2018年人気アイブロウ色はピンクカラー!おすすめアイブロウメイクの仕方も

アイメイクやリップメイクのような派手さはないけれど、顔の印象を変えるメイクがアイブロウです。

この2.3年は太眉、かつ泣き出しそうな垂れた眉が若い女子の間で人気でしたが、いつの時代も極端なところまでいくと、見直し時期に入ります。

現在の主流は、形は自分の骨格に見合った眉にして、色で差をつけるようになりました。

アイブロウの多くはブラウン系やグレー系が主流で、アーティストブランド以外ならば、アイブロウペンシルの色展開はせいぜい3色です。パウダーアイブロウで、色を混ぜて自分で作ることで幅を広げますが、それでも保守的な色展開がほとんどでした。

しかし2016年秋から、ピンクやイエローなどのビビッドな色をパウダーアイブロウに入れることで、今までなかったような斬新なアイブロウメイクができるようになりました。

ピンクニュアンスのアイブロウ

パレットを見ると「ハタチそこそこなら、可愛いかもしれないけれど」とアラサー以上の方ならば怯むかもしれません。しかし、ピンクを眉に入れるだけど、柔らかで可愛い顔立ちに変化するのです。

さらに、赤みは肌の色を白くみせる効果もあります。

チークはベージュ、アイシャドウはブラウンというメイクばかりしているという大人の女性にこそ試してもらいたいメイクです。シャープさに丸みが出るので、優しい印象を与えることができます。

眉の太さを変えたり、アイシャドウの色を変えるよりも、ナチュラルな変化なので、簡単に変えやすいのもポイントの一つです。

アイブロウの仕方「具体的なメイク方法」

すでに、ピンクやイエローなどが実装されたパウダーブロウパレットを購入するのが一番簡単です。メーカーが計算し尽くした色が入っているので、基本的に肌馴染み良く作られています。とりわけ、国内ブランドはどこも日本人の肌色データを大量に取って研究をしているので、色については信頼できます。

しかも1000円台で購入できるプチプラでも出ています。

しかし、やっぱり似合わないと、それすらムダになる・・・という人は、手持ちのアイシャドウで代用できます。

たとえばピンクっぽいニュアンスを出したい場合は、ピンクや赤みのあるシャドウを、さっとブラシで塗るだけでOKです。またはブラシの上でブラウンと混ぜて作ってから塗るともっと自然な色になります。

パール系よりもマット系の方が色が乗りやすいです。ちなみにチークでも代用可能ですが、アイシャドウよりも発色が弱いです。

暖色系のアイシャドウを買ったけれど、目が腫れぼったく見えるから使わなくなったというお蔵入りシャドウを生き返らすこともできます。

ピンクだけでなく、オレンジやイエロー、グリーンなどを使うのも楽しいです。ブラウンと混ぜることで、肌馴染みが良くなるので挑戦しやすい上に、簡単に眉のニュアンスを変えることができます。

口コミ

若い子向きかなとちょっとドキドキしながら試してみたのですが、しっくりと馴染んだので自信がつきました。忌憚のない意見を言ってくれる親からも「顔色が明るくなった?ファンデを変えた?」と言われたので、効果有りだと感じました。

髪の色は変えても、眉の色を変えない人は意外と多いのが現状です。髪の色と眉の色、さらには洋服や水着の色など、ファッションと合わせると、統一感が出てオシャレになりますよ。

アイブロウ関連記事:立体感メイクにおすすめ「アイブロウ&ノーズシャドウ」の口コミと使い方

スポンサーリンク