更年期障害

まずは更年期障害と若年性更年期障害について簡単に説明します。

更年期障害とは一般的に、女性の中年期の悩みとして挙げられることの多く、閉経前後の10年間に起こる体調や精神のバランスが乱れる症状の事を言います。閉経の平均年齢は50歳前後なので、今までは40代から60代くらいに掛けて更年期の症状に悩む方が多いとされてきました。

最近では、20代から30代の女性で更年期と似たような症状に悩む女性が増えてきました。更年期と同じように月経不順や顔がほてったり、頭痛がしたり、精神的に落ち込むことが増えたりする症状があります。まさか若いうちに更年期の症状が出るはずがないと思い気が付かない人が多いのですが、この症状は『若年性更年期障害』という名前が付けられていています。

中年期に発生する更年期障害は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れが原因ですが、若年性更年期障害は別の原因が多く、病名は似ていても全く別物なのです。

若年性更年期障害を改善する、また予防する方法

辛い症状に悩まされている方は多いと思いますが原因が分かれば改善する方法が見つかるというものです。若年性更年期障害の大きな原因は、生活習慣の乱れです。また精神的に大きなショックを受ける事で自律神経が乱れてしまったり、過度なダイエットをすることも原因の一つとして考えられています。

また、女性に大敵の冷えも大きな原因になるので身体を冷やさないようにしましょう。以上の原因になるものを一つ一つ対策していくことで若年性更年期障害の予防にもなりますし、また既に症状が出ている場合にも症状が緩和されて行きます。

具体的に若年性更年期障害を克服する生活習慣とは?

最近の女性は仕事も男性と同等に忙しく残業や休日出勤当たり前という事を求められまたやりがいも感じてバリバリ働く方も多いと思いますが、やはり女性の身体というのは男性とは違います。

それが良いとか悪いとかでは無くて、性別により身体が違うのは当たり前なのですが、女性には月経というものがあり月の中でホルモンバランスが変わるので体調や精神に変化が出るのは若年性更年期障害ではなくても起こる事です。

また、仕事は好きだけど上司とそりが合わない、また主婦などでは、家族の関係やママ友関係によるストレスを抱える方もいます。

忙しく働いて食べる暇も寝る暇もないという女性にいきなり生活習慣を見直してと言っても無理があります。ただ、ほんの少しの時間でも良いので身体をいたわる瞬間を続けていると少しずつ身体が改善していくので毎日の生活のすき間時間に取り入れて頂きたいのです。

冷えは、女性の身体に大敵です、若年性更年期障害にも大きく関係しています。シャワーで済ませていたお風呂を浴槽にゆっくりと浸かる事だけでも身体の冷えが改善します。

参考記事:

【冷え性や生理痛に効果的な市販の漢方】ツムラの23番がおすすめです!

冷え性の足元を温める「冷えとり健康法」の効果、やり方、口コミ

冷え性の女性が一番注意すべき症状や対策!お腹の冷えは危険

腹巻きが妊婦さんや生理、PMS(月経前症候群)におすすめの理由と効果

お風呂好き必見!リラックス効果のある癒しのおすすめグッズ,アイテム【音楽やアロマの香り】

そして、一日に一回でも良いので野菜たっぷりのご飯を食べる事。頭がぼーっとしたり、手足がしびれる、貧血気味であれば、鉄分を取る事。

参考記事:【鉄分が多い食材、食べ物は?】ほうれん草ではなく鶏肉が良い理由

また寝る前のスマホ、パソコンを止めていつもより早めに寝てみる事など少しの習慣が生活習慣、自律神経の乱れを改善していきますので是非お試しください。

参考記事:2017年現代ストレスに一番効果的なストレス解消方法は「睡眠」の理由

若年性更年期障害の体験談

私は身長が165センチなのに35キロまで痩せてしまいました。生理の周期が物凄く乱れたのが始まりで、その後は精神的に辛い、動悸やめまい、貧血に襲われるなど様々な症状がありました。

婦人科に通いホルモン治療をしていますが、少しずつ良くはなりました。しかし、まだ気分の波や動悸やめまいに襲われることがあります。家族は何となく理解してくれますが、やはり完全には理解されず孤独ですし、体調に波があり仕事を止めることになりました。

現在では、ホルモン治療を行いながら、自分の体に合った生活習慣を心がけています。私に適切な仕事環境・食事・睡眠・運動等を気をつけ、実践し、だいぶ楽になっています♪

<<他の方の声>>

このように、若年性更年期障害は更年期障害とは似ていますが違うものです。人に寄り症状の重さが全然違う事と周りの人間に理解されにくい病気なのでどんどん孤独になって精神的にも追い詰められていくこともあります。

自分で出来る改善方法に限界を感じたら、婦人科で診療してもらうのも大切です。女性の身体を沢山診てきているプロに話を聞いてもらい、お薬を処方してもらう事で精神的にも安定する事もあるからです。心にも身体にも辛い若年性更年期障害ですが的確な治療をすれば改善するので是非この位と言って我慢せずに対策してみてください。

当記事で紹介した参考記事:

【冷え性や生理痛に効果的な市販の漢方】ツムラの23番がおすすめです!

冷え性の足元を温める「冷えとり健康法」の効果、やり方、口コミ

冷え性の女性が一番注意すべき症状や対策!お腹の冷えは危険

腹巻きが妊婦さんや生理、PMS(月経前症候群)におすすめの理由と効果

お風呂好き必見!リラックス効果のある癒しのおすすめグッズ,アイテム【音楽やアロマの香り】

【鉄分が多い食材、食べ物は?】ほうれん草ではなく鶏肉が良い理由

2017年現代ストレスに一番効果的なストレス解消方法は「睡眠」の理由

スポンサーリンク