philosophy (フィロソフィー)のクレンジング洗顔料の効果、口コミ、使用方法

Philosophyのthe micro delivery exfoliating facial washについて

なんだか英語がいっぱい並ぶこの名前。今とてもオススメしたい洗顔で、肌が白くなり、肌にとって非常に優しい成分のみを使用した洗顔なのです。

実はこの商品、アメリカではかなり有名なphilosophy (フィロソフィー)から出ている商品で、アメリカではセレブ御用達のブランドどして知られています。

その理由としては、科学者から医学的に認められた成分やテクノロジーのみを使用して作っているブランドなので安心安全!さらに肌に優しいというのが人気の秘訣なわけです。

今回ご紹介させていただくのは、philosophy (フィロソフィー)の洗顔料です。

長々と英語が続く名前に「exfoliating」とありますよね?これは角質除去という意味で、日々使っても大丈夫な角質除去入りの洗顔料です。日本でもよく角質除去の洗顔がありますね。イメージは同じような感じと思っていただいて大丈夫ですが、philosophy (フィロソフィー)の洗顔料は、さすがアメリカで数々の賞を受賞しているだけあって効果が違います!

毎日しっかり洗顔しているのに、小鼻の角栓が気になる、毛穴が気になるという方、また洗い上がりにしっとり感が欲しいという方にはとてもオススメの洗顔料です。

philosophy (フィロソフィー)の洗顔料の効果

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc

この洗顔料は、洗い終わった瞬間から顔がいつもより「白い!」と気づきました。もともと色黒でくすみがちな私の肌ですが、洗い終わった後に自分の顔を鏡で見ると、顔の中心がいつもより明るく見えました。

小鼻の周りや口元がいつもよりも明るい、そして顔全体が白くなったような感じです。角質除去の成分が入っているので、余計な角質が顔全体から取れたのだと思います。それもたった1回で効果が感じられました。

翌日は、小鼻の周りがいつもベトベトしているのですが、サラサラしていてこれにも驚き!余計な脂が出ていないのだと思います。毛穴もいつものような大きな存在感はありませんでした。翌朝もくすみなく明るい顔色を保てていました。

philosophy (フィロソフィー)の洗顔料の使用方法

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%95%e3%82%a3%e6%b4%97%e9%a1%94%e6%96%99

続いて、どのように使用すれば良いのか?紹介します。

そのまま手に取って、顔に付けるというのが通常の使用方法ですが、私のオススメは、ネットに500円玉より少し少ない位の洗顔料を泡立てて顔に乗せる方法です。

つまりゴシゴシと洗ったりはしないで少し時間を置くのです。洗顔の成分が顔の毛穴に入っていく感じがします。1、2分置いたら優しく顔をマッサージする要領で、小鼻や口周り、目の周り、おでこの生え際などを優しく洗います。

これで洗顔は終わりです。必要以上に顔に触らないで洗顔料の成分で顔を洗い流す事が大切です。

洗顔をし終わった肌はとても敏感です。

なるべく早く何かを顔にまとう(守るという意味で)必要があります。私の場合はミストスプレー式の化粧水や温泉水化粧水です。体を拭くよりも早くまず顔に化粧水をスプレーします。顔に化粧水がついたまま体を拭いて、着替えるという順番です。お風呂上がりのデリケートなお顔を守る事が先決です!

その後にいつも使用している化粧水と乳液、クリームといった具合にスキンケアをします。これで乾燥しらずの肌になりますよ。

philosophy (フィロソフィー)は、なかなか日本には馴染みのないブランドですが、ネットで商品を見る事ができます。何よりその効果と安全性が高いのが女性としてありがたいですよね♪

philosophyの公式ホームページ(英語):the microdelivery exfoliating facial wash

是非一度洗顔料から見直して、素敵な肌に生まれ変わって下さい。

スポンサーリンク