CCクリームのみで仕上げるナチュラルメイク派におすすめのプチプラブランド2019

メイク

最新のトレンドメイクは下地のみで仕上げる「Raw beauty(ロービューティー)」が流行しています。

ローとは英語で生のという意味があります。つまりロービューティーとは、あまり手を加えないベースメイクの事を指します。

ローフードだけではなくメイクの世界にまでローが浸透してきているんですね。最近はベースメイクの見直しがトレンドになっているんです。

そこでおすすめしたいのが簡単に流行の肌になれるCCクリームです。

BBクリームとの違いがわからない、たいして何も変わらないんじゃないの?と思った人必見の旬な肌を作り上げるCCクリームのお話とおすすめブランドをご紹介します。

CCクリームについて

ここでやはり気になるのがBBクリームとの違いですよね。

簡単に言えばBBクリームはカバー力重視のオールインワンファンデーション、CCクリームは色補正重視のオールインワンコントロールカラーです。

一般的に言われているCCクリームの由来は「Control Cream」の頭文字と言われています。BBクリームでは質感が少し重すぎる時やナチュラルメイクに仕上げたい時などはCCクリームが活躍します。

特に近頃はあえて肌のアラを隠さずコントロールカラーのみで肌を作る「Raw skinロースキン」がファッションショーのランウェイでも流行しており雑誌でも取り上げられているほどナチュラルメイクに注目が集まっています。

今はカバー力よりもナチュラル重視が流行なのでCCクリームが旬なのです。

20代30代でもCCクリームで大丈夫?

10代のように素肌だけで勝負できないのに薄づきなCCクリームで大丈夫?と心配になりますよね。

光と色でコンプレックスを気にさせない優秀CCクリームを使えば大丈夫です。逆にカバーしすぎるとやりすぎ盛りすぎメイクになってしまうので一昔前のメイクになってしまい男性受けも悪くなります。

CCクリームなら、好印象で清潔感と透明感のあるナチュラルな肌になれますよ。

CCクリームの使い方

ブランドごとに多少の違いやカバー力の大小はありますが、基本的にオールインワンなので、これだけでOKです。薄づきなのでBBクリームやリキッドファンデーションよりも少し多めに塗っていきます。

鼻、おでこ、両頬、顎にパール粒程度を乗せたら外側に向かって塗り込みます。余分なクリームをティッシュオフします。

これだけでおしまいです!簡単ですね。

ここでもうワンランクアップの使い方を伝授。

崩れにくくするために上からルースパウダーを重ねてみましょう。ふんわりとした優しい質感の中にも内側から発光するような魅力的で健康的なツヤ肌になれます。

いつものファンデーションを使いハイライトとして頬、おでこ、目の下、顎にのみCCクリームを使う方法もあります。

CCクリームのパール感とコントロールカラー効果が自然な彫りを演出してくれますよ。

プチプラでおすすめのCCクリームブランド 8選

メイクはしたいけど、できるだけきれいな素肌美人に見えるように仕上げたい、と思っている人に便利なアイテムがあります。近年、人気になっているのがCCクリームですね。CCクリームとは、Color Controlの効果をもつクリームです。

CCクリームには、一般的には化粧下地とコントロールカラーの効果があります。特にくすみや色ムラやシミをカバーして、透明感のある肌に整えてくれる効果が嬉しいですね。

ただアイテムによってはファンデーションの効果を持っていることもあります。手軽に1本で済ませたい人は、ファンデーションの効果を持つアイテムを選びましょう。

CCクリームは保湿力があり、素肌っぽい仕上がりになるので、ナチュラルな美肌メイクにしたい人にぴったりのアイテムです。いかにも塗っている感じがでないし、ふんわりきれいな色合いに見えるので、とてもきれいな肌と思ってもらえますよ。

BBクリームがファンデーションの機能を持ち、カバー力に優れているのに比べて、CCクリームはコントロールカラーとしての効果が高く、軽めのテクスチャになっている点が特徴です。CCクリームのカバー力は、BBクリームほど高くないので、肌の悩みをしっかりカバーするには、BBクリームのほうが適しています。

メイクの前にスキンケアで保湿しておきましょう。順番としては日焼け止めを塗ってからCCクリームを塗って、そのあとにファンデーションを使いましょう。仕上げにフェイスパウダーをつけると、崩れにくくなります。

CCクリームの適量は、パール粒1つ分くらいが目安になります。手の甲にCCクリームを取ってから、額と両頬、鼻とあごの5か所につけます。顔の中心から外側に向かって、指で広げます。中指と薬指を使うといいですね。小鼻や目の周りには丁寧に塗ります。全体に塗ってから、スポンジを使って優しくなじませます。小鼻などヨレやすい箇所は、特に丁寧にスポンジで押さえておきましょう。

CCクリームを塗ったあとに、リキッドファンデーションまたはパウダーファンデーションを使います。よりナチュラルに仕上げたい場合は、ファンデーションを使わずに、フェイスパウダーをのせておきましょう。

休日はCCクリームとパウダーだけで手軽にすませ、仕事がある日はCCクリームのあとにファンデーションを使う、といったオンオフの使い分けができます。メイクの方法にメリハリをつけて、時間を上手に使うことができますね。

プチプラでも使いやすいCCクリームは多く出ています。スガオのエアーフィット CCクリームなら、素肌っぽい自然な仕上がりにすることができます。

CCクリームを使うことで、肌の色ムラをカバーして、色味を整えることができます。厚塗り感のないきれいな仕上がりを好む方に、CCクリームはおすすめです。

①ナチュラグラッセのメイクアップクリームN

ブルーライトまでカットしてくれるCCクリームです。薄づきですがラメが適度に入っているので光補正でとても綺麗な素肌のような肌になれます。保湿力もかなりあるので乾燥もせず軽い着け心地で化粧くずれしにくいCCクリームです。

ナチュラルメイクが好き、1本できれいにメイクをしたい、ツヤ感が欲しい、こんな方におすすめの化粧下地が「ナチュラグラッセ メイクアップ クリームN」です。

これ1つに5つの機能を備えています。さらに、潤い成分配合なので乾燥が気になる方にもおすすめです。

潤いキープ・ナチュラルな仕上がり

ナチュラグラッセ メイクアップ クリームNは、潤いをキープしてナチュラルな仕上がりにしてくれます。その秘密は3つあります。

①1つめは、光を操ることです。

光の拡散とソフトフォーカス作用で、毛穴や肌の凹凸をムラなくカバーをします。さらに、2つのパウダーがツヤ感を演出。ファンデーションをつけなくても美しい肌を実感できます。

②2つめは、伸びがよくフィットすることです。

水分と油分をバランスよく配合することで、伸びがよく軽い使い心地を実現しています。広がりやすいのでムラなく均一に伸ばすことができます。伸びがよくてもべたつきません。

③3つめは、高い保湿力です。

高い保湿力で潤いをキープするサチャインチ、潤いをつかんで離さないゼニアオイ、必須脂肪酸のオメガ3、ビタミンEを配合しています。高い保湿力がある成分を配合することで潤いを長続きさせます。潤いキープ力で乾燥によるヨレを防ぎます。

ナチュラグラッセ メイクアップ クリームNには、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容液、ブルーライトカットの5つの働きがあります。SPF44、PA+++、2つのカラーが用意されています。石けんで落とすことができるので、メイクを落とすときの肌への負担が少ないです。

使い方

適量を手に取り、手またはスポンジで顔全体に広げます。両頬、額、鼻、あごの5か所にクリームを置いたら、ムラなく均一に顔の中心から外側に向かって広げていきましょう。

力を入れると肌をこすってしまい肌の負担になります。伸びやすいので力を入れる必要はありません。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • パールが入っているのでツヤ肌を演出でき、上品な明るさが生まれます。保湿力が高いですがべたつくことはないので、ファンデーションを使わなくてもテカることがありません。ツヤ感が好きならこれだけでもきれいにメイクできます。
  • カバー力が物足りないのでコンシーラーも使っています。でも、乾燥しないところは気に入っています。メイクをしていても乾燥しにくくなり、血色がよくなりました。冬もこれがあれば大丈夫そうです。
  • シャンパンベージュを使用していますが、ツヤ感があってきれいな仕上がりになります。ナチュラルな仕上がりなのでこれだけでは物足りない方もいるかもしれませんが、私はこのナチュラルな感じが好きです。毛穴の開きも黒ずみもムラなくカバーしてくれます。カバー力があり乾燥するのではないか心配でしたが、肌の潤いが続きます。

ナチュラルメイクが好き、1本でメイクをしたい、乾燥が気になる方におすすめの化粧下地が、ナチュラグラッセ メイクアップ クリームNです。

ソフトフォーカス作用や2つのパールの働きでツヤ感を演出。保湿成分配合なので潤いが続きます。ナチュラルな仕上がりですが、ツヤのある上品な肌に近づきます。

⇒公式ホームページ:【nature’s way】オーガニック化粧品通販サイト



②SK2のアトモスフィアCCクリーム

伸びがよく程よいカバー力があるので大人のアラも隠してくれます。流行のツヤ肌が簡単に出来て肌がパッと明るくなります。CCクリームなのでもちろん日焼け止め効果も高く時短メイクなのにきちんと肌が完成します。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

③シャネルのCCクリームN

保湿効果がかなりあるので崩れやすいと思いきやとても崩れにくいので化粧直しが出来ない日などにおすすめです。伸びがかなりいいので少量で済むこととオールインワンで下地もいらないことを考えると6千円越えの価格もコスパがいいですよね。

CCクリームの中でもカバー力がある方なのでこの上にルースパウダーを乗せたら完璧なお肌になります。大人の気になる部分を隠してくれるCCクリームです。

<<Amazon>>

④ケイトのシークレットスキンCCベースゼロ

プチプラなのに優秀なCCクリームです。ピンクと緑の正反対な2色展開なのでイエローベースの人もブルーベースの人も色選びが簡単です。カバー力よりもコントロールカラー寄りなので肌の色が均一に整います。

<<Amazon>>

⑤ディオールのスノーブライトニングフレッシュCCクリーム50

特に紫外線から守る効果が強いタイプのCCクリームです。伸びがよく水分が多い印象の付け心地です。シャネル同様外資のデパコスのCCクリームは適度なカバー力と抜群の保湿力があります。かしこまった場所にも使えるCCクリームです。

<<Amazon>>

CCクリームを塗る時のポイント!

手で馴染ませるのが1番です。小鼻や口角はスポンジの角を使って塗るとムラになりにくく綺麗に仕上がります。

上から塗るパウダーファンデーションやルースパウダーはあくまでも崩れ防止程度にファンデーションブラシなどを使って薄く塗りましょう。

厚塗り感が出ないよう意識しながらメイクすることがポイントです。

⑥コスメテックジャパンのCover Lab CCクリーム

ニキビ跡・くすみ・クマなどが気になる、ナチュラルにカバーしたい、UVケアもしたい、そんな方におすすめが「Cover Lab CCクリーム」です。

くすみや色ムラを補正、毛穴をカバーして、滑らかな肌に整えます。1本7役なので時短メイクにもおすすめです。

4つのポイント

①カラーコントロールパール配合

くすみ・クマ・ニキビ跡などは、カバーするために最適なカラーがあります。Cover Lab CCクリームは3色のカラーパールでくすみやクマなどをカバーします。

レッドパールは黄ぐすみや疲れた肌色を補正、ブルーパールはニキビ跡や赤みを補正、イエローパールは青クマや青ぐすみをカバーします。

②凹凸補正パウダー配合

毛穴を埋めてカバーをする凹凸補正パウダーを配合しています。毛穴レスな肌に仕上げます。

③光拡散パウダー配合

光を拡散して小ジワをカバーする、光拡散パウダーを配合しています。立体的に見せる働きもあり、ナチュラルな仕上がりになります。

④スキンケア効果

ヒアルロン酸とコラーゲン配合で肌の潤いを守ります。メイクしながらスキンケア効果が。SPF45・PA+++で紫外線をカット。汗や水に強いウォータープルーフ処方です。

1本で7役、カラーコントロール、ファンデーション、コンシーラー、UVカット、化粧下地、クリーム、美容液の働きをこなします。これだけでベースメイクが完成するのに、肌色を補正して毛穴の目立たないナチュラルな肌に仕上げるCCクリームです。

使い方

洗顔後に化粧水で肌を整えてから使用をします。

適量を手に取りだし、顔の内側から外側に向かって伸ばします。つけ過ぎると崩れの原因となるので、べたつかない程度の量を使用してください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • お手頃価格なのにカバー力が抜群です。くすみやシワがわからなくなります。テクスチャーは柔らかすぎず固すぎず、伸びがすごくよいです。ウォータープルーフなのに、付け心地は重たくありません。7つの効果が期待できることも素晴らしいです。
  • 1本で7つの働きがあるので時短メイクができてうれしいです。クリームの伸びがよいのですが、毛穴、シミ、くすみをしっかりカバーしてくれるので、これ1本でベースメイクが済んでしまいました。しかも、SPF45・PA+++でウォータープルーフなのに重たくなく、上からパウダーを叩くといつものベースメイクとほとんど変わらない仕上がりです。ベースメイクにかかる時間がいつもの半分になりました。
  • 付け心地が軽いのにカバー力がバッチリです。高価なBBクリームなどを使ってもテカっていたのですが、このCCクリームはきれいに仕上げてくれます。コンシーラーが必要だったのですが、コンシーラー要らずで済みました。日焼け止めの上にこれを塗って、その上からパウダーを使ってベースメイクが完成。それだけでもきれいに見えます。

CCクリームは1本でいくつもの働きを持つので、時短メイクしたいときにおすすめです。時短メイクというと手抜きなイメージがありますが、Cover LabCCクリームは、色ムラやくすみ、毛穴のカバーをして毛穴レスな肌に整えてくれます。

ナチュラルにカバーしたいときにおすすめです。

<<Amazon>>

⑦SUGAOのAirFit CCクリーム スムース

 

素肌本来の美しさを引き出してくれるコスメが「SUGAOのAirFit CCクリーム スムース」です。ふんわり軽い使い心地のクリームが毛穴や凹凸をカバーして、透明感のあるナチュラルメイクに仕上げます。

おすすめポイント

SUGAOのコスメは軽い心地が特徴です。軽い使い心地の秘密はエアーフィット処方にあります。肌に伸ばすと含まれる油分の多くが揮発をしてさらっとした肌に。油分独特のべたット感がありません。

また、通気性に優れているので皮脂と混ざりにくく、肌は快適な状態に。時間が経っても崩れにくく、セミマット肌が続きます。

ソフトフォーカス効果で光を反散乱させて、毛穴や凹凸を自然にカバーします。光を使うことでナチュラルなカバー力を発揮します。シリコンが肌の凹凸にフィットをするので、肌表面は滑らかな状態に整います。また、シリコンによってクリームの肌への伸びが滑らかになります。

化粧下地・ファンデーション・パウダー・日焼け止めの働きがこれ1つです。これだけでメイクを完成させられるのでメイク時間の短縮。SPF23・PA+++、香料・アルコールは無添加、パッチテスト済みです。

薄膜を形成してすぐにサラサラに変化。ヨレや崩れを防いで、素肌がきれいであるかのような透明感のある肌へと仕上げるCCクリームです。

使い方

洗顔後、スキンケア化粧品がよく乾いてから使用をします。適量を手に取りだし、顔の中心から外側に向かって均一に広げます。1本4役なのでこれだけでもメイクは完成です。下地クリームとしても使用できます。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 意外にも凹凸をカバーしてくれました。これまでは化粧下地、ファンデーション、お粉の3品でメイクをしていたのですが、どうしても厚塗り感がでてしまいました。ところが、これとお粉だけでメイクをしてみると「若く見える」と褒められました。CCクリームとしては低価格なので期待していなかったのですが、予想以上の商品でした。
  • スルスル軽い使い心地なのにカバー力があります。毛穴が隠れて肌のアラをきちんと隠してくれます。塗ってます感がなくてきれいです。ファンデーションよりも断然軽いです。この値段で満足できる仕上がりとはすごいです。ファンデーションは要らないかも、というくらい気に入っています。
  • ミネラルオイルが入っているもので肌荒れをするので心配でしたが、こちらは肌荒れすることなく使えました。使い心地はとても軽く、肌にのせるとすぐにサラサラになります。素肌に近い感じで、つけている感じが全くありません。くすみや凹凸をカバーしてきれいな肌にしてくれます。さらに、化粧崩れもありません。リピしようと思います。
  • ゆっくりメイクをする時間がないのですが、これなら素早くメイクができて薄いシミを隠せます。崩れないところもいいです。子育てをしていたり、メイクに時間がとれない人におすすめです。

素肌っぽくきれいに仕上げたいときにおすすめが、SUGAO CCクリームスムースです。軽い使い心地のクリームがスルスルと伸びて、毛穴や凹凸をカバーして透明感のある肌に仕上げます。1本4役なので時短メイクにもおすすめです。

<<Amazon>>

⑧ファシオのCCリキッドタッチプルーフ

ウォータープルーフのマスカラは落ちにくいですよね。汗や水に強くパンダ目になりにくい。

そんなウォータープルーフのマスカラから発想を得て作られたCCリキッドが「ファシオのCCリキッドタッチプルーフ」です。

毛穴や色ムラを自然にカバーし、色移りを防ぎます。

特徴

ファンデーションがマスクや服に色移りしてしまうことがありませんか。服についてしまうと洗濯が大変だし、メイクも落ちてしまってお直しも大変ですよね。

ファシオのCCリキッドタッチプルーフは色移りしにくいコスメです。ウォータープルーフのマスカラから発想を得て、CCリキッドに応用をしています。

色移りをしにくいのは、タッチプルーフ成分と高密着ポリマーによるものです。柔軟性の高い膜を肌表面に形成して、マスクや服などへの色移りを防ぎます。色移りをしにくいコスメなら、花粉や風邪が気になる季節や仕事でマスクをしなけらばならないときなど助かりますね。

毛穴や色ムラをカバーする働きも。自然にカバーをしてナチュラルな印象に仕上げます。

1本5役、美容液、乳液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの働きを持つCCリキッドです。これだけでもベースメイクは完成します。

ウォータープルーフなので汗や水に強く、皮脂プルーフなので皮脂にも強いため、長時間仕上がりが持続します。SPF40・PA+++です。

使い方

洗顔後に使用をします。

キャップを閉めた状態で上下に振り、適量を手のひらに取り出して顔全体になじませます。小鼻の周りや目の周りなど崩れやすい部位は薄つきにします。カバー力を高めたいときには重ねづけをすることがおすすめです。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 汗や皮脂に強い化粧下地を求めていてこちらを購入しました。薄つきでしっとりとしています。肌色補正をしてくれているのかな?という感じですが、肌のトーンが整っているように感じます。休日はこれとパウダーだけで過ごすこともあります。プチプラでコスパもよい化粧下地でした。
  • 安いから買ってみたのですが、意外とよい商品でした。汗、水、皮脂に強くて崩れにくいです。ビックリするくらい崩れないんです。そして、時間が経ってもテカりません。カバー力もあります。メイク崩れしにくいけれど、クレンジングでちゃんと落ちます。
  • 薄つきなのに毛穴や色ムラをカバーしてくれて肌を明るくしてくれます。濃いシミは隠しにくいですが、ナチュラルメイクをするにはピッタリだと思います。サラッと伸びて上にのせるファンデーションとの相性がよいです。日焼しやすい体質なので、日焼け止め効果があることもうれしいです。
  • とにかくベースメイクは早く終わりにしたいので試しに使ってみました。軽い気持ちで使ったのですが、快適なのでずっと使い続けています。リキッドタイプですがギラギラすることはなく、ツヤのバランスがよいです。ちょっと触っても手につくことがないのでイライラしません。そして、つけているときの感覚が気持ちいいです。

マスクや服についてしまうと、メイクは落ちるし洗濯も大変で厄介ですよね。でも、ファシオのCCリキッドタッチプルーフなら色移りを防いでくれるので、長時間仕上がりが持続します。ナチュラルな仕上がりを持続させたい方におすすめです。

<<Amazon>>

以上、いかがでしたか?

乾燥と化粧かぶれしやすい混合肌に実際に使ってみてよかったものだけをご紹介してみました。CCクリームを使うことで簡単にトレンドのロースキンが手に入ります。抜け感のある肌でおしゃれを楽しんでくださいね。

関連記事:

20代後半,30代の大人女子に!ナチュラルで可愛い大人メイクのやり方

2018.09.27

こんなやり方で!?ナチュラルなのに可愛い印象になる一重メイクの仕方

2018.09.18

二重さんにおすすめするナチュラルアイメイクのたった二つのコツ

2018.03.29

【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

2018.01.17

2018年最新!おすすめしたいプチプラCCクリームランキング

2018.01.16

ナチュラル&ツヤ肌メイクで流行りの下地・ベースメイク方法とおすすめコスメ

2017.08.07

【若く見える!すっぴん風ナチュラルメイク方法】簡単なやり方で自然な美女に

2016.08.01

スポンサーリンク