2019年人気のジェルアイライナーはこれ!おすすめランキングと使い方

メイク

ジェルアイライナーとは、ジェル状になっているアイライナーのことです。固形と液体の中間のようなテクスチャーをしています。スルスルと滑らかに描くことができます。

液を筆にとって使うタイプと、ジェルを芯状にした繰り出しタイプがあります。液を筆にとるタイプは液のとりすぎとラインがぶれないように注意が必要ですが、芯状になっているものはペンシルタイプのアイライナーと同じように、ペンの軸がぶれにくく描きやすい特徴があります。

また、ジェルアイライナーは落ちにくいので、涙目になりやすい方や皮脂が気になる方に向いています。

さらに発色がよく、描き方によってキリッとした目元にも、ふんわりとした目元にも仕上げることができます。

ジェルアイライナーとは

スルスルと描けて滲みにくい、ペンシルとリキッドのいいとこ取りをしたような使い心地なのがジェルアイライナーです。

ジェルと言っても想像するようなトロトロとしたジェリー状ではありません。 冷やした時のバターのような滑らかなテクスチャーが特徴で目元への摩擦による刺激も少なく滑りがいいのでアイラインを引くのが苦手な人にも簡単に使うことができます。

描いてすぐに乾くので上からアイシャドウを塗ったらアイラインが滲んでしまうなんていう失敗も少なくなるので忙しい朝やお化粧直しにもとても便利なんです。

目元が緩んでアイラインが引きにくくなってきたと感じる30代以上にもガタガタにならずに引きやすいのでまずはプチプラのジェルアイライナーから挑戦してみましょう!

またペンシルだとナチュラルになり過ぎてしまう、リキッドは目元が強くなり過ぎるとお困りの人にも是非おすすめしたいアイテムがジェルアイライナーなんです。

ジェルアイラインの描き方

ジェルアイライナーはインパクトのある目元に仕上がるので、メイクの最後にバランスを見ながら使用をするとよいでしょう。ジェルアイライナーを使う前に、マスカラやアイシャドウでアイメイクをしておきます。

液を筆にとるタイプは、いきなり目元に使うとよれてラインをまっすぐにひくのが難しいので、一度手の甲になじませます。

ラインはゆっくりと描いていきましょう。まつげの生え際を意識しながら、まつげとまつげの間を埋めるように描きます。

一度にラインを描くことが難しくても、ペンシルアイライナーで薄くガイドラインを描いておくと、ジェルアイライナーの線がぶれずに描きやすくなります。

ラインの外側を綿棒でぼかしておくと自然な仕上がりになります。速乾性のジェルアイライナーの場合は、ラインが乾かないうちにぼかしましょう。

目の形別のポイント!

一重

一重の場合、ラインが細いと目を開けたときにラインが見えなくなってしまうので、少し太めにラインを描きます。一度に描くのではなく、目を開けたときに見え方を確認しながら、徐々にラインを太くしていきましょう。

奥二重

奥二重の方は、ラインを太く描くとまぶたに色が移ってしまいやすいので、太く描くことはおすすめできません。目の際ギリギリに細目のラインを描き、目尻のあたりは重ねて描いてみましょう。

ジェルアイライナーはにじみにくいので、まぶたに色がつくことが気になる奥二重の方におすすめです。

二重

二重の方はもともと目力があるので、アイラインのひき方によってはきつい印象になってしまいます。そのため、優しい色合いのアイライナーがおすすめです。
まつげのすき間を埋める程度の細いラインを描き、目尻のあたりは綿棒でぼかします。

アイライナーといっても、ペンシルタイプやリキッドタイプなどもあり、それぞれ特徴があります。

ジェルアイライナーの特徴は、発色がよい、落ちにくい、スルスルと描きやすいことです。この特徴を活かして、上手にメイクをしてみてください。アイライナーの特徴を知っているだけでも、メイクのコツがわかり、上手に仕上げられるようになります。

人気のジェルアイライナーはこれ!おすすめランキング

ジェルアイライナーは、パウダーのようでリキッドのような不思議な質感なので適度にツヤ感があり大人の色っぽさを演出する事が出来ます。
芯が細めなものが多く太さの調節もしやすいのが特徴、柔らか目のペンシルのようなスルスルとした描き心地でリキッドようなフィット感がやみつきになります。

描いた直後、すぐに乾いて密着、かさついている瞼にもぴったりフィットしてヨレにくいのも特徴です。

最近はペンシルのような繰り出し式のものが多く出ているため持ち運びにも便利です。

汗や脂でペンシルがすぐ落ちてしまったり、リキッドは難しくガタガタになって真っ直ぐ線が引けない人はジェルを使うとその悩みが解消できます。

またリキッドでは描いた直後、乾くまでに瞼についてしまう一重の人にも非常に使いやすくはっきりくっきりとしたラインも可能にするのでリキッド並みの華やかな目元になることも出来るのです。

また、手の甲に試し書きすると分かるのですが描いたラインに適度な厚みが出ますからジェルアイライナーでまつ毛の間を埋める事でまつ毛が密集して増えたように見せる効果もあります。

二重の人
  1. 瞼の中央から目尻に向かってまつ毛の間を埋めるように細く引いていきます。目尻は5ミリほど外側にはみ出すように描きましょう。それ以上はみ出すと不自然になるのでなるべく短くするのが最近のトレンドです。
  2. 瞼の中央から今度は目頭に向かって同じくまつ毛の間を埋めながら細く引いていきます。
一重の人
  1. 目頭から目尻まで細く、弓なりにせず平行にラインを引きます。一重の人も目尻は真横に5ミリほどはみ出すように描きましょう。一重の人はブラウンやグレーを使うとキツくなり過ぎず自然なデカ目を作る事が出来ます。

第12位 ヒロインメイクのロングステイシャープジェルライナー

1.5ミリの極細、ウォータープルーフです。

先がとても細く奥二重や一重、初心者さんにもおすすめです。

芯も柔らかいのでスルスルと描けて失敗もしにくく色も発色が濃い目なのでリキッド派の人も納得出来るはっきりとした仕上がりだと感じました。

<<Amazon>>

第11位 エクセルのカラーラスティングジェルライナー

芯の細さは2ミリ、ヒアルロン酸入りでウォータープルーフです。とても落ちにくく夕方まで持ちます。

オリーブという色も黒にはないクールさが出るので流行のくすみメイクにおすすめ。

下瞼に描いても落ちにくいと感じました。

<<Amazon>>

第10位 LBのスマッジジェルアイライナー

ぼかして使うことも出来るというアイライナーです。

他のメーカーに比べて発色が濃過ぎずナチュラルなのでペンシル派の人にも使いやすいです。汗をかいても落ちにくいと感じました。

<<Amazon>>

第9位 セザンヌのジェルアイライナー

流行りのバーガンディーカラーも揃っているので簡単にトレンド顔になれます。

茶色も他メーカーにくらべて明るめなので柔らかな印象や可愛いメイクにもぴったりです。

テクスチャーも柔らかくスルスル描けます。

<<Amazon>>

第8位 カラーを楽しめるキャンメイクのジェルアイライナー

アイライナーの定番カラーは、ブラックやブラウンです。日本人の髪の色や肌色にあったカラーですが、いつも同じカラーのアイライナーでは飽きてきませんか。

アート感覚でアイメイクを楽しめるコスメが「キャンメイクのジェルラインアーティスト」です。豊富なカラーでメイクを楽しめるし、描きやすいからアーティスト気分をあじわえます。

特徴

芯状になっているジェルアイライナーです。芯状になっているジェルアイライナーは、手元がブレにくくラインをひきやすい特徴があります。ジェルラインアーティストは直径2mmの細い芯なので、細いラインも楽に描くことができます。

目の際ギリギリにラインをひくことが難しいと感じたことがありませんか。そんな方も、細芯なら楽にアイラインをひけることでしょう。

また、芯は柔らかいので目元をこすって傷める心配が少ないです。

ヒアルロン酸配合で乾燥から守ります。

カラーは、ローズレッド、ブラック、ショコラブラウンの3種類です。

ローズレッドのアイライナーを見かけることは少ないのではないでしょうか。目尻やまぶたの下にさりげなく使うとおしゃれになります。カラーアイライナーを使うと、いつものメイクがちょっと変わって、メイクがいつもよりも楽しくなることでしょう。

使い方

まつげの間を埋めるように目の際にラインをひきます。ゆっくり描くと失敗が少ないです。目尻のラインを綿棒でぼかすと自然な仕上がりになります。

ローズレッドは部分使いするとおしゃれです。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 芯が細いのでラインをひきやすく、耐久性は問題ありません。ローズレッドはメイクの仕上げにポイント使いしています。赤系のアイライナーは時間が経つとくすんでしまうものがありますが、このアイライナーはきれいな発色が長持ちします。手ごろな価格でカラーアイライナーを購入できるのはうれしいです。
  • ジェルラインなので柔らかめです。柔らかいけれどグリグリと押し付けなくても発色がよいです。他のジェルアイライナーは芯が細いからなのか発色が悪く感じたのですが、キャンメイクのジェルアイライナーは欠点が見つかりません。買ってよかった商品です。
  • 芯の固さがちょうどよいです。柔らか過ぎるものだと描きにくいけれど、この固さなら描きやすいです。しかも、落ちにくくて汗をかいても大丈夫でした。ローズレッドはポイント使いするとよいそうですが、私はこれだけでラインをひいています。ブラックでラインをひくと目元の印象がきつくなってしまう人にはよいと思います。
  • 肌あたりが柔らかく、グリグリしなくても色がのり描きやすいです。スルスルと描けます。発色はよく、落ちにくいです。プチプラだからどうなのかなと思ったのですが、落ち着いた色合いで違和感がありません。いくつか色をそろえたいです。

カラーアイライナーを使うと、いつものメイクの仕上がりに違いが生まれます。キャンメイクのジェルライナーティスとは、柔らかめの細い芯で描きやすいジェルアイライナーです。

ローズレッドが用意されているので、いつものメイクにちょっと変化をつけることができます。いつものメイクにマンネリしてしまった方におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第7位 キャンメイクのクリーミータッチライナー

1.5ミリでウォータープルーフです。

柔らかで描きやすくて千円以下のプチプラなのでジェルアイライナーデビューのお試しにもおすすめです。発色がいいのでしっかりとしたラインも綺麗に引けます。

<<Amazon>>

第6位 簡単に描けてきれいが続くインテグレートのジェルアイライナー

アイライナーがかすれる、まつげの間をうまく埋められない、ハネが決まらない、こんな経験がありませんか。目元のメイクって難しいですよね。

自由自在にラインを描きやすいアイライナーが「インテグレートのスナイプジェルライナー」です。まつげ埋め込み、ハネあげ、繊細なラインも思いのままです。

特徴

肌に触れた瞬間にとろけるようなジェルライナーです。アイライナーがかすれてしまうと、まつげの間の埋め込みがうまくできないのですが、とろけるようなタッチならまつげの間も埋め込みも楽々です。さらに、滑らかな使用感なら肌を強くこすることがなく肌に優しいです。

ペン先は2mmと極細。細いペン先なら、ハネあげも繊細なラインも思い通りに描くことができます。アイメイクに自信がない方でも、簡単に描けると思います。

ジェルライナーは描きやすいという特徴があるのですが、落ちやすいという欠点もあります。しかし、インテグレート スナイプジェルライナーなら濃密なラインが長時間続きます。10時間仕上がり持続テスト済みです。

カラーはブラウンとブラックの2種類です。なりたいメイクのイメージや髪の色などに合わせて選べます。

使い方

まつげの際を意識しながらラインを描きます。ゆっくりとラインを描くと失敗しにくいです。ペンシルタイプのアイライナーで薄くラインをひいてガイドとしておくと、ジェルライナーをひきやすくなります。

ジェルライナーが乾かないうちに、綿棒を使って目尻をぼかします。

口コミ

とろけるリキッドジェルということで試してみましたがその名の通りスルスルと描きやすく発色も濃いです。コンビニでも買えるのでお化粧ポーチを忘れた日などの急に必要な時にも助かります。

滲みにも強いので脂汗をかきやすいエアコンガンガンの室内でも取れませんでした。

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 芯は柔らかくもありほどよい硬さもあり、ペンシルとジェルの中間といった使い心地です。ペン先がもろもろと崩れることはなく描きやすいです。ラインがガタガタになってしまっても、綿棒でぼかしてきれいに仕上げられます。もちがよくて1日中崩れることがありません。
  • ジャータイプのジェルライナーをこれまで使っていたのですが、このアイライナーを購入してからはこちらをずっと使っています。ジャータイプのアイライナーはコスパがよいのですが、際を埋められなかったり、ハネをうまく描けない点が欠点です。よいペンシルタイプのアイライナーがないかなと探していたときにこちらを見つけました。細かいところを描いたり、ハネを描いたりできます。折れないし、出し過ぎても戻るところもよいです。
  • マツエクでまつげが抜けてきてしまったので、まつげの間を埋めるために購入をしました。アイメイクが崩れやすいタイプで、リキッドアイライナーを使うと薄れてしまうのですが、このジェルアイライナーなら朝メイクをして夜までラインが残っています。ジェルなのでとっても描きやすいです。2mmという細さなので、まつげの間を埋めることができるし、ハネも描くことができます。

アイラインをひくのは難しいと思っている方におすすめが、インテグレートのスナイプジェルライナーです。とろけるような柔らかさで、まつげのすき間を埋め込んだり、ハネを描くことも簡単です。特別なテクニックは必要ありません。しかも、持ちがよいこともうれしいです。

10時間仕上がり持続テスト済みなので、アイラインがすぐに滲んでしまう方にもおすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第5位 デジャヴュのラスティンファインaクリームペンシル

ペンシルの形が楕円形なのでコツを掴むと太さの調節がしやすいです。

描き心地は非常に滑らか、発色もよく滲みにくく密着度が高いです。

本体が明るいグリーンなので急いでいる時にポーチの中で迷子にならずイライラしないのでおすすめですよ!

<<Amazon>>

第4位 ケイトのレアフィットジェルペンシル

極細の1.5ミリ、ウォータープルーフです。

とても柔らかい芯なのでスルスルと描けてまつ毛の間も埋めやすく目元が弱くても痛くありませんでした。

滲みにもかなり強く夕方でもお直し無しで大丈夫でした!色が濃過ぎないのでお仕事でも使えるナチュラルな仕上がりだと感じました。

<<Amazon>>

第3位 キングダムのジェルアイライナー

アイライナーの困るところがにじむことです。きれいに描けたつもりでも、時間が経つとにじんでパンダ目になってしまうことがありませんか。

海やプール、皮脂にもにじまないアイライナーが「キングダム ジェルアイライナー」です。12時間後でもきれいに残っています。

にじまずきれいが続く秘密

一般的なにじまないアイライナーはウォータープルーフ処方になっています。ウォータープルーフは水をはじく性質はありますが、皮脂をはじく力は高くはありません。そのため、海やプール、汗には強くても、皮脂でにじんでしまうことがあります。

キングダムのジェルアイライナーはWプルーフ処方。ウォータープルーフで海やプール、汗など水に強く、スマッジプルーフで皮脂にも強い特徴を持っています。だから史上最強にじまない。長時間きれいな状態を持続させます。

落ちにくいアイライナーはクレンジングのことが心配になりますが、通常のクレンジングで落とすことができます。

さらに、描きやすい特徴も。1.5mmの極細ペン先だから、まつげの間を埋めやすく、目尻や目頭も描きやすくなっています。初心者さんでも使いやすいデザインです。

そして、目元のことを考えて美容液成分を配合。シルク、ヒアルロン酸Na、スクワラン、カミツレ花エキスなど保湿成分が、まつげの根元からハリやコシを与えます。

カラーは漆黒ブラックとディープブラウンの2種類です。なりたい印象で選らぶことができます。

使い方

目頭から目尻に向かってラインを描きます。まつげの生え際を意識してゆっくりとラインを引いていきましょう。アイラインの外側を綿棒でぼかすと自然な仕上がりになります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 芯が細いので目の際までラインを描きやすいです。ジェルタイプは発色がよいところは気に入っているのですが、使いにくいと思っていましたが、これは滑らかで使いやすいです。芯が柔らかいので目の際も埋め込むように描けます。もちろん発色もよいです。
  • ジェルペンシルのアイライナーは芯が折れやすいので苦手でした。でも、キングダムのジェルアイライナーは芯が細いのに折れにくいです。こんなに細いのに折れないことに驚きました。なめらかにスーッとラインを描けて、目元のシワに引っかかりません。落ちにくいところも気に入っています。
  • 普通は皮膚との抵抗があってラインを描くとき痛いのですが、滑らかな使い心地で皮膚との抵抗を感じません。肌の体温でクリーミーに溶けていく感じです。ジェルだからにじむだろうと思っていたけれど、にじむことはありません。発色はばっちりです。久しぶりに驚いたコスメです。

ジェルアイライナーってにじみやすい欠点がありますよね。にじんで目元が汚くなってしまうことも。でも、キングダム ジェルアイライナーならWプルーフ処方で水にも汗にも強い性質があり、きれいな状態が長時間続きます。でもクレンジングを使えば落とすことができます。

さらに、ペン先が1.5mmと極細、クリーミーなタッチでまつげの際まで描きやすい特徴があります。にじまずきれいな状態を維持したい、滑らかな使い心地が好き、ジェルアイライナーは初心者、こんな人におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングダム ジェルアイライナー ディープブラウン
価格:1296円(税込、送料別) (2018/6/14時点)

 

第2位 するすると描きやすいベルサイユのばらのアイライナー

目元は顔全体の印象に大きな影響を与えます。だからこそ、アイライナー選びには気を使いたいものです。

目元のメイクは難しくありませんか。細かな部位に線を引きにくく、線が歪んでしまうことってありますよね。また、目元は乾燥しやすい部位なのでメイクをしている間の肌の乾燥も気になります。

描きやすいおすすめのアイライナーが「ベルサイユのばら オスカル ジェルペンシルアイライナー」です。オスカルのようなきれいな目元を目指しませんか。

特徴

きれいに線を描くには、ペン先が細いことと滑らかなか着心地が重要です。

ベルサイユのばらジェルペンシルは、ペン先の直径が1.5mmと極細なことが特徴です。まつげの間の埋め込みも目尻のハネも楽々。極細芯なら思い通りの線を描けることでしょう。

また、アイライナーの液を直接容器に充填する直充式を採用しているので、ペンシルとは思えない滑らかな使い心地です。ジェルのようにスルスルとした柔らかさがあります。

さらに、9種類の美容成分を配合しています。加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン、ホホバ種子油、オリーブ果実油、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油、カニナバラ果実油、シア脂がメイクしながら肌を守ります。

汗や水に強いウォータープルーフだからパンダ目になることを防ぎます。カラーはブラックです。

使い方

目尻から中央に向かって線を描きます。一気に描くのではなく、まつげの間を埋めるように少しずつ描いていきます。目頭から中央に向かって線を描き、最初に描いた線とつなげます。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 先が極細でするすると描けます。ペンシルタイプなのにペン先が柔らかいです。しかも、しっかりとつく。ウォータープルーフなのでクレンジングでは落ちにくいのですが、目元のメイクは落ちやすく直さなければならないこともあったので、落ちにくいことは助かります。
  • 伸びがよくするするーっと簡単にラインを引けます。ペンシルほど太過ぎず、リキッドほど細すぎず、ちょうどよい太さです。ペンシルとは思えないペン先の柔らかさもあります。ジェルアイライナーはパンダ目になってしまうのが悩みだったのですが、これはウォータープルーフなので落ちません。夜まで残っていてクレンジングで落ちるか不安だったのですが、アイメイク専用のリムーバーを使わなくても落とせました。
  • リキッドより描きやすくペン先が欲しく柔らかいので、するするとまつげの間を埋めることができます。ハネもすいすい描けます。初心者さんでも描きやすいと思います。ウォータープルーフだから、汗や皮脂に強い。手に書いて何度か洗ってみたけれど落ちませんでした。プチプラなのに大満足です。

目元のメイクって細かくて難しいですよね。メイク初心者さんだと苦労をするのではないでしょうか。楽々描けるおすすめアイライナーが、ベルサイユのばら オスカル ジェルペンシルアイライナーです。

ペンシルタイプなのにペン先が柔らかくするすると描ける特徴があります。だから、ハネも思い通りに。しかも、美容成分配合で目元のケアも。これまでアイラインを描くのに苦労をしていた方に特におすすめです。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

第1位 なめらかで描きやすい「資生堂のインクストローク アイライナー」

アイライナーをうまく使えない、きれいな色がない、こんな悩みがありませんか。目元は顔の印象に大きな影響を与えます。そのため、アイライナーをきれいに使えるかは顔の印象に大きな影響を与えます。

なめらかに線を描けるアイライナーが、「資生堂 インクストローク アイライナー」です。カラーバリエーションも豊富にそろえられています。

思い通りに描きやすい

思い通りにラインを描くためには、アイライナーがなめらかな必要があります。ファンデーションでも、固いテクスチャーのものは伸びが悪く肌に広げにくいですが、柔らかなテクスチャーのものなら伸びがよく肌に広げやすいですよね。

また、目元の皮膚は薄くデリケートなので、なめらかに線を描けないと肌をこすることになり負担になります。しかし、なめらかに描ければこする必要がなく、肌への負担が軽減します。

インクストローク アイライナーは、驚くほどなめらかなジェルタイプのアイライナーです。思い通りに描きやすいです。

さらに描きやすくするために、先が細いブラシがついています。国内外で高い評価を受けている広島熊野地方の筆を使用しています。太い線も細い線も大胆に描くことができます。グリップにカーブがあるので手で隠れてしまうことがありません。

そして、ウォータープルーフタイプです。汗や水に強く目元が汚れることを防いでくれます。

カラーは6色を用意しています。ツヤのあるブラックやみずみずしいパープルなど、さまざまなカラーを楽しめます。

使い方

中身をブラシにとり、容器のV字型の部分で量を調整し、ブラシを整えます。インクストローク アイライナーはV字型のくぼみがあり量を調整しやすいところが便利です。ブラシを寝かせて目頭から目尻に向かって線を描きます。最後にブラシを立ててまつげの間を埋めるように描き足します。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ジェルタイプのアイライナーは他のメーカーのものを使ったことがありましたが、私の肌には合いませんでした。でも、このアイライナーは肌トラブルを起こすことなく使えています。奥二重でかぶさる瞼にアイライナーがつき、まぶたに滲んでしまうことがあったのですが、このアイライナーは瞼がにじみません。汗や皮脂に強いから夏場でも大丈夫そうです。
  • 容器の真ん中にブラシをしごく部分がついていて素晴らしい。こんなの見たことがありません。容量がたっぷりあって、ペンタイプのアイライナーと違って色が出なくなることもないし、少しずつ筆にとって描けるところがよいです。色落ちしないけれど、クレンジングできれいに落とせました。
  • ジェルタイプのアイライナーにはいい思い出がないのですが、資生堂さんの商品は色がよいしテクスチャーも抜群によいです。思い通りに描きやすいです。付属の筆は太さも濃さも調整しやすいです。

目元は顔の印象に大きな影響を与えるので、顔の中でも目立つ目元のメイクの仕方は印象を大きく左右します。

インクストロークアイライナーは、なめらかなテクスチャーで描きやすいアイライナーです。付属の筆を使うと思い通りに線を描くことができます。アイライナーを使うのが苦手な方におすすめです。

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

ワンポイント!

ジェルアイライナーの利点は密着度と落ちにくさです。しかしその利点ゆえクレンジングはきちんとしないと落ちません。

アイメイクリムーバーを使えば綺麗に落ちるので専用の物を使ってクレンジング前に落としましょう。特にまつ毛のキワ、下瞼などが残りやすいのでコットンを使って丁寧に落としてくださいね。

以上、いかがでしたか?

ペンシルとリキッドのいいとこ取りのジェルアイライナーで魅力的な目元を演出してみましょう。黒だけではなく、トレンドの赤やネイビーなどもジェルなら描きやすく落ちにくいので挑戦しやすいんです。

お財布に優しいプチプラで数色揃えて新しい自分を発見してみてくださいね!

関連記事:

落ちない!描きやすい!おすすめアイライナーランキング2019

2018.06.07

スポンサーリンク