2018年カラーメイクの色はピンクとオレンジ!アイシャドウ、チーク、アイブロウ、リップ

メイク

「夏のカラフルメイクを楽しみたい!」

この夏、夏を満喫したいと思っているあなた。そんなあなたにお勧めしたいのがカラフルメイクです。夏だからこそ、少し派手なメイクにもチャレンジしたくなりませんか?

そんな時、手軽にチャレンジできるのがカラフルメイクなのです。カラフルメイクと言っても、メイクすべてをカラフルにするわけではありません。

ワンポイント、カラフルにするだけで夏っぽいメイクに仕上げる事ができるのです。これなら、普段のメイクに少しアレンジするだけでOKなので、さほど、難しくはありません。

なのに、いつもとは少し違ったメイクによって夏を満喫する事ができること間違いなしです。

カラフルメイクの方法

ピンクアイライナー

目元にカラフルメイクを行う場合は、目尻にアクセントカラーを忍ばせるのがポイントです!

まつ毛の生え際ラインはブラックもしくはブラウンで、いつも通り仕上げます。その上で、目尻の部分だけ、カラーアイライナーを付けます。お勧めのカラーとしては、ピンク。ピンクのアイライナーを目尻に少し入れるだけで、グンと夏メイクに近づきます。

ブルーマスカラ

次にカラーマスカラもお勧めです。マスカラと言えば、黒を選んでいる人が多いですが、その黒一色を止め、ブルーなどで涼しげな目元を演出してみてはいかがですか。ただし、ここでのポイントは、マスカラすべてをカラーマスカラにするのではなく、ここでもワンポイントにすることです。

いつも通り、黒のマスカラを付けた後は、目尻にカラーマスカラを入れて行きます。そうする事で、自然な形で目元を演出する事が可能になります。

オレンジリップ

そして、リップ。リップは、さほど、カラフルメイクを意識する必要はありませんが、挑戦するならオレンジがお勧めです。その他は、ツヤのあるリップを選ぶ事で、目元のカラフルメイクを引き立てる効果を得る事ができます。

 

これら目元のカラフルメイクに加え、ネイルもカラフルにする事をお勧めします。目元のカラフルメイクに合わせてネイルの選ぶもよし。また、目元のカラフルメイクに少し抵抗がある場合は、ネイルだけなら、さほど、抵抗を感じることなくカラフルメイクを楽しむ事ができます。仕事上、手のネイルができない人は、ペディキュアをカラフルにするだけでも気分が変わります。

カラフルメイクのポイントは、やり過ぎない事です。いくら、気分が開放的になる夏だからと言って、やり過ぎてしまうと意味がありません。あくまでも、目尻などのポイントに指し色として、カラフルメイクを行う事が大切です。

これなら、この夏、カラフルメイクに挑戦していようと思いませんか?カラフルメイクだからと言って、思い切った事をする必要などありません。少しポイントにカラーを入れるだけで、十分、夏っぽいカラフルメイクに仕上げる事が可能です。

目尻などに少しカラーを入れる場合、仕事終わりのメイク直しの時間でも、さっとメイクすることができ、そのまま、夏の夜を満喫する事もできお勧めです。

初めは、抵抗感を感じるかも知れませんが、是非、この夏は、何らかの形でカラフルメイクを楽しんでみてくださいね。

続いて、今年の流行色であるピンクとオレンジのカラーメイクについて詳しくご紹介していきます。

ピンクメイク

全ての女性が一度は意識したことのあるピンクという色。

その種類は様々で、紫が少し入ったローズピンクや、パキッとしたカラーが特徴のフューシャピンク、肌色になじみやすいコーラルピンクなど、メイクをする上でも様々なピンクがあります。

でも、年齢もアラサーに突入すると、ついつい服装をモノトーンにしてみたり、持ち物の色をベージュやキャメルで統一したり、自然と落ち着いた色にすることを気にしてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし全ての女性に似合う色は、やっぱりピンク

今回は大人の女性でも思いっきりピンク色を楽しめて、なおかつ大人っぽく魅せられるメイク方法を紹介します。

1.アイブロウ

アイメイクやリップメイクのような派手さはないけれど、顔の印象を変えるメイクがアイブロウです。

この2.3年は太眉、かつ泣き出しそうな垂れた眉が若い女子の間で人気でしたが、いつの時代も極端なところまでいくと、見直し時期に入ります。

現在の主流は、形は自分の骨格に見合った眉にして、色で差をつけるようになりました。

アイブロウの多くはブラウン系やグレー系が主流で、アーティストブランド以外ならば、アイブロウペンシルの色展開はせいぜい3色です。パウダーアイブロウで、色を混ぜて自分で作ることで幅を広げますが、それでも保守的な色展開がほとんどでした。

しかし2016年秋から、ピンクやイエローなどのビビッドな色をパウダーアイブロウに入れることで、今までなかったような斬新なアイブロウメイクができるようになりました。

ピンクニュアンスのアイブロウ

パレットを見ると「ハタチそこそこなら、可愛いかもしれないけれど」とアラサー以上の方ならば怯むかもしれません。しかし、ピンクを眉に入れるだけど、柔らかで可愛い顔立ちに変化するのです。

さらに、赤みは肌の色を白くみせる効果もあります。

チークはベージュ、アイシャドウはブラウンというメイクばかりしているという大人の女性にこそ試してもらいたいメイクです。シャープさに丸みが出るので、優しい印象を与えることができます。

眉の太さを変えたり、アイシャドウの色を変えるよりも、ナチュラルな変化なので、簡単に変えやすいのもポイントの一つです。

アイブロウの仕方「具体的なメイク方法」

すでに、ピンクやイエローなどが実装されたパウダーブロウパレットを購入するのが一番簡単です。メーカーが計算し尽くした色が入っているので、基本的に肌馴染み良く作られています。とりわけ、国内ブランドはどこも日本人の肌色データを大量に取って研究をしているので、色については信頼できます。

しかも1000円台で購入できるプチプラでも出ています。

しかし、やっぱり似合わないと、それすらムダになる・・・という人は、手持ちのアイシャドウで代用できます。

たとえばピンクっぽいニュアンスを出したい場合は、ピンクや赤みのあるシャドウを、さっとブラシで塗るだけでOKです。またはブラシの上でブラウンと混ぜて作ってから塗るともっと自然な色になります。

パール系よりもマット系の方が色が乗りやすいです。ちなみにチークでも代用可能ですが、アイシャドウよりも発色が弱いです。

暖色系のアイシャドウを買ったけれど、目が腫れぼったく見えるから使わなくなったというお蔵入りシャドウを生き返らすこともできます。

ピンクだけでなく、オレンジやイエロー、グリーンなどを使うのも楽しいです。ブラウンと混ぜることで、肌馴染みが良くなるので挑戦しやすい上に、簡単に眉のニュアンスを変えることができます。

口コミ

若い子向きかなとちょっとドキドキしながら試してみたのですが、しっくりと馴染んだので自信がつきました。忌憚のない意見を言ってくれる親からも「顔色が明るくなった?ファンデを変えた?」と言われたので、効果有りだと感じました。

髪の色は変えても、眉の色を変えない人は意外と多いのが現状です。髪の色と眉の色、さらには洋服や水着の色など、ファッションと合わせると、統一感が出てオシャレになりますよ。

2.似合うピンクのチークを探す

先述したとおり、ピンクにも色々な種類があります。特に肌になじむコーラルピンクなどオレンジ系の入ったピンク色はイエローベースの日本人の女性にはとても良く似合います。

しかし今回注目して頂きたいのは、ずばり瞳の色です。

真っ黒に近い深みのある瞳で、黒目がくりっとした人には少しホワイトの入ったパステル系のピンクをオススメします↓

茶色く透き通った瞳で柔らかい印象の人には少し赤みの入ってこっくりとしたチェリー系のピンクがオススメ↓

他にも色々な種類がありますし、与える印象はそれぞれ違うので、是非メイク道具を購入する際に瞳の色に合わせながら自分の好きなピンクを探してみてください。

メイク方法は、チークをこめかみにオン

似合う色のチークを見つけたらいつもメイクで塗っている範囲の70パーセント程度を意識して広げてください。ハート型に塗ったり、頬骨に沿って塗ったり、骨格によっても似合うものがあるので、いつも自分がしっくり来ている塗り方をまずはしてください。

そこから、涙袋にかぶらない高さ、目尻よりも外側からこめかみに向かってサッとチークをもう一塗りして残りの30パーセントを作ってください。

ふわっとした印象を目元に与えることができますが、顔の外側へ広がっているので、おたふくのようにならずに、顔に色味を加えることができます。

チークをそのままアイメイクに

チークを塗り終わったらワセリンや目元クリームなど、普段顔に塗布しているクリームを用意してください。目を閉じて眉毛に届くくらいまぶたいっぱいにたっぷり指で塗ります。チークを小指で少しとったら、まつげのラインに沿って一塗りします。

チークが一色ではなく混ぜて使うタイプの時は、最も濃い色の部分をすくってください。

あとは目元に塗ったチークを上に向かってクリームになじませ、ぼかしていきます。

日本人らしく優しい目元にしたい場合は、黒目の上を多めにするとぽってりとした印象になります。

普段跳ね上げラインを書いているような、キリッとした目元がお好みの場合は、目尻に向かってしっかり、たっぷりめに流していくと強い印象になります。

ポイントは、他のポイントに色を置いて顔を落ち着かせる

最後にいつも使っているハイライトやおしろいに少しだけチークを混ぜて使います。

もしイヤリングやピアスなどを楽しんで耳の出るヘアアレンジをしているのであれば耳たぶにそれをオンします!

耳が出ない方はあごの下や唇の下に少しだけ入れてみてください。同じ色があることで顔に落ち着きが出ます。

さて、ここまで大人でも取り入れやすいピンク色のメイクを紹介してきましたが、ポイントは【同じ色を使うこと】です。

たしかに色には相性があり、青みピンクのチークにはブルーのアイシャドウ、オレンジのチークにはベージュのアイシャドウなどが合う、といったことがありますが、どれも色のコントラストが強く、ついつい「メイクしています!」という印象になりがちです。

今回ご紹介したメイクは同じピンク色だけ、それも同一の商品のチークだけを利用しています。目や耳、頬や唇に全く同じ色があるというだけで、顔全体に統一感が生まれ、非常に落ち着いて見えたり、なじんで見えたりするように人間の目はできているのです。

是非それを利用して、大人でもグッと可愛らしく、でも落ち着いて見える、女性らしいピンク色のメイクを楽しんでください!

アイブロウ関連記事:立体感メイクにおすすめ「アイブロウ&ノーズシャドウ」の口コミと使い方

ピンクベージュは大人ナチュラルで素敵!

ピンクベージュを使ったメイク。

ピンクベージュというと、かすかに赤みを帯びたベージュでこの色を使ったメイクをするとナチュラルでありながら血色も足せて健康的な印象になります。

ナチュラルな印象のメイクをしたい女性にとてもおすすめなメイクで、見た目の印象はメイクが薄い状態であるものの、血色はあるのでメイクをしているように見えます。

使っている色の数も少なく、肌なじみのいいカラーが中心なので顔から浮きにくく、メイク初心者の女性にもおすすめです。また、肌なじみのいいカラーとなれば夏のメイク崩れでも色味が自然なので崩れている感じがカラフルなメイクよりも目立ちにくいというメリットもあります。

メイクのやり方

やり方としてはとても簡単です。

化粧下地、ファンデーションは普段お使いになられているもので構いません。強いて言うのであれば、ツヤ感のある化粧下地を使うとよりナチュラルな印象に出来ます。

アイシャドウ、リップ、チークはかすかにピンク色が混ざったベージュ系のカラーが望ましいです。ファンデーションがマットなものであれば上からハイライトを足してツヤを出しても良いでしょう。

夏であれば、Tゾーンや小鼻周辺はオイルブロック効果のある皮脂テカリを防ぐ下地も上から塗っておくことをおすすめします。冬であれば、しっとりしたリキッドファンデーションやシンプルな保湿性に長けたBBやお粉で仕上げても良い感じになります。

アイシャドウはツヤ感があるリキッドアイカラーやクリームアイカラー、ツヤのあるパウダーアイシャドウがおすすめです。

ブラウンのチークでもいいのですが人によっては汚れっぽく見えてしまったり、ニュートラルなベージュだと血色が足りなくて顔色が悪く見えやすいので少しピンクっぽいカラーがベストです。また、普段チークを塗りすぎてしまう癖があるという人にもぜひ試してみてほしいメイクです。

リップはマットよりグロッシーな方が健康的な印象になります。元の唇の色が濃いのであればCCリップや保湿だけでも良いでしょう。

実際にピンクベージュを主にしたメイクをすることが良くありますが、時間がない時でも失敗しても目立たないので重宝しています。汗をかいてメイクが崩れてしまっても元の色味が控えめなのでお直ししやすいのもメリットの1つです。

もともと私が夏のメイク崩れを目立たせたくない&薄化粧でありたい&普通のベージュだけを使ったメイクだと顔色が悪くて仕方なくヌーディーなメイクをしたいがためにピンクベージュ系を使ったメイクをしていたのを案外良かったので紹介させていただきました。

このメイクは程よく健康そうかつヌーディーに仕上がるのであまり濃いメイクはしたくないという人にもおすすめのメイクです。

ピンクベージュをメインで仕上げたメイクは場所を選ばず、服も合わせやすいのでお勧めです。社会人の方の場合、オフィスでも浮かないという利点があります。

オレンジメイク

いつものメイクがマンネリ化してる…。髪色を暗くしたら似合うメイクがわからなくなっちゃった…。そんな女性におすすめなのが2018年トレンドカラーである「オレンジメイク」なんです!

流行りの暗髪にも映え、ヘルシーに見せてくれるオレンジメイクは、モデルやSNSの間でも人気となっています。オレンジカラーのバリエーションも豊富なので、自分の肌色にあったカラーがきっと見つけられますよ。

そこでだれでもできる簡単なオレンジメイクのコツをご紹介します。

オレンジメイクのポイントは3つ。

これを覚えて、オレンジカラーのアイテムをゲットしてみてください!

①アイシャドウで取り入れる

オレンジメイク初心者さんは、オレンジをアイホール全体にのせたあと、ブラウンでグラデーションをつくるのがおすすめ!オレンジは肌馴染みのいい色なので、単色でも外国人風のメイクになりますよ。

また、アイシャドウを選ぶときは、立体感の出やすいパール入りを選ぶのがおすすめ!陰影をつけて印象的な目元をつくりましょう。

②チークで取り入れる

チークはピンク系のものを使用している人が多いのではないでしょうか。これをオレンジに変えるだけで、ガラッと印象が変わるので、イメチェンにもおすすめなんです。

濃く入れすぎると不自然になってしまうので、目の下や頬骨上にふんわりとのせるようにしましょう。

③リップで取り入れる

夏であればリップもオレンジにチェンジするのがイマドキ!今年の夏はティントリップの人気上昇もあってか、マットで発色の良いものが定番になっています。

このようなオレンジリップを使う場合は、チークやアイメイクもオレンジ系で統一すると、違和感なく使うことができますね。

オレンジメイクにおすすめのアイテム紹介!

最後にプチプラなのに優秀なオレンジメイクのアイテムを、種類別にみていきましょう。

①アイシャドウは、エチュードハウスとヴィゼ

韓国の人気ブランド、エチュードハウスからはルックアット マイアイジュエルです。

カラーバリエが豊富でコンパクトなので、お試しでも使いやすいですよね!

ヴィセのアヴァン シングルアイカラーはマットな発色です。パプリカのカラーが人気で、@cosmeでも評価の高いアイシャドウです。

②チークは、アユーラとSWEETS-SWEETS

シロップチークというのは聞いたことがありますか?じゅわっと発色するので、ツヤ感を出すことができます。肌馴染みが良いのも嬉しいですよね。

シルキーシフォンチークはナチュラルなオレンジ色なので、大人可愛い仕上がりになります。1,000円出したらおつりがくる値段も魅力的ですね。

③リップは、CANMAKEと3CEとラッシュ

プチプラの王道CANMAKEのstay-on balm rougeはしっかりとした発色と透明感がステキなリップです。

TATOO LIP TINTは大人気のティントリップで有名です。飲食をしても落ちない密着力は、オレンジだけでなく他の色も揃えたくなる優秀さです。

ラッシュ

唇がカサカサする、乾いて縦ジワが目立つ、こんな悩みがありませんか。乾いた唇よりもぷるんと潤った唇の方がかわいいですよね。

唇の乾燥が気になる方におすすめが「ラッシュのリップアカラー(オレンジフラワー)」です。自然由来の成分が潤いのある唇へと導きます。

特徴

唇の皮膚は非常に薄いため、顔の他の部分に比べて乾きやすくなっています。口紅に含まれる成分の刺激や唇をなめてしまうことなども、唇の乾燥を進行させる原因です。

乾きやすい唇だからこそ、しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

ラッシュのリップアカラーには、潤いを与えるフェアトレードシアバター、カカオ脂、オレンジピールワックスなどが配合されています。

  • シアバターはリノール酸やリノレン酸などが多く含まれていて、肌なじみがよい特徴があり、長時間肌を潤いで守ってくれる成分です。
  • カカオ脂はべたつき感の少ない油脂です。肌に柔らかさを与えてくれます。
  • オレンジには爽やかな香りが。健やかな肌へと導くサポートをします。

この他にも、ピーチカーネルオイル、ミツロウ、グリセリン、ヒマシ油、ダマスクバラ花油などさまざまな成分が配合されています。

唇に潤いを与えることでぷるんとしたツヤのある唇に近づきます。ぷるんと潤えば、唇の縦ジワが目立ちにくくなることが期待できます。

香りは果実のような甘い香りをイメージして作られています。レモン、スイートオレンジ、ローズなどをブレンドした心地よい香りが特徴です。

使い方

1~2mm程度繰り出して唇に塗ります。軽く塗ればポップな仕上がりに、何度か重ね塗りをすると大胆な仕上がりになります。

繰り出し過ぎると戻せなくなることがあるので、出し過ぎないように気をつけてください。

ラメが配合されていてラメが肌に残ることもあるので、よくクレンジングをしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 固いテクスチャーだなと思ったのですが、塗ってみると唇の体温で柔らかくなり、マッサージバーのような仕様感です。見た目はヴィヴィットカラーだけれど、塗ると薄つきでよかったです。香りは甘いハニーにオレンジが混ざったようです。みつばちマーチのような香りがします。
  • 思っていたよりもオレンジに発色しなかったのですが、薄つきなところがよいです。うっすらと色がつくことで顔色がよく見えます。ツヤのあるリップという感じで使っています。そして、潤いが持続します。オレンジの香りもよいです。
  • 香りが好きです。つけたときにハチミツのような甘い香りがします。口紅というよりも色付きリップなので、ほんのりとした色です。オレンジ系の色しか肌に合わないので、オレンジが見つかってよかったです。気温が低いとリップが固いのですが、体温で柔らかくなります。唇を潤してくれます。

唇の皮膚は薄くて乾燥しやすいので、ぷるんとした唇を作るためには保湿が重要です。ラッシュのリップカラーはシアバターやミツロウなどの自然由来の成分が潤いを与えてくれるリップカラーです。オレンジフラワーは見た目ほどヴィヴィットなカラーではなく、ほんのりと唇を色づけてくれます。重ねづけをすれば印象が変わります。

唇に潤いを与えてカサカサ唇から卒業しませんか。

いかがでしたか?オレンジメイクのポイントとおすすめアイテムをそれぞれご紹介してきました。

自分が取り入れやすい部位から、ぜひトレンドのオレンジメイクを試して、イメチェンしてみてくださいね!

おすすめのオレンジメイク

元気に見えるオレンジメイク!

メイクでオレンジを取り入れるのは難しい…や、自分には合わない。と思っていて挑戦出来ていないという方も少なくはないカラーなのですが、日本人の肌には実はぴったりなカラーなので、挑戦してみてください。

日本人は、イエローベースが圧倒的に多いので大多数の人は実は似合うとか。なのでメイクの方法をまとめていきたいと思います。

ベースメイク

ベースは、ピンク系の化粧下地を仕込むのがいいです。血色感を出すことによってオレンジとの相性もよくなります。反対にブルー系だと浮く可能性があるので注意です。

ファンデーションは少し黄色みがあるファンデーションの方が相性がいいです。日本のファンデーションは黄色みが強いものが多いので、標準な肌色の方は良く合うと思います。

次に、眉毛。

眉マスカラで、少しオレンジがかったようなブラウンにするのがいいです。眉毛だけ真っ黒。だと統一感が出なくて浮いてしまうからです。少し太眉に書くのがおすすめ。

アイメイク

ここが一番肝心です

オレンジメイクの中でも印象が大きく変わるのが、このアイメイク。ベースには、ベージュ系のアイシャドウ。その上からオレンジ系のアイシャドウをのせていってください。

  • 上瞼には、濃いめのオレンジを。
  • 下瞼の目尻のほうには、薄めのオレンジを。
  • 涙袋は、ピンク、もしくはベージュ系のアイシャドウにすると綺麗に見えます。
マスカラ

マスカラは、明るめのブラウンを!ここで黒にしてしまうと浮いてしまうので、ブラウンが必須!アイライナーも、マスカラと同じ色もしくはマスカラよりも少し暗めのブラウンを。

これで、オレンジ系の垢抜けるアイメイクが完成します。

チーク

チークは、頬骨の上から外へ広げるように薄めのオレンジチーク。あまり濃くはのせずに、チークが塗っていることがわかる程度でぬります。

リップ

リップは、ティントタイプにすると今時の顔に出来ます。

ウォーターティントがおすすめ。グラデーションで広げるとおしゃれな雰囲気になります。

反対に、マット系にすると韓国系な今時になるので、好きなほうを選ぶのがいいですね!

元気なイメージに仕上げてくれて、すぐにおしゃれな今時顔になれるので、オレンジの挑戦をためらっている方も、ぜひ挑戦したいカラーです。

関連記事:

【疲れ顔や目のクマにおすすめのメイク方法】ファンデーション,アイシャドウ,チーク,リップのコツ

2018.05.22

大人30代40代女性におすすめの人気化粧品ブランド!プチプラアイシャドウ、マスカラ、アイライナー、ファンデ、リップ

2018.05.17

【デートにおすすめのプチプラ恋コスメ2018】アイシャドウ、グロス、リップ

2018.05.16

イエローベースのイエベさんにおすすめのプチプラアイシャドウとリップ2018

2018.04.15

奥二重をぱっちり目にするメイク方法!アイシャドウとアイラインの色と引き方

2018.03.19

2018年春夏トレンドメイク「流行メイクの色や仕方・方法は?」流行りはメリハリ

2018.01.24

2018年20代に人気のプチプラクリームチークはこれ!ブランドと使い方

2018.01.19

2018年30代におすすめのチークはこれ!人気ブランドランキング

2018.01.19

紫色(パープルカラー)好きにおすすめ人気アイシャドウブランド2018

2018.01.18

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

2018.01.17

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

渡辺直美のアイシャドウ!ルナソルのスターシャワーアイズ人気色05の口コミ

2017.08.11

2018年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

2017.06.27

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2018年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

スポンサーリンク