2018年20代に人気のプチプラクリームチークはこれ!ブランドと使い方

メイク

「クリームチークにはまりました!」

最近、クリームチークにはまってしまいました。きっかけはいつも明るく元気な友人が連れて行ってくれたセレクトショップに置いてあったことです。

友人がいつも特定のお店で買っていたクリームチークがそのお店で見つかってとても驚いていたようでした。そして私に強く勧めてくれたのです。

使ってみると、彼女がいつも明るく元気に見える理由の一つが分かったようで私もすっかりはまってしまいました。まだ試したことがなくて、自分を明るく元気に見せたい女性の方に是非オススメしたいとても便利な美容アイテムなのです。

クリームチークとは

チークにはクリームタイプとパウダータイプがあります。毎日のメイクにチークを欠かさない女性は多いのではないかと思いますが、私もその一人です。そのくせ今まではパウダータイプしか使ったことがなく、恥ずかしながらクリームチークの存在すら知りませんでした

クリームチークの特徴は、その名の通りクリーム状なので肌馴染みがよいということが挙げられます。

馴染むということはより自然な仕上がりになる上に肌に艶がでます。店内で肌に乗せてもらったところそれは実感しました。

使い方は指でチークを適量取り、指の腹でポンポンと優しく叩くように肌に乗せて馴染ませるだけです。ポンポンとされて鏡を見ると、くすんでいた自分の肌がツヤツヤとしていてびっくりしました。ツヤツヤしているのにとてもナチュラルなのです。

友人がいつもナチュラルメイクなのにとても明るく元気なオーラが出ているのは、このアイテムのおかげもあるのだなと思いました。私は即決でこのクリームチークを買いました。

実際に使ってみるとお店でしてもらった時と同じように肌に馴染んでいくのがわかりました。パウダータイプとは全く違う仕上がりになります。しかも指を使うのでブラシなどが必要なく、携帯する時にもコンパクトでとても便利です。

勧めてくれた友人の肌と私の肌は色も質も違うので、当然彼女が使っているアイテムとは別の色味を選んだのですがそれも大正解でした。

彼女の真似をそのまましていたのではせっかくのクリームチークの良さが出なかったかもしれません。アドバイスをしてくださった店員さんにも感謝です。そしてまんまとはまり、今ではこの便利で優秀な美容アイテムのヘビーユーザーとなっています。

パウダータイプのチークを愛用されていてなんだかしっくりきていないという女性はもちろん、そうでない方も一度試されることを是非オススメします。あの日友人が強く勧めてくれなかったらこのコスメには出会えていなかったでしょう。クリームチークの使用感と仕上がりは本当に大満足できます。

メイクをする女性にとってその仕上がりの満足感は、一日の気分まで左右するものです。使い慣れたコスメは安心感があり、満足していればなおさら変更することにはエネルギーが必要です。「変更」ではなく、「ちょっと試す」くらいの気持ちでも新しい発見があるかもしれません。クリームチークにはまってつい強気なオススメになってしまいました。

よかったら是非使ってみてください!

キャンメイクのクリームチーク

クリームチークで人気のプチプラブランドと言えば「キャンメイク」です。

クリームチークはべたつくイメージがありませんか。でも、キャンメイクのクリームチークはべたつかないのです。そして、キャンメイクはかわいいにもこだわっているので、かわいい容器に入っています。使うとたびに楽しい気分になることでしょう。

人気の秘密

キャンメイク クリームチークが殿堂入りした秘密は何でしょうか。

以前、キャンメイクのクリーミィチークスという商品が販売されていました。しかし、この商品は廃盤に。それを改良して復活させたものがクリームチークです。

べたつきそうなイメージがあるクリームチークですが、キャンメイクのクリームチークはクリームからサラサラなテクスチャーに変わります。

発色がよい、肌になじむ、長時間落ちにくい、透明感がある、これらをすべてみたす化粧品を作るのは難しいです。長時間落ちにくいものは厚ぼったくなったり、発色がよくても透明感が失われてしまったりします。これら相反する要素を叶えるために、何度も試行錯誤を繰り返して開発されました。

容器にもこだわりがあります。

メイクの容器でコストがかかるのが金皿です。そこで、キャンメイクはプラスチック容器を採用しました。クリスタルカットをすることでキラキラした輝きがでています。フタのフックの部分は、よく見るとリボンの形をしています。こんな細かなところにもこだわっているのです。

肌にのせるときれいに発色をして、ほんのり明るい肌にしてくれる、さらにパッケージにもこだわったクリームチークです。

使い方

指の腹またはスポンジでチークをとり、ポンポンとスタンプを押すように肌につけます。点と点をつなぐように伸ばして肌になじませます。
カラーは8種類です。クリアタイプはリップとしても使えます。

口コミ

クリームチークなので、手に取って頬にまあるい形を作りながら付けていきます。コツさえ掴めば、夜までチークを直す必要はありません。パウダータイプのチークの方が付けるのは簡単ですが、このクリームチークはしっとりとした質感なのでシワが入り込んだり、ヨレたりしないのです。発色がとても良いので大人の肌にも似合います。

人気の色はクリアレッドハートです。真っ赤なチークですが、肌馴染み抜群で血色をよく見せてくれます。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • クリームチークの上にパウダーチークを重ねています。ふわふわのほっぺたになります。いろいろなカラーを使って楽しんでいます。発色がよくほんのり健康的な肌色になります。
  • 指にとるとするっと伸びるクリームです。伸びやすいためぼかしもうまくできます。一度で色が濃く出るのではないので、色を調整しやすいです。比較的か早く乾き、メイクがあまり上手でない人でも使いやすいと思います。
  • チークの伸びがすごくよいです。スルスルと伸びていきます。チークの後にフェイスパウダーを重ねれば、メイクの持ちがよくなります。昼に確認したときにも朝と同じ状態でした。これをつけてからはメイク直しが不要になりました。

@コスメベストコスメアワードに殿堂入りした人気のコスメが、キャンメイクのクリームチームです。人気なのには理由があります。

クリームチークはべたつきやすかったり伸びが悪かったりすることがありますが、キャンメイクのクリームチークは伸びたよくてスルスルと伸びて、サラサラしたパウダーに変わるのでべたつきが気になりません。

そして、プチプラです。容器のコストを削減しているので低格で販売されています。容器のコストを削減しているけれどかわいいパッケージです。

自然な明るさのある頬に近づけてくれます。

<<キャンメイクAmazon公式ショップ>>

MiMCのミネラルクリーミーチーク

チークを長時間肌にのせていると肌が乾燥することがありませんか。チークを使う部位は、頬や目の下あたりですがこの部分は乾燥しやすい部位です。乾燥をしてしまうと、肌が粉っぽい印象になってしまいます。

保湿ケアをしながら高い発色でツヤめく肌に導いてくれるのが「MiMC ミネラルクリーミーチーク」です。みずみずしいフレッシュな表情に近づきます。

潤いある使い心地の秘密

チークにはパウダー状のものとクリーム状のものがあります。高い保湿力があるのはクリーム状のものです。ミネラルクリーミーチークなため、肌を乾燥から守ってくれます。

しかし、他のクリームチームとは保湿へのこだわりが違います。メイクアップできる高い濃縮美容液という視点で開発されているのです。

チークをのせる頬骨は顔の中でも高くなっているので、紫外線の影響を受けやすい部位です。そのことを考えて、スキンケアもできるビタミンフルーツ、マンゴー種子バター、アルガンオイル、サジーオイル、トマト果実エキス、保湿力に優れたスクワランを配合しています。

特に、アルガンオイルは絹のようなツヤのある肌へと導いてくれることが期待できる希少なオイルです。またスクワランは人の肌表面と同じ構造を持っているので肌なじみがよい特徴があり、内側から輝くようなツヤを引き出します。

全9色を用意しています。石けんで落とすことができます。

イキイキとした血色と潤い感を与えてくれるチークです。

使い方

指先にチークを取り、ポンポンと頬骨のあたりにのせていきます。リキッドファンデーションのように指を滑らせてつけると失敗しやすいので注意をしてください。ぽんぽんと優しくタッピングをすることがコツです。

パウダーファンデーションを使う場合は、ファンデーションの前に使用をします。パウダーファンデーションの後に使ってしまうと、ファンデーションがムラになります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 血色をよくするためにチークを使っているのに、なんだかチークが肌に合わなくなってきました。そんなときに見つけたのが、このチークです。肌にのせると自然とトーンアップしてくれて、かわいらしいほっぺになります。パールやラメが入っていないところも気に入っています。くすみをカバーしてくれるので、コンシーラーの役割も兼ねていると思います。色持ちもよいです。
  • 始めて使ったチークでかゆくなってしまったので、それからはチークを使っていませんでした。でも、同窓会があるのでチークを使ってみようと思って手にしたものがこれです。このチークなら頬がかゆくなることがありません。乾燥せずしっとりとします。そして、自然な血色のあるツヤが生まれます。何もよりもかゆくならないので安心して使えるので、また購入しようと思います。

ミネラルクリーミーチークなら美容成分を配合しているので、つけている間も肌がしっとりとします。そして、紫外線の影響を受けやすい頬骨のあたりのことを考えて、スキンケアできる成分まで配合をしています。

使う人のことを考えたチークです。

もちろん発色もよく、フレッシュな血色のよい肌に仕上げます。乾燥が気になる方や血色感を求める方におすすめです。

<<MiMCのAmazon公式ショップ>>

コスメデコルテのクリ-ムブラッシュ

クリークチークはパウダーチークに比べて肌なじみがよい特徴があります。クリームチークの中でも肌なじみがよくおすすめなのが「コスメデコルテのクリームブラッシュ」です。

チークを使うと頬がかさつく、粉っぽくなる、うまくメイクできないという方におすすめです。

ツヤ肌に仕上がる

クリームチークは、滑らかな伸びでしっとり肌になじむ特徴がありますが、クリーム ブラッシュは、コスメデコルテのアイグロウジェムの技術を応用した新感覚なチークです。するするっと肌に伸びて、溶け込むように自然となじみます。

一般的には使用感がよいクリームチームですが、重たさを感じたり白浮きすることがあります。しかし、クリーム ブラッシュは透明度の高い粉体と油分をバランスよく配合しているので、白浮きしにくくツヤと血色感を与えます。

また、オイルも加えることでツヤ感がプラスされます。ダマスクバラ花エキス、マツリカ花エキス、レモン果実エキス、スクワランなどの美容成分も配合しています。

密着力や柔軟性に優れるソフトラスティング成分配合で、長時間つけたてのような美しさが持続します。汗や皮脂に強い処方です。

全8色展開です。

頬にツヤや血色感が生まれることで、健康的な明るい肌に仕上がります。

使い方

指先に適量を取り、頬骨に沿ってポンポンとなじませます。チークがついていない指でところどころ押さえると、ムラが生まれてあどけなさのある仕上がりになります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 触ったときは滑らかな質感なのですが、肌にのせるとサラサラになるので使いやすいです。サラサラなパウダーのようになるのは、今までのクリームチークにはないようなテクスチャーです。肌の色を均一に整えてくれて、そしてヨレません。いくつか色をそろえたいです。
  • クリームチークは初めての使用です。ベースメイクを崩してしまうのではないかと思って、今まで使ってこなかったのですが、このチークはベースメイクを崩すことはなく、肌のアラを飛ばしてツヤのある仕上がりにしてくれます。時間が経っても色が残っていることに感動しました。ラベンダー色を使っているのですが、主張しすぎない万能なカラーだと思います。
  • 驚いたことが質感です。指に触れたときは滑らかでしっとりしているのですが、肌にのせるとサラサラになります。クリームチークにありがちなべたつきがなく、パウダーのようなサラサラ感です。指でくるくるとつけているのですが、ベースメイクが崩れることがありません。仕上がりはピンクパールが健康的な肌色に見せてくれてます。普段は夕方まで色が残っていることがないのですが、このチークなら夕方まで色が残っています。とにかく気に入ったところはテクスチャーで、違う色も集めたいです。

クリームチークは滑らかに伸びて、メイクが苦手な方でも使いやすい特徴があります。コスメデコルテ クリームブラッシュは、滑らかな使用感で肌にのせるとサラサラになる点が他とは違います。クリームチークはべたつきそう、ベースメイクが崩れそうと思っていた方も使いやすいはずです。

カラーバリエーションは8色で、気に入った色が見つかることでしょう。どの色もツヤと血色感を与えてくれます。

<<コスメデコルテのAmazon公式ショップ>>

マキアージュのビューティースキンクリエーター

クリームの発色とパウダー級のサラサラ感を兼ね備えたチークが「マキアージュ ビューティースキンクリエーター (チーク)」です。血色のよい美肌を演出します。

サラサラするものは粉っぽくなりツヤ感が低下をしますが、ビュティースキンクリエーターならサラサラしながらもツヤが生まれます。

ツヤとサラサラになる秘密

クリーム剤型なので、クリームならではのツヤ感が。それなのに、肌表面はサラサラに。肌がサラサラになるのは、美肌クリエート処方を採用しているからです。

従来のクリームチームは、オイルベースに粉末を多量に配合をしています。粉末を増やすことでサラサラ感を出しているのです。

このような従来のクリームチークは、時間が経つとくすんだり、ヨレたり、ツヤが減ったりします。

一方美肌クリエーター処方の場合は、オイルを吸収してサラサラになるクリアスムースパウダーを配合しているので、余計な粉体を配合する必要がなく、ツヤ感とサラサラ感を同時に実現することが可能です。フィット感が高く、自然なツヤと血色が生まれます。

ビューティースキンクリエーターは、スポンジと中身が一体となった容器です。ぽんぽんとなじませるだけ、テクニック要らずで血色のよい肌を作れます。

13時間化粧持ちデータ取得済みで、長時間血色がよい肌を持続させます。

使い方

頬骨の高いところを中心に、スポンジを肌にあてて滑らせるように動かします。その周りをぽんぽんとぼかします。

容器とスポンジが一体になっているので、フタを開けるときにスポンジを引き抜かないように気をつけてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 肌の上にスタンプするようにのせると、ふわっと血色があるグラデーションを簡単に作ることができます。一か所にべたっとつくことがなく、ぽんぽんとぼかすだけなのでテクニック要らずです。クリームチークなのにサラッとした仕上がりで、後に使うファンデーションのタイプを選びません。クリームチークなのに手が汚れないので、朝の忙しい時間帯には助かります。色、仕上がり、使いやすさ、どれも優秀なチークでした。
  • ころんとした容器がとってもキュート。このチークのいいところは、簡単に色を入れられることです。ぽんぽんと肌にのせるだけで、透明感と血色のある仕上がりになります。今はこれがないと仕上がらないほど優秀なチークです。
  • スポンジを滑らせるようにつけて、ぽんぽんとぼかすだけで、とっても簡単に自然に仕上げてくれます。ブラシでぼかす必要がないので使いやすいです。血色がよい肌に見せてくれました。しかも、化粧持ちがよいです。夕方になってもチークがとれているということがなく、朝ぽんぽんとしただけで夜まで発色が続きました。

クリームチークのよいところ、肌が乾燥しにくいことです。でも、サラサラ感を出すために粉末を多量に配合しているので、肌がくすんだ印象になってしまいます。

クリームなのにツヤ感と透明感が生まれるチークが、ビューティースキンクリエーターです。クリームチークとパウダーチークのよいところを兼ね備えているので、ツヤと血色のあるサラサラ肌に仕上げてくれます。

また、メイクしやすい容器なのでテクニック要らずで簡単に血色がよい肌を作ることができます。ビューティースキンクリエーターで、健康的な血色がよいツヤ肌になってみませんか。

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

関連記事:

2018年30代におすすめのチークはこれ!人気ブランドランキング

2018.01.19

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

2018.01.17

スポンサーリンク