2017年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

近頃、街を歩く女性によく見られる「うさぎ目メイク」。

遠くから見ても分かるくらい、目の下が赤くなっているのです。

2、3年前に愛されメイクの方法としてブレイクし、今年に入ってまた再ブレイクしています。

以前は近づいてみないと分からない微妙なライン使いでしたが、今年はもう少し色味を濃くして存在感をだすのが流行です。

目元がぱっと明るく見えますし、女性らしい可愛さも演出できるので、男性からウケが良いメイク法として根強い人気があります。

アイメイクが強調できます!

普段のアイメイクに飽きている人や、目が小さくてぼんやりした印象を変えたい人は、うさぎ目メイクがお勧めです。

目の下のクマが気になっている人も、赤いシャドウを入れることで目立たなくなるので嬉しいですよね。他にも、顔色がくすんでいるとか、チークを入れるのが苦手と感じている人にも、活力を感じさせるうさぎ目メイクが向いています。

目の下にラインを引くだけで、いつものアイメイクをより強調することができますから、誰でも簡単にトライできるメイクテクニックです。

涙袋に赤いシャドウを塗ってうさぎ目に!

うさぎ目メイクのやり方はとてもシンプルで、涙袋の部分に赤やピンクのシャドウを塗るだけです。

先に下まつげを埋めるようにペンシルでラインを引いておけば、ぼんやりした印象にならず、目全体が引き締まって見えます。

さらに、コンシーラーでくすみやクマを薄くして、その上から赤いシャドウを入れるのが、発色を良くするポイントです。

こうして普段のアイメイクの仕上げとして塗ると、目元がくっきりと目立ちます。

以前は薄いピンク系が流行していましたが、今年は青みがかった赤がベストカラーです。白目をキレイに見せてくれる効果があり、パールが混ざったものなら、さらに目元が輝いて見えます。太さは涙袋の幅全体に伸ばし、目の下を濃く、頬に向かって徐々に薄くしていくグラデーションカラーに仕上げるのがコツです。

<<以下の2つの動画が分かりやすくて、人気ですよ♪>>

グリッターシャドウで華やかに!

今年のうさぎ目メイクは、くっきりはっきりさせるのがポイントですから、使うアイシャドウのタイプを変えてみましょう。

サラサラしたパウダー系ではなく、マットなグリッタータイプのものを選ぶと、長時間キープできます。

目の下はよく動かす場所ですし、まつ毛で擦れてカラーが取れてしまうこともよくあります。

いちいち塗り直すのも面倒ですから、最初から取れにくいグリッタータイプがお勧めです。

発色が良いのも特徴的で、目元が一気に華やかな雰囲気へと変化します。

発色の加減がポイントです!

口コミ

「うさぎ目メイクで可愛い&色気を演出てみましょう♪」

目元に赤いラインが入ると、それだけで顔の印象がグッと明るくなります。

白だとクマやくすみが目立ちますが、赤なら自然にカバーできるので悩みが解消できるのです。

また、女性らしい可愛いさと、色っぽさも演出できるので、デートの時にはぜひ使いたいテクニックです。男性が思わずドキッとするうさぎ目メイク、あなたも試してみませんか?

アイメイクの関連記事:

【2017年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

花王オーブクチュールのブラシひと塗りアイシャドウの人気色を塗ってみた

【アイラインがうまく 引けない時のスプーン】アイライン、マスカラのやり方

【2017年おすすめのカラーアイライナー】人気の使い方や引き方のコツも

スポンサーリンク