40代女性におすすめ!アスタリフトの人気コンシーラーのシミ効果と口コミ

40代になり、シミが増えて濃くなりそれが気になって悩む女性は多いです。濃くて大きなシミがあると、すごく嫌になりますよね。

ファンデーションを厚塗りして隠そうとしてもシミをしっかりとカバーできなかったり、厚化粧になって老け顔になってしまうこともあります。こんな状態だと毎朝メイクをすることが嫌いになってしまいます。

シミを隠すメイクアイテムとして有名なのは、コンシーラーです。コンシーラーを使ってもシミがうまくカバーできないと悩んでいる女性は、選び方に問題があるかもしれません。

濃いシミをカバーしたい時、使っているファンデーションよりも明るい色を選びがちですが、ファンデーションと同じかそれよりも暗い色を選ぶ方がさらに上手にシミをカバーできますよ。

コンシーラーには、色々なタイプがありますよね。スティックタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、ペンシルタイプに分けることができます。コンシーラーはスティックタイプを使っている人が多く、とても人気があります。

スティックタイプのコンシーラーは、高いカバー力があります。固めのテクスチャーなので、肌への密着度が高く濃いシミをカバーしたい人には非常に向いています。細身なので持ち運びが楽ですし場所を取りません。指でポンポンとシミに塗ったり、直接使うこともできるので気軽です。

濃いシミをカバーしたい人は、色は少し暗めで固いテクスチャーのスティックタイプのコンシーラーを使いましょう。私は目元に大きな濃いシミがあり、ずっとカバーできずに悩んでいました。しかしあるメイクアイテムを見つけてからは、そのシミが気にならなくなりメイクの時に憂鬱な気持ちになることがなくなりました。

その商品は、「アスタリフトのライトアナライジングメラノレタッチコンシーラー」という商品です。今はこれが手放せません。気になる目元の大きなシミにクリクリっと直接塗りこむと、今までカバーできなかったシミがわからなくなりびっくりしました。けっこう軽く塗ってもカバーできるので、すごいなと思いましたね。

このライトアナライジングメラノレタッチコンシーラーは、光をコントロールすることでとても自然にしっかりとカバーしてくれる商品だと知り買いたくなりました。実際に使ってみると、本当に自分の顔が好きになりましたね。

いつも目元にある大きなシミを見ると落ち込んでいたのですが、このシミがカバーされることで明るい気持ちになりました。夕方になっても浮いてきたりメイクが崩れてシミがわかるようなこともなく、夜まで安心することができました。

フィット感、カバー力、どれも素晴らしいなと感じたので、もし濃いシミをカバーできなくて悩んでいる女性がいたらぜひ使ってほしいですね。厚塗り感を感じないところもとてもいいなと思って使っています。

40代以降の女性でファンデーションでシミをカバーできない人、コンシーラーを使っているのにあまり満足できていない人には、アスタリフトのライトアナライジングメラノレタッチコンシーラーをおすすめしたいですね。今まで使ってきたコンシーラーのなかでは一番綺麗な仕上がりになると私は思ったので、きっと満足していただけると思います。

アスタリフトのライトアナライジングメラノレタッチコンシーラー

コンシーラーでシミをカバーするには高度なテクニックが必要、こんなふうに思っていませんか。

高度なテクニックは不要で気になるシミをカバーするコスメが「アスタリフトのライトアナライジングメラノレタッチ コンシーラー」です。肌を均一に整えて自然にカバーをします。

薄つきなのにカバー

シミをカバーしようとしたら厚塗りになった経験がありませんか。厚塗りになるとその部分だけ反って目立ってしまうし、ヨレて崩れやすくなります。

シミを上手にカバーするには、薄つきにすることがポイントです。

ライトアナライジングメラノレタッチコンシーラーは、薄つきなのにシミをカバー。光をコントロールをして均一に整えて、自然とカバーをするのです。

そして、高い密着力もシミをカバーするために大切なことです。密着をすることで自然に肌となじんで、高いカバー力を発揮します。

ライトアナライジングメラノレタッチ コンシーラーはさらっとしているのに密着をして、ヨレや崩れのない仕上がりに。滑らかな均一な肌へと整えます。

カラーは1種類なのですが、このカラーは肌解析データをもとにシミとシミのない肌をのバランスをとる絶妙なつなぎ色をしています。カラーバリエーションが豊富だと自分に合った色を見つけられそうですが、カラーが豊富すぎるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。しかし、1色なら選ぶことに迷わないし、絶妙なカラーが研究されているのでさまざまシミをカバーします。

うるおい成分のアスタキサンチン、水溶性コラーゲン、ビタミンC誘導体、アロエベラ葉エキスを配合しています。コンシーラーを使った部分だけ乾燥するといったことを防ぎます。

使い方

リキッドファンデーションの場合はその後に、パウダーファンデーションやクリームファンデーションを使う場合はその前に使用をします。

スティックを直接肌に当てて、シミよりもひとまわり大きめに塗ります。指またはスポンジを使って、コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の境目をぼかします。シミの部分をこするのではなく、境目をぼかしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • いろいろなメーカーのコンシーラーを使ってみて、このコンシーラーに落ち着きました。テクスチャーは固めですが使いやすく、ムラにならずうまく隠せます。ビタミンC誘導体が入っているからなのか、シミが濃くなることがなくて助かっています。
  • カバー力があって使いやすいです。ファンデーションを使うと能面みたいになってしまうので、隠したい部分だけカバーできるものを探していました。スティックタイプでピンポイントで使えるので、朝のメイクの時間短縮ができました。色は一色ですが肌になじみます。乾燥することなくつけている感のない自然な仕上がりです。

シミをカバーするには、コンシーラーをピンポイントで使うことがおすすめです。ライトアナライジングメラノレタッチコンシーラーは、カバーしたい部分だけに使って自然と隠せるコンシーラーです。

カラーは一種類ですがさまざまなシミをカバーするカラーが考えられていて、色選びに迷いません。色で失敗してしまう方もテクニック要らずでカバーできることでしょう。

<<Amazon>>

関連記事:

優しいカバー力が続く!ベアミネラルのコンシーラーの口コミと使い方

2018.11.09

クマのカバー力が人気のコンシーラー「ケサランパサランのアンダーアイブライトナー」の口コミと使い方

2018.10.15

クレドボーテのコンシーラー「コレクチュールヴィサージュ」の口コミ

2018.09.26

くま,シミ,赤みを隠す人気のプチプラコンシーラーランキングと選び方2019

2018.08.27

【ニキビの赤みを化粧(メイク)で消す】グリーン色のコンシーラーがおすすめ

2018.08.16

クマ,そばかす,くすみ,シミ,ニキビを隠すコンシーラーの正しい使い方

2018.06.22

目のクマや毛穴のカバー力が人気!おすすめコンシーラーランキング2019

2018.04.19

スポンサーリンク