2019年流行り(トレンド)眉毛はハンサム眉!書き方やメイクのコツ

メイク

今年は、どんなメイクがトレンドなのでしょうか?

昨年に引き続きすこしくすみがかったスモーキーカラーも人気ですが、今季は特にハンサム眉と言われるペンシルで描き過ぎない自然な眉がトレンドになっています。

ナチュラルメイクは、男女問わず人気のメイクですが今年は、少しトレンドを意識したハンサム眉に挑戦してみましょう。

美しい眉を描く

眉というたったひとつのパーツが崩れるだけで、お顔全体が締まりのない失敗メイクに感じられてしまうほど、眉はメイクの重要なポイントです。

左右対称にすることが難しく、パウダーやリキッド、ペンタイプなど様々なアイテムの中から最良を選びださなくてはならず、誰でも一度は眉メイクに挫折を経験したのではないでしょうか。

  1. まずは自分の眉の形をじっくり観察しましょう。
  2. そして理想とする眉の輪郭を描いてください。

面倒だからと言って、なんとなくな形を描いてはいけません。鼻と目のラインの延長線を結んだ理想の眉の形をしっかりと描きます。そこへ特徴を活かしたアイテムで、眉を作っていきます。

慣れない内は面倒な作業に思えますが、眉が綺麗に描けていると、メイク全体のバランスがとてもよくなります。プロ級の仕上がりに近付ける為に、時間は必要です。

次から各アイテムがどんなメリット、デメリットを持っているのか知って、自分に合ったアイテムを見つけてみましょう。

眉メイクのアイテムにはパウダー、ペンシル、リキッド、眉マスカラがあり、複数使用することで立体感や本物の眉らしさを演出することができます。

パウダー

3色セットでブラシ付きのものが多いです。実はメイク初心者や不器用さんには特にオススメのアイテムです。3色の内、使用するのは濃い方から2色。眉に濃淡を付けることで、海苔のような眉になることを避けます。

一番薄い色はノーズシャドウに使え、より彫りの深いお顔にすることができます。

ペンシル

芯を削るペンシルや繰り出し型、パウダーチップが付いたものなどたくさんの種類があります。最大のメリットは、眉一本ずつを描けるということです。

力加減、ペンの向きなど慣れるまで扱いが難しく、慣れないとのっぺりした海苔眉になりやすいアイテムでもあります。芯や必ず尖らせてから使いましょう。眉毛一本ずつが極太では様になりません。

リキッド

眉無しさんには特にオススメアイテムがリキッドタイプのアイテムです。軽いタッチで描ける上に、色はほんのりと薄く付きます。その仕上がりは本物の眉と遜色がありません。

リキッドの仕上げにパウダーを使うと、より綺麗に本物の眉のような仕上がりになります。

眉マスカラ

眉の色は、基本的には髪と瞳の色の中間色と言われていますね。髪はカラーリングで様々な色に変えますが、眉までカラーリングする人はあまり多くないでしょう。

そこで地眉の色を簡単に変えてくれるのが、眉マスカラです。眉メイクの色と同じ色味の眉マスカラを用意し、地眉にさっと塗ります。それだけで眉のバランスが整い、垢ぬけた印象を与えてくれます。

眉マスカラは地眉がしっかりと生えている人向けのアイテムです。眉無しさんにはオススメできません。

各アイテムがどのように使えるのかを知ったら、次は実践の眉メイクでの注意ポイントです。

形が定まらない、色が濃くなりすぎるのは鏡が近いからかもしれません。

眉メイクをしている時、思わず間近で鏡を凝視して、眉しか目に入っていないことはありませんか?眉というパーツしか見えていないと、思わぬ形になってしまったり、濃くなりすぎることがあります。何度か色をのせたら、お顔全体が見えるくらいに引いて確認します。そうすると、描きあがった眉がおかしいということを防げます。

「何度描いてものっぺりした眉になるのは、全体を均一に塗っていませんか?」

眉は黒目の上が一番濃くなり、眉頭と眉尻は中央よりも薄くすることが基本です。こうすることでバランスのとれた眉に仕上がります。最初から色を薄く描くよりも、描きあがった後でスクリューブラシでぼかす方が綺麗に仕上がりやすいです。

「ペンシルやリキッドで上手く色が付かない時は、地眉が邪魔をしていませんか?」

コツは地眉の毛の流れを整えておくことです。スクリューブラシで地眉の毛の流れを整えると、ペンシルの先がお肌に届きやすくなります。さっと一秒でできる工程なので、省略せずにやってみてください。

お顔全体のバランス、メイクの良し悪しを決める眉パーツには誰しも時間と情熱をかけています。新作アイテムや季節ごとの流行色などを取り入れて、知的な自分、愛らしい自分など様々な自分を演出してみましょう。

書き方

具体的には、全体的に太めでボリュームのある眉が特徴です。かといって手入れしていない眉毛ではなく、もともとの形を生かしながら太さも大切にした眉になります。

足りない部分をペンシルやアイブロウで書き足す程度でOKです。

もともとの眉の形を生かしたハンサム眉は、少しきりっとした印象になるのでリップやチークを使い女性らしく仕上げるのがポイントです。

オレンジ系やピンク系の明るい色を取り入れるとより今年らしいトレンドメイクに仕上がります。

また、カラーはいつもの眉よりもワントーン明るい色を選ぶことで重くなりすぎずオシャレなナチュラルメイクを楽しむことができます。

今年トレンドのふんわり平行太眉

顔のなかでも、トレンドが表れやすいパーツである眉毛。しかしそれは、裏を返すと「眉毛さえ押さえておけば、今っぽい顔に近づける」ということでもあります。

そして、現在のトレンド眉といえば、なんといっても「ふんわりとした平行太眉」。こうした形の眉は、今っぽい顔に近づけるだけではなく、優しく、可愛らしい雰囲気に見えるといったメリットがあります。

そこで今回は、このようなトレンド眉に挑戦してみたい方へ向けて、のっぺりとしない描き方のコツや、さらにおすすめのアイブロウアイテムについても、ご紹介いたします!

さて、ふんわりとした平行太眉を作るにあたってポイントとなるのが、「パウダーアイブロウ」を使うことです。アイブロウペンシルよりも、柔らかなテクスチャをしたパウダーはぼかしいらずで簡単に、ふんわりとした眉を描くことができます。

しかし、パウダーにもデメリットはあります。それは「描線が太く、さらに陰影が付けづらいため、のっぺりとしがち」なこと。したがって、こうしたデメリットを補うためにも、ペンシルの併用は欠かせません。

その併用方法を、具体的に挙げましょう。

まずは「眉山から眉尻にかけては、ペンシルで描く」こと。

こうした眉の終わり部分が、シャープに決まっていると顔全体が、グッと引き締まった印象になります!さらに、眉頭をパウダーで描き足した場合には、描き足した部分と自眉毛の境目をペンシルで馴染ませるように埋めると、より自然な眉になります。

なお、ペンシル自体の使い方としては輪郭をとって塗りつぶすのではなく「1本1本、眉毛を生やす」ように描きましょう。すると、立体感が出しやすいため、おすすめです。

また、そうした立体感は、自眉毛の流れでも表現できます。より具体的にいうと「アイブロウコートで毛束感を作る」のが、それに当たります。本来は、眉を長持ちさせるために使うアイブロウコートですが、ペタッと均一に塗るのではなく、「根元から毛先にかけて、毛流れを整えるように塗る」と立体的にコーティングできるうえに、色落ちも防げるため、一石二鳥です!

このように、のっぺり感を避けるには複数のアイテムを使い分けることが、カギとなります。

とはいえ、それぞれを別に所持しているとポーチがかさばりますし、紛失しないか気を使ってしまいますよね。

エクセルのパウダー&ペンシルアイブロウEX

そこで、おすすめしたいアイブロウアイテムが「エクセルのパウダー&ペンシルアイブロウEX」です!これはパウダーとペンシル、さらにスクリューブラシが一体となった、優れものです。

また、カラーバリエーションも全8色と豊富ですが、薄付きであるため濃さを調節しやすく、ふんわりとした平行太眉を作るのに向いています。

<<Amazon>>

キャンメイクのラスティングマルチブロウコート

そして、立体感を出すために持っておきたいアイブロウコートでは、「キャンメイクのラスティングマルチブロウコート」がおすすめです!

これは、パウダーやペンシルのみならず、リキッドや眉マスカラを含めた、すべてのアイブロウに使えるコート剤ですが、特筆すべきは、その「落ちづらさ」。

なんとスポーツをして大量に汗をかいても、眉は無事に残っているというプチプラながらも圧倒的な性能を誇ります!

<<Amazon>>

また、どちらもドラッグストアや雑貨店で、気軽に購入できるところもおすすめできる理由の一つです。

トレンドが表れやすい眉毛を整えるためには「こまめな情報のアップデート」が大切となります。そしてこの記事が、そうした情報の一助となれば幸いです。

ポイント!

眉毛は、お顔の中でも最も印象づけるポイントになるのできちんと手入れをしておく必要があります。

無駄な眉毛はカットし、もともとの形を生かしながら綺麗に整える必要があります。そのためには、眉だけでなくお肌全体もしっかり綺麗にしておきましょう。普段の洗顔や化粧水を使って保湿すること、乾燥を防ぎいつでもキレイなお肌にしておくとよりハンサム眉がひきたちます。

全体的にお肌が白く透き通っている方は、黒眉が似合いますし日焼けして元気なイメージのお肌の方はブラウン系が似合います。お肌の色に合わせてどんなカラーを使うのか?こちらも色々試しながら自分に似合うハンサム眉をつくってみましょう。

そして眉が完成したら、今度はアイメイクです。

今年はナチュラルメイクの中でも、立体感のあるマットメイクが人気です。アイラインをしっかりいれ、シャドーでぼかしをいれるスモーキーメイクも昨年から引き続き人気ですがどちらもポイントは、しっかりとしたアイメイクにすることです。

ハンサム眉は特に、自然な仕上がりになるのでアイメイクは必須です。ハンサム眉だけでアイメイクをしないと、どこかキツイ印象になってしまうので全体的にハンサム眉の時は、アイメイクをしっかりしてチークとリップで明るめのカラーを取り入れることを忘れないでください。

女性らしさを出しつつ、ナチュラルな印象に、清潔感のある素敵なメイクで今年はお出掛けしてみてはいかがでしょうか?

今年のトレンドが気になる方、どんなメイクに挑戦しようか迷っている方、いつもと違ったちょっとおしゃれを楽しみたい皆さん、是非ハンサム眉でお出掛けしてみましょう。

ファッションに合わせて、メイクもクールにするのかエレガントにするのかその日の気分に合わせて是非楽しんでみてください。ハンサム眉は、女子同士でお出掛けする時におすすめです。デートや旦那様とのお出かけの時は、可愛らしくよりガーリーに仕上がるようにカラー選びも工夫してみてください。

カジュアルなスタイルにハンサム眉でヒールを合わせたらクールで素敵な大人の女性スタイルの完成です。是非、試してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

美しい眉毛を作るお手入れ方法と書き方・アイブロウメイクのやり方

【美しい眉毛を作る眉メイクのやり方】コンシーラーを使った意外なメイク方法とは

【シュウウエムラのアイブロウブラシの口コミ】眉を美しく描けます!

おすすめパウダーアイブロウと人気のプチプラアイブロウペンシルで自然な眉毛に!

眉毛にクリアマスカラ!?プチプラではセザンヌが人気!口コミや使い方は?

ティントコスメの種類は?眉とリップのティントメイクの使い方や失敗談

スポンサーリンク